存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日あたりから、急に涼しくなった。
ベランダの植物も、なんだか元気が無い。
花が少ないせいか、寂しい。
結局、西洋朝顔とペチュニアもひまわりも抜いてしまった。
我が家のひまわりは、ガーベラより一回りくらい大きい花しか咲かなかった。
実家の母のひまわりは、お盆のような大きさの花だった。
先日の母の話では、ひまわりを切って種のついた花がらを箱に入れて放っておいたら、鳥が来るようになったという。
芝生の上を歩いてくつろいでいるらしい。
「のんびりしてると猫に取られるわよ。」
などと鳥たちに語って聞かせているというが…理解しろというのが無理な話だ。

母の電話は、いつもさして用事があるわけではない。
その電話が意味しているものを、私はわかっている。

電話を切る間際に妹の所にも電話してみようと言っていた。
電話を切ってから、私はしばらく実家の庭を思い出していた。
百日紅の花は、もう終わるのだろうか…

夏の終わりに、ちょっと感傷的になるのは私だけだろうか…

ひまわり

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

【2007/08/31 13:50】 | 生活
トラックバック(0) |
子供達も疲れが溜まっている。
長女なんか、今も布団の中だ(現在午後1時半)
昨日、バイト先から急に来て欲しいと言われ…帰宅が12時近かった。
次女も休みが無い。
昨夜は帰宅がやはり遅かったのに、今日は塾のバイトで朝が早い。
部活と夏休みの宿題で、息子も行き倒れて寝ている始末…
そう…誰もが、必要最低限の事しかしたくないのだ。
気持はわかる

けどさぁ…私だって忙しいんだけど

いつもどおり仕事はしなくてはならない。
でも子供が夏休みなので不規則に家にいる。
そう…食事の手間がバカにならない。
時差で起きてきて、時差で食事をする。
当然、空腹になるのも時差がある。
まったく片付かないのである。
部活の息子を送り出すのが7時過ぎ、長女のバイトの早番だと8時過ぎ。
介護等体験の時など、お弁当を持たせなくてはならなかった。
確かに、夏休み前だって朝は大変だった。
しかし3人分の弁当地獄も、中学生以外はさぼる事も出来る。
大学生へのお弁当は、私的にはサービスである。
しかし本人達は、「弟のついでに作ってくれてもいいじゃない?」くらいにしか思っちゃいない。
人の顔を見れば「ご飯は?」
…自分で作れるよね~
食事の用意はしない、始末もしない。
上げ膳据え膳で、口癖は「つかれた~」である。
いっその事、仕事場に行った方が楽?
しかし、それでは家事が全くできなくなる。
煙草の匂いが服に付くのも嫌だし…。
やっぱり、家にいて仕事した方が便利なんだよね。
夏休みは、主婦業としては仕事量が増すのだ。

私も正直かなりイラついている。
「少し自分の事ぐらいしてね。こっちも仕事があるんだから…」と言ったら…。
「いいじゃない、お母さんは家にいるんだから…、それくらいしてくれたって…。だって、家事はお母さんの仕事じゃない
言いましたね?言っちゃいましたね?

しかし、怒らない、怒らない…
もうすぐ、夏休みが終わるんだから…。
大学生は下旬まで続くけど…
そのうちに、自分のペースで過ごせる秋が来るんだから…。

…あ…、その頃は、別件でストレス抱えていそうだなぁ…

それでもいいか…。
この蜂の巣を突いたような騒ぎより、落ち着いてへこめるから…

FC2blog テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2007/08/30 14:07】 | 生活
トラックバック(0) |
なんとか終わったぁ。
とりあえず、仕事がかたづいた
私だけ、一足お先に上がらせてもらえた

しかし、部屋は片付いてな~い
今日の夕飯は残り物だったし・・・。
今から夫の為に、なんか作らなくては・・・。
娘達はバイトだし、息子は部活後の宿題と格闘。
私と夫は仕事と格闘。
とにかく・・・頑張っている我が家なのだ。

久々に、ゆっくりできるかな?
恵比寿ビールを冷やしちゃおうっと

FC2blog テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

【2007/08/29 22:48】 | 生活
トラックバック(0) |
今朝は蝉が静かだ。
昨夜の雷の後から、涼しくなったせいだろうか。

先日は、娘達と3人で新宿のバーゲンに行った。
女3人の買い物は楽しいが、3人とも時間とお金が無かったのでソコソコで帰宅した。
公立の学校は、昨日から始まったのだろうか?
通学している小学生をベランダから見た。
我が家のBOYは、部活の無い8月最後の日を友人達とプールに行った。
朝方4時近くに私が寝る時には、彼はまだ宿題と格闘していたのだから、彼の睡眠は3~4時間というところだろう。
・・・・なんだか、夏の終わりを惜しむ蝉のような必死さを連想させる。
当然、帰宅後は爆睡。
今朝は7時過ぎに、部活に出て行った。
今日は涼しい分、楽だろうか・・・。
しかし・・・、宿題はどうなっているのだろう・・・

上の二人はバイトでヘロヘロになってきた。
夏休みは、大学生バイトは帰省したり旅行したりで、職場は人手不足になる。
東京在住の学生は、その分シフトを頼まれる事になる。
テーマパークでバイトしている長女は、残業地獄だ。
次女は、店長が過労死するんじゃないかと心配し自分のシフトを増やし、帰省した友人の塾バイトとで、休み無しである。

・・・蝉が鳴きだした。
さて、私もがんばろう

FC2blog テーマ:母親日記 - ジャンル:学校・教育

【2007/08/29 08:24】 | boys&girls
トラックバック(0) |
胃痛や夏バテと戦いながら、布団を干したり洗濯しまくったり、主婦業を頑張った私!
私って頑張ってるじゃない?と自己満足にひたり、入道雲をながめる。
夏だね~
でも・・・あれぇ?
今日って26日?!
まずい!
仕事が遅れてる~
逆算したら・・・
今日から息子は大学のグランドで練習なので、早起き!
私なんか、5時半だぞ!!
遅くまで仕事はできない!
PCで遊んでいる時間はないかも・・・。
息子の宿題もやばいけど・・・私もピンチじゃないっ!

9月は、学校行事も大変だし・・・。

きゃあぁぁぁぁぁーーーーっ!

・・・仕事しよ・・・
もうゆっくり眠れないかも・・・

FC2blog テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2007/08/26 14:58】 | エプロン通信
トラックバック(0) |
今朝、ツクツクボウシが鳴いていた。
夜には、虫の音もかすかに聞こえ始めた。

・・・なんせ、アブラゼミだってベランダで死んでいる。

しかし・・・・、なんで暑いの?!
この分じゃ、来月の電気代も高いだろうなぁ・・・

スーパーには、梨、ブドウ、サンマ・・・秋の気配。
ビールだって、秋味がでた。

アブラゼミは、ぶりっ子が通用しなかったので、迫力で夫に始末してもらった。
今の時代は、女も強くなくっちゃね

しかし・・・暑くても8月下旬なんだよね~。
夏休みは終わるのだよ!
愛する息子よ、宿題はどうなってるんだっ

たとえ秋季大会で好成績をおさめても、勘弁してもらえないんだからね

FC2blog テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

【2007/08/25 17:36】 | ベランダだより
トラックバック(0) |
「そういえば…合宿でOを見たよ。」
突然息子が、小学校時代のクラスメイト(女子)の名を口にした。
彼女とは5・6年を同じクラスで学び、教室は違うが同じ塾で、志望校は違うが共に中学受験の仲間だった。
受験の頃を共に励まし合い、同じストレスの中隣の席で過ごした。
残念ながら二人とも第一志望が叶わず、別の学校に進学するという辛さも共有した。
彼女の母親は入学前に、失望の中入学する娘を心配していたものだ。
まぁ・・・、それは私も同じことだったが・・・。
彼女は超お嬢様の女子校に通っており、合宿には同じ系列の男子校との合同合宿だったのではないかと思われた。

友人と楽しそうに語らっている彼女を見て、「あぁ、彼女もちゃんと自分の居場所をしっかり築いたのだな」と思ったようだ。
そして彼女にもチームメイトにも、気づかれないように過ごしたそうだ。
なぜなら、男子校の彼らは、女子とすれ違っただけで大はしゃぎになるのだ。
彼がお嬢様で名高いその学校の女子と話しているのを見られたら、それはもう大変な騒ぎになってしまう訳で・・・・。
「僕は彼の親友なんです!」と名乗る輩が複数現れたら困る。
なぜなら、彼らの数人は文化祭の時に乗り込んで、話しかける事も出来ず玉砕したらしいからだ。
自分もまた、こうして仲間に囲まれて元気に楽しく過ごしているという事を、改めて実感したのだろう。

今年も街には、暑い中塾に通う子供をみかける。
来春には、それぞれ新しい生活が始まるだろう。
どんなに苦しくても、春はきっとくるよ。

FC2blog テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

【2007/08/25 15:32】 | boys&girls
トラックバック(0) |
玄関に節電のお願いの手紙とともに、東京電力から使用量のお知らせが入っていた。
金額を見て唖然

な…なんとっ倍額になっていた!

確かにクーラーをかけっぱなしである!

・・・別な意味で・・・冷えるわ~!!

FC2blog テーマ:((((;゚Д゚)))ぎゃぁああああ - ジャンル:日記

【2007/08/25 13:53】 | 生活
トラックバック(0) |
ベランダのアブラゼミを、片付けて欲しいと夫に甘えてみたが笑われた。
息子に頼んだら「生きてる?」と見にきた。
シメシメと喜んだが、死んでいると分かると「なんだよ~」と室内に入ってしまった。

ゴキブリだったら、やってくれるのに…、この差はなんだ?


…しゃーない、割りばしで戦うか…

結局は、人はアテにできないのね

こうして私は、ますます強くなるのね

FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2007/08/24 13:25】 | 生活
トラックバック(0) |
恋愛における力関係って、始めに告白した方の負け?
それって・・・結婚しても継続してるって言う人がいるけど、どうかなぁ・・・
だってさ、告白されて付き合い始めたのに、なんだか途中から形勢逆転してるカップルっているし・・・。
両想いになると、なんだか安心するのか緊張感が無くなるのか…ただ、あきるのか…冷めるのか…そういう人だっている。
まぁ、恋はシーソーゲーム?
たださ、気の毒なのはシャイなボーイが、女の子に言い寄られて…初めはガードしてたのに、だんだん気になって…。
付き合い始めたら、なんだか彼女の方が冷めた…?なんていうのはヒドイ話だよね。
まぁ、男女逆のケースもあるけど…。
「付き合ってみたら、思っていた感じじゃなかった。」
なんて言われての別れ話…。
…しかし、付き合ってみなきゃ分からない事だってたくさんあるから、それも仕方ない話かもしれない。

「白馬の王子様」が、ただの同世代の少年(青年)と気づく…。
「聖少女」が、ただの同世代の少女(女性)と気づく…。
問題は、そこからなんだと思う。
しかし、今どきはサッサと深い付き合いに発展するから、傷つけ傷つき別れ話も泥沼化。
もっと、ゆっくり恋したらいいのにね

「結婚は、ゴールではありません。」
なんて必ず結婚式で聞くけど…実感するのは、ずっと後。
ありきたりの言葉だけど、真実だと思う。

いずれにしても、私としては結婚しても幾つになっても、お互いが魅力的な存在でいたいと思う。

…となると…、やっぱり、ちょっとダイエットした方がいいかな

子供達の友人の恋話を聞かされて思う、今日この頃の私なのだ。

誰か…ベランダのアブラゼミ取ってよ!

FC2blog テーマ:愛とは二人で築くもの? - ジャンル:恋愛

【2007/08/24 13:10】 | 生活
トラックバック(0) |
アブラゼミが死んでるーーーーーーっ

誰が触るんだよぉーーーーーーっ

やっぱり、こういう事は一家の大黒柱でしょう

FC2blog テーマ:((((;゚Д゚)))ぎゃぁああああ - ジャンル:日記

【2007/08/23 17:12】 | ベランダだより
トラックバック(0) |
妹宅には、ゴールデンレトリバーとトイプードルが複数いる。
先日行った時、晩酌をしているとレトリバーがせつなくジッと見ている。
レトリバーは義弟が、面倒を主体で見ていた時期もあり、主導権は義弟にあると思っていた。
レトリバーは、刺身のツマが欲しいのだと義弟は言いながら、からかっていた。
妹が皿を片づけようとした時、義弟が「あ…」と言った。
「何?」と妹。
「ツマを…」
「だめよ!そういう事したら、毎回もらえると思っちゃうでしょ!」
とピシャリと言い切る妹。
「…そうだよね。…うん。」
と義弟。

おやおや?他のワンコ達の主導権も、全て妹にかわっている。

そう、妹は愛玩動物2級の資格を取っていたのだ。

やっぱり、資格の威力は凄い!

義弟はご機嫌でお酒を飲んでいたが、妹に飲み過ぎを注意されて寝る事に…。

おーっ、資格って凄いわ

FC2blog テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

【2007/08/23 17:02】 | 生活
トラックバック(0) |
朝起きた時、いつもより涼しい事に感動!
窓を開けると、雨が降っていた。
息子達は、プール行きをあきらめ、宿題を片付ける努力をする事にしたらしい。
ふふん…天は母に味方したらしい。
雨はすぐにやんだ。
それでも今日は、少し楽だ。

洗面所で、漂白剤が倒れている事に気づいた。
バスマットが…脱色している!

…それが始まりだった。
洗面所の床掃除から、トイレ、玄関…。
もともと、掃除をしたいと思いつつも、仕事を優先しており…。
さすがの私でも、いいかげん何とかしたいと思っていた。
掃除っていったんスイッチが入っちゃうと止まらなくなる事ってあるでしょう?
新聞や雑誌を縛り、ダストルームへ…。
ベランダも片付けた。
今日の私は、なかなか頑張っているじゃない?
…やっぱり涼しい方が、やる気が出る。

…え?、仕事がしたくないだけ…?
そんな事はありません

仕事大好きです

ヤッホー、ヤッホー、しご~とが好き~

あ…、明日から、またまた息子の部活だ。
6時起きかぁ~

ワイシャツのアイロンがけが、まだだった…

FC2blog テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2007/08/23 16:43】 | エプロン通信
トラックバック(0) |
長女が介護等体験実習に行っている。
毎日彼女は、そこで考える。
お年寄りのデイサービス?っていうのかしら、通ってくるお年寄りと、歌を歌ったり、なにかゲームをしたり共に過ごすのだそうだ。
彼女はお年寄りに好かれるらしく、辛くはないが・・・彼女達をみていると、いろいろ思うらしい。
同じ年でも、肌の艶や健康状態に個人差がある事。
年を重ねるという事は、どういう事なのか…だんだん哲学じみたことも思うようだ。
百歳を超えた人を初めて見た。
彼女は、凛としており呆けた様子はない。
彼女の望みは「早くお迎えが来てほしい」ことだという。
「ちょっと前に、具合が悪くなって…、いよいよ死ねると思ったら…なんだか元気になっちゃったのよ。…まだ当分死ねそうもなくなっちゃった。」
なんて、けろっと言うらしい。
「また今度」と別れ際に言うと、「今日が最後だといいわ。」と笑うらしい。
職員の話では、七夕の短冊に「早くお迎えが来てほしい」と書く人もいるという。
「生きる」という意味を、長女は考えるようになった。
知り合いが、次々といなくなるという事は、どんな孤独なのだろう…。
そんな事は、私だってわからない。
ただ、長女が言う。
「ご夫婦でみえる方がいるんだけど、仲が良くって二人とも元気なの。
明るくて…ああいうのっていいね。」

…私もそう思う。
ちょっとメタボの夫と、仲よく生きていきたいものだ。

FC2blog テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

【2007/08/23 16:21】 | 生活
トラックバック(0) |
暑くて、すっかり戦意喪失の私です。
書類を出しに外に出たが・・・お盆を過ぎたというのに人通りがまばら・・・。
みんな暑くて外出しないのね?
わかるわ・・・。

午前中には、主婦業をこなし洗濯と買い出し。
スーパーの前の交差点で信号を待っていたら、焼け死ぬかと思ったわ。

胃の検査をしたけれど、調子は悪い。
検査の正式な結果はまだだけど、検査中の様子では特に気になる様子はないと言われた。
つまり・・・これって・・・夏バテ?
子供の受験とか仕事とか・・・人並なストレスのせいか、年齢か・・・?
今年に入って、胃が悪い。

家事も仕事もはかどらない。
暑くて寝苦しいし・・・血圧はそうとう低いなぁ・・・・。

いつまで、こんななの?
地球は大丈夫?

新潟地震で止まった原発。
供給できなくなったら・・・停電?
・・・確か、結婚式のキャンドルサービスの時の蝋燭があったよね?
それとも、結婚記念日ごとに燃やせとか言われた巨大蝋燭を、一気に今年の分まで燃やすか?
なんせ、一回も燃やしてないから、かなり時間を稼げるわ・・・。
停電になったら・・・東京でも星が見られるかしら?
映画「大停電の夜に」みたいに・・・ロマンティック?

…取り留めのない妄想はやめにして、夕飯でも考えよう・・・。
やっぱり…冷奴とか…さっぱり系がいいよね?

あぁ…、でもは飲みたいなぁ…。

FC2blog テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2007/08/22 16:36】 | 生活
トラックバック(0) |
合宿から帰宅した翌日、昏々と寝続けた息子。
ママの連絡網で、コーチの伝言とどく。
「今年のチームは、力もスピードもある。秋季大会開会まで後わずか。
怪我をするな。体調を崩すな。」
コーチの期待が感じられる。

・・・宿題で徹夜なんかして、やれるスポーツではない。
練習再開まで、休みはわずか3日。
宿題が終わるとは思えない・・・
なのに本日、友人と映画を観に行った。
付属といえども、成績が悪ければ進学できないのだよ、諸君!


FC2blog テーマ:母親日記 - ジャンル:学校・教育

【2007/08/22 16:16】 | boys&girls
トラックバック(0) |
恒例の神経衰弱です。
洗濯しながら、持ち物確認です。
公式ユニホームのソックスが片方行方不明です。
白いOサイズの短パンは誰のかしら・・・?
合宿の荷物は、増えたり足りなかったり…入れ替わっていたり…。
元の持ち主に戻る確率って…どんだけ~

FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2007/08/21 12:55】 | エプロン通信
トラックバック(0) |
菅平といえば…スキーだと思っていた。
父とドライブもしただろう避暑地というイメージだ。

息子の部活の陣中見舞いに、他のママ達といった。
初めての長野新幹線に感動!
電車からみる景色は車で見るのとは違って、ワクワクした。
上田にメンバーの両親が車で迎えに来て乗せてもらった。

スポーツ合宿の菅平は、初めての感動だった。
あちこちにグラウンドがあり、小学低学年の小さな子から、マッチョなスポーツマンまで、日焼けした体育系の方々があちこちを走っていた。
そうそう、ゲートボールを楽しむ健康的な年配者もいた。
私の知らない菅平だった。
しかし、救急車も多い。
息子の試合中、隣のグランドに救急車が来た。
やはり、危険なスポーツなんだと改めて思う。

息子はますます黒く日に焼けて、仲間たちと走り回っていた。
まず、無事な姿にホッとした。
砂煙をあげぶつかり合い、倒し倒され、ユニホームは真黒だ。

試合は2試合見た。
1勝1敗だったが、必死で走る姿やチームメイトと笑い合う姿に、たくましさを感じた。
合宿をしている人たちは、サッカーやテニスや野球もいた。
けれど、ラグビーのメッカというだけ、ラガーマンがあふれていた。
鍛え抜かれた体は、逆三角形でアッパレだった。

ラグビーが素晴らしいのは、1つのチームにいろいろなタイプの人間がおり、それらが自分の個性をいかし1つのチームとして戦う事だという。
確かにバスケは背の高い者を集めるし、サッカーは足が速い者だ。
ラグビーは・・・足は速くないがズングリした力の有る者、スレンダーでも足の速い者、体の大きい者そうでも無い者・・・多彩のようだ。

試合の後で、チームメイト達がふざけ合っている。
男同志の会話である。
合宿所にもどると恐怖のバーべキュウ大会らしい。
今日のメインは・・・と「死ぬほど肉が食える幸せ者」が誰かとはしゃいでいた。
今日、他の学校との1年生の合同チームで初めて試合を経験した後輩が候補になっていた。
彼にはよくわからないが、先輩のはしゃぎ方から自分の身に危険が迫っているらしい事を直感していた。
その夜は最後の夕飯に、顧問教師や先輩やコーチの大はしゃぎに付き合わされて、1年生達は今は薄れてしまった男子校ならではの男の世界に引きずり込まれるのだろう。
共学となり薄れてしまった男子校気質は、この部活では当分いきつづけるのだろう。
円陣を組み、気合いをいれ、雄たけびを上げる男子たち。
クールな息子も、そのどこかで大きな声をあげていた。

彼は今日、疲れきって洗濯物とともに帰宅する。
去年はステーキを焼いたら「肉だけは勘弁・・・」と言った。
初めての試合で初トライを決めた去年の合宿に、彼もまた「幸せ者」になったのだろうか?
毎日毎日「食えないものは倒れるぞ!」と顧問教師から肉攻めにあいながらも、数キロ痩せて帰った息子だった。
今日は、あっさりと純和食にしよう!

FC2blog テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

【2007/08/20 16:51】 | boys&girls
トラックバック(1) |
8/12はペルセウス座流星群のピークだった。
私達は妹宅で宴会をしており、すっかり忘れていた。
13日に帰宅し、新聞で知った息子は、今晩見ると言い出した。

彼が幼稚園に通っていた頃、しし座流星群があった。
はじめ私が仕事をしていたらラジオから見えるという情報が入り、試験勉強で起きていた長女と見た。
夫も仕事中に話を聞いて、近くの高台の広い公園に行った。
そこには他にも人がおり、よく見えたといった。
これをきいた息子は、自分も見ると言い張り・・・。
その夜、家族5人でホッカイロを貼ったり、温かい飲み物を用意して見に行った。
その記憶が、彼にとってとても良い思い出になっているのだ。
帰りは父の背におぶさり、家族と見た流星群。
それ以来、流星群と聞くと必ず見たがった。

バイトから帰宅した長女も合流し、また5人で高台の公園に行った。
先客もおり、広い公園のどこかからはギターの音がしていた。
走り込みをしている人、犬の散歩がてら来た人、ピクニックシートを広げくつろいでいる人、デート中のカップル・・・いろいろな人が空を見ていた。
しばらく経つと目が慣れてきて、都会にもこんなに星がみえるのかと思うほどの星が見えた。
強い光の流れ星には、同時にあちこちから歓声があがった。
流星もいくつか見る事も出来て、久しぶりにゆっくりと家族で過ごした。
ただ空を見上げ、夜風に吹かれる。
こんな時間もいいものだ。

FC2blog テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

【2007/08/20 16:01】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |
海から帰宅すると荷物を入れ替え、息子は合宿に行った。
わずかな部活の休みに海に行き、1日休むと部活の合宿準備。
代々木のB&Dで足りなくなったソックスを買い足した時、後輩の母に遭遇。
幼稚園くらいの小さな妹になつかれてしまった。
帰り道に彼は、部活の合宿の用意の買い物に本人が来ない事を情けないと嘆いた。
確かにスパイクを本人がおらず買うというのも、相談されても困った話だ。
本人は帰宅して寝ているという事に、息子はあきれたらしい。
彼なりにアドバイスはしたが・・・小さな女の子と熟女の相手に疲れた。
彼は昔から友人の弟妹や親に受けがいい。
人当たりがソフトだからだろう。

彼は今頃、合宿で試合だ。
春に1ランク落としたレベルの大会だったが優勝したせいで、練習試合の申し込みが多いらしい。
それも強豪ばかり。
秋季大会にむけての調節だが・・・怪我人が出なければいいが・・・
海から帰宅してから、ずっと仕事に追われていたが、なんとか一区切りついたので、他のママ達と日曜日は陣中見舞いに行くことにした。
日帰りで菅平というのは、しんどいのだけど・・・やはり一目でも見ないと彼の苦労がわからないし・・・・。
見たら心配が増すかもしれないけど、頑張っている子どもの姿を見ると感動するものだ。

子供と思い出を共有できることは幸せだと思う。
彼もあっという間に大人になるだろう。
一瞬一瞬が、一期一会なのだ。

FC2blog テーマ:子育て・育児 - ジャンル:ライフ

【2007/08/17 16:57】 | 生活
トラックバック(0) |
夏休みといえば・・・海でしょう!
そんな訳で、今年も恒例の妹一家との海にいった。
イベントは2本柱。
前日からの妹宅での宴会。
それと海水浴。
去年はお互い受験生がいたので、都合がつかなかった事を息子にいやみを言われ続けた1年間。
彼は従兄弟たちとの身長差が少なくなり、一緒に遠くまで行けてうれしかったようだ。
一昨年は背が届かなくなると、従兄弟の弟君の方がおぶってくれた。
従兄弟はその時、クラゲに刺されたりして、兄代わりの二人の従兄弟は彼にとって大切な存在なのだ。
今回は夫も行けたので、日本酒を持参した。
もらいものだけど、1升は飲めないから取っておいたのだ。
開けるなり・・・「おっ、八海山じゃん!」と義弟は大喜び。
しかし、我が家の息子が飲み過ぎを見張る。
二日酔いで翌日の海がパァになるのを恐れていたからだ。
そのかいあって、無事に遊べた。
しかし、この暑さで混雑がひどく1時には撤収した。
もう少し、泳ぎたかったようだが、渋滞を避けるには仕方ない。
車中では、子供達は爆睡だったようだ。

途中の海産物店で買った鰺のひものも、いか明太(イカの中にホタテの耳と明太子が詰めてあった)も、おいしかった。
息子が食べたいと言っていたサザエは、イメージと違ったらしく「俺は・・・ハマグリの方が好きだな・・・」だって

写真をみると、子供達の成長がわかる。
こんなふうになかなかそろわなくなるだろうけど、来年も行きたいと思う。

FC2blog テーマ:夏のお出かけ - ジャンル:日記

【2007/08/17 16:32】 | 生活
トラックバック(0) |
「明日の記憶」につづけて記憶障害もの連続3作。
「博士・・・」は原作を読んでおり、静かに流れる時間が良かった。
「消しゴム」は、始めのベタな展開に、かなりどん引きだったが、やはり障害が出てくるあたりから、娘達は感情移入できたようだ。
私は・・・やっぱり、「明日の記憶」の方が現実味があったかなぁ・・・。

「私が記憶障害になっても、あれくらい思い続けてくれる男の人がいいなぁ・・・」なんて言っている娘に、『それくらい思われるだけの存在になるのが先でしょうが・・・』なんて思ったりした。


FC2blog テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/08/17 16:09】 | レビュー
トラックバック(0) |
私を・・・いや、ハイビスカスを苦しめているのはコナジラミだと思う。
インターネットで調べたけど、間違いない!

そんな訳で毎日、薬をやったり枝を切ったりしている。
案外ハイビスカスはタフだから、枝を詰めたって平気さ!
これ以上は許せない!全滅させてやる!

今日も赤5輪、ピンク3輪も咲いているが・・・涙をのんで切るぞ!

次女がバイトに復帰らしい。

弟の英語の宿題に目を通し、絶句していた。
こっちも開戦だ!

次女は8月下旬に実家に帰省する友人の代理として、塾の先生も引き受けた。
後半は、弟と中3の子を教えカフェで働く、もちろん友人とのイベントも・・・・大忙しだ!

長男は秋季大会の直前で、練習は厳しさを増し合宿も試合もある。
生傷だらけでグッタリしているが宿題も山積み!

長女は介護体験実習が始まる。

後半戦も、トップギアで頑張るしかない親子なのだ

FC2blog テーマ:ベランダガーデニング - ジャンル:ライフ

【2007/08/08 16:35】 | ベランダだより
トラックバック(0) |
部活三昧の息子は、宿題はほったらかし・・・。
ちょっと調べてみても、あと1ヶ月弱でできる量だろうか?
合宿や試合もあり、実質10日も使える日が無い気がするが・・・
久々の40度という発熱に苦しんでいた次女も、どうにか平熱になったが、体力消耗が激しい。
友人のお誕生会は、誕生日でもない次女のために延期になったという。
彼女がいないとつまらないというのが、理由だという
江の島の花火大会も、彼女が無理なら・・・とみんなもやめたという。
・・・どうやら、人気者?
長女はバイトと内定がもらえている会社の用事と、他もまだ探しているし・・・介護体験実習もあり・・・何の予定もない本日は、まだ寝てる。
私はといえば、7時に息子を部活に送り出した後、ベランダへGO!
昨日買ったものは、やはりアメリカンブルー。
今朝、花を1輪つけた。
ハワイアンイエローというハイビスカスは、よく見ると苗は2本の寄せ植えになっていた。
1本では貧弱なので2本入れたのだと感じる。
これを、2つの鉢に植え替えた。
なんだか・・・かわいく頼りない苗だが、立派に育てよう。
1つは仕事場に持って行くか、妹にあげるか・・・・。
妹は植物が大好きだが、枯らしてしまう名人だ。
彼女のキッチンは西にあるのだから、黄色のこの花は金運を呼ぶかもしれない

そんな妄想をしつつ、そろそろかかりつけの医院に大腸がん検診のものを提出してから買い物にいくかぁ。
次女もそろそろ、お粥から卒業できるかな・・・

FC2blog テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

【2007/08/07 10:07】 | 生活
トラックバック(0) |

へへへ・・・
ゆらら
アメリカンブルーは私も大好きです。
欲しいな~と思いながら今年は買っていません。
長持ちできるようにならないとね・・・いつになることやら・・・v-12

あら・・
花♪
お久しぶりです。
m(_"_)m
バタバタしていて、ブログも放置してしまってましたが、最近やっとまったり復活しました。

私も植物大好きなんですが、名人・・とまではいきませんがよく枯らしてしまいます^^;

人気者の次女サンも早くよくなって夏休みを満喫できるといいですね!

コメントを閉じる▲
暑さと胃の不快感にもめげず、意外とタフな私です。
一時、胃の不快感から危うく悲観的な思考に引っ張られそうになった私ですが、どうにか精神は持ちこたえています。

私を憂鬱にしていたベランダの植物たち。
今年ほど病気や虫にやられた年はありません。
気候のせいか、私のせいか・・・とりあえず抵抗しましたが、敗北宣言です。
ペチュニアのプランターは、あきらめました。
しかし、種は落ち新芽が出ていたので、それを育てる事にしました。
ハイビスカスは、ハダニかオンシツコナジラミと思われます。
気がついた時にはひまわりにもいたし、朝顔にもいたので、何から発生したのか不明ですが、被害の拡大を防ぐために、蕾の無い枝を思い切って切る事にしました。
もともと大きくなっていたので、良い機会と考える事にしました。
はっきり申し上げて、大きすぎて手に負えないのです。
花が散ったら、その枝を落とし、手頃な大きさに切り戻し、戦う方が賢明だと考えました。
この夏に一時、ハイビスカスの花を観賞できないのは残念ですが、木を救う方が優先です。
できるだけ鉢を整理して、すっきりさせようと午前中格闘しました。

スーパーで200円というほとんど鉢代?かと思われるものを発見!
花は咲いていないが、葉の様子からアメリカンブルーではないかと思われる。
手入れすれば、まだまだ花芽をつけると感じ購入。
それから黄色のハイビスカスも400円という見切り品を購入。

・・・ん?
また増やしちゃったか・・・・?
ハイビスカス


FC2blog テーマ:ベランダガーデニング - ジャンル:ライフ

【2007/08/06 17:02】 | ベランダだより
トラックバック(0) |
暑くて引きこもりになりそうな私です!
しかし、昨日と今日、2日連続で家族全員の布団干した!
息子の衣類を買いに行った。
去年、小さくなった短パンを処分したが、新たに買わなかったため、彼の服が無かったからだ。
都心のマンションのベランダの暑さは半端じゃありませんっ
ベランダの植物は干からびそうです!
ちょっと前まで天気が悪くて、うどんこ病などの被害に泣いて、今度は連続の酷暑!
・・・クーラーの室外機の熱風で悲惨な状態!

…あきらめないとダメなものも・・・

しかし・・・息子はこんな中グラウンドで部活やってるのかなぁ・・・。
帰宅したら、機嫌悪そう・・・・

くわばらくわばら・・・

FC2blog テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【2007/08/05 14:09】 | 生活
トラックバック(0) |
昨日、高熱を押してバイトに行った次女。
数時間後に、「挫折しました」というメールを打って帰宅した。
気合で39度の熱は克服できない事を、実感したらしい。
熱があると聞いた店長は帰宅してもいいと言ってくれたのに、37度代と嘘をついて意地をみせたのだが、夕方になり悪寒に耐えられずリタイア。
店長も39度あったと聞いたら、即刻帰宅させたと思うが・・・誰に似たのか・・・。
結局は、自分で実感しないと納得できない人なのだ。
私とて、39度ある娘を送り出す前に止めたが、もう大学生ともなれば本人の意思を無視はできない。
彼女の敗北宣言のメールに
「偉かったよ」とねぎらいの返信をした。
彼女の布団は干した。
洗濯したシーツをかけて、寝かせてあげた。
そう、いつギブアップして帰宅してもいいようにしておいたのだ。
母親としては、想定通りである。
想定外だったのは、帰宅した彼女の体温が40度だった事。
今後は、もう少し早く降参してもらいたいものだ。

現在も39度代をキープ。
さすがに・・・・無理は禁物だと、身にしみただろう

FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2007/08/05 12:54】 | boys&girls
トラックバック(0) |
大学に入学してから、毎日がお祭り騒ぎだった次女。
バイトと友人とのイベントに飛び回っていた。
・・・睡眠不足になりながらも、全力で遊び全力で働いた。
昨夜、発熱!
しかし、先ほどバイトに出かけた。
もちろん熱は出たままだ。
夏休みになると地方出身者の大学生は帰省するし、旅行に行く人もいる。
4年は就職活動に専念し始め・・・要は人手不足になるという。
だから、「穴を空ける事はできない」と言うのだ。
私の説得を振り切って、出て行った。
実は彼女は、明日も友人の合同8月生まれ誕生会を企画していた。
今日無理をしたら、明日以降のイベントに影響すると言ったが、彼女の答えは・・・
「そうなっても仕方ない」だった。
働くという責任や自覚から、休まないというなら・・・見送るしかないだろう。

人を集める魅力のある人が、時々いる。
その人は、気がつくと人の輪の中心にいる。
学生時代というのは、学力で計られることが多いが、この項目はあまり焦点にされない。
しかし、彼らのその才能は、秀でたコミュニケーション力だと思う。
彼らの為に他者が、すすんでコンタクトを取ってくる。
彼らからではなく、あちらから集まってくるのだ。
それゆえ、彼らの交際関係は広く多彩である。
これは、彼らが偏見にとらわれることなく人と接するからだろう。
時にその交友関係の広さに周りは心配するが、意外と本人の中に基準があり、付き合わない人も存在するのだ。
彼らなりのモラルなどで、バランスは取っており、自分にマイナスなタイプとは深入りしない勘の良さもあるらしい。
携帯は始終鳴り、スケジュールはすぐにうまってしまう。
これでよく身がもつものだと感心する。
・・・まぁ、良く言えば次女は、そういうタイプである。
小中高の友人達&大学の友人、バイト仲間・・・夏休みになり彼女を誘うイベントが盛りだくさんになり・・・ついにバーストしたのだ。

・・・8月のカレンダーは予定でビッシリ。
彼女の才能を素晴らしいものと誇りに思うべきだろう。

それを支えに・・・大学の前期の成績を待つしかない母なのだ

FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2007/08/04 15:38】 | boys&girls
トラックバック(0) |
夫婦で見た。
何とも言えない気持ちになった。
どんどん壊れてゆく自分を、どう受け入れたらいいのか・・・。
壊れてゆく夫を、どう受け入れたらいいのか・・・。
映画の中では、心の葛藤とかをサラッと描いていたが、それで充分夫婦の思いを察することができた。
ドロドロと追わなかった事が、ありがたかった。
あまり感情をあらわにしない妻が、爆発してしまうシーンも少しはある。
施設に預ける事を勧められても、妻が在宅介護にこだわり、独身の友人にはわからないと突っぱねるシーンには胸を打たれる。
これこそが夫婦の歴史の上にある絆だと思う。
けれど・・・、現実にはこの妻のように心を強く持つことができるだろうか・・・?
夫婦が以前より、ポジティブで意志の強い生き方をしていたから頑張れたのだと思う。
逃げ出したいと思うほうが、自然だと思う。
施設を勧めた友人と妻の関係も良かった。
必死でがんばっているからこそ、良い人間関係に恵まれるのだろうかと、日々の自分をかえりみたりした。
最後の最後まで、変わりゆく夫を受け入れ続ける妻。
最後の最後まで、妻を愛し続ける夫。
夫婦の絆を思う映画だった。
渡辺謙さんと樋口可南子さんの演技も素晴らしかった。
ラストシーンはロングに引いてゆくけれど、いつまでも心に残るものだった。

「阿弥陀堂だより」とか、こういう映画に感動できるようになったのも、年を重ねてこそだろうか・・・?

夫婦でいつまでも元気に一緒にいたいと思った。

FC2blog テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/08/04 15:01】 | レビュー
トラックバック(0) |
妹と実家に行った。
母の様子を見るためだ。
父が亡くなりもう10年がたった。
同じ敷地に兄夫婦の家があるが、母は兄夫婦と顔を合わせず数日過ごしてしまう事が多いらしい。
兄夫婦も仕事で忙しく、母とは生活時間が合わないのですれ違いになるのだ。
彼女はまだ元気であるというが・・・もう数年で80歳になる。
寝る時だけでいいから、兄の家に入ったらどうかと話した。
兄だって気になるから、時々母の処へ来るのだが・・・忙しい毎日に思うようにはいかないだろう。
食事など今迄のように自分で作って食べたらいいから、1日で一回だけでも誰かの気配のある所にいるべきだと思う。
甥がいた頃は、甥は母と食事を共にしていたので良かったのだが、今は上京していない。
夏休みだというのに、まだ帰省していない。
私と妹で自分が食べたい料理を作り、母は漬物を出した。
ビールを買って女だけの宴会になった。
母は楽しそうだった。
時々、こんなふうにできたらいいなと思う。

彼女ほど、人の為に生きた人はいない。
夫の為に子供の為に孫の為に、おしみなく尽した。
尽くされた私達が、今度は彼女を支えていくのだ。
そでなくてはならない。
・・・そう思うのだけど、なかなか思うように動けない毎日がはがゆい。

010.jpg


FC2blog テーマ:親子関係 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2007/08/02 11:17】 | 生活
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。