存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に夫と美術館へ行きました。
夏にきた時には行き損ねたから、無理して仕事の合間に行きました。
先に観にいった二女から、カップを頼まれていたので買いました。
混んでいましたが、行ってよかったです。

夕暮れの上野を、二人で歩きました。

004フェルメールカップ

005フェルメール
スポンサーサイト

【2008/10/31 22:19】 | 生活
トラックバック(0) |
アップルパイ

美味しかったです。

【2008/10/31 22:09】 | 未分類
トラックバック(0) |
002マグカップ
夫とのお揃いのカップが、割れました。
はじめに夫のが、あとを追うように私のが・・・。
すると二女が、ディズニーランドで買ってきてくれました。


FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/10/31 22:04】 | boys&girls
トラックバック(0) |
小出氏と別れなかったら、どうだったのだろう・・・?
誰もが一瞬思ったのだと思う。
でも、彼女は「チームQ」を肯定していた。

変化を求めて失敗した場合、多くは聞かれることだろう。
でも、人が変化を求める時は、何らかの理由から、今の延長線上に想像できる未来に限界を感じたり、疑問を感じるからだろう。
結果が良かったかどうかなんて、本人しかわからない。
しかし、本人にとって後悔がないなら、何があっても公の席で「失敗」とは言わないだろう。
そして・・・言っても仕方がないのだろう。

彼女に勇気や感動を貰った人が多いはず、私達が言える事は


ありがとう。
お疲れ様でした。


いつまでも、笑顔で。

FC2blog テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

【2008/10/29 08:25】 | 生活
トラックバック(0) |

れんさん&れいさんへ
真昼
星野監督の件から、なんだか野球は爽やかじゃない状態で・・・スポーツは、結果によって手のひらを返されるものですが・・・。
そんな中、やわらちゃんとか高橋さんは、潔い感じがしました。
応援したくなりますよね。

そうですね・・・
れん
みんな選んだ道を、これが最高だったと思って突き進んで行くんでしょうね。
スポーツ選手は、結果とか出てしまうから、余計いろんなこと言われてしまいますよね。
でも、引退の決断は素晴らしいな、と思いました。
やりきった後の爽やかな笑顔でした。


れい
訪問ありがとうございました♪

引退記者会見私もTVで拝見しました。

燃え尽きた達成感?みたいなものを感じました。

今まで本当にお疲れ様でしたと伝えたいです!!

引退後の活躍も期待したいですね^^

コメントを閉じる▲
仲間内ではクールで通っている息子。
女子から文化祭に誘われても、興味なさそうにする。
実際に、友人を代理で行かせたという薄情さ。
ヘアスタイルにも、力を入れている節もない。
もともとサラサラのストレート髪なので、小学生時代も彼が何のシャンプーを使っているのか女子に聞かれていた。
しかし・・・最近、彼はヘアスタイルを変えた。
彼の友人や、友人の母が彼にワックスでのヘアをすすめたらしい。
そこで美容室で髪を切り、セットしてもらった。
友人は「母親に見せる」と言って写メールしていたという。
しかし、引退し部活のない日曜日に「やる事がない」と言って、ごろごろしている所を見ると彼女ができたわけでもなさそうだ。
そんな訳で・・・そろそろ、お年頃?



そんな彼に二女の一言。
「クールとか気取っているけどさ、こういうタイプは実は異性にどう関わっていいかわからないだけのシャイボーイだったりするんだよね!」
息子は姉の一言に・・・・


胸をおさえて絶句。


・・・ふう~ん。図星なのかぁ・・・・

来年は彼のクラスにも女子が入ってくる。
苦労しそうだなぁ・・・・

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/10/29 08:15】 | boys&girls
トラックバック(0) |
むかないと思いながら、もうすぐ10か月働く事になるコールセンター。
ダブルワークの人や、主婦のパートが多い午前中には、仲間もできた。
孤独感は、そこそこ無くなったし、愚痴れる相手も見つかった。
でも・・・・
上司となるSVさんには、ちょっと苦手な人がいる。
コールセンターでは、毎日のように情報が入り、手続きも変わる。
毎日行っている訳でもない私達は、出勤の度に情報をパソコンから探し、確認しなければならない。
私が働き始めてから、紙のお知らせは消え、紙で書く書類も消え、ほとんどをパソコンからの入力でするようになった。
お客様と会話をしながら、画面を見て手続きをするわけである。
クレームも対応しなければならず・・・。

私はダブルワークだし、この仕事は補足的なものである。
私以外にも、舞台で活動している女優(?)さんとか、家庭を優先している誇りを持って主婦業をしている母親だっている。
ここでスキルをつんで・・・という野心家ばかりではない。
しかし・・・。
話し方というものがあると思う。
働くパートの人達に敵意をもたれるような叱り方をする人は、どうだろう・・・。
彼女は、パートから入り契約社員になり、いずれは正社員を目指しているかもしれない。
けれど、みんながそうじゃない。
「こんな事もできないようでは・・・」と、叱咤しているつもりなんだろうけど・・・・。


私達は、そこまでこの仕事にかけてないんだよね。
だから・・・彼女とは感性の違いや温度差がある。
正社員に要求するようなことを言われても・・・・。
みんな、朝彼女がいると知ると・・・・目を合わせて苦笑いをする。


本人わかっているんだろうか・・・・


ここにきて、何人もの若くできる人が辞めていった。
・・・そう、転職しちゃうのだ。
就職氷河期に、しかたなく契約社員や派遣で働いていた人達なのだろうか。
バイトしながら就活するためにやめたり、バイトしながら学校に通うという理由で辞めた人もいる。
本当に野心のある人なら、ここにはいないのかもしれない。


私とて・・・本業が忙しい時はシフトは減らしている。
子供や家族の都合で、シフトを減らすのは主婦としては当然である。
女優さんは、舞台がある時はほとんどいない。
お互いに割り切っている。
会社側も、パートとしての待遇しか与えていないのなら、要求を多く望んだらバランスが崩れると思わないと・・・

私がいない時に、友人がSVと泣きながらバトルしたという。
泣きながら彼女が抗議した事に、多くのパート仲間は同感する。
仲間達は、そんな彼女を慰めながら勤務時間を無事すごしたという。
彼女もまた、ダブルワーク。
「仲間と励まし合わないと、やってられないわ。」
それでも、子どもの学費の為に辞められない。

「こんな思いしてまで続けなきゃ、いけないのかと思った。」と別な人も言っている。
そう思う人は多いのだ。
みんな朝、彼女を見て憂鬱になり、仲良しのSVがいると安心するのだ。

辞めてしまうパートの多くが、彼女ともめたのではと思うほどだ。
パートが楽しく長く働く事は、会社にとっても都合がいいと思うんだけどなぁ・・・
パートが何を望んでいるか・・・人それぞれなんだよね。


女優さんは言う。
「出世とか望んでいないから、これ以上仕事を複雑にしてほしくないわ。」
・・・同感だわ。
同じ時給なら、もっと単純な仕事がいいなぁ・・・


仕事って、やっぱり好きな事をやるのがいいんだな・・・と思う。
好きな事なら、辛くても頑張れるもの。
あとは・・・職場の空気。
ピリピリ ギスギスした空気の中では・・・・辛い。


ふと、保育園で働いていた頃を思い出した。
本業が一番好き!!!
でも・・・
本業以外なら、あそこが一番楽しかったなぁ。
あ・・・デパートも悪くなかった。


・・・まてよ・・・じゃぁ、ここが最悪・・・ってこと?


マジ、へこむわ~


FC2blog テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/10/28 19:23】 | お仕事
トラックバック(0) |
電子レンジが壊れるのを想像してください。
我が家は、ありえない壊れ方をした。
ドアの取っ手が壊れ・・・正確には割れてしまった。
こうなっては、開けられなくなったのだ。
機能が壊れていなかっただけに・・・くやしい!
開閉に異常な力が必要になっていた時点で、おかしかったのだけど・・・。

そんなわけで、ホームセンターのチラシで見つけた安売りを買いに、長女と雨の中自転車で向かった。
自転車の荷台で持ち帰りにして、ずぶぬれで帰宅。
それだけでも悲惨なのに、コンセントは食器棚の裏・・・
午前はコールセンターの仕事で、午後はこの重労働!
そして今まで、本業の仕事。

ふと見ると、ずっと以前からあったみたいに新しい電子レンジがおさまっている。
オーブンレンジがないと、パンも焼けない。
生活必需品だったんだね・・・

FC2blog テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/10/23 23:25】 | エプロン通信
トラックバック(0) |
繁華街でひどく酔った女の子(学生)を見る。
男の子が介抱していたりするけど・・・どうなの?
道端で吐いていたり、座り込んでいたり、男の子に抱えられていたり・・・
スキだらけとも思えるし、百年の恋も覚めるだろうと思ったり・・・
我が娘達もそれを、冷たい目で見ていた。

しかし・・・先日、我が娘もバイトの後で仲間と飲んで近い状態に!!
しばらく体調がもどらず、本人はそうとうへこんでいた。
彼女は、日ごろ「私は両親に似て、強いから大丈夫!」と言っていたらしい。
「お酒をなめたらいけないわよ!」
同じ量でも、体調によって悪酔いする事はある。
「親戚見渡したって、酒で病院にいった人なんかいないわよ」・・・などと怒った。
さんざん説教した後で、言い過ぎたかと気になって
「まぁね、ママもひどい二日酔いした事があって・・・しばらくは飲みたくなかったけどね。
××叔父さん(妹のダンナ)は、『二日酔いにビビって、酒を飲めなくなるようでは「真の酒飲み」ではない!』って言ってたけどね~」
・・・と笑い話でしめた。
まぁ、自分の限界を知るというのも、長い目で見たらいいんだけどね・・・


それから数日後。
「今日さ、バイト先に社会人になった先輩が遊びに来てね。
 飲もうって話になって・・・
 あ・・・、でもね。コンビニで缶チュウハイ買って、事務所で乾杯しただけだけどね。」
娘の悪酔い事件を知っていた仲間の男の子は、彼女に気遣ってくれたらしい。
彼もまた、私同様「しばらくは酒を見たくない」思いをした経験者だったからだ。
・・・で、どうしたのかと聞くと、1缶飲んできたという。
「いやさぁ・・・、××叔父さんに「真の酒飲みじゃない!」って言われそうだからね


・・・おいおい、「真の酒飲み」に認定されてどうする?
そういえば・・・忘れていたけど、いた・・・「酒で病院に入った男」が・・・!

あいつだ!
あの男は、そのあげく劇症肝炎で入院した男だぞ!


まぁ、今はおとなしくなったけどね・・・

FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/10/17 09:30】 | boys&girls
トラックバック(0) |
「ガリレオ」を長男と長女は、それぞれ友人と観にいった。
「観にいく!」と言っていた福山ファンの二女は、いまだ観ていない。
観てしまった者は話したくてしかたない。
長女は、パンフレットまで買った。
表紙を見て、「福山さん、かっこいい!柴咲コウ、綺麗だよね~!」と言いつつ中を見られない二女。
毎日のように、「話を言ったら、なぐる!」と二人を威嚇している。
主題歌も、息子ですら口ずさんでいる。・・・ちょっと、キモイ

でも、これに期待する母である。
「いやぁ、おれって、やっぱり数学できるかもしれない。
 Tにさ、難しい問題きかれてね、解く時に頭の中をガリレオの挿入歌が流れたぜ!
 『もしかして、おれって”ガリレオ”・・・・? あ・・・数学だから、イシガミ(堤真一役だと思う)?」
・・・Tってさ、あきらかに数学苦手じゃないの
ずっと、数学だけは、まぁまぁの成績だったのに、1学期の期末にコケたから・・・
「ガリレオ」ごっこで、がんばって勉強してくれたら、嬉しいかぎり


しかし・・・男子というのは・・・単純なんだろうか・・・
たしかブルース・リーが流行った時に、兄はヌンチャクを振り回していた。
「ランボー」が流行った頃、妹の新居に行ったら、壁に大きな「ランボー」のタペストリーがあった。
当時、義弟はナイフを集めていると自慢していた。
まぁ、怖いのじゃなくてキャンプなどのアウトドアで使うような物だった気がするけど、
妹は怖がって、「夫婦喧嘩する時は、隠してからだわ!」と言っていた。
あれらは・・・妹が捨てたのだろうか?


中間テスト前の我が家としては、「ヌンチャクを振り回す」とか「壁に大きなポスターを貼る」というより、だんぜん有難い!
物理学者でも数学者でも、目指してくれ!
そうしたら・・・少しは前回よりは成績が上がるからね


がんばれ「ガリレオ」!!

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/10/17 08:59】 | boys&girls
トラックバック(0) |
息子達の試合を見に来てくれた友人達は、口々に彼らを賛美したそうだ。
「おまえ、かっこよかったぜ!」ってね。
でも、「じゃぁ、一緒にやらないか?」と言うと・・・
「え・・・、やだよ。怖いから。」

・・・まぁ、これが現在のラグビーというスポーツに対する少年達の感想だ。
親だって同じ。
私だって、入部する時に「なんで・・・よりによってラグビーなの?」って心配した。
いや、今だって心配している。
子供が入りたがっても、親が許可しないケースだってある。
これがメンバー不足の現実だ。

馴染みのなかったラグビーも、息子の追っかけをしているうちに、覚えた。
ラグビーの正体がわからなければ、何を心配して何をフォローすればいいかわからなかったからだ。
あのスポーツは、他にはない面白さがある。
はまる人の気持ちがわかった。
同じ競技なのに、あんなにポジションによって体格から動きまで違うスポーツもないだろう。

けれど・・・親としては怖い。
息子の試合を見ていられない母だっているのだ。
息子はバックス。
170センチくらいにはなっているだろうが、長身ではない。
体重も60キロはない。
体脂肪も少ない。
ラガーマンとしては、スレンダーだと思う。
腕や肩や背中や腹筋、そして足の筋肉はすごいけど、グラウンドに立つとキャシャに見える。
180前後の身長で70キロ前後はある体重のメンバーの中に、立っているからだ。
彼の体型は、まだ少年ぽさが残っている。
その彼が、塗り壁みたいな敵に向かってタックルしたり、塗り壁みたいな敵にタックルされたり囲まれて見えなくなると・・・それは母は怖い。
彼が、やめたら・・・親としてはホッとする部分もある。
けれど、ボールのパス回しの中で、敵をぬって走る姿には感動する。
敵のターゲットを追う姿も美しい。
まるでヒョウが狩りをするように、一直線に加速するのだ。
そして・・・くらいつく。
何があっても離さない、味方の援護が来るまで耐えるのだ。
そして、人々の中に埋もれて見えなくなる。
彼等の足もとから、彼がノコノコと外に出てきたり、集団が去った後に立ちあがる息子を見るとホッとする。
そんなハラハラドキドキの試合を、少女にもどったように応援してきたのだ。
母達だって、感傷的にはなる。

やってほしい思いと、やめてほしい思いで揺れている親達なのだ。
今は、中間テスト前だから、部活はない。
中間テストが終わると・・・彼らは悩むだろう。
彼の友人は彼に探りをいれている。
親も私に探りを入れてきている。
彼がやるなら、続ける者がいるって事なのか・・・?
私と息子は、ひたすら・・・死んだふりをしている。

OB戦も行事である。
彼らは40オーバーのOBや、40アンダーのOBとも戦う事になるだろう。
日ごろ応援をしてくれるOB会には、礼をつくすのだ。
40オーバーは、楽勝だが・・・アンダーは手ごわい。
気がつくと先輩が混ざっていたりするからだ。
ラガーマン達の結束は固いようだ。

整形外科に通ったり、擦り傷や打撲は日常。
心配しっぱなしで、土日もなかった2年半だったけど、大きな大会にも出場する息子を他県まで観にいった。
彼にとっては、そんな彼らとの絆が何よりの宝かもしれない。

大きな怪我をせず、終わってほしいと思う。

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/10/15 09:41】 | boys&girls
トラックバック(0) |
秋季大会のラストゲームに、息子が熱を押して吐きながら試合に出た事は、以前書きました。
途中で、何度も吐いている息子の姿に、こんな状態で試合なんか無理だろうと思った。
顧問が、「試合に出させていただきます!」と言った時には・・・
相手チームに吐いて、シンビンくらうんじゃないかと思った・・・
・・・つーか、立ってられないよお・・・と思った。
彼がグラウンドに立った姿に、驚いたものだ。
その彼が、体を張ってトライした瞬間に、背後から我が息子の名を呼ぶ泣き声が・・・
なんと、チームメイトの母達が泣いていたのだ。
その日、彼の体を気遣う母達からのメールがきた。
「○○君の男をみました!」
「遅れてやってきて、いいとこどりだけど、活躍に拍手です。」
・・・?
確か・・・負け試合だよね・・・

しかし、ふと試合後に撮ったデジカメの映像にびっくり!
まず、人数が・・・・少ない?
包帯巻いている奴がいる・・・?
こいつ、出られないじゃない!

まともな子が、ぎりぎりの人数だったのだ。
つまり・・・息子が出なければ、試合が成立しなかったのだ。
「○○君だから、吐いてでも来るんじゃないかと思ったけど・・・男を見せてもらったわ!」
・・・そーゆーこと?!
「もう、ずっと成長を見てきたから、チームの子は我が子同然よ!」
彼女達は、口をそろえて言う。
・・・ありがたい話だ。
そんなお褒めの言葉も聞こえないのか、彼は「俺は高校ではやらない」宣言をしている。
近々、男を下げそうだ。

もう、このメンバーで息子達の試合を観戦できないと思うと・・・寂しいけど、引き続き見守っていこうと思う。

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/10/14 16:24】 | boys&girls
トラックバック(0) |

れんさんへ
真昼
そうなんです。
入学したてのランドセルがまだ似合う時から、母達の背を追い抜いて、すっかり頼もしくなった彼らの成長はすごいものがありますから。
会うたびに変わってゆく姿に、感動しました。
親達はそれぞれ子供の決断を見守っています。

分かります!
れん
ずっと3年間声援を送っていたのは、我が子だけじゃあないんですよね。
他の子の成長も一緒に見守って来ているんですよね。
だから、思わず名前を叫んだんでしょうね!
嬉しいですね。
高校は、続けないんですか?
確か中高一緒に部活したりしてましたよね?
そんな・・・辞める意志があるというのも素晴らしいです・・・が・・・現実はどうなんでしょう。
ひと波乱ありそうですねえ・・・。

コメントを閉じる▲
秋季大会も終わり、敗戦ショックも癒され・・・ご機嫌でリラックス!
友人と「ガリレオ」観にいったり、美容室に行ったり・・・。
運動三昧の日々から解放され、楽しんでいるようだ。

ただ、せっかくの鍛えられた肉体が失われるのは、嫌らしい。
運動バカは、1か月は喜んでいるが、月日がたつと物足りなくなるのだそうだ。
彼等の何人が高校まで続けるのかは、わからないが・・・。
他の運動部からも誘いがあるらしい。
校内で一番キツイと言われている部活で耐えられたのだから、他でも務まるだろうけど・・・。
ずーーーっと、土日なく過ごしてきたのだ。
遊んだらいい・・・・と、言いたいのですが・・・・

あのぅ・・・英検と中間テストがちかいんですけどぉ!

え・・・今日は先輩の応援で、早朝から出かける?

おいおい・・・、勉強は?!

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/10/13 10:07】 | boys&girls
トラックバック(0) |

れんさんへ
真昼
高校では、ラグビーはやる気がないと言ってます。
そうなると、フットサルとか・・・他の部やサークルの誘いがあるようで・・・。
でも・・・現実は、先輩の誘いを断って、他の部というのも・・・。
意外と、帰宅部で落ち着いたりして・・・。

やっぱり・・・
れん
どこも同じですね。
することは、サッカーしか考えられないみたいでしたよ。
今は、もうゲームに目が行ってますけど。
引退したのに、部活に出てたりしてましたもん。
勉強して欲しいけど・・・気持ちが切り替えられないんでしょうねえ。

コメントを閉じる▲
「中学受験では、反抗期をどう乗り切るかが問題になる」と聞いた事がある。

息子の同級生に問題が発覚した。
私学であるから、問題が大きければ退学になる。
私学では、当然の事だ。
娘達の学校でも、あった事だ。
入学した時と卒業時の人数が違ったり、高校に進学した時にいない子もいる。
普通の子が、予想もしない行動をとるのだ。
今回の子も、真面目な子だった。
少なくても、周りにはそう見えた。
親子関係も悪いようには見えなかったが・・・気になった部分があった。
親の力が圧倒的に強かったのだ。
彼の意志は、親の前には通らなかった。
それでも。その子は親に服従していた。

朝、起こしに行っただけで、息子に「ババア、うるせぇ!」と言われたと言って怒っていた友人の母は、そんなおとなしいその子を誉めていた。
でも・・・・何かが・・・ぷつんと切れたのだろう。

中学生の男子の母親が集まれば、子どもの反抗期で盛り上がる。
我が家はまだ「ばばあ」と言われた事がないが、彼の意志は小学生高学年から耳を傾けてきた。
受験校も彼の意志を尊重したつもりだ。
滑り止めに親が受けたらどうかと勧めた学校も、彼は拒否した。
彼の中にある通ってもいいと思うラインを超えたら、公立でいいと彼が考えていたからだ。
私も同意した。
野球をやめた時も、志望校を決めた時も、話し合いを何度も繰り返した。
同じ目的を達成するために協力したと言う意味では、スポーツも受験も同じだったのだ。
受験で親子が近づいた部分がある。
それは、どの親子にもあったのではないかと思う。
「ばばあ!」と言われる割には、親子での会話は盛んなのだ。
彼らは親子の話をよくしているし、照れ屋なだけで親を想っているようだ。
部活仲間の親が集まり、それぞれの情報をだせば、たいがいの状況はわかる。
ジグゾーパズルみたいに、ひとつひとつは意味がないと思える事も、合わせた時に深い意味があったと気付く事もある。

「私の友人の子は、彼女を友人にとられて・・・結局、退学して別の学校にいったわよ。
 何が起こるかわからないものよ、男の子だって!」
恋愛で破滅するのは、女子だけじゃないのだと驚いた。

大人の視点から、気づいた事は言うし、それが親の立場だと思う。
でも、子どもの想いに耳を傾けなければ、この時期の子供はあっという間に見えなくなるのだ。

部活で息子達は、よく女の人の名前を言う。
「○○さんがさぁ・・・」
そう・・・それは、メンバーの母親たちなのだ。
母親達は、「××のかあちゃん」とかファーストネームで語られている。
・・・親しげに・・・だ。
つまり、彼らは親の話題もしていると言う事だ。
「○○さんは、血圧高いからなぁ・・・。またあがるだろうなぁ。」なんて我が家の息子が友人の母親を気遣ったりしている。
それはつまり、○○さんの息子が母親の体を心配し、口に出しているからだ。
表面だけではわからない。
親が嘆くほど、彼女の息子は悪い子ではないのだ。

・・・私は、子供達の想いを受け止めているだろうか?
子供の意志を、尊重してきただろうか?
親に言えない悩みを抱えていないだろうか?
子供の言う事だからと・・・軽く流していないだろうか?

私の小言を、うるさそうに聞いている息子に、ちょっと安心したりした。
反抗期は、親子が向き合う大切な期間かもしれない。
我が子を、子ども時代のデータから、常に更新しアップデートし続けなければ・・・


でも・・・「ばばあデビュー」は、したくないなぁ・・・

FC2blog テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

【2008/10/10 08:43】 | boys&girls
トラックバック(0) |

れんさんへ
真昼
親は遠い先まで考えますが、子どもは今が全てですよね。
親は「今も大切だ」と考えなくてはならないし、子どもには「先にある未来」を考えて欲しいし・・・。
心身ともに成長過程だから・・・親子で五里霧中ですv-12

ママ太郎さんへ
真昼
公立には、小学校時代の仲間がいるわけで、一から人間関係を築く事もありません。
勉強だって、受験勉強をしていた分楽だった小学生時代。
一人で頑張っていたんですよね。
選択ができた分、後悔も迷いもあるでしょうし・・・。
でも、良かったですね。
我が子は、第一志望ではなかったのですが、今ではすっかり楽しんでいます。
勉強は・・・やる気をだして欲しいんですけどねぇ~。

そうですね・・・
れん
真昼さんの言葉に、頷いてばかりです。
ちゃんと話せば、彼なりに考えがあって・・・でも経験がまだ少ないせいで親の考えと合わなかったりしますが・・・
話さないと、お互いに考えてることが分かりませんよね。
会話・・・大事ですよね。


ママ太郎
こんにちは。
読んでいて共感することばかりでした。

うちの長男は今年第一志望の中高一貫校に入学し、最初は勉強のペースに慣れなくて、又、通学に2時間弱かかる事で疲れてしまい、私は見ててはらはらし通しで・・・
テストの結果だけを見て小言を言ってました。
今はペースが掴めたようで楽しそうに通っています・・・が、先日彼が、「4月の終わりころ今の中学やめて公立に転校しようかってかんがえててんで」という一言を・・・

全く、気付いてませんでした。
気づいてたら、小言を言わずに黙って見守ってたのに・・・
まだまだ、未熟な母です(T_T)

今は、「やめなくてよかった」と言ってくれるので一安心ですが、もっと子供の心の声に耳を傾けないとだめですね。

読ませていただいて勉強になりました<(_ _)>

コメントを閉じる▲
中高一貫校の部活において、中学の引退は・・・微妙。
高校でも続ける者は、大会終了後から高校と合流する。
高校での継続を保留にしたまま、後輩育成や体力維持に中学の部活に参加するケースもあるだろう。
すっぱりと活動をやめる者もいるわけである。

息子は、部活のバッグではなく、スクールバッグで登校した。
かれのバッグは、ボロボロだった。
折りたたみの傘が、穴から落ちかけるというので、ガムテープで内側から補強するというほどだ。
しかし、彼は買い換えなかった。
理由は簡単。
3年でバッグを買い換えたら、高校でも続けるだろうと期待されかねないからだ。
同じ理由で、ボロボロのヘッドキャップもショルダーガードも替えなかった。
「期待させて失望させるのは、かえって失礼である」が、彼の口癖だった。
後輩のために、週2日くらいは出てもいいくらいにしか言ってはいなかった。

帰宅後・・・彼は、
「明日から、ラグビーバッグ復活・・・」
高校が勝ち進んでいるのだ。
彼らは、その高校の練習に協力する事を依頼されたのだ。
逆らえるはずはない。
彼ら高校生は、息子達の試合に応援に来てくれたり、ウォーターボーイをかってでてくれたりしたのだ。
去年は、勝ち進んでいる息子達のために、練習に協力してくれたのだ。
彼らが、今度は先輩達のために尽くす番である。
おまけに、先日の試合の話は、応援に来ていた友人達や先生が言いふらかしており、ちょっとした話題の男にされていた息子。
・・・断れない空気が・・・


・・・しかし・・・・。
先輩の中には190センチちかい身長の子もいたような・・・・・。
ずるずる続けさせられそうな・・・・。


どうなる?
親としては、去年のメンバーでの試合には興味あるけど・・・、怪我の心配が怖い。

顧問とコーチの策略か・・・・?
華麗なステップで逃げ切れるかしら・・・・

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/10/08 09:09】 | boys&girls
トラックバック(0) |
ラグビーの精神だそうですが、集団のスポーツ全てに通じる事だと思う。

息子は今大会、初戦は合宿中の脳しんとうでのドクターストップ。
部員内はトラブル続きで、この1年は苦労続きだった。
前年活躍したメンバーが8人も残っているという期待された中で、後輩が育たず常にハンデを抱えた試合だった。
そう、8人では勝てないと言う事を、思い知らされた1年だった。
練習試合では、好成績でも公式戦ではうまくいかなかった。
2年はともかく、ルールすら知らない1年には、立っている事で充分であると思うしかなかった。
心身ともに、ベストの状態で試合に臨めた事は、1度としてなかった。
ここでは書かなかった数々の試練がのしかかり・・・。
先週また事件が起こり・・・・。

息子は、風邪で休んでいた。
問題発生を知ったのは、登校してからだ。
私には言わないが、彼らは必死で最後になってしまうかもしれない次の試合を、どう戦うか検討していた。
息子は、体調が戻らないまま無理を重ねる事になった。

当日、彼は37度3分の微熱。
吐き気。
「休めない」と言って、自宅を出たものの、自転車で電信柱にぶつかったと電話してきた。
フラフラなのだ。
いったん帰宅し、会場で合流すると仲間に連絡した。
休めないのかと尋ねたが、彼は首をふった。
「仲間に行くと言った。応援しに来てくれる仲間もいる。情けない姿は見せられない!」
私は、もっとも体に負担のない路線を選び、彼に同行した。
車中寝ていた彼は、途中の乗り換えの度に駅のトイレで吐いていた。
この状態で、立っていられるのだろうか・・・・?
私は、彼の状態をこまめに顧問に知らせながら、どうにか着いた。
顧問は、私に駆け寄ると・・・・
「心配でしょうが、試合に出させてもらいます!」と言った。
私に、拒否はできない。
彼と顧問に任せた。
試合開始、15分前の事だ。

試合開始、彼はスタメンでいつものポジションに立っていた。
事情を知っていた母親たちは、みんな驚いた。
グラウンドには、中3の仲間達が集まっていた。
彼等の、ここ1年の姿は友人達の心を動かしていたのだ。
どう見ても、運動部じゃない子まで来ていた。
教師まで、駆け付けてくれていた。

彼らは、声援の中走り出した。
結局、彼はフル出場した。
それどころか、体をはって自分でトライも決めた。
休憩の時に、顧問は彼にアイシングした。
コーチは「もう20分、持ちこたえてくれ!」と激励したという。

そうして彼等の、中学最後の公式戦は終わった。
彼らは、応援に来てくれた仲間や両親の前に整列して、深々と礼をした。

泥だらけの彼に、彼にタックルされた敵の選手が肩をたたき「ナイスタックル!」と声をかけたと言う。
そう・・・たぶん彼は、息子を知っていたのだ。
去年、彼らとそのチームは2戦した。
予選のリーグ戦では、負けたものの、トーナメント戦では息子達が勝った。
戦った相手の選手を記憶する事は、よくあるらしい。
彼もまた、去年2年で同じグラウンドで、息子と戦っていたのだろう。

コーチも顧問も泣いた。
彼らも、2年も1年も泣いた。
「ありがとう!」とチームメイトと握手をする。
「いろいろあったが、3年間続けていて良かった!」と抱き合ったのだ。

・・・問題は、まだ残っている。
明日の事は、わからない。
去年、彼らを高い大会まで導いてくれた先輩達は、高校でも続け勝ち進んでいる。
彼らが、息子達を待っている事は確かだ。

しかし・・・
明日の事は、わからない。


息子は、本日動けず・・・・学校を休んだ。

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/10/06 12:01】 | boys&girls
トラックバック(0) |

いーちゃんさんへ
真昼
ウォーミングアップもする時間がなく、準備体操だけでグラウンドに立った彼は、全身ボロボロ・・・。
擦り傷打撲は、いつもの事でしたが・・・・。
脳しんとうのせいで、3週間の練習禁止もあり、筋力が戻っていなかった事もあり・・・筋肉痛も悲惨のようです。
ご心配ありがとうございますv-341

思い出します
いーちゃん
主人の引退試合を思い出しました・・(*^_^*)

>戦った相手の選手を記憶する

そうです。ラガーマンだった主人の試合を見ていただけの私でさえも
戦った相手の記憶がありましたよ。
そういうライバルが、大学ラグビーや社会人ラグビーで
出てきたりすると、ますます嬉しくなります。
今では、ライバルが大学の監督になってたりします・・

息子さん、熱は下がりましたか?心配ですね。。
スポーツマンは怪我をしてたり体調が悪くても、試合に出たいものですよね。
あとのケア、お母さんがしっかり見守ってあげてください♪

コメントを閉じる▲
今日、特番をやっていた。
息子は、「清原~!」と感動し叫んでいた。


・・・いつの間にか、息子もあつい男になっていたのですね~。
でも、我が家では、家族全員に愛された選手でした。


もう、観られないのは残念ですが・・・


ありがとうございました。

FC2blog テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

【2008/10/03 23:52】 | boys&girls
トラックバック(0) |

本当に!
れん
感動の嵐の引退試合でしたね!
アクが強いと、それだけ人の心にも食い込んで印象を与えるんでしょうね。
本当にお疲れ様でした!と言いたいですね。

コメントを閉じる▲
学生会館跡。
建物も、桜の木も、モクレンも・・・みんな無くなってしましました。

学生会館

ここで青春を過ごされた方達、寂しいでしょうね。

FC2blog テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

【2008/10/01 23:56】 | 生活
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。