存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子と次女は9連休!
しかし、息子は部活があるし、試合もある。
仕事で欠席した息子の部活の保護者会も、親切なママ達の助けによって問題なさそう。
まぁ、PCのトラブルで混乱したけど、それも落ち着いた。
先日は買い出しに行って、大雨に打たれながらもがんばった。
今日は、息子の部活着を洗った。
泥水が出て3回洗った。
先日の嵐のような中で、普通部活はやらないだろう。
…男子校のノリでは武勇伝か?
おかげでスパイクを含め、靴は3足洗った。
次女は、今日は大学の友人と会っている。
彼女の友人は、姉夫婦の家に下宿している。
今頃、友人のお姉さん夫婦と一緒に茅ケ崎でバーベキューらしい。
・・・うらやましい。
五月には高校時代の友人宅に泊まりにゆく。
忙しい奴だ。
長女は、昨夜12時過ぎに帰宅。
バイトのテーマパークがメチャクチャ混んで、シフトは人不足で新入りばかりでトラブルに巻き込まれ、精根尽きはてての帰宅。
朝見たら、昨日の服のまま寝ていた。
せっかく洗ってあげたシーツを掛もしないまま、寝潰していた。
どうやら、準社員の方と帰宅時に「やってられないよぉ!」という事になり、付き合ってサワーを一杯飲んだらしい。
それがまわってしまい、ヨタヨタになり、倒れこんで爆睡。
朝起きたら、コンタクトレンズを左右同じ場所に入れていたり、あちこちめちゃくちゃだったようっだ。
・・・どうも、私の方の父方に似たのだろう。
アルコールは空腹や体調で酔い方が違うと、アドバイスをした。
そして彼女は今も、テーマパークで作り笑いを振りまいているのだろう。
GW明けのレポート提出の恐怖に怯えながら・・・・。
夫は仕事、私も布団を干したり仕事をしたりと、忙しい。
兼業主婦の休日は、溜まった用事を片付けるチャンス!
のんびりベランダで植物に水をあげる。

今年のアマリリスは凄い!
だって、蕾が6つついている!
最高新記録だ!
植物は、私のバロメーター。
仕事で忙しい時は、水やりもさぼり植物も元気がなくなる。
そんな時は、反省するのだ。

しかし・・・、後半は、5日に息子の試合だけじゃ悲しい。
どこかに行きたいなぁ。
スポンサーサイト

【2007/04/30 17:38】 | エプロン通信
トラックバック(0) |
今日、我が家の次女は高校時代の友人達の集まりに出かけた。
携帯電話で鳴る着メロも、少しずつ大学の友人の割合が増し、いつの間にか高校の友人のものより増えているようだ。
それでも、高校の友人達のメールは鳴りやまない。
高校があまりにも楽しかったせいだと、彼女たちは思っていた。
あんなに楽しかった時代は、もう無理だろうと・・・。
しかし、時は流れてゆく。
それぞれ新しい環境に溶け込もうと頑張っているが、彼女達は「ホームシック」ではない「高校シック」になっているものが多いらしい。
高校時代が恋しくて恋しくて、元気がないようだ。
「生きてますか?」
「友達できた?」
高校時代の友人達のメールは、どうもいま一つらしい。
納得のいかない進路になってしまった子だけでもない。

そう、これこそ「五月病」って奴
我が家の娘は、それでも大学に友人をつくり、毎日がドラマの連続。
波乱万丈のようだ。
受験という修羅場を超えた彼女達は、今エアポケットにいるのかもしれない。
納得のいかない結果を引きずっているもの。
燃焼症候群でしたか・・・目標を失って何をしていいのかわからなくなっていたり・・・。
次女から聞く友人達は、ただいま健闘中なのだ。
我が家の娘はといえば、新しい環境を好奇心いっぱいで過ごしている。
しかし、本音はわからない。
今日、彼女たちは情報交換して何を思うのか・・・。

彼女たちが、そんなに素敵な高校時代を過ごせた事は、喜ぶべき事だが・・・・

【2007/04/28 17:15】 | boys&girls
トラックバック(0) |
4月に入り、時間を調整して母に会いに行った。
次女の進学先が決まった報告の墓参りが目的だった。
私は計画通りスケジュールがうまくいかない事が多い「ドタキャンの女王」だから、母を期待させて裏切りたくないので、土壇場まで言わない。
本当は何回も考えて、一泊はしたかったけど無理だった。
日帰りでも行ける距離は、不幸中の幸いだ。
次女と二人になった。
長男は部活の試合だったが、そっちは勘弁してもらった。
上野も浅草も花見客でごった返していた。
車窓から見る風景は、桜のピンクが目立った。

お昼を母と買出しに行ったスーパーで、私は悲しくなった。
母は、以前買わなかったお惣菜を買うのだ。
それも、翌日の分まで。

兄夫婦とは同じ敷地内で、別宅暮らし。
兄は「夜だけでも兄宅に来ないか」と言っているらしいが、母は断っているという。
それを、兄も心配しているのだ。

兄夫婦は仕事で、家には寝るだけのような生活。
兄宅にいたって、母にしてみれば「一人」である事には変わらないと思うのだろう。
父が亡くなって、10年・・・だろうか。
私は母の孤独を、目の当たりにしたショックで、母の姿が脳裏から離れない。
母は誰も責めない。
兄達が子供達の為に、寝る間も惜しんで頑張って働いている事を評価している。
私や妹が忙しく実家に来ない事も、承知している。

母が自分一人の為にお惣菜を買う。
にこにこ笑って、私が来たおかげで買い物に来れたと喜んでいる。
母の車は小型車ではなくなって、どうやら駐車が不安なようだった。
彼女は私が帰宅した後、また一人で食事をするのだ。

私は毎日、献立を考える。
忙しい時もサボれない。
朝6時に起きてお弁当を3人分作る。
朝を楽にする為には、前日の夜に煮物などを作っておかなければならない。
冷凍食品の品評会のようなお弁当を持たせるのは、経済的にも母親としても嫌だからだ。
時にはウンザリする事だってある。
でも私がキッチンに立つのは、食べてくれる人がいるからなのだ。
一人暮らしの頃は、食事に対して執着が無かった。
誰かの為にキッチンに立つ事が、私自身にとっても健康的な食生活を支えているのだ。

誰かの為に何かができるということは、幸せなことなのだ。
人は誰かの為に生きているのだ。

私は母に何ができるだろう。
母を近くで見て心配している兄は、母の孤独を救う為に、私や妹の協力を求めている。
兄は良くやっていると思う。
以前の彼では考えられないくらいに気遣っている。
それでも彼は、息子としての限界を感じているのだ。

母にひまわりと西洋アサガオの種を強引に置いてきた。
「ちゃんと植えたか見にくるからね!」と言い捨てて帰宅した。
庭も以前ほどの手入れは無かった。
食事も庭の手入れも、母の生活は父のためだったのだ。
父がいなくなった今、母にはそれらに対する執着が無いのだ。
それでも二人が植えた藤やつつじや牡丹は、もうすぐ咲くだろう。
夏になれば、さるすべりや百合が咲くだろう。
ひまわりや西洋アサガオが咲く時までに、何度も訪れる事はできないだろうか?
私は私にできる事を、考えよう。
小さな事でも・・・。
母が、「一人ではない」と思えるように。

遠く離れていても、娘達が自分を思っていると確信できるように。

【2007/04/19 12:39】 | 生活
トラックバック(0) |
人気が凄くて、明日から一部発売中止になる。
あわてて、無記名のを買ってきた。
子ども達はスイカやパスモを定期で持っている。
定期のいらない夫にも用意した。
以前バスカードを持っていた私。
バスカードは、買った金額以上の利用が出来るから、絶対に買いだと思った。
スイカは定期じゃないと買えないのかわからなくて買わなかった。
しかし去年の暮れにパスネットの必要性を考え、私鉄の駅員さんに聞いてみた。
彼は私に丁寧に教えてくれ、さっそく購入した。
思った以上に便利だった。
それまでは回数券を利用していた。
10枚分買って、11枚くるので1枚得になる。
ただ行き先は限られてしまう。
パスネットには、そういう特典は無かった。
でも、駅で切符の値段を路線図で探す手間や、自販機に並ぶ事を考えると、混雑している時は夢のようだ。
しかし、JRでは使えない。
JRにもパスネットみたいなのが無いかなと思っていた。
スイカの定期が無い人も、スイカを買えないか駅員に聞こうと思っても、混雑したみどりの窓口に並んで聞く勇気が無かった。
そこで登場したパスモ!
おまけに私鉄もJRもオッケーなんて、ほんとに助かる。
花見の時期に混雑していた上野や浅草の切符売り場のそばを素通りできるのは快感!
切符の路線図を見るのがストレスだった人にはお勧め!
もし、スイカもパスモみたいに自販機で気軽に買えるなら・・・。
パスモとスイカ。
ピンクと緑。
ロボットとペンギン。
デザインで決めるのもいい。
女の子的には、パスモのデザインもいいけど・・・スイカのCMのペンギンもかわいい!
でも、ほんとうに欲しかったのはパスモの発売記念にでた限定品のペンギンとロボットがいたもの。
生で見たかったなぁ・・・残念!

【2007/04/11 16:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。