存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨年と去年、私達夫婦はそれぞれ秋と冬に手術と入院を経験しました。
どちらも大した事ではなかったけれど、私達にとっては大騒ぎでした。

夫の入院中、私は一日も欠かす事無く彼のところへ行きました。
ある冬の夕暮れ、面会室で冗談を言いながら過ごしていると、近くで車椅子の夫に付き添う奥さんらしき人が目に入りました。
高層階のその病棟から見下ろす東京の夕暮れは、道は車のライトで光の帯になり、明かりが灯り始めたサンセットは絶景でした。
奥さんもその話を明るい声で御主人にしていました。
会話の内容は、日常の報告のようでした。
でも、途中で違和感を覚えたのです。
声は、奥さんしか聞こえない。
御主人は、目は開いているもののピクリとも動かないのでした。
明るく話をしていた奥さんの声が、ぷつりと途絶えました。
そして、静かな嗚咽に変わったのです。

御主人の病気が何なのか、知りません。
脳の問題だという事は、様子でわかりました。
その後も、面会室でその御夫婦を見ました。
短い入院だったので、その後の事はわかりません。
奥さんがしていた行為は、医学的には無駄なのかもしれません。
御主人には、彼女の平静を装った明るい声は届かないのかもしれません。
それでも、話しかけずにはいられない。
もしかしたら明日は、何かが変わるかもしれないと信じて。


綺麗な都心の夕暮れを見ると、時折あの夫婦を思い出します。
お互いちょっとくたびれた私達だけど、時々イラッとする事もあるだろうけれど、
互いの瞳に自分を見つけられる事の幸せ。
その事に感謝する気持ちを思い出すのです。
スポンサーサイト

【2014/05/16 11:07】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |
ホームムービー、どうにか全てのDVD化を達成しました。
枚数50枚、バックアップも入れたら100枚以上。
長い家族の歴史です。
私の子供達に限らず、父も含めもう会えない人達も笑顔を見せています。
この先に訪れる自分の運命も知らないで、まだ若かった父や母が笑っています。
今の私と同じような年だったりするのです。
若い私達夫婦も、幼い子供達を抱え楽しそうに笑っています。
兄妹達、その家族達も、登場しています。

みなに等しく年月は流れ、老いという悲しい現実を、今感じています。
久しく聞くことができなかった父の声を聞きました。
若く美しい母は、とても満ち足りた笑顔です。

私はこの両親に守られて、幸せな少女時代を過ごしたのです。
そして新しい家族を作り、家族に囲まれて幸せに生きてきたのです。

私と関わった全ての人に、感謝します。

お父さん
私は、元気です。

FC2blog テーマ:思い出 - ジャンル:日記

【2013/10/18 01:33】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |

麻さんへ
真昼
御無沙汰してます!
京都にいたんですか?
知らないで、すれ違っていたりして…i-179
ムービーはたまらないようにしないと泣きたくなりますねi-183
気晴らしに見る雑貨屋さんは、北欧クリスマスムードです。
ドイツも素敵でしょうね。
ここのところ、バタバタしてましたが、またお邪魔しますi-179


お久しぶりです!ドイツの麻です。
ちょうどうちもたまっているビデオをDVD化したいなあ、と思っていたのです!(もう3年ぐらいになりますが…恥)
本当に宝物ですよね。
それから、この夏、たぶん同じ時期に私たちも京都にいました。暑かったですね〜。
関東でもだいぶ冷え込んでいると聞きます。体調に気をつけてお過ごしくださいね。

コメントを閉じる▲
昔のムービーを、DVDにダビングする作業を再開した。
昔のVHSコンパクトやハンディカムのテープは、劣化したり再生できる機械が壊れたら・・・終わる。
私は、性格的に記録を残したがるタイプで、様々な家族の記録を残している。
先日NHKの番組で、「おもいでの写真館」?というものをみた。
家族が残したホームビデオ。
それで、再開した。

それで思った。
レンズの向こうの被写体の表情は、撮り手に対する気持ちで変わるんじゃないかと。
捕り手によって、全く違う表情が写るのではないかと。

私に手を振る幼い子供達の笑顔は、眩しい。
いつもあんなふうに私に笑いかけていたのだろう。

今はすっかりシャイの照れ屋の仏頂面の息子が、レンズに手を振っている。

・・・かわいかったなぁ・・・。

忘れていた思い出や仕草がよみがえる。
いつか、この子達がそれを見る。
記録って、いいよね。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:写真★カメラが好き♪ - ジャンル:ライフ

【2013/10/03 16:12】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |
子供達が小さい頃は、七夕を飾ったものだ。
最近は、すっかりしないけれど・・・

街のあちこちで七夕飾りをみる。
そばに短冊があって、誰でもお願い事を書いて飾れる。
大人気ない私は、毎年書く。
「世界平和」ではなく「個人的な小さな幸せ」を祈る。
「人類の平和」ではなく「家族の平和」を。

・・・また飾ろうかな。
子供のためではなく、自分のために。

FC2blog テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

【2013/06/29 15:36】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |
朝目覚めた時から、落ちてる日ってあるよね。
・・・なんだか、寂しい。

・・・きっと夏至過ぎたからなんだ。

最近は、みんなそれで終わりにする事にした。


これからは、だんだん日が短くなってゆく。
どんどん短くなってゆく。
太陽信仰が潜在的に埋め込まれている私達は、太陽を拝める時間が少なくなると不安になるのだ。
きっと、人類が獣達に襲われていた昔から、夕闇は恐怖になるのだ。

黄昏症候群という言葉だってあるし・・・。

本当は、ちょっとわかっている。
夢の中に出てくる母は、今よりも若い。
頼りになる毅然とした・・・でも可愛らしい母。
ほんのちょっと前まで、母は元気だった。
車に乗って、自分で自由に生きていた。
わずかな時なのに、高齢者にとっての変化は大きい。
子供達は、それぞれ勝手に生きてゆく。
親の事を気遣う余裕などない。
私もそんな子供だっただろう・・・

ふと襲う不安感・・・。
夕暮れに迷子になったような不安感。
小泉今日子さんの「My Sweet Home」的な・・・。

きっと・・・夏至過ぎたからだ。

「夏至過ぎたから、日が短くなるの。だから私は寂しくなるから、責任とってよ。」と夫に言ってみる。
夫は・・・????である。
夏至の責任を取れと言われてもね。
昔この男は私に言った。
「俺と一緒にいたら楽しいよ。」
・・・なんか楽しい気持ちにさせてよ。
「じゃあ、仕事場で一緒に仕事しよう!」と返事。
・・・いつだって、一緒に仕事してるよ!
仕方ないから、小泉今日子さんの「見逃してくれよ」を歌って乗り切ることにしよう。


あんまりね考えたくはないけれど・・・これって・・・たぶん、「老いの恐怖」なんだろうね。
30代になった時の小じわとかシミとかのレベルじゃなくて、「どう生きて、どう老いるか」というような・・・。
自分の老後というものを、ちょっとイメージして・・・。
父を失ってからの母の一人暮らしの生活を、しみじみ想像し思い返す。
夕暮れの中で・・・


私の人生で、最も思い出深い夕日の記憶は・・・
若く美しい母と幼い妹と、勝手口から3人で眺めた夕焼け。
記憶にあるのは、夕暮れの太陽ではなく、オレンジ色に染まっていた母と妹だ・・・


FC2blog テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2013/06/29 15:27】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |
子供が好きだった「ぼのぼの」、まったりとしたアニメで私も時々みた。
私はエンディングの曲が好きだった。

今日長女とその話をした。
彼女も最近思い出して調べたけれど、わからないという。
そこでいろいろ検索してみた。

須賀響子さんの「近道したい」と判明。
久しぶりに聴いて、やっぱりいい曲、いい歌詞と思った。

気になる方は検索して。

ちょっと凹んだ時に、なんとなく口ずさむ私達の気持ちがわかると思うから。

♪た~ま~には、近道をしたい、だめかしら・・・♪
私は最近じゃ、毎日近道をしたいわ・・・。
・・・だめでしょうね。。。

FC2blog テーマ:アニメソング - ジャンル:音楽

【2013/04/12 21:31】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |
誰かおしえてください。
高校時代に現代国語の教科書を、退屈の時に先まで読んでみました。
すると「鳥」にまつわる話がありました。
以下は、私の記憶です。

部屋中に鳥が沢山いると思って怖がって?いる子供(大人だったろうか・・・男子だったと思う)。
周りの人は否定的で、彼は幻覚を見ていると信じてもらえない。
彼は引きこもりのような状態で、精神を病んでいるような感じであり、家族(母親)が支えている。
その鳥の描写が怖くて・・・リアル。
彼は精神を病んでいて、幻覚をみているのだと読み進めると・・・。
終わりで、ある日その母親?にも「鳥」が見えるようになる。
やっとわかり合えたと思った母親?は「あなたの話は本当だったのね?本当に『鳥』はいたのね?」と言う。
すると、彼は何事も無かったように(?)「鳥なんていないよ。」と否定する。

たぶん、何かの小説の抜粋ではないかと思う。
全体を後で読んでみたいと思いつつ、授業に取り上げる日を待った。
ところがなんと授業では、そこを飛ばしてしまった。
なんだか不思議な話だと思いつつ、日々が過ぎてしまった。

時折、あの話を思い出す。
あれは何と言う話で、誰の作品だったのだろうか・・・。
思い立って、先日旧友に聞いてみたが、誰一人覚えていない。
それはそうだ。
授業で取り上げなかったのだから。
「国木田独歩の『春の鳥』ではなか」と一人が情報をくれた。
読んでみたが違うし、外国文学だったような気がした。
ネットで調べてみて、トールモー・ハウゲンの「夜の鳥」ではないかと思った。
そこで、図書館で借りて読んでみる。
私の記憶違いなのか、設定に違いはあったものの、なんとなく匂いが同じだと思ったからだ。
途中まで、間違いなくこの作品だったのではないかと確信した。
・・・ところが、私の記憶していた他の人にも見えるというエピソードが、最後まで無い。
ならば、この続編があるというからそれにあるのだろうかと読んでみる。
・・・全く無い!
私が勝手な妄想で、話を作り替えてしまったのだろうか?
設定も違っていたし・・・。
しかし、その作品が発表されたのが1975年。
日本では、1982年に旺文社から刊行。
私が読んだ時には、発表はされていても日本では刊行されていない?!

・・・振り出しに戻る。

しかし、「夜の鳥」はノルウェー児童文学賞をはじめとして数々の賞を取った素晴らしい作品である。
続編もちょっと雰囲気は変わってしまっていたが、感慨深い作品だった。
読んで損をしたような思いは全く無い。
この作品を、1975年に児童文学として発表し評価を受けたという事に驚きは隠せない。
またこのテーマを8歳のこどもの視点から書くという事にも、驚きを隠せない。
これは大人が読んでも素晴らしい。
子供の気持ちも大人の気持ちもわかる今読んだからこそ、深く心に響いてくる。
今の日本社会に共通するこの問題を、1975年に描いていたという事に、ノルウェーと日本の差を感じた。
今の日本に、この主人公のような子供が沢山いて、この両親のような夫婦も沢山いるだろうと思う。


しかし・・・。

振り出しに戻ってしまった。

誰か・・・あの現国の教科書にのっていた作品、知りませんか?


FC2blog テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

【2013/04/02 16:47】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |
9月のはじめに、伯父が亡くなっていた。
母は私と妹には、遠いし仕事しているから連絡しなかったという。
でも、妹と2人実家に母を見に行きがてら、お線香だけでも・・・と行った。

無口でまじめな伯父だった。
だから声すら思い出せないような伯父だった。
最後に会ったのは、1年前の別な伯母の葬儀場だった。
わずか2週間の入院だったという。
去年亡くなった伯母も、最後は病院だった。
私の祖父も家に帰りたいと言いながら、病院で逝った。

伯父のところの従姉妹は、2人が看護師の資格を持っている。
入院を拒む父親をギリギリまで自宅で様子を見たが、体調がほんとうに思わしくなくなり、医者に連れて行ったら入院となった。
自宅帰りたいと頼む父親を、看護師が2人いても連れ帰れなかった。

父の時にも思った。
もう、回復の見込みがない患者なら、本人が自宅に帰りたいと懇願したなら、全ての処置を止めて連れ帰る事はできないのかと。

伯母は、伯父を医者に連れていく最後の朝を話した。
「あれが我が家でのお父さんの最後の姿になるなら、もっと家の中を見せてあげればよかった。」と。
遺影の写真は、私の父のお葬式に行く日に、玄関先で伯母と二人で末娘に撮ってもらったものだと言う。
レンズの向こうにいる娘に、穏やかな父親の笑顔をみせている伯父だった。

自宅で家族に見守られて逝くという事は、難しい時代になったのですね。

FC2blog テーマ:親の老後と介護 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/09/18 23:13】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |
父から、高校入学の時に買ってもらった腕時計。
止まったから電池交換を近所の地味な電気屋に頼んだのに、修理と誤解され1万円弱の見積もりを出された。
納得がいかないから断って、そのまま引き出しにしまっていた。
ダメ元と思って、電池交換してもらった。

受け取りに行くと、動いている。
父が亡くなってから、ずっと止まっていた時計の針が、確かに動いている!
ただ時計が動き始めただけなのに、一瞬父が戻ってきたように思えた。

もうすぐ父の誕生日だ。
父には、いろいろな温泉に連れて行ってもらった。
だから、私達姉妹は温泉好き!
父の代わりに私と妹が、母を温泉に連れて行くね。

母と妹と3人で、父の思い出を語る女子会は、もうすぐ。
妹が先日、母の旅行の荷物の様子を見てきてくれた。
姉妹の役割分担も、完璧!

さて、私もルートの確認をしておこう。

FC2blog テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

【2011/06/25 23:42】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |
私が子供だった頃、雷で停電する事があった。
怖いから、自分の部屋から出て親のそばへ行った。
母は、ロウソクや懐中電灯の明かりを頼りにご飯を作り、私達はいつもは近寄らない厳しい父のそばで父の話を聞いた。
「耳無し方一」などの怪談物もあったけど、父のでたらめな作り話も多かった。
おもに怖い話で、悪い行いをした子供が怖い目にあうという適当な話だ。
暗い中で、父の煙草のオレンジ色の明かりが、ぽわっぽわっと強くなったり弱くなったり・・・。
ロウソクの明かりで食べる夕食は、どこか新鮮だった。
途中で明かりがつくと、ほっとしたような残念だったような・・・。
停電が起こす家族団らんだった。

「大停電の夜に」とかいう映画を観たことがある。
確か・・・クリスマスイブに東京が大停電になる。
何組かの男女に起こる話だった。
原田知世と豊川悦司が出ていたような・・・。
その中に綺麗なロウソクの明かりがでてくる。

もし、計画停電になるのなら・・・月夜の晩がいい。
街が暗くなったら、きっと星や月の明かりに気付くだろう。
普段は見えなかったものが、ほんのり見えてきたりして・・・
大好きな人と、ロウソクの明かりや月明かりで、ゆったりとした時間を過ごすのも悪くない。


ため息が出る計画停電も、そんなふうに思えればいいのだけど・・・

FC2blog テーマ:計画停電 - ジャンル:ニュース

【2011/03/26 02:00】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。