存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mamazoさんが、光熱費の話をブログで書いていて、ふと私も気になってみたら・・・。
なっななななっなんとっ、すごい右肩あがり!
先月より、水道代とガス代が、共に3千円UP!
去年の同時期よりも高~いっ!!
なんで? なんで? なんでなの?!


連動しているって事?!
思えば、我が家のマンションはお風呂が追い焚きできない。
家族が一斉に数珠つなぎに入ればいいけど・・・そうじゃないと冷めてしまう。
娘達の帰宅がバイトで遅くなり、彼女達のシャワーの頻度が増した。
朝シャワーしていることもある。
着膨れしていて洗濯物も増えた。
彼女達は、自分が洗濯しないものだから、1回袖を通したらセーターだって着ないで洗濯物に出すから・・・


ガスの湯温設定も、冬になって高くなっているし・・・
湯はり以外でも高いままで水で温度調整してたりする!


はぁーーーーーーっ!
防寒で電気代は上がってるし・・・・


ちょっと、言わねば!!


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:節約 - ジャンル:ライフ

【2008/01/30 13:28】 | エプロン通信
トラックバック(0) |


真昼
いーちゃん&麻さんへ。
ドイツは20%値上げ?
それは・・・たまりませんね。

子供のシャワーにもまいります。
「おまえは、しずかちゃんかっ!」っと言いたいです。


なんだか、あちこちで値上げのニュースを聞きますね。
こちらも去年、電気代が20%以上値上がりしました。
こればかりは、家族の理解&協力がないと減らせませんよね。
真昼さんも楽になるし、一石二鳥だからプチ改革してみたらいかがでしょう?!


いーちゃん
そうそう!!我が家もそうです!
我が家は3000円どころじゃありませんv-394
子供たちは、銭湯気分で家のお風呂のシャワーを使ってるv-41
「水やガスがタダやと思とんのかーー!!e-262」といつも怒らせます・・・e-263

コメントを閉じる▲
盗まれた自転車が出てこないままに1週間が過ぎた。
昨日しかたなく、私が再発行してもらいに行きましたよ。


二女が大学に行くようになって定期を使い、自転車はめったに乗らなくなっていた。
とりあえず、それで再発行してもらった。
自転車は乗らないとダメになるから、ブルーだし、ママチャリでもないし、我慢どころだよ。
なのに、あの息子!
「時間があるなら歩くからいい!」なんて拒否る!
そりゃぁ、10分くらいでつくけどさ・・・。


しかし、今朝彼は自転車に乗った。
そう・・・時間がなくなったからだ。


「げっ!なんだこれはっ!」うっかり、サドルをそのままにしておいたから、彼には低かったのだろう。
おさるのジョージみたいに、不自然なかっこうで小さくなっていった。


素直に乗ると言っていたら、昨日のうちに高くしてあげたのに・・・

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/01/30 13:06】 | boys&girls
トラックバック(0) |


真昼
帰宅したら「いやぁ、こっちの方が乗りやすかったかもv-238だから・・・サドルあげてv-421ちょっとうまくあげられなかったから・・・」だって。
気はつかってるのね~。


れん
気持ちは、歩く。
でも、現実は自転車に頼る・・・だったのね。
でも、低くすぎておかしかったんだ?
でも、それを仕方なく乗っていったの?
なんだか想像したら、かわいいねえ~♪

コメントを閉じる▲
家族の行動に、日夜振り回されっぱなしの毎日
大学は休みになり、バイトの時間から逆算して起きる娘達!
5人分の夕飯を作ったのに、実際食べたのは3人だったり・・・
用意しなかった時に限って、自分のぶんがないとふくれたり・・・
大学が休みになったからといって、バイトと携帯電話以外、何もやろうとしない
バイトをして疲れているから、あとは何をしなくても許されると思っているのだろう・・・。
しかし、夫は別格として・・・疲れていて睡眠不足は息子と私の方だと思うんだけど・・・。
しかし、家族全員が勝手な時間に寝起きし、勝手な時間に食事を取られるというのは、主婦にとってこんな厄介な事はない。


私の最近のストレスは、ズバリこれ!
朝は息子のお弁当で6時過ぎには起床。
息子を見送ると7時過ぎになっている。
次に9時に二女が起きた。
9時半に食事。
その頃、夫が起きてくる。
10時に食事。
11時に夫、11時半に二女が出かけた。
長女は、12時過ぎに起きてきた。
朝食というより、りっぱな昼食を食べている。

こんなふうに、だらだらとダイニングは落ち着かない。


子供達が高校までは、予定がわかりやすく良かったなぁ・・・。


しかし、考えてみたら・・・・
休日も部活で同じ時間に起床している息子と、その母の私・・・ともにA型。
私達の間に、スケジュールによるトラブルはない。
予定の連絡がマメで、変更が少ないからだ。
まったくの気まぐれな神出鬼没な厄介人、突然の予定変更常習犯の夫と長女・・・ともにB型。
家族の予定なんか気にもかけず、好き勝手に毎日をエンジョイしている二女・・・O型。


血液型って・・・あるんでしょうかね~


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/01/30 12:53】 | 生活
トラックバック(0) |
知人から、ラグビーのチケットをもらった。
ここのところ、ちょっと気分転換も必要な夫を誘ってみた。
息子の試合以外は、生で見た事がない。
「防寒をしっかりね!」とのアドバイスに、厚着と温かいお茶を持参した。
信濃町から散歩がてら歩くと、国立競技場に人ごみが見えた。
サッカーの試合のせいだろうか・・・岡田ジャパンはどうかしら?
オープンカフェで、お茶でも・・・と思っていたのに・・・
夫のブーツの靴の底がはがれた
あっという間に、半分以上がはがれ出した。
歩くたびにパタンパタンと滑稽な音がする。
笑い転げていた私も、対応を考え始めた。
どうやっても、この男とはムードに縁がないらしい。
とにかく青山通りに出て、コンビニで瞬間接着剤を購入。
銀杏並木のベンチに彼を座らせて、接着剤1本分を流し込んだ。
銀杏は葉が落ちていても美しい。
まっすぐ天に伸びた木を眺めた。
こんな素敵な場所だというのに、わが夫はかかとがはがれたブーツでしょげている。
ちょっと意地悪したい気分になった。
「いい?ぎゅっと踏んで動いたらダメよ。私がいいというまでそのままね!」
彼は子供のように素直に、従っている。
なんだか、こういうところが一緒にいて面白いんだなぁ・・・と、思った。
銀杏並木の歩道を、いろんな人が通り過ぎてゆく。
しばらく、ぼんやりとそれらを眺めていた。
彼が素直だったおかげで、靴はちゃんとくっついた。
この事は、息子には内緒にしてあげようと思った


ヤマハ対サントリー。
どうやら両者良いチームだという事で、夫はパンフレットを見て楽しそうだった。
試合は開始してすぐにサントリーがトライを決めて、前半はサントリーが優勢のまま終わった。
すごいタックルで選手が倒れるたびに、息子と重ね合わせて心配した。
彼らは、思っていた以上に逆三角形の素晴らしい体型だった。
周りを見ても、似たような男たちが・・・野球の客層とは全く違う雰囲気だった。
微笑ましかったのは、素敵な白髪の紳士が、膝かけ持参で魔法びんからお茶を飲んでいた。
白い湯気がたち、紳士は穏やかな視線をグラウンドに向けている。
なんだか・・・素敵だった。
後半は日が陰り寒くなり、あの紳士はラグビー観戦を心得ていらっしゃったのだと尊敬した。
後半、ヤマハが初トライを決めた。
ラインぎりぎりで、ハラハラする素晴らしい印象的なトライだった。
敵をかわし走り抜ける姿や、体のぶつかり合いに拍手を送った。
結局は、ヤマハは追加点を取れず、サントリーの勝利だったけど、とても楽しめた。
無邪気に喜んでいる夫を見ながら、男の人はほんとうにスポーツ観戦が好きだなぁと思う。


しかし、その夜サッカーを観ていると・・・
「なんだか、タックルしないから・・・変な気がする。」などと言い出した。
息子は、冷たく「一回、くらってみたら?無い方がいいと思うよ、やってる方はね。」とつぶやいた。

FC2blog テーマ:旦那さんのこと。 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/01/27 19:36】 | 生活
トラックバック(0) |

れんさんへ
真昼
れんさんへ
前にはパスできないラグビー、ボールも楕円形でおかしな動きをする。
手を使えないサッカー。
これらを不自由だとイライラするけど、どこか不自由にしないと、これらのスポーツはやりたい放題となり、なりたたないと見ているとわかる。
もともと、ラグビーとサッカーは兄弟みたいなものですから・・・。
どちらもやってる方は、ハードですよね~。
でも夫婦で同じチームを応援できると楽しいですよね!


れん
本当に!!
男の人はスポーツが好きですよね。
ウチの旦那もとうとうサンフレにはまってしまったようです(笑)
サッカーにタックルがあったら・・・それはそれは過激になるでしょうね。
息子さん、さすがに当事者のセリフですね♪

コメントを閉じる▲
ふとつけたwowowでやっていて、ぼんやりと見てしまった。
主演の井ノ原快彦が、ちょっと髪型のせいか甥に似ていた。
桜と川沿いの風景が、印象的だった。
季節の移りかわりと、悲しいくらいのおさえた描写がよかった。

桜の舞う風景は、とても美しくせつないものですね。

FC2blog テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/01/25 16:09】 | レビュー
トラックバック(0) |
雪が降ってます。
高層ビル群も、見えません。

ベランダでは、カランコエが咲き始めました。
以前、長女が買ってプレゼントしてくれたものです。
直径10センチくらいの小さな鉢の小さなものでした。


娘の気持ちに感謝して、鉢を大きくして世話をしたら・・・こんなに成長してしまった。

雪でもがんばれ~


雪のカランコエ

FC2blog テーマ:花のある生活 - ジャンル:ライフ

【2008/01/23 13:03】 | ベランダだより
トラックバック(0) |
駅の駐輪所から、忽然と消えた。
「なんでぇ~?!」
ポケットを引っかきまわしたが、鍵もなかった


つまり、彼はその朝慌てていて、鍵をかけ忘れ・・・
自転車は盗まれたという事になる・・・


ばかやろーーーーー!!


以前、娘の自転車が盗まれ、盗難届を出す前に乗り捨てられた所から撤去されていた事があった。
盗難届を出した日付より前の撤去だった為に、言い分は認められず放置自転車としての罰金を払い引き取りに行く羽目になった。
その経験から、息子に盗難届を出しに行けと言ったら・・・

「なんかめんどくさそうだし、やった事ないから一緒に行こうぜ。」
などと甘えた声を出した。
「母親より20センチ近くもでかくなったくせに、母親同伴で行くなんてかっこ悪いでしょーが!」
ふんっ、都合のいい時だけ「子供」に戻るなんて許さん!


この事実を知った夫は、テレビの前の彼を見て私に聞いた。
「そのわりには、あんまり凹んでないな。」
・・・男は単純だ・・・
「そうじゃないわよ。
テレビを見て笑っているけど、頭の中は「鍵をかけておけばよかった!」と後悔の念がグルグルしてるにきまってるでしょ?
平静を装っているに決まってるじゃないの!」
「そっかぁ!
今頃、だれがのってるんだろうねぇ~
それを聞いた息子が私にタックルのまねごとをして、挙句に抱えあげるわ・・・
憂さ晴らしのじゃれっこになった。

たとえ赤ちゃんの時から飼いならしていたとしても、虎がじゃれてきたら危ない。
こういう時の母親の気分とは、そんなところだ。


今朝、彼は雪の中を歩いて駅に行った。
ロマンチストの少年は、舞い降りてくる雪にご機嫌だった。


しかし・・・・どうするよ自転車!


ちゃっかり、盗んだ場所に戻す盗人もいるというけど・・・・


頼む!戻してくれぇーーーー!!

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/01/23 12:19】 | boys&girls
トラックバック(0) |
スキー教室から帰宅した息子。
はじめに言った言葉は「ゲームみつからなかったよ。」だった。
なんだか、つまらなそうだった。
彼らが最も注意人物としてマークしていた教師が、今年は担任団ではなかった。
入学したばかりの、小学生気分だった彼らに、男子校の男同志の付き合いを教えたのは彼だったかもしれない。
言葉は悪いし、怖い。
子供たちのしそうな事を、読むのが上手だったから、彼を騙すのは難しかった。
「蛇の道は蛇」という事なのだろうか?
そのくせ、あの年頃の少年の事はすごく理解していた。
男子校教師は、やはり男子教育のスペシャリストだったという事かも知れない。
小さな事など見逃してやる懐の広さがありながら、危険な動向には敏感で徹底的に叱った。
いつも体当たりで、子供達と接していたのだろう。
どの教師よりも叱り、その教師よりも怖かった。
でも、どの教師より生徒に信頼され、どの教師より慕われていた。
彼が全力で自分達と向き合っていたと、生徒が認めていたからだ。


彼の担任だった生徒達に、今も彼を慕うものが多い。
彼がいない分、今回は生徒の管理も追及が甘かったらしく、スリルがなかったようだ。
それが、寂しかったのだろう。


しかし、息子には全く関係ない部活のグループが、やっぱり騒ぎを起こしていた。
夜中に空腹になった少年達は、こっそり夜食を食べ、その証拠の隠蔽の仕方をミスして大騒動になったらしい。
そりゃあ、年齢的にいつでも空腹時代の子達だから、食べ物を探したというのは納得しちゃったりするんだけど・・・・
隠し方が・・・子供だったんだよね。


おかげで関係ない息子達まで、怒り狂った教師の説教に付き合わされたらしい。


確かにね。
あの教師がいたら・・・生徒達も、そんなまぬけな事件は起こさなかったかも知れない。
あるいは・・・「あまえら、ばれるようなへまをするなよ!」と見逃したかもしれない。


生徒の騒動で、担任団は職員室で苦労したろう。
教師も大変だと思う。


勉強を教えるだけなら、塾や予備校の先生でもいい。
学校の教師は、生徒にとってそれだけじゃない。


生徒は彼ら教師を、人として男としても見ている。


見られてますよ先生方!
健闘を祈ってます。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:教師に求められる能力 - ジャンル:学校・教育

【2008/01/23 11:46】 | boys&girls
トラックバック(0) |
学生会館・・・最近は、外国の学生が多かったのか名称も変わっていたと思う。
見たら、取り壊すらしく覆われていた。
学生の姿を、そういえば見なくなっていたかも・・・・。
門の所には、大きな桜の木があって、春は綺麗だった。
モクレンもあり、早春を告げていた。
のぞいて見たが、切り倒されてしまったようだった。
もう、春が来てもモクレンも桜も咲かないのだ。

私が学生だった頃、ここのW大生に知り合いがいた。
私は入った事がなかったが、入った友人の話を聞いた事があった。
たしか・・・個室ではなかったような・・・。
皆さん真面目な苦学生で、家庭教師などバイトをし、親に迷惑をかけないよう質素に暮らしていたような話を聞いた。
ここで青春を過ごし社会に出て行った多くの学生がいたに違いない。
近年、学生の生活は豊かになった。
バストイレ付のワンルームマンションなど、私たちの時代では、あまりいなかった。
最近近くに建った学生寮も、オートロックで快適そうである。
おしゃれをした若者達が、夜中遅くに出入りしている。

日本人の学生は、今どき相部屋での生活なんて・・・本人もだろうけど、親も望まないだろう。
そんな訳で、近年学生会館(留学生支援センター?とかに名前も変わっていたような・・・)に出入りしている学生は、アジア系の若者だったような気がする。
文化祭らしきものも、出し物が多国籍料理だったり、異国ムードがあふれていたようだった。

繁華街で週末に見かける学生達は、かなり酔いまくって楽しそうだ。
女の子がグテングテンに酔っていたり・・・親になると・・・なんだか複雑。

学生にしかできない事を、学生時代にしておくといいと思う。
大人の自由がありながら、大人の責任は半人前の特殊な時代。
いろいろな経験を積んで、後の人生に生かしてほしいとも思う。


私達が学生だった頃の生活。
銭湯や隣人の生活音が聞こえる安アパート。
友人とお金を出し合って晩御飯を作って、夜中まで恋の話や将来の夢を語り合った。
倹約して暮らした日々のささやかな楽しみ。
あれも、幸せで楽しかった。

近くにあった山楽ホテルも、今は跡形もない。
でも大きな銀杏の木だけは、残っている。

街は変わってゆく。


取り壊されてゆく学生会館を前に、ふとそんな日々を思い出した。



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

【2008/01/20 17:04】 | 生活
トラックバック(0) |


れん
今時の学生は、学校から見たら『お客様』扱いですよね。
子どもが少ないから、来ていただく・・・っていう感覚に変わってきているらしいけど、それもどうかと。。。。
でも、綺麗なところじゃないと住みたくない・・・住まわせたくない・・・という子どもや親が多いんでしょうね、きっと。
銭湯・・・・という響きも、とっても懐かしいですね♪
私も、学生の頃を思い出しました。

コメントを閉じる▲
今晩、雪になるのかなぁ・・・。
センター試験の頃は、なんだかいつも雪の話があったような・・・。
長女の時は汚れた雪が日陰に残っていたような思い出がある。
二女の時は、ちらついた。

こんな時に受験をするというのは、親にとっては健康管理で心配ばかり。


受験が関係ない今年は・・・洗濯物の心配かな。
子供は、明日交通に影響が出て、学校が休みにならないかと期待している。
喉元過ぎれば・・・というヤツですね。

今年頑張っているみなさん、来年は思い出になってますよ~

FC2blog テーマ:受験 - ジャンル:学校・教育

【2008/01/20 16:21】 | 生活
トラックバック(0) |
息子は、鍋料理は喜ばない。
けれど彼以外は、鍋が好き!
そんな訳で、連日鍋にしてみました。
直前のすき焼きから始まり・・・
1日目、牡蠣の味噌キムチ鍋 
2日目、肉団子で坦々胡麻鍋
3日目、水炊き
4日目、モツ鍋
結果として、連日残ったスープで雑炊とかうどんを食べていた。

そんな時・・・

二女が、友人から食事に誘われた。
食事券があるから、一緒に食べようという嬉しい話に飛びついたワケ!


彼女は、暴飲暴食のせいか、直後に腹痛で苦しんだそうだ。

それを笑った私。
昨夜の新年会からの帰宅直後、腹痛で苦しんだ!


消化に良いものばかり食べていて、突然大食いをしたせいなのか・・・?
今晩のメニュー・・・・どうしよう・・・


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:なんとなく気になる。。 - ジャンル:

【2008/01/20 13:51】 | エプロン通信
トラックバック(0) |
古紙が実は表示ほど入ってなかったという問題。
これを聞いて、私は驚かなかった。
やっぱり・・・という感想。
だって、ほんと綺麗だったんだもの。
古紙が入っていると言っても、なんだかみんな綺麗だった。
牛乳パックで作ったトイレットペーパーとかを生協で買った事があったけど、確かに真っ白ではなかったから、入ってそうな感じがいてたけど・・・・。
古紙を混入した方が、安くなるような先入観を持っていた人って多いと思う。
でも、実際はそうじゃなかった。
高いお金を出して、悪い質の物を環境の為に買う。
安い=悪い 高価=良質
こういう頭になっている訳だから、なかなか難しいよね。

姑の実家は、林業もしていた。
夫は、子ども時代の夏休みは母方の実家で過ごすことが多かったという。
林業の仕事をしている脇で、遊んでいたわけだ。
従兄のお兄さんが、木の世話をしているのを見ていた。
子供にはかっこよく映ったらしい。

夫の母方の実家は、今は山をおりて市内で暮らしている。
時折、様子を見に山に入るらしいが、人がいなくなると生態系は変わるという事を、実感として話してくれたことがある。
夫が子供時代の夏休みを過ごした山は、もう当時の姿ではないのだろう。
きちんと世話をされた木々の間から射す木漏れ日の美しさ。
香って気付く、凛とした百合の花。
蝉しぐれ、湧水の冷たさ。
夫がよく話してくれた少年期の冒険話は、私や子供たちには好評だった。

日本の林業の話を聞くたびに、思い出される夫の話の中にある風景。
彼らはみな山を降り、集落は今は廃墟になっているのだろう。


日本の林業は、そう簡単には復活できそうもないように思える。

FC2blog テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

【2008/01/19 12:20】 | 生活
トラックバック(0) |
私は親として、3回経験した。
今も、塾通いの親子を見ると当時を思い出す。
もう、願書も締め切られる頃で、都外の県では受験が始まっているだろう。
彼らが、体調不良などの理由で、力を出せない事がないように、心からお祈りします。
第一子を中学受験させる頃、当時は受験塾は4年くらいからで十分といわれていた。
長女が通っていたのは、三分の一程度が私立に進学する小学校だった。
高学年になると、受験をする子と公立に進学する子の間に、微妙な空気が漂ってくる。
女子のこの時期は、ただでさえ問題が起こってくるのに、これは子どもにとってストレスになった。
親の中にも、受験に対しての意見は賛否両論。
受験を理由に役員などパスする家庭も増えてくるので、受験批判を耳にする機会も増えた。
テレビで見るはちまきをした受験風景は、抵抗を感じるし・・・
遊びたい盛りの子供に、お弁当を持っての塾通いは、かわいそうに思えた。
そんな訳で、中途半端な受験体制だった。
親としては、そこそこの苦労で、そこそこの学校に入ればいいと考えていた。
実際にその当時諸事情があり、家庭的に受験体制中心の生活をとれる環境になかった。
週末に学校説明会や文化祭が行われる。
6年にもなると模擬テストが入り、学校説明会などの参加もままならなくなった。
結果、学校説明会に出れたわずかな学校を受けたにすぎなかった。
それでも、第一志望校は過去問題の出来からも大丈夫だからと、楽観していた。
受験は何があるかわからない。
その学校を、長女は補欠で逃した。
公立に進学してリベンジも考えたが、子どもと話し合って滑り止めの学校に入学した。
受験をしていた子が、公立に進学する事は、子どもにとって屈辱的な事なのだ。
娘は、中学では成績上位者で、楽しい3年間を過ごした。
失われた自信も、なんとか持ち直した。
けれど高校になり、高校から入学してきた子達とは合わず、大学受験を考えた時に、レベルの違いにショックを受けた。
中学受験は、受験時の偏差値だけじゃなく、出口である大学進学実績を考えるべきであるという事を実感した。
彼女は大学受験で、本人的には不満な結果だったが、親は満足している。

そんな反省と経験から、次女の受験はハードルを高くした。
親としては、付属の大学にも満足ができる学校を第一志望に選んだ。
第二志望は、進学校的付属校でした。
成績がふるわなければ、付属大学に進学。
成績が良くなれば、他大を受験させる事ができる体制をとっている学校だ。
夫は、それ以下であれば公立に進学し、高校で納得のいく受験をしたらいいと考えていた。
二女は、なんとか第一志望に合格した。
ところが、高校2年になり他大を受験したいと言い出し、結局付属大学には進学しなかった。
彼女は6年間過ごした母校を今も愛しているし、良い人間関係は今も継続している。
けれど、大学には魅力を感じなかったのだ。
本人が進みたい学部など、親が思うほど子供は単純ではなかった。
ここまで予測する事は、小学生の時には難しいと思う。
結果、第一希望は叶わなかったが、持前のプラス思考で在学している大学でも楽しい毎日を過ごしている。

3回目は長男だった。
男子という事もあり、初心者のような緊張感だった。
はじめから、大学を意識して受験校は選んだ。
大学の学部も調べた。
男子の中学の偏差値表など、女子の時には見ないから、予備知識も少なく新鮮だったからだ。
公立中学からも、優秀な学校に進学する者はいくらでもいる。
中学で不満を持って私立に進学するなら、高校受験で納得のいく学校に入ればいいという意見は、親子で一致した。
だから、息子は試し受験以外は、入学する意思のない学校は受験しなかった。
強気の受験だった。
そのために、野球も辞めた。
第一志望は叶わずひやっとした受験だったが、現在私立で充実した毎日を過ごしている。
入学当初は、なじめるか本人は不安だったらしいが、しっかり自分の居場所を築いた。
親としても、学校に好感を持ち、入学してからの方が印象がいい。


中高の6年は、子どもにとって大きな転換期である。
どんな場所で、どんな人達と、どんな影響を受けて成長してゆくのか・・・・。

もし、あの時・・・・
そんなふうに、別な選択をした場合を想像する事はあるが、未熟ながらも精一杯の愛で頑張ったのだと思いたい。

中学受験は、親子で頑張るものだと思う。
同じ目標に向かって、二人三脚で頑張る。
受験を通して、時に意見をぶつけ合ったり、時に意思を確認し合ったり・・・・
ともに泣いたり笑ったり・・・
子供たちの友人親子の話を聞いても、フレンドリーに非常によく話をしている家庭が多い。
親も過干渉という程ではないが、子どもを理解しようという努力をしている。
彼らは、ともに中学受験を戦った同志なのだと思う。
親子で同じものを見て同じ事を経験する事は、素晴らしい事だと思う。
中学受験をともに過ごした母達は、今は息子の部活の追っかけをしている。
照れ屋の息子に「来るなババァ!」なんて言われても、彼女は気にしていない。
息子の本心ではない事を、知っているからだ。
そして、歓声を上げている。
これらは、中学受験の副産物だと思う。
我が息子も「来るんだろ?」と当たり前のように言う。
まぁ、彼は野球の頃から慣れっこなのだけど・・・。

いつまでこうしていられるかわからないけど、できるうちは子供の目線で、彼らの世界を見ていようと思う。


子育てもまた、「一期一会」。
今日の息子は進化し続け、明日は別な少年になっているからだ。

悔いなき今を生きよう!


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

【2008/01/18 10:31】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧の方へ
真昼
この辺りは、公立で土の校庭を持つ小学校はないです。
児童数も少なく、さらに中学では国立や私立に進学する者もいて、生徒数は少ないのです。
部活は校庭の狭さから、野球部がない学校も多いのです。
顧問が異動になれば、去年あった部活も無くなります。
部活が1年単位で活動するという、地方ではありえない事態です。
これでは友情や先輩後輩の絆など、部活でしか作れない人間関係など、経験する事が難しいのです。
部活は週に2回ほどで、時間の空いた生徒が近所の公園で遊んでいたりします。
私達が思っていたのとは、まったく違う生活でした。
学校選択制で、いろいろな努力をしているようなので、期待したいところですよね。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
朝が起きられません。
仕事に集中し、気がつくと時間がたっている。
娘達は、さすが女同士なので夕飯を催促などしない。
気がついたら夜の8時だった。
二人の娘達は、晩御飯の手伝いはしないものの、それぞれ大学のテストやレポートに追われている。
ゲームどころかテレビをつける者もいません。
そんな訳で、家はとても静かで落ちついてます。
家族の一人でもいないと、こんなに変わるものだという事は、どの子にも言えることですが、特に食べざかりの息子の不在は、主婦業をさぼれる事が分かります。
お弁当があるという緊張感が、低血圧の私を起こしているのです。
無ければ・・・起きられません。
娘達はよくわかっていて、勝手に食事をして出てゆきます。
お菓子も買いません。
特に娘達は、食べませんから・・・。
お菓子もまた、息子の為の物だったとわかります。
ご飯を炊く量も、当然減ります。
部活もなく洗濯物も減り、アイロンがけのワイシャツも無くなります。
おかずの文句も気にせずにすむし・・・極楽・・・・?
お風呂は娘が用意して勝手に入るので、私は便乗して入れる。
おかげで、夜中の3時くらいまで仕事に集中できた。

ただ・・・ちょっと、寂しいかも。
彼が存在する事で、姉たちがからかったり、彼も姉にちょっかいだしたりして蜂の巣を突いたような大騒ぎになっているわけで、誰か一人でもいないと盛り上がらないようです。

まぁ、ちょっと一休みってとこでしょうか・・・。

FC2blog テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/01/17 18:05】 | 生活
トラックバック(0) |
スキー教室に出かける前に、息子は友人達と綿密な打ち合わせをしていた。
彼らの最大の関心事は、ゲレンデの事ではない。
持って行ってはいけないとされるゲーム機を、教師の目を盗んでどうやって持ち込み遊ぶかである
去年も、阻止する為にあらゆる経験を総動員する大人げない少年の心を持ち続けている教師団と、子どもながら無駄な事には素晴らしいチームワークを発揮するズル賢い生徒諸君の真剣勝負が繰り広げられた
すでに彼らの目的は、ゲームをしたいという事ではなく、教師達との宝探しゲームとなっているとしか思えない
本来なら宿舎に着いた時点には、集められ手元にないはずの携帯電話を、教師の監視を潜り抜けたメンバーが、教師の動向を配信しあう。
誰がどの部屋で何のゲームをどういう状態で発見され没収されたか、教師は今どこを見回っているか・・・・素晴らしい連係プレーで情報を共有し合うらしい。
発見され没収されたら、教師の勝ち。
見事、隠し通したら生徒の勝ち。
この女子にはバカバカしいと思われる事に、中学生の男子達は真剣に挑むのである。


出かける朝、「無茶したらだめよ!」という私に、「おう!俺は最後までゲームを守り通して見せるぜ!」と力強く答えた。
彼らは最後の練習日に、遠い所に連れて行かれ「宿舎まで滑って帰還せよ!」というサバイバルイベントを忘れているのではないだろうかと不安になった
去年、息子は同室の友人の3人が没収された後も、最後まで隠し通す事に成功した。
一人でも発見されれば、大人げないかつて少年だった教師達の眼は輝き、捜索に盛り上がる。
芋づる的に発見される率は、当然高まる。
彼らは、あらゆる知恵を出し合い隠し場所を相談し合った。
一人は紙袋に包みゴミ箱に隠した。
すると、宿舎に戻ったら客室係りの方に捨てられていたという最大の危機にも直面した。
しかし、彼らは強い友情で立ち向かった。
ホテル側に事情を話し、教師団にばれないようにみんなでホテルのダストルームを探したという。
見事探し出し、彼らの友情は強い絆になったらしい
バカバカしいと思われるかもしれないが、私はこの話を結構喜んだ。
彼らの機転と行動力に感心したのだ。
問題が起こった時に、どう対処するか。
自分達で考え、自分達で判断し、自分達で行動する。
問題解決能力の訓練になっているのではないだろうか?
彼の中学は、受験の時に記述の問題が多くて有名だった。
自分で考え、自分の言葉で語れる人間を求めているのだ。
ちょっと、使い道はずれているが彼らのこの能力は感心する。
一事が万事、彼らは日々このようにピンチを支え合って乗り越えている。
教師団も生徒達も、このバカバカしいゲーム探しを、かなり真剣にやっている。
どんな事でも、真剣に取り組む事は悪くないと思う。

息子は隠し通しているのだろうか?
「見つかったら没収されるわよ。しばらくゲームなしの生活になるリスクを冒して持って行くの?」
私の問いに、彼は笑った。
「まぁ、ほとぼりが冷めれば返してくれるわけだし、ちょうど英検前だから勉強に集中できていいかもね。」


没収されたら、親は呼び出されるんだろうか?
・・・英検の勉強に集中できるなら・・・


没収されてしまってもいいかも・・・


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/01/16 22:43】 | boys&girls
トラックバック(1) |
スキー教室に私服で出かけた息子。
このチャンスを逃したら、学生服をクリーニングに出せない!
仕事の合間にダッシュで、クリーニングに出せた
土日も部活があるし、クリーニングのタイミングが難しいからたいへん
考えてみたら、毎日着てる訳だから、汚れているんですよ。
まだ、ブレザータイプは、直接首につくシャツが洗えるからいいけど、学ランとかセーラー服は、ちょっと悲惨ですよね

しかし、ポケットの中は娘達とは違うなぁ・・・
だって、コンビニのレシート(食べ物ばかり)とか無造作に突っ込まれたハンカチ、お菓子の包み紙・・・・。

この年頃の頭の中は、外でも「食べ物」なんですね~。


しばらくお弁当から解放されるのは嬉しいけど・・・
部活で骨折してないんだから、スキーで骨折しないでよ。
よろしくお願いします

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/01/15 15:41】 | boys&girls
トラックバック(0) |
長女が熱を出した。
数日前から、「わたし熱がある!」と騒いでいたが、家族にはスルーされていた。
だって、37度ジャストなんだから・・・。
確かに、平熱の低い私や長女は37度あると、体長に違和感を感じる。
けれど一般的には微熱ですから、アピールしたところで誰も気にしない。
ましてや薄着のままだし、不摂生は続けるし・・・。
本当に体調が悪いようには思えない。
すでに「オオカミ少年」化していた。
しかし、昨夜は38度だったらしい。
当然今は、息も絶え絶えって感じ
第一子は、一人っ子時代がある。
彼女が熱を出せば、大騒ぎをしてもらえた幸福な時代があった。
それを期待するのだろうが、すでに過去である。


二女は、幼児時代熱性けいれんと喘息があった。
彼女が「寒い」と言い出せば、私が震え上がった。
一気に40度近く発熱する事が多かったからだ。
熱性けいれんとは、このような高熱の時に起こす事が多かったからだ。
喘息で夜間救急病院に駆けつけ、入院になることも多かった。
スポーツ選手に、子ども時代小児喘息だったという人がいる。
彼ら同様、彼女も中学に入り部活三昧な日々を過ごす頃には、病院は縁遠くなっていた。
それでも彼女は、今でも自分の健康管理には注意している。
季節の変わり目や動物を室内で飼っている家庭に行く時には、喘息の薬は用心のために用意している。
無理なスケジュールは組まないし、体調が不安になればビタミン剤を飲んで早寝をする。
朝食はガッチリ食べるが、夜食は食べない。
私にとって幼児時代の要注意人物だった彼女は、今や最も安心な子になっている。


さて、現在の私の要注意人物は・・・第3子である長男!
彼のサインは、帰宅後部屋で制服のまま寝込んでいる。
目が大きな二重になっている。

この2点がセットなら、確実に発熱している。
体調不良で二重になるというサインは、3人の子に共通していた。
これは私や私の兄妹がそうだった。
しかし、私達がそうだったように、上の2人はすでに二重が定着しており、現在は参考にできない。
彼はまだ定着してないので、睡眠不足などの時にも起こる症状である。
発熱すれば、母親の説教を聞かなくてはならないし、医者に行かされるし、部活を休まなければならない。
それで彼は、ギリギリまで体調不良を口にしない。
その為に、私に悟られる頃には厄介な事になっていたりする。
下手に隠す知恵をつかうなら、早めの対策を考えてほしい。



さて、私が生んだわけではないが、夫のサイン。
ズバリ寝起きが異常に悪くなる事と食欲減退!
乳児なみの分かりやすさである

FC2blog テーマ:こどもの病気 - ジャンル:育児

【2008/01/13 10:17】 | boys&girls
トラックバック(0) |
どうやら、はめを外してしまったのは我が部の高校生だけではなかったようだ。
他の部も、なにやらお説教を受けていたらしい。
何はともあれ、中学は再開されたが・・・

「○○先輩の顔を見るのが辛いなぁ・・・」
帰宅後の息子の発言である。
聞き覚えのない先輩の名だったが、聞けば高校の新主将だという。
彼は4歳も年下の息子たちにも声をかけてくれる真面目な先輩らしい。
その彼は、今件で部活ができなくなっている訳で・・・
切なそうな、悲しそうな顔で、中学生の練習を眺めているのだという。
むろん、息子にも声をかけてくれるし、微笑んでもくれる。
けれど、そういう先輩たちの姿を見ると、心が痛むらしい。


中高一貫校では、6学年の学生が学んでいる。
部活の合宿なども、ともに過ごしてる訳だ。
息子にとって、彼らはみな兄のような存在なのかもしれない。
いろいろな兄がいるわけだ。
私が中学の頃には、高校生との接点など、親戚関係以外はなかった。
少し年上の同性の存在は、大きな影響をうけるようだ。

先生は連帯責任は、社会に出た時に必ず経験する大切な事と、彼らに伝えたらしい。
連帯責任の意味を話したらしいが、息子の表現力が悪く、説得力は・・・?
顧問教師は、その事による仲間割れを恐れたのだろう。

素敵な先輩たちから、よい影響を受けて、懐の深い男になってくれ

FC2blog テーマ:子どもたちのつぶやき - ジャンル:育児

【2008/01/12 17:27】 | boys&girls
トラックバック(0) |

今のところ
真昼
残念ながら・・・みみっちい感じですぅi-229


れん
なんだかいろいろあるんですね。
でも、中高一貫校のよさでもありますね、兄のように思えるなんて凄いいい経験ですよねえ・・・。
器の大きな男性にきっとなってくれるでしょう~♪

コメントを閉じる▲
兄がブログで、ダイエット宣言?をしていた。

ふふふん


お兄様!ダイエットの大変さをご存知かしら?


私なんて、独身時代の体重から2キロ増えているんですよ。
3人も出産して2キロ増で、抑えたのもそれなりの努力あっての事ですよ。
2人目までは、独身時代の理想体重にまで戻すことに成功したけど、3人目の出産後が・・・


・・・それほど、真剣ではなかったけど・・・


ただ、このあと2キロがなかなか定着しない。
時々は、戻るのだけど・・・油断したら、増えている。


現在12月から1月までに家族の誕生日2回とクリスマス、年末年始のダラ食いでMAX!


私もまた2キロの壁と戦う決心をしたわけで・・・。


吐き気の風邪で、4キロ減はすごいとおもうけど・・・・。
すでにリバウンドしてるのでは?
4キロといっても、元体重からのパーセントで考えると・・・


まぁ、健康のために頑張って!

FC2blog テーマ:健康が一番♪ - ジャンル:ライフ

【2008/01/11 14:36】 | 生活
トラックバック(0) |
部活の高校の先輩が、なんかやらかしたらしい
息子は口が固いので、はっきりとは言わないけど・・・。

連帯責任で、弟分の中学も部活が休みとなりミーティングになったみたいです。
中学の部活の自粛は1日ですみそうですが、高校はそうはいかないようです。
春季大会に影響がなければいいのですが・・・

私はこの「連帯責任」という言葉に、時々やるせなさを感じます。
運動部では、よく耳にする言葉なのですが、真面目な子にとったら悲劇です。
わが身に置き換えて、問題行動を起こしそうなチームメイトを管理するなんて、同世代では無理な気がするからです。
自分の行為に責任をとるのは当然だけど、他のメンバーの責任も取らなくてはいけないというのは、なんだかかわいそうな気がするのです。
問題行動を起こす側に、考えてほしいものです。
ひとりの行動が与える影響を・・・。
去年の関東学院大学ラグビー部の不祥事のように、多数のメンバーとなると弁護も厳しいけど、そうじゃないケースでは、ほかの部員を思うと残念でなりません。
彼らの努力は、報われなかったわけですから・・・。

自分の犯した過ちで、チームメイトまで巻き添えにするという事は、本人にとっても辛い事だと思うのに・・・この結末が、想像できないのでしょうか・・・?

まぁ、息子の先輩はたいした問題でもないでしょうけど・・・・
「連帯責任」の処罰の重さを、一人ひとりが自覚して生活面も頑張ってほしいものですよね。

ドンマイ!

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/01/11 14:10】 | boys&girls
トラックバック(0) |
新学期になり、年末年始のお土産が届く。
息子は教師から、お菓子をもらった。
しかし、渡す時に教師はこう言ったという。


「あまえら、これは食うな!
 酒が入っているから、ご両親に食べてもらってくれ。」



そんなややこしいものは、よこすな!って話だよ。



見れば、小さなビスケットの小袋ひとつである。
彼らの言い分もわかる気がした。

だいたい、浦島太郎の乙姫様もそうだけど、なんで開けてはいけない物をよこすのだろう?
先生の真意を考えてしまう14歳である。


ウィスキーボンボンみたいなものを想像していたが、息子が鞄から出したものは・・・
「八海山」と書かれた小袋・・・しかもキャラメルよりちょっと大きい程度。
「『八海山』って、たしか・・・日本酒でしょ?生徒の土産にありえないって話だよ。」
息子のこのセリフに驚いた。
「『八海山』知ってるんだ・・・
「知ってるって・・・去年叔母さんちで、テンション高く飲んでたアレでしょ?」
・・・面目無い・・・
そうです!あの新潟の銘酒「八海山」です!
確かに「ご両親に食べて・・・」っていう量じゃないよね~。
食べてみたら・・・確かに少し、日本酒の香りがしたように思う。
・・・しかし、中学生がコレを一つ食べたからと言って、問題になるようなことだろうか?
それ以前に、彼らが言うとおり気にするんなら、「生徒へのお土産としては不適切だ。」ということにこだわったら、いいのに・・・・


たしかに、ややこしいお土産だよね~。


でも、御馳走様でした


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/01/10 12:32】 | boys&girls
トラックバック(0) |


真昼
いろいろ変わり者が多い気もしますが、私自身は楽しんでいます。
金子みすずさんではありませんが、
「みんな違って、みんないい」のではないでしょうか?
我儘を放任しているのと、個性を尊重する事は、違うと思います。
頭の固い我が息子は、個性派ぞろいのこの学校で他者を尊重する事を学んでいると思うのです。
彼の溜め息にも、最近は余裕と笑みが見えますからi-179


kay
こんにちは、真昼さん
いつもコメントありがとうございます。

面白い先生ですね。
きっと何も考えずに買ってしまい、後でしまった!と思ったんでしょうね。
でもせっかく買ってきたんだし、表向きは一言いっておこうって所でしょうか?
父兄の中には、細かい事を気にする人もいますからね。


たしかにややこしいですね。
でも、こういうの悪くないな、とも思います(笑)。

私はホワイトデーに担任の先生から「これお返し」とわら半紙に包まれたずっしり重いものを渡されたことがありますが、開けてみると…氷砂糖でした!




コメントを閉じる▲
黒板の前でアニメのキャラクターのコスプレをして盛り上がっている男の、写真入り。
文化祭の時のものだろうか・・・?

これが、息子の部活の顧問からの年賀状だ。

画面全体から、楽しそうな空気が伝わる一枚である。

・・・が、これって家族に見られるだろう?!

以前次女の年賀状にハーレー?とかいう巨大なオートバイにまたがり、サングラスをかけカッコつけた皮ジャンの大男の葉書が混ざっていて、驚いたことがあった。
結局は、彼女の部活の顧問だった。
私学の独身教師ならではなのか、単にこの2名が変り者なのか・・・?
伝統のある女子校なので、親の中には批判的な意見を持っていた人もいたけど、結局は「ご自慢のオートバイを披露したかっただけじゃない?」という大らかな意見が多数だったらしく話にも上らなかった。
女子中学生には、このオートバイの価値がわかる訳もなく、彼のパフォーマンスはギャグとしては受け入れられたが、オートバイについてはスルーされていたようだった。

さて、息子の年賀状・・・他のものに比べ、以上に高いテンションを保つこれら部活の方々。
息子が、時々ついて行けそうもないと・・・途方に暮れるもの、わかる気がする。

でもさ、陽気でいいんじゃない?
学生時代には、こういうこともあってもいいんじゃないかなぁ

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/01/09 11:08】 | boys&girls
トラックバック(0) |

れんさん&ひさっぴさんへ
真昼
息子は、苦笑してました。
「こいつなら、ありえる!」と、顔にかいてありました。
つまり・・・そういうキャラってことですねi-229


ひさっぴ
こんにちは。
ブログにコメント残していただいてありがとうございました。

コスプレの年賀状かなりひきますね。
先生からの年賀状で自分の写真入っって時点でわたしはもうアウトですけど。



れん
今晩は!
コスプレの年賀状とは。。。またインパクトの強いものを選んだんですね・・・その方・・・。
息子さんの反応は?知ってるとはいえ、年賀状にそういう写真を使ってると、ビックリしてたんでは??
いろんな年賀状があって楽しそうそうですね♪

コメントを閉じる▲
息子に年賀状が来る。

部活の事が書いてあるからチームメイトだろう。
彼は読んだあと表をながめた。

「・・・で、・・・おまえ・・・誰?」

のぞいてみると、小学生にも負けそうな汚い字で宛名が書かれ・・・差出人がない。

息子は大きくため息をつく。

部長を任命されなかったのは幸運だった。
担任に「ラグビー部の良心」と呼ばれたらしい。
彼が部長ではないかと言われたりもしたが、それだけは逃れた。
役には入ってしまったので、幹部であることにはかわらないが・・・。
この無邪気な奴らを統率するのは、並大抵の努力じゃ済まない気がした。

彼の名は、部員のお母さまにウケが良いらしい。
だから親から外出の許可をとる時に、彼らはよく息子の名前を使うようだ。
だから、保護者会などで奇妙な体験をする。
「先日はどうも・・・」と挨拶をされる。
たまに、話が合わずばれてしまうらしい。
息子には、私がばらした事になるから「気をつけて、うまくやってくれ」とか言われる。
・・・それは・・・無理だ!

帰宅する時も、誰かが寄り道しようと言いだすと、断りたい数名の奴は・・・
「○○が行くんなら・・・」なんて言い出して、巻き込まれてしまうらしい。
うちの息子は、飯を食うまでは付き合うが、その後のゲーセンや漫喫とかカラオケとかには絶対に行かないで帰るという事を、みんなが知っているらしい。
息子が帰ると言い出したら、便乗して帰れるからだ。
彼は、職員室の呼び出しという危険を冒しても行きたいとは、それらに対して思わないからだ。
つまり、「彼といれば安全」というイメージらしい。
これが、彼にとっては迷惑な話で、巻き込まれないように苦労しているらしい。

確かに、知らないうちに「誰かのアリバイに利用されている」のもつらかろう。
しかし、私だって意味不明な挨拶に困惑しているんだからね・・・。

おまけに部員のママからの年賀状に
「お姉さまは、日本舞踊をなさるんですか?」とある。

・・・このデマ飛ばした奴は・・・・誰だよ!

FC2blog テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

【2008/01/08 12:45】 | boys&girls
トラックバック(0) |
始業式には、成績表の感想を親は書かなければならない。
う~ん。
1学期に比べ、全体的に下がった。
部活が多忙だったために、勉強に手が回らなかったのは事実だが・・・・。
・・・どうしたものだろう・・・と悩む。
彼のバックを引っかき回したら、プリントが出てきた。

中高の部員の名前がずらりと並び、一人ひとりの体格や体力測定の結果が記入され、一人ひとりの課題が書かれていた。
次のページには、マシンの名らしきものがずらりと並び、一人ひとりのトレーニングメニューが表になって書かれていた。
彼の課題は・・・パスの技術とパワーだった。

・・・こんな事、毎日やってるのか・・・。
そりゃあ、帰宅したらダウンするよね~。
しかし、これを作ったコーチにも感動する。
これは・・・「愛」?

仕事以外を、どれだけ彼らのために費やしているのだろう。

ありがとうございます!


しかし・・・この成績は問題!
それはそれ、これはこれなのよ!!

FC2blog テーマ:母親日記 - ジャンル:学校・教育

【2008/01/08 12:00】 | boys&girls
トラックバック(0) |
浜崎あゆみの話を聞いて、すっかりビビった小心者の私です。
「いじりましたか?」という医師の質問に、はっきりと「はい!綿棒でさわりました!」と返事をした。
医師は意外にも「いいんですよ。さわっても。ただ触っていたかどうかが、診断のポイントになるので・・・。」と優しい。
見るなり、「腫れてますね。痛かったら言ってください。」とはじめに言った。
どうも、鼓膜に近い奥の方だったようで、耳に薬を入れられた。
綿を詰められ外に出ると、けっこう怖い。
片耳でも聞こえにくくなると、感覚的に不安定になる。
医師に診てもらうと、安心する。
外耳炎だろうと思っても、勘違いだったらと不安はつきまとう。
医師に判断してもらい薬を出されると、これでこれ以上はひどくならないという安心が得られる。
昨日は、文句を言って申し訳なかったわ・・・と深く反省

思えば医師とは、気の毒な人である。
私の前の子供は、大泣きをしていた。
子供の気持ちもわかるけど・・・必死に治療しても嫌われる仕事だよね。
医師に会わない事が、健康のバロメータなんだから・・・。

医師のみなさん、がんばってください!

FC2blog テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/01/08 11:43】 | 生活
トラックバック(0) |
久しぶりに仕事以外の夢を見た。

実家にいて、20年くらい前の母がいた。
近くを散歩すると、見覚えのない丘にまっ黄色のあやめ?カキツバタ?のような花が群生して咲いていた。
綺麗だと思った。
写メを撮って、妹に送ろうと思った時に、妹と実家に行く約束をしていたような気がした。
そこで、妹に連絡しようとしたけど、今からじゃ遅いと思った。
私はトイレでハンカチを2枚落としてしまう。
母は私に父が入院していた時の医者の話をした。
「とてもいい先生だと思っていた人が、そうでもなくて・・・
 逆に、よくない人だと思っていた先生が実はいい人だったらしいよ。
 世の中、わからないねぇ・・・。」
そう言いながら、静かに笑った。

黄色が印象的なこの夢・・・、黄色ってあたりが・・・すでに要注意?
昔、母が「あやめと菖蒲とカキツバタ?の違い」を教えてくれた。
葉が違うとか言っていたように思う。
なんでこの季節に・・・あやめだったんだろう?
病院=父・・・なのか、耳が気になっていたのか・・・。

ただの夢だけど・・・やっぱり、耳鼻科に行こうかな・・・

FC2blog テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

【2008/01/07 15:11】 | 夢日記
トラックバック(0) |
耳の様子は、さっぱりよくならない。
仕方ないから耳鼻科に行く決心をした。
時間もお金もかかるし、できれば行かずに治らないかと思ったけど・・・。
外耳炎の原因は、実は鼻の方で・・・というお説教を今回も聞かされ・・・・。
私は、ウンザリしながらもニコニコと話を聞く。
医者のほうだって、カルテを見て「この女も進歩ないなぁ」と思っているに違いない。
・・・あ~、行きたくないよぉ~。
しかし、次女に説得された。
仕事で時間が取れなくなる前に、行ったほうがいいかなぁ・・・と思いなおした。

・・・が、休みだった!!

ありえない!!

1~3日休みだったんでしょ?!
やる気出してくれよぉ!

 また明日出直しかぁ?!

明日治っていたら・・・

耳鼻科になんか、行ってやらないからねーーーーっ!

FC2blog テーマ:薬・医者・病院等 - ジャンル:心と身体

【2008/01/07 14:54】 | 生活
トラックバック(0) |
目覚ましで起きるのはつらい。
今朝も息子を部活に送り出し、ホットミルクを一口飲んだら・・・
なぜか・・・気分が悪くなった。

外耳炎を起こしていると思われる右耳が痛い。
この吐き気と関係しているのか・・・?
いや、むしろ風邪?暴飲暴食?飲みすぎ?
頭痛もする。
疲れ目から来ているのか、風邪・・・?
とにかく寝なおしてみた。

やはり、体調は悪い。
自由業の夫は、今朝は仕事場に行きたくないのか、グズグズしている。
私は家事も仕事も、こいつらのせいでままならない。
早く出て行ってくれ~。

やっと、一人になれたのは午後だった。
息子の昼御飯にクリ―ムシチューをつくり、午後に備える。
外の仕事での不在中に、我が家は「のだめの部屋」のように悲惨な事態になった。
それを数日かけてやっと片づけたはずだったのに・・・またも「のだめの部屋」化している。
昨日から見つからないと、抗議を受けていたブラシは長女の机の上から発見できた。

さて・・・仕事をしようと思ったら・・・携帯に電話。

「昨日頼んだ録画だけど、できるだけ早くDVDに落してくれない?資料にしたいから。」
夫からの電話だった。

頭痛がする。
バファリンを飲んだ。

今日は何が何でも仕事をさせてもらうぞ

早く、平常生活になりたいよぉー

FC2blog テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/01/06 14:12】 | 生活
トラックバック(0) |
正月から、特番という事で今までの話を一挙に再放送!
1月2日と3日で、1日数時間!
これをHDDに撮ったあげく、さらに昨日と今晩にまたスペシャル!
バイトなどで見られない家族の為に、消せないしダビングしようにも長すぎる!
CMを削りながら、調整しなんとか初日はDVDに落としたものの、他がまだ。
年末年始の特番を撮ってくれと言いながら、まだ見ていないから消すなと言い、HDDはめいっぱい!
今晩が「のだめ」と「SP]とで、夜は何もダビングできないから、日中が勝負だったが・・・。
倍速の設定をしていなかったから、ダビングにも同じ時間がかかり・・・。

誰か・・・DVDプレイヤーの使い方を覚えろよ
ダビングしてる度に、見てしまい仕事がはかどらないんだから!

FC2blog テーマ:のだめカンタービレ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2008/01/05 16:45】 | 生活
トラックバック(0) |
「富士山の見える所で、頭上には鷹。茄子の漬物を食べる。」
「振り向けば山火事で、白蛇が逃げてゆく。」
次女から「なんて欲深いイメージ!」と笑われながらも、イメージトレーニングもした。

・・・今年も、富士も鷹もナスも無し!
訳のわからない仕事を押し付けられて途方に暮れるという夢だった・・・
暮から、この悪夢を数回見ている。

自分の仕事と主婦業だけでも大変なのだ。
そのうえ、他に外で仕事をするというのは、思った以上に難しかった。
気力や体力で、どうこう出来る限界を知った。

悪夢に負けるか!
私らしく今年も、がんばるぞーーーーっ!

FC2blog テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/01/04 15:15】 | 生活
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。