存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供が手が離れると、お金がかかる。
夫婦で必死になって教育費を捻出。
恋人⇒新婚⇒パパとママとして子育て⇒子供が社会人

そこで、夫婦に新しい展開が・・・。

この先が、まだまだあるのです。
『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』三浦友和&余貴美子の映画を思い出しました。

妻子のために「24時間戦えますか?」と栄養ドリンクを飲んで頑張ってきた企業戦士の夫達に迫る定年。
妻も子育て中に、すっかり女性として自分に投資できなくなってしまったし・・・鏡をみると「誰?このオバサン!」
ふと、我にかえる。
教育費のために働いていた妻は、パートのおばさんになって、まだまだ年金まで頑張らないといけない。
しかし、妻も疲れてきた・・・だが、年金だけで生活ができるのか?
子供達は社会の荒波にもまれて、自分の事で精一杯。

そう・・・チェンジ・・・
夫婦の役割に、変化が・・・

亭主関白として頑張ってきた昭和生まれのオヤジ達は、家事も子育ても妻に丸投げして頑張ってきた。
ここにきて、定年後の自分の生きる姿を見出さなくてはならない。
夫達は仕事と無関係の旧友達と、そんなオヤジ会を開き始めているようです。
そして妻もまた、母親ではない自分を取り戻す挑戦です。
そして、多くの夫達は働く妻のサポートに家事を挑戦するらしい。
夫婦達の新たな戦いが始まるようです。

熟年離婚が対岸の火事であると誰が言えよう・・・。
映画『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』は、ハッピーエンドだったと思うけど。

子供優先だった夫婦が、気づけば二人きりの未来。
自分達のために頑張らないといけなくなった。
気づけば自分たちも、そんなお年頃・・・。
若い頃には考えもしなかった未来。

私達夫婦が健康のために歩き始めて、もうすぐ1年。
夫は10キロ近く体重を落とすことに成功したものの、お正月に1キロリバウンド。

お金をかけずに出かける事に慣れてきた。
人生まだまだ。
これからも2人で、楽しく歩いていけるといい。
スポンサーサイト

【2016/02/07 16:20】 | 夫婦の風景
トラックバック(0) |
去年のかいぼり以来、通い続けている公園。
改装工事中だった「松聲閣」は、1月16日にオープンしたので訪れてみました。
ここは、東京都文京区目白台にある文京区立の公園。
元々、細川家のものを都が買い取り公園とし、現在は文京区に移管されたそうです。
近くを何度も通っていたにも関わらず、隣接した「永青文庫」という美術館に行った折に寄ってみて、はじめて訪れました。
その時は、かいぼり前。
かいぼりの紙を見て、当日様子を見に来たのでしたが・・・。

「かいぼり」とは、池の水を抜いて天日干しをする大掛かりな池掃除?のようなもの。
親子を募集して、水が少なくなった池に入ってもらって、魚などの生き物を捕獲してもらうイベントでした。
これがもう大騒ぎの大盛況!
子供も大人も足を取られながら泥だらけになって魚と格闘していました。
公園の隅では、泥だらけになったスタッフの人が、捕獲した生き物を「在来種」と「外来種」に分けていました。
その仕事ぶりが、天晴れで見入ってしまいました。
かいぼりは、外来種の駆除も目的にあるのでした。

その後度々、私達夫婦は水を抜かれた公園を訪れていました。
水を抜かれた公園の池なんて、なかなか見られるものではありません。
そして、池の周りの工事がすすんで行くのを眺めていたのです。
木がどんどん抜かれたり切り倒されたりするのが不安でしたが・・・。
雪つりや木の手入れをしている職人さんの仕事ぶりも、私には一つ一つが感動でした。

そして、ついに「松聲閣」が修復と耐震補強工事を行い2016年1月に完了したのです。
中に入れるというので、今まで外から見ていたけれど、お邪魔してみました。

2016-01-24 新江戸川公園 (4)

入り口に入ってすぐの日本傘・・・これがまた美しい。

2016-01-24 新江戸川公園 (9)

2016-01-24 新江戸川公園 (5)

ここで、お抹茶とお菓子が食べられるようです。

2016-01-24 新江戸川公園 (2)

二階の展望室からの眺めも絶景!

↓ここに注目してください。
さりげなく段差を無くしています。
車椅子でも入れるようにかエレベーターもあり、トイレも多機能トイレのように広くて、細やかな配慮があります。

2016-01-24 新江戸川公園 (3)

お部屋の利用料金もお安いので良心的です。

野鳥も訪れるそうなので、今後も楽しみな公園です。
そばを流れる神田川や江戸川公園は、桜が見事です。

ここまでの歩数 1万歩弱。


夜に新宿で食事して、都庁の無料の展望室から月を眺めました。
外人さんが多いけれど、この街は上から見ても綺麗です。
私達は、この灯りの一つとして、この街で生きてます。

2016-01-24 都庁展望室からの夜景

合計歩数、1万5千歩!

【2016/01/24 16:00】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
冬の葛西臨海公園を散策。

夏にクマゼミと遭遇した葛西臨海公園に、春を探しに行ってみた。

お目当ては冬の野鳥とツイッターで園長がつぶやいていた「水仙」と「菜の花」
野鳥は思ったよりいなくて、カモばかりでした。
寒い日で、夜には雪が降るかもというお天気。
それでも大好きな蠟梅や紅梅など、花を楽しめた。
2016-01-23 葛西臨海公園 (1)

2016-01-23 葛西臨海公園 (2)

早々に野鳥の観察小屋を切り上げて、大観覧車の方へ。
以前、家族で伊豆下田の爪木崎の水仙を見たことがあった。
その爪木崎の水仙が植えられているというので、懐かしく感じたから。

期待していた菜の花は、まだまだと言う感じ。
みぞれ交じりの雨がぽつぽつ降り出した中で、春がまだ遠いことを実感。
2016-01-23 葛西臨海公園 (3)

2016-01-23 葛西臨海公園 (4)

さて、凍えながら水仙を目指すと・・・。
2016-01-23 葛西臨海公園 (5)

まだ、こちらも早い様子。
水仙祭り前なので、仕方ないが水仙の間隔も開いており、まだまだこれからという印象。

でも、大観覧車から出口に向かう間に、鳥に遭遇。
かわいい仕草に癒された。
2016-01-23 葛西臨海公園 (6)

2016-01-23 葛西臨海公園 (7)

本日の歩数 約15000歩
昼食は、園内のレストランでカレー  2人で ¥1,390
ホッとコーヒー持参
入園料無料


【2016/01/24 15:45】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
2015-12-12
小石川後楽園と小石川植物園に行きました。
夏に訪れた時に、紅葉の季節は絶対に綺麗だと思っていたので。

後楽園は、遊園地や東京ドームが近い。
冬になり葉が少なくなったので東京ドームが見えます。
遊園地や野球の声も聞こえるのが、ちょっと違和感。

紅葉は盛りは過ぎているだろうと覚悟していたけれど、まだまだ綺麗でした。
池の所に来たときに、なぜかすごい数のカメラマン達が・・・。
そんなにすごい絶景とも思えない池の中の島にレンズは向いている。
そこに目をやると、なにやらかわいい鳥が池に飛び込んでは石にとまる事を繰り返している。

そう!かわせみでした。
青く美しい羽とオレンジのお腹。
はじめて見ました。
かわせみが、私達が見守る中、しばらくして飛び立っていくと、カメラマン達も消えました。

2015-12-12 PEN小石川 (19) - コピー

次に水道橋を通り過ぎ、小石川植物園へ。
正式名は、「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」です。
こちらは、カエデの並木があって、そこを目指してきたのです。
盛りは過ぎていたけれど、赤いじゅうたんが素敵でした。

2015-12-12 PEN小石川 (91) - コピー

落ち葉を踏みしめながら、今年歩いた場所の想い出を語りながら、夫婦ふたりで元気に過ごせた事を幸せに感じました。

本日の歩数2万歩。
交通費の他は、コンビニで買ったホットコーヒーとおにぎり。
暖かいお茶を持参していたので、ベンチでほっこり。
最近の公園はベンチが多くて嬉しい。

最近も週末歩いているのですが、忙しくてアップできません。
コツコツ更新していきます。

【2015/12/13 21:42】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
本日、体調不良と仕事のため、大人の休日散歩はお休みです。
2015年3月下旬に行った「磊々峡」を案内します。

「磊々峡」
宮城県にある「秋保温泉」に行きました。
仙台からバスで行けるので、一度行ってみたいと思ったのです。
仙台駅から無料のシャトルバスも出ていますが、時間が決まっています。
路線バスでも30~45分くらいで行けます。
本当の目的は、「秋保大滝」だったのですが、ここに行くにはバスが土日祝日しか運行してません。
しかも、本数が・・・・。
基本的に、車が無いと無理と判明。
しかし、仙台に用事があったので宿泊は、秋保温泉に決定。
「びゅう」を利用して、新幹線の往復と宿泊で¥49,400
お宿は、たまたま「緑水亭」が改装中とかで、お安く泊まれるので決定!
地図で見ると「磊々峡」が近くにあり、歩いていけそう!
「びゅう」の方は、お宿が高い位置にあり坂が急なので、宿の人に言えば送迎してくれるとおっしゃる。
ツイッターで知っていそうな方に聞いてみると、冬木立の磊々峡も悪くないし、雪で歩けないような事は無いと情報あり。

仙台駅のバスプールから乗車。
温泉街というイメージの所ではなく、名取川の脇に旅館が点在しているようなイメージ。
秋保文化の里で降りて、宿のお迎えで旅館に着く。

秋保の里センター

改装中ということで、確かにブルーシートは見えたけれど、お部屋はとても素敵でした。
磊々峡へは、アドバイスどおり宿の車に送ってもらったけれど、距離的にはたいした事は無かった。
磊々峡は。1キロくらいでしょうか。
遊歩道が出来ていて歩きやすかったです。

磊々峡

秋保文化の里でグラタンを食べましたが、味噌を使っていて独特でした。

グラタン

旅館のお湯は。少し緑がかりとろりとした良いお湯でした。
露天がちょっとびっくりで、外に出て階段を下りてゆくのです。
篝火があり素敵だったけど、真冬はどうなっているのか・・・。
お庭が素敵で、改装中なんか気になりませんでした。
磊々峡から歩いて宿に戻りましたが急な登り坂で、きつかったです。
帰りこそ、車にするべきでした。
また、後で若葉の頃の画像を見たのですが、全く違いました。
今度は別な季節に来たいですね。

緑水亭 食事

緑水亭



びゅうプラン       ¥49,400
バス代往復2人分   ¥3,200
新幹線お弁当     ¥1,090
仙台駅で昼食      ¥1,260
グラタン他        ¥1,467
緑水亭飲食代     ¥1,728
おみやげ代       ★★★★


合計           ¥58,145  

【2015/10/03 18:33】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
3月の島根旅行から、夫のために万歩計を持って毎日一万歩を目標にお出かけ。
週末に天気が良ければの企画。

4月から新しい仕事でばたばたしており、更新もままならなかったけれど。
ここ半年のお出かけと今後のお出かけを記録しようと思います。
その為、順番が前後します。

住んでいるけど知らない東京近郊を、健康のために歩く予定です。
皆様も歩いてみては?

ただいま私が風邪をひき、天気も悪いので今週はお休み。

【2015/09/27 16:57】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
埼玉県日高市「巾着田曼珠沙華公園」
ここは、何年か前から行ってます。
西武線などのポスターで気になっていました。
曼珠沙華=彼岸花
彼岸花というと暗いイメージですが、曼珠沙華というと別に感じるところがあります。
昔は、毒があるので土手とかお墓とかのモグラ対策として、植えられたようですね。
都会でも街路樹に混ざって咲いているのを見ますが、ここは見事としか言いようがありません。
最寄り駅は、西武線「高麗(こま)」駅です。
この季節には、臨時電車が走るほど盛況です。
入場料は¥300
この時期だけだと思います。
高麗駅からの道も、あちこちに咲いていて退屈しません。

曼珠沙華

曼珠沙華

また、高麗川が流れていて、この河原も水が綺麗です。
子供連れの若い夫婦や若者達は、川遊びもできるので¥300なら安いものです。
まだ暑い時期だと、子供達は水に入りたがります。
着替えは用意した方が安心です。
この日、多くの子供達が9月下旬というのに、全身濡れながら盛りあがっていました。
くれぐれも、目を離さないでください。
深い所も、流れが急な所も有るかもしれませんから。
高麗川

高麗川
ただ、大人の若者が河原で下着でいたり、裸で水着に着替えいたのは残念でした。
これは、やめて頂きたい。
中程には、この時期にはお店も出ていて、以前食べた高麗鍋が美味しかったので、今回もそれが目的でした。
この日はお天気もよく、すごい人出でした。
並んで食べ物を買っても、座る場所が無いので、多くの人達は河原で食べてました。
もちろん、お弁当を持参してのピクニックも多かったです。
私達も河原で持参したおにぎりと高麗鍋を食べて、食後に「びっくりまんじゅう」も食べました。
食いしん坊で、写真撮る前に食べてしまいましたが。

帰りに河原を見ると、入場料の要らない所で、年配の夫婦が並んで流れを見ていました。
3月の島根旅行から始めた夫のダイエット作戦、半年で8キロ減になっています。
いつまでも健康で元気でいて欲しいので、もう少し続けましょう。

夫、秋の食欲と付き合いながら、ダイエット7ヶ月に入ります。

【レジャー費】
・交通費:西武新宿駅⇔高麗(西武池袋・秩父線) ¥556×2×2=¥2,224
・飲食:高麗鍋¥300×2=600 びっくりまんじゅう¥130×2=¥260 ジュース¥150×2=300


合計         ¥3,384

*本日の歩数・・・・・約12,000歩
*おにぎりと水筒持参で、節約成功!

(つぶやき)
咲き終わると、どうなってしまうのかしら?

【2015/09/27 16:39】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
最終日は、松江観光。

朝一番に、玉造湯神社へ。
<玉造湯神社>
ここに来る為に、旅館は玉造温泉にした。
ここには「願い石」があり、そのパワーをもらって「叶い石」をつくってお守りにする。
願いは色々ありますが、あえて言わない。
若い女性は、恋のお願いでしょうが・・・。

旅館で朝食をとり、松江までの移動を考える。
交通費が一番安いなら、旅館の車で玉造温泉駅へ行き電車。
しかし、夫は町並みを見たいとあえてのバス選択。
たしか¥500位だったか・・・。
空いていたので座れたけれど、特に風景を楽しむという事でもなかったような・・・。
松江に着くと、近畿日本ツーリストの中に入っていたチケットで「ぐるっと松江レイクラインバス」乗り放題で乗車。
これで、「松江城」「小泉八雲記念館」「小泉八雲旧居」「武家屋敷」とか、割引になる。
4館共通入場券というのもある。
「松江城天守閣」「小泉八雲記念館」「小泉八雲旧居」「武家屋敷」の4施設で通常の2割引で¥1,160
ところがここで私が大きなミスをする。
乗り降り自由のチケットの本日の日付を削るのに、なんと一日間違えて前日を削ってしまった。
松江城で気づいたけれど、事情を話すとどこの施設もバスの運転手も、私を疑う事無く扱ってくれ感謝した。
さすがは、神様のいらっしゃる県!

<松江城>
松江に来たら、まず松江城でしょう!
・・・が、手前に「ぜんざい」発見!
初日のしくじりがあったので、まずはここで「ぜんざい」クリア。
2015-3-21 PEN (62) - コピー
2015-3-21 PEN (61) - コピー

松江城の天守閣にも当然入場。
意外と狭くて階段は急で、お城って大変だったのかと思った。
なんの気まぐれか、そこで夫婦箸購入。¥1800?
それから散策。
「松江護国神社」にも参拝。¥500お守り2つ。御朱印¥300
「城山稲荷神社」小泉八雲が散歩に立ち寄っていたという石狐がたくさん並ぶ神社。幻想的。
「小泉八雲記念館」「小泉八雲旧居」「武家屋敷」と急いで回る。
小泉八雲には、私はかねてから興味があって、必ず立ち寄りたいと思っていた。
しかし、せっかくの乗り降り自由のチケットも帰りの電車が迫り残念。
最後にバスから宍道湖が見えた時は、夕日には早かったけれど、綺麗でした。
今度は宍道湖温泉もいいかなぁと、思わず考えたほど。
後ろ髪を引かれる思いで、16:59の松江発の八雲に乗って帰路についた。
もちろん、荷物は今回も松江のロッカーに預け、お弁当やジュースやお土産を抱えて。

いつか、再び訪れたいと思いつつ・・・

 

【2015/09/26 18:15】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
「島根旅行2日目」
東横インでおにぎりの朝食!
荷物は駅のコインロッカーへ。
8:07発JR山陰本線快速[アクアライナー]益田行きで大田市まで。8:42着 ¥580
<石見銀山>
大田市駅前からバスで石見銀山まで。大森バス停だったか、30分ほど・・・¥560
バス停で待っている時に、ガイドの人か観光協会の人か、石見銀山に行くなら雨具の用意とレンタサイクル利用を呼びかけていた。
私は旅行会社の人のアドバイスで、レンタサイクルは電動を借りるようにとアドバイスを受けていたが、同じ事を言っていた。
バス停すぐにレンタサイクルがあり、確か2時間¥700で電動自転車を借りた。
初めての電動自転車だったけど、これがとても快適!
<龍源寺間歩>を目指した。
梅の季節の雨上がりで、とても空気がしっとりしていて気持ちよかった。
銀山坑道は、思ったよりも長くて当時のまま残っていて興味深かった。
<龍源寺間歩>入場料¥400
朝早かったせいか町が静かだった。お店も開店前?
レンタサイクルが快適だったのと、町並みを見て歩く程度だったので、切り上げて日御碕に行く事にした。
出雲市駅に戻って、バスで日御碕を目指す。
お昼は駅のレストラン(食堂?)で簡単に済ます。
<日御碕>
・出雲市駅前からバスで日御碕。 ¥840
・日御碕神社に参拝。御朱印を頂く。¥300
 日が昇る東の伊勢神宮、日が沈む西の日御碕神社。
 昼を守る伊勢と夜を守る日御碕と聞き、ぜひ行ってみたかった。
 残念ながら 改装しているところがあったけど、そのまま日御碕灯台へ。
 バスは1時間に一本しかないので必死での早歩き。
・日御碕灯台:参観料¥200
 現役の美しい白い灯台。上部の展望台に登ることが出来たけれど、風が強くて高くて怖かった!
 「経島(ふみしま)」らしきものを見るも、バス時間が気になって黙々とバス停にもどった。
 ウミネコが思ったより気にならなかったのも、繁殖期ではなかったからかもしれない。
バスに乗り込み出雲市駅に戻り、コインロッカーから荷物を取り出し玉造温泉へ・・・。
そこでトラブル!
ロッカーに荷物がない!そして駅長室へ来てとの貼り紙!
どうやら私は、あわてて荷物を入れた隣のロッカーの鍵をかけて、荷物のロッカーは鍵をかけてなかったらしい。
どなたか気づいて駅長室で保管をしてくれたという。
後で無くし物が戻ってくる全国一が島根県と知り、さすがは神様の国と感激!
荷物を無事に受け取り、玉造温泉へ。出雲市駅→玉造温泉 ¥500
旅館の車で、夫念願の旅館。「紺家」
荷物を預け、晩御飯まで川沿いを歩いて玉造湯神社を下見がてら散策。
玉造温泉は川沿いに何軒も旅館が立ち並んでおり、ショップも多く楽しい。
お湯は、美容液のようと言われるだけあってしっとりとして良かった!

<交通費>
・出雲市⇔大田市⇔石見銀山  ¥2,280 ×2  ¥4,560
 出雲市→玉造温泉        ¥500    ×2 ¥1,000
 出雲市⇔日御碕         ¥840×2×2    ¥3,360
<入観料>
・龍源寺間歩            ¥400   ×2   ¥800
・日御碕灯台            ¥200   ×2   ¥400
<御朱印>                           ¥300               
<レンタサイクル>          ¥700    ×2 ¥1,400
<飲食>                             ¥2,000
<コインロッカー>                       ¥500
<おみやげ>                         ☆☆☆☆☆☆


                   2人分          ¥14,320
           

【2015/09/26 16:08】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
初日、出雲について真っ先に向かったのは、もちろん「出雲大社」。
ここで私は、御朱印帳を買って、人生初の御朱印を頂こうと考えていた。
事前に買いたい御朱印帳は決まっていた。
出雲大社駅に降りると、私は出雲大社と反対側に向かった。
実ははじめの鳥居がそこにあるのだ。
普通に向かってしまうとその鳥居をくぐらない事になってしまう。
いったん、戻る形になるけれど私は、鳥居をくぐりたかった。
ところがまた出雲大社前駅に戻ると、駅の脇にオレンジ色の電車を発見。
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語」の舞台は、なんと一畑電車?!
その電車が、そこにあった!
うかれてしまって、そこでしばらく写真撮ったり時間をつぶしてしまった。

PEN (90) - コピー

神社は早く終わってしまうことを思い出し、あせって参道にもどる。
そう!ここで、割子蕎麦と善哉を食べるのも目的の一つ!
ところが、なんと遅くなってしまって、閉店しているお店も!
焦りながらも、なんとかガイド本に載っていたお店が開いていたので、あわてて入店!
私達のすぐあとに入ってきたお客様で売り切れで閉店、ギリギリセーフだった!
思ったより時間が無くなっていたものだから、焦って御朱印帳を買おうとバタバタ早歩きで駐車場の方に向かった。
夫は私に引きずり回されて、本来の本殿に向かう道を逸れる事に戸惑っていたけれど、御朱印帳は譲れない。
一般的には、御朱印帳はお守りを買う場所で買えたりするけれど、ここは違うと調べてあったから。
「ほんとうに、こっちに売ってるの」と聞く夫に「わからないわよ、私だって初めて来たんだから!」とちょっとイラっ!
だって、夫が電車に蕎麦に夢中で時間がなくなっちゃったんだから。
神社は閉まるのが早い、やっと御朱印帳を買うとあわてて参道に戻る為に早歩き!
脇から入れそうだったけど、それじゃだめ!
鳥居をちゃんとくぐりたいのよ!
私は出雲の神様に、大切なお願いがあるのよ。
ちゃんと礼儀を尽くしてお参りしたいの!

2015-03-19 (30) - コピー

なんとかお参りに成功し、御朱印も間に合った。
お天気がいまひとつだったせいか時間が遅かったせいか、あまり人も少なく生まれて初めての御朱印も無事にもらえた。
そう思って振り返ると、御朱印を書いてくれた巫女さんは、片付けを始めていた。
ギリギリセーフだったっ!
出雲大社は想像を裏切らないもので、隣の神楽殿も素晴らしかった。

残念ながら善哉は閉店していてあきらめるしかなかった。
夫は少し不満そうだったから、どこかで食べないと!

一畑電車で出雲市駅に戻り、晩御飯はどうしようかと考えていた。
ネットで調べていた「ランプの湯」の料金は、東横インで割引券をもらえる。
ネットでは、その隣で食事をした人の話も調べていた。
ところが夫は、のどぐろに執着している。
東横インの近くでみた居酒屋のメニューにのどぐろの開きを発見した夫は、そこに入りそうな勢い。
善哉を食べ損ねた夫に、のどぐろ食べさせなかったら旅先で喧嘩しかけない。

とりあえず、ランプの湯!
想像以上に、ランプの湯は満足度が高かった!
私は隣の和食のレストランが気になってしかたない。
綺麗だし個室っぽい感じだし素敵そうだし、ホテル代ケチったのは美味しいものを食べたいから。
そこで、とりあえず夫に提案。
夫は「のどぐろ」があるか気になって仕方ない。
店内が混んでいて待たされると聞くと夫は帰りかけたけど、私は強引に待つ事に。

和食居酒屋「神門」は、個室になっていて落ち着いて良かった。
結局、のどぐろは食べたし、「やまたのおろち」という日本酒も飲んで上機嫌な夜になった。

携帯画像 (31) - コピー
初日:出雲大社と出雲蕎麦、ランプの湯とのどぐろ、クリア!
    

【2015/09/06 18:07】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。