存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悪い。俺の『ウソ日記』につきあってくれ。」
突然息子に言われた。
「?」
彼が苦笑しながら差し出すノートを見る。
なんと、高校からの宿題。
春休みの過ごし方の記録的な日記帳らしきものだった。
起床から就寝までの時間も記入するものだった。
そこには、ありえな~いウソの記録が・・・・・
・・・ほうほう・・・そういう事か・・・。
毎日、親のコメント欄があった。
これにウソのコメントを書けという事か・・・・

女子教育に厳しい女子校の家庭科。
二女の娘の家庭科のハーフパンツ・・・わざと下手に縫ったのは・・・私。
長女の調理実習の前に、予行演習で教えたのも、私。
理科の実験も、自由研究も、いろいろ付き合ってきた。

私はすっかり・・・ウソつきです・・・

まぁ、どうせ先生だって見抜いている気もするけど・・・
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:中高生の親 - ジャンル:学校・教育

【2009/03/29 19:01】 | boys&girls
トラックバック(0) |

ひめさんへ
真昼
美術ですか。
良かったですね、美術のできるパパで。

そうそう
ひめ
我が家は長男・長女ともに
美術は主人の作品です

コメントを閉じる▲
4月に入ったら高校入学前に、共学化に向けてママ達の会議を開くお誘いが来た。
ふふふ・・・思春期の厄介なBOY達と日々戦うママ達の情報交換と作戦会議だ。
ずっと部活のママ達とは、飲んだりしていたけどそれ以外のママとは遊んでいなかった。
もともと顔の広かった彼なので、彼が部活から退くと部活外のママ達からのお誘いが・・・。
部活の仲良しママからも、息子が遊びに行った友人のママから、息子の態度が良かったから、「ぜひ今度ママを紹介して」と頼まれていると言われた。
う~ん、外面の良さは・・・遺伝かも・・・

よし、猫かぶって出かけるぞ!!!

FC2blog テーマ:ママの息抜き - ジャンル:育児

【2009/03/29 18:05】 | boys&girls
トラックバック(0) |
ダブルワーク、そのどちらもない日は・・・マレ!
だから・・・何をしようか、数日まえから考えていたのに・・・。
昨日、友人宅から帰宅した息子は、そのまま寝コケ・・・起きたのは夜11時半。
それからご飯を食べて・・・・
「あ・・・、そうだ。明日中学のラグビーの練習を手伝いに行くかもしれないから、6時半に起こしてみて。」
え~っ?!それじゃ、寝坊できないじゃない!しかも・・・かもしれない?!ってなにっ?!
そんな不確実な事の為に、起こさなきゃいけない訳?!
いっそ、行かないって決めてくれ!
・・・と、思ったものの、後輩のママから相談されてたし・・・できれば、行かせるべきかなと。

それで起こしたけど・・・ダメ!
友人宅で一晩中、恐怖映画の観賞会のおバカ息子は起きられる訳もなく・・・。
朝からもう・・・ぐだぐだ・・。
しかし、長女が出かけた!
これはチャンス?!
このカオス化した部屋を、人間の住む環境に戻すチャンス?!
言っておくが、私は面倒見のいい優しいママじゃない!
掃除好き綺麗好きな主婦でもない!
どっちかというと・・・逆なのよ!
それでも、私がこの大作業に着手する事にしたのは、ただひとつ!
これ以上この部屋を放っておいたら、こっちも困るからだ!
すでに悪い影響が出ていて・・・あっちこっちから不満が・・・・。
ついでにポカポカじゅうたんも片づけてしまおう。
少し早いけど・・・このままでは・・・壊されかねない・・・。

結果・・・私の1日が終わった・・・・!!

他に予定していた事は、何一つできなかった。
昼過ぎに起きてきた息子は、ゲームを始めている・・・・。
彼の部屋は・・・これまたすごい惨状だ。


次はおまえだ!
待ってろよ!!


・・・くれぐれも言う。
わたしは、面倒見のいい優しいママじゃない!
掃除好き綺麗好きな主婦でもない!
どっちかというと・・・逆なのよ!

私の休日を返せ!!

FC2blog テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/03/29 17:28】 | エプロン通信
トラックバック(0) |
仕事をしているそばで、息子がゲームをしていた。
私はいつものようにラジオを聞いていた。
「恋におちる異性のキメ」というテーマだった。
ボディタッチに男子がよわいという話の流れで、あるリスナーのメールで
「腕に抱きつかれ胸を押しつけられ、上目づかいで見られたら一発で惚れる!」というのがあった。
私が「ありえな~い!まさか、そんなべたな単純じゃないよね~。」
と息子に言うと・・・
「マジやばいでしょ!それは・・・いくでしょう!!」
・・・という。
「はぁぁぁ?」
「残念ながら、男子は単純なんだよ。俺の経験によれば、可愛い子が腕に胸押しつけて、上目使いでにっこりされたら・・・たいがいの男子は持ってかれるね!」
・・・だぁ~れが、カワイイと言ったんだよ。
結局は・・・顔?
・・・っていうか・・・「俺の経験」って、まだ15年しか生きてないだろう!
男子校だったろう!!
・・・どうせ、友人の恋話ってことでしょ?


まぁ、共学化により色々面白い事になりそうだけど・・・
彼の経験によれば・・・男子はちょろそうだからね。

そこに、次女は帰宅!
「まずい!!また○ちゃんの彼が彼女の携帯見て焼きもち焼いて怒って、大騒ぎになった!
もうっ、人の携帯を勝手に見る男子ってどうよ?!」
失恋した男友達の復縁説もあるし・・・今後も目が離せない!
おおっ!春は大騒ぎの予感!
たのしみだわ~

FC2blog テーマ:中高生の親 - ジャンル:学校・教育

【2009/03/28 17:45】 | boys&girls
トラックバック(0) |

緑さんへ
真昼
娘の友人は「ラストフレンズ」のソウスケなみの束縛彼氏と、また仲直りしました。
そろそろドラマの展開としては、恋のライバル出現という展開を期待する春です!

れんさんへ
真昼
ほんとに、男の子と女の子を育てられる事は贅沢だと思ってます。
彼の男友達の恋話に期待してます。
中1の頃、息子の女友達に友人が惚れて・・・巻き込まれて懲りたようで・・・部活も忙しくなりそのまま。
有名女子中に通う女友達から文化祭に来てと頼まれたのに、部活で行けないからと代理に男友達を行かせて以来、部活一筋で疎遠でしたから。
せっかく男の子のママになれたので、楽しみまーす!

男の子って(笑)
ホントにそんなに単純なんですか?……でもなんか分かるような気がします。そのちょろい男のオットに何度泣かされた事か(笑)
っていうか、15の息子さんが言うから、かわいいって笑っていられるんでしょうね~(≧∀≦)
次女さんも真昼さん相手に、そういう話をしてくれるみたいだし、真昼さんとお子さん、とっても仲が良さそうで、うちも将来そんな親子になれたらいいな!と思います。


なんだか・・・
れん
男の子の意見も聞けて、女の子の恋の話も聞けて・・・真昼さん、いいなあ~~♪
私は、一方的だから面白くない。。。
それにしても息子さんもそういうことをハッキリ言うんだね。
そっか~。男子は単純なのか~~。メモ、メモ(笑)

コメントを閉じる▲
同じ親から生まれたって、同性だって、彼女達の個性は異なる。
服の趣味、曲の趣味、そう・・・飲み屋の趣味も違うらしい。

活発な二女が仲間とよく行くのは、「英国風パブHUB」。
サッカーの試合を一緒に見ようとバイト仲間に言われていたみたいだから・・・スポーツパブ・・・?
外国人も多く来ているらしい。
他にも居酒屋や韓国料理の飲み屋など・・・etc。

しかし、長女は・・・以前は学生がたむろす安い店だったようだ。
学生時代からの流れみたいだったが・・・。
去年に、彼女は悩み多き日々の中だった。
先日彼女は、駅前にあるというスタンドバー・・・というか、一杯飲み屋っていう感じ・・・?
とにかく、赤ちょうちんの暖かな明かりと、透きとおったビニールのカーテンのような中でカウンターだけで立ち飲みしている人達に、吸い寄せられるように一人で入ったという。
テーブル・・・らしきものは、ビールケースを積んで板を乗せただけというもの。
もはや・・・屋台に近い・・・?
そこにふらりと寄ったら、おじさん達に話しかけられおごられ・・・・励まされたという。
彼らは、この迷い猫のような娘が物珍しく、おごってくれたそうだ。
彼女は、そこで子供扱いされて、気が楽になったのだろう。
「・・・ビール飲んだの?」
と聞くと・・・「ううん、寒かったから日本酒を温めてもらったの。」
それ・・・って、熱燗じゃん?
いつから・・・日本酒?熱燗?
このレトロなジャパン様式が、彼女にとっては珍しく気に入ったらしい。


・・・おっさん・・・かよ

FC2blog テーマ:3人子育て日記 - ジャンル:育児

【2009/03/28 16:32】 | boys&girls
トラックバック(0) |
昨夜、何気なく寝る前にパソコンをいじっていた。
ほんのちょっとのつもりだったが、トラぶった。
すでに午前1時を過ぎていた。
やばい・・・と思ったが、とりあえずどうにかなると思ったが・・・どつぼ!
午前3時過ぎてあきらめて寝た。
仕事中、帰宅したらシステムの復元をしてみようとか・・・いろいろ作戦を練った。
なんせ、影響が出たと思われるのが息子のIポットだったから、彼が友人の家に泊まりに行っているあいだに戻さなければならない!
1泊2日の帰宅は、今日だった。

帰宅後、2時間かかってどうにか修復した。
はぁぁぁ・・・・やばかった・・・。

おかげで・・・あぁっ、掃除の時間が・・・・。
今日の予定は、さんざんだ。
眠いし・・・体が痛いし・・・家事は溜まっているし・・・なけるわ・・・

FC2blog テーマ:頑張れ自分! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/03/28 16:07】 | 生活
トラックバック(0) |
以前、長女が季節外れに蒔いたラベンダー。
当然、発芽しなかった。
その鉢に、私がいたずら気分でパンジーを蒔いた事を以前書いたと思う。
芽は待ってもでなかった。
それでも、水をあげ続けていた。
ところが、昨日みたら双葉が二つ出ている。
ラベンダーというより、パンジーではないかと思う。
最悪・・・雑草?
どちらにしても、長女の楽しみができたはずだ。
ここのところ暖かくなって、目覚める時期が来たのだ。

長女も、仕事で悩んでいた。
去年は最悪だった。
長い冬を過ごし・・・やっと吹っ切れそうな気配だ。
桜は、寒い時期を経験しないと花をつけない。

春よ、こい。

FC2blog テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

【2009/03/28 01:04】 | ベランダだより
トラックバック(0) |
ラジオは私の生活の一部。
テレビは仕事の手を止めてしまうけど、ラジオはながら族にはありがたい道具だ。
テレビをゆっくり見られない時も、子どもにチャンネルを取られて時事問題が遠ざかってしまう時も、ラジオを聞いていたら、天気予報やニュース交通情報など定期的に入ってくれるので自然とフォローできる。
電波の入りが良い事もあるが、私はAMならTBSとNHK、FMならTOKYOFMやJ-WAVEやFMヨコハマなど聞いている。
ところが今日(もう…昨日だけど)は、あちこち最終回。
ストリームは、お気に入りで日替わりのコーナーもバリエーションがあって良かった。
人気もあったと思えるのに、どうして終わってしまうのか残念でならない。
いつも明るいマッピーの涙声を聞いて、ますます 残念だった。
FMでも短い番組だったけど最終回にあたり、またまたAMの講談社ラジオブックスも最終回だった。
「しおりをはさんで、また明日」といういつものセリフが変わって終わった。
この不況で、スポンサーが降りてしまったのだろうか・・・?
長く続いていたのに、残念・・・。
彼等の声を求めてみても、一体したものであるから個々に別れた番組では、同じ色合いにはならない。
またいつか、復活する事を祈ろう。
そうだ・・・これを機に、ダウンロードして聞くヤツに挑戦しようかなぁ・・・

FC2blog テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2009/03/28 00:51】 | 生活
トラックバック(0) |
5年間続いていた昼のTBSの番組が終わる。
今日は最終回。
途中で、時々バイトの仕事があり聞けなくなった頃もあったけど、好きな番組だった。
なんだか、寂しい。
この時期は、出会いと別れの時期だから、こんな思いをする事が多い。

今後は、小島慶子(この漢字だったかしら・・・?)さんのラジオが始まるという。
小島さんは、私の好きなアナウンサーだから、たぶん時間があれば今後もきくだろうけど。
マッピーは、FMでも番組を持ってるから、それを聞けばいいのかもしれないけど・・・。


なんだか・・・ちょっと、感傷的になるなぁ・・・

FC2blog テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2009/03/27 14:14】 | 生活
トラックバック(0) |
結局、彼女が気にしていた先輩は、体調不良でドタキャン。
仲間も、途中で帰ったり・・・。
「それなら・・・私だって・・・・」と言いたくなるような当日だったようだ。

「人生って、こんなもんだね(笑)」
そう、彼女からメールが来た。

そんなあなたを許してくれた友人を、宝としなさい。
そう、彼女に伝えた。

FC2blog テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

【2009/03/27 14:04】 | boys&girls
トラックバック(0) |
昨夜バイトから帰宅した二女が、いつものように仕事をしている私の所に来て言った。
「ねぇ聞いてよ、私のバカな話!」
いつもどおり、仕事の手を止めずラジオもつけたままで聞いていたが・・・。
間もなく私は、ラジオを消した。

彼女がバイトの休憩時間にメールをチェックすると、友人から連絡が入っていた。
それは明日の日付のロマンスカーの時刻の確認と、待ち合わせの時間の連絡だった。
彼女は、その友人と箱根に1泊で旅行に行く約束をしていたが、それはその翌日のはず・・・。
はじめ、友人が間違っているのではと思い、過去のメールを調べた。
勘違いしていたのは、彼女だったのだ。
しかも・・・その日はバイトの先輩の送別会だった。
勘違いしている彼女が、あえてその日を指定しての事だった。
本来、別の日がいいという人が多かったが、彼女が「その日は旅行で無理だ」と言ったので、明日になったのだ。
彼女は、自分抜きでもいいと言ったが、バイト仲間が彼女にあわせてくれて、それによって出席できなくなったメンバーもいたのだ。
今さら、欠席とは言えない。
しかし友人との旅行は、忙しかったので企画から予約から全て友人に丸投げしたというものだ。
しかも、その友人は高校時代の夢を忘れられず、大学を辞めて今年から新たに専門学校へ入学しする。
もうキャンパスでは、会えない子なのだ。
その彼女が、新たな門出の前に娘と二人旅を提案したのだ。
どちらも大切なイベントだった。

「・・・で、結局はどうしたの?」
イラついて私は、仕事の手を止めて振り返った。

彼女は、友人に全てを打ち明けて謝罪した。
友人は理解して、延期を了承したという。
本来なら、明日の旅行でワクワクの夜を、キャンセルに費やしたのだろう。
「悪いけど・・・笑えない。」
今まで彼女の失敗談を共に笑い飛ばしてきた私だが、今件はその気になれない。

送別会は、大勢の人に迷惑をかけるし後で取り返しがつかない。
埋め合わせはできない。
しかし、友人との旅行なら、後で償えるし再び企画し行く事が出来るというのが、彼女の結論だった。

「どっちにしたって、私って最低だよね・・・。」
という彼女に、私は容赦なく「そうね。」と言って仕事に目を移した。
彼女がひどく本当はへこんでいるのはわかった。
彼女が私に期待した対応は、別なものだったかもしれない。
でも、私は最近の彼女のスケジュール管理に不安を抱いていた。
スケジュールがきつ過ぎるのだ。
タイや友人とのイベントには、お金がいる。
だからそれ以外は、びっちり仕事を入れている。
休みが無いのだ。
タイ旅行でもそうだ。
余裕のないギリギリのスケジュールだから、ひとつ歯車が狂ったらとんでもない事になる。
今までだって、そういうダブルブッキングがあった。
それらは、どうにか睡眠時間をけずったり時間をずらしてもらえば強行できたが、今回はどうにもならなかった。
彼女の手帳には、明後日からと旅行が記入してある。
早い時点で勘違いはスタートしていたのだ。
それを避けての送別会のはずだったのだ。
基準にしていたスケジュール帳が間違えていたのなら、確認不足のミスとなる。

彼女はひどく落ち込んでいる。
自分の失敗の重大さを、誰よりも理解している。
だから私の説教は、必要ないと感じた。
そこで、私は彼女を責める発言を一切しなかった。
「一生の不覚」そう彼女が言っているのだから。



彼女の判断は、正しいのだろうか?
送別会は、彼女無しでもできる。
友人との二人旅は、彼女がいなければ中止なのだ。

私なら・・・私なら・・・どうしただろう・・・・


結論が出せず、こう考えた。
慎重にスケジュール確認をすればいいのだ・・・と。

FC2blog テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

【2009/03/25 09:33】 | boys&girls
トラックバック(0) |
仕事帰りの商店のラジオで、優勝を知った。
帰宅すると、息子が事の状況を教えてくれた。


・・・自分で見たかったなぁ・・・・。

でも・・・

おめでとう!!

だけど・・・韓国に恨まれちゃうかなぁ・・・・

FC2blog テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

【2009/03/24 18:11】 | 生活
トラックバック(0) |
子供の課題本など、作者やタイトル出版社まで分かっていても、なかなか見つけられない事がある。
店員に聞くのが手っとり早いわけですが、出版物の多い近年その店にはない事も多い。
取り寄せを提案してくれる場合が多いのですが、せっぱつまっている事もあある。
そんな時は、たくさん支店のある大きな本屋に行く。
で、聞く。
ない場合取り寄せを提案してきますが、そこで別の店にないか調べてもらう。
パソコンを使って、あっという間に店員が調べてくれます。
後は、取りおきをお願いすれば大丈夫。
自分の生活圏で、よく行く駅で調べてもらうと楽です。

昨日、我が家のシャイボーイは最寄駅で大きな本屋を含め数件回り、買えずに帰宅した。
取り寄せすら、してはこない。
本日の仕事は残業だった。
お昼も食べられず空腹のまま、会社近くの大きな本屋へ。
案の定、なかった。
そこで調べてもらうと、新宿紀伊国屋にあった。
本店と南口店、両方にあった。
そこで、別な本をもう1冊頼むと・・・。
なんと南口店にしかなかった。
そこで、新宿南口店で取り置きをしてもらって買った。

お腹は空いたし、足は痛いし・・・。
帰宅すると、シャイボーイは興奮していた。
WBC優勝である。
まるで自分の事のように喜んでいる。

・・・私は、帰宅途中の商店のラジオで優勝を知った。

洗濯物を頼んだはずの長女は・・・・パジャマ姿で食事をしていた。
なんなんだ・・・こいつら・・・
役立たず、役立たず、役立たず・・・心の中で3回つぶやいた。


そんな訳で・・・御飯も食べずに応援していた息子に焼うどんを作り一緒に食べて・・・
今、洗濯物を干してた。
二女はバイトだし、長女も出かけた。
晩御飯は、遅らせよう。

帰宅が遅くなったので、午後の仕事が手つかず・・・。
とりあえずお腹が空くまで、少しやっておこう。


こんな苦労して買ったんだからさ・・・・早く読めよ!

FC2blog テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

【2009/03/24 18:01】 | 生活
トラックバック(0) |
二女は、親友と二人でタイに行った。
「なんで、タイ?」ときくと・・・
「とにかく、安かったから。」
バイトですべてをまかなっている彼女達の予算は、厳しかったのだ。

「よく遊び、よく稼ぐ」
二女は、帰国後またせっせとバイトです。
帰国後、バイトに行くと仲間達が声をかけてくる。
「生きて帰ってきて、良かったね!」
「無事で、良かったね!」
・・・?
二女は、大げさな挨拶と思ったが・・・。
「俺の友達、タイに行って帰って来なかったんだ。」
「・・・なんで?」
「あぁ・・・、死んだんだ。タイでね。」
「・・・

彼女の脳裏を、怖い思いをした記憶が・・・。
あれって、やっぱり・・・・考えすぎじゃなくって・・・ほんとうに、危機一髪だったかも・・・・


生きてて・・・良かったぁ・・・!



この話を聞いて、私もビビった。

彼女達は、ビデオを持って行ったが、ホテルの部屋の中でのトークショーのような会話だけを撮っていた。
そとで出すには、治安が心配だったからだという。
その中で、彼女達は、「王制」について「貧富の差」「子供の姿」「街の様子」を語る。
そして、こう言った。
「日本から抜け出したくて、海外に来たけど、日本の素晴らしさがわかった。」

英文科と比較文化学科の彼女達、怖い思いをしつつ多くを学んで帰国した。
今度は、どこに行くつもりなのか・・・。
今度は、事前に勉強してからにしてね!

FC2blog テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2009/03/23 17:38】 | boys&girls
トラックバック(0) |
帰宅したら、勝ってた!
いよいよ、決勝ですね。
なんかこう・・・韓国に負けたりしているのに、決勝にいるというのも変なかんじ。
メジャーの感覚はリーグ戦だから、トーナメント戦の感覚が弱い。
日本は、高校野球でトーナメントを鍛えられているから、この1戦に強いという話がある。
「一期一会」という感覚は、日本でしょう!
「1シーズン闘ってみろよ!」という感覚と「この一戦にすべてをかける」というトーナメントでは、戦い方が違うものね。
まぁ難しい事は、どうだっていいわ。
応援している方が勝ったら、嬉しい!
私って、そういう人間だから。

でも、そういう意味では・・・韓国も「ここ一番」には強そうだし・・・特に日本が相手だと・・・・。

メジャーのスカウトマンの為じゃなくて、それぞれのために頑張ってね!
がんばれ、日本!

FC2blog テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

【2009/03/23 17:08】 | 生活
トラックバック(0) |
中高一貫校の息子は、卒業の実感が無いという。
だから、感動して涙とかは出なかったという。
それはそうだ。
高等部に行くだけで、校舎は高校棟になるが、仲間は一緒だし職員室に行けば教師にも会える。

「一番の感動は、最終戦が終わった時だった。」
そう、彼は言う。
部活で、敗退した時に、悔しさと共に3年間の部活が終わったのだと感じたという。
「ドラマとかで泣くのを見て、本当に泣くのだろうかと思ったけど・・・本当に泣けるんだと知った。」

・・・あの熱をおして出た試合。
直後の泥だらけの写真で、彼の顔がむくんでいるのは、熱のせいか強い当たりのせいだと思っていたが・・・
・・・そう、泣いたのか・・・

ある意味あれが、彼の卒業写真だったのか・・・。


FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2009/03/22 15:53】 | boys&girls
トラックバック(0) |

ひめさんへ
真昼
ありがとうございます。
親としては、やって欲しい気もするし・・・。
でも危険なので、心配でもあり・・・ちょっとホッとしてたり・・・。
高校でやるなら、当然高校の練習に合流している頃です。
ですが・・・彼は参加していません。
先輩に言われているのですが、その気がないようです。
そのくせプロテイン飲んで鍛えています。
何を考えているのか・・・・
さてさて・・・どうなる事か・・・。

おめでとうございます
ひめ
一貫とはいえ「義務教育」が終わったのですよ
長男が付属だったのですが式は少し感動しました
この学校は8階建てでフロアーが変わるだけ
部活も中学では特に引退とかなく普通に継続中。
元男子校だったのですが10年ほど前に共学になり
多少いい香りはします。
高校でもラグビーやるのですか?
青春だぁ・・・

コメントを閉じる▲
男子校というのは、軍隊と似ているかもしれない。
卒業行事は、「愛と青春の旅立ち」とか最近では「海猿」などと似ているかもしれない。
教師も、生徒も、大学からの来賓も・・・「男」!「男」!「男」!そりゃあ、もう・・・「男祭り」だ!
男子校に子供がいる母達は、時々この男の世界に、巻き込まれた。
しかし、男子校に入学させるような親だから、それを良いと思っているので、この「男祭り」を喜んで受け入れるわけである。
異性がいない分、彼らは素直に感情を母親にも示すのかもしれない。

学校は創立以来の変革の時期だった。
入学から、「創立最後の男子校学年」として、学校の「魂」を最後に継承する学年と言われ続けた。
改革には、反対するOBも多かったと聞いた。
実際、私達父母も「前の方がよかった」と思う事があった。
しかし、これも時代の流れ。
ダーウィンは言った。
「生き残るのは、変化できるものである。」と。

そんな訳で、彼等の卒業は創立以来最後の「男祭り」なのである。
彼等の担任に、卒業生がいる。
だから、教師もまた感慨深いわけだ。
4月に高等部に行くだけだと思っている卒業生より、教職員の方が泣いているのはそういう理由だろう。

校歌斉唱は、当然地鳴りのような低音である。
ここの校歌は、大学と同じである。
大学の卒業生である親もまた歌う。

さよなら、創立以来受け継がれてきた「男祭り」。


謝恩会も学校内の施設でやった。
校長の挨拶に彼らは行儀よく必ず返事をする。
「おーーーすっ!!」
教師も「男祭り」の常連だから、盛り上げるコツも知っている。
生徒も、教師の名を連呼したり指笛を吹いたり、掛け声も多い。
異性がいないので、異性に対してのカッコつけは必要ない。
だから、男に対してのカッコつけになる。
・・・当然、ウケを狙う奴も多い。

卒業対策委員達の企画で、事前に「生まれた頃」「入学の頃」「今」の3枚の写真を集めていた。
それが、宴の中ごろで映し出された。

キロロの「未来」をはじめとして、アンジェラ・アキ「15の君へ」、小田和正、コブクロ・・・選曲も良かった。
それらを流しながら、一人ひとりの15年を振り返るのだ。
入学式の写真も多かった。
赤ちゃんの写真に、爆笑したり・・・大騒ぎになった。

立食パーティだったが、やがて彼らは友と座り始めた。
入学以降の写真は、彼らと同じ思い出を共有している者もいたからだ。
部活、スキー教室、語学研修、骨折してギブスでグルグル巻きになりながらピースしている写真もあった。
自分達が出会う前の友、出会った後の友、そしてこれからを共に生きる友・・・。
彼等の宝が、今彼らの隣にいる。

会場が熱くなると、子供達は母親のそばに平気でやってくる。
セーターを放り投げてくる奴。
友人との写真を撮ってくれと頼む奴。
閉会後の友人との遊びの資金を、交渉しに来る奴。
異性がいないから、彼らは素直に親元に来る。
中学受験から、ずっと二人三脚だったのだから、親もまた仲間だ。

ラグビーの納会でも、彼らは親への感謝を口にする。
「毎日のお弁当、そのあたりまえと思っていた事の幸せ」
「キッチンに立つ母の後姿」
「息子の怪我に駆けつける不安そうな母の顔」
「ユニホームの洗濯」
自分に対して世話をやく母親の背中を彼らは、ちゃんと見ていて感謝を言葉にする。
これもまた、この学校の教育なのだろうか・・・・?


ありがとう。
私達もまた、あなた達の母親で良かったと思う。



息子は、学校行事の時に、かならず彼の友人の親と接触してくれと言う事が多い。
「大事な友人なんだから、ちゃんと挨拶をしてくれよ。親同士ちゃんとコミュニケーション取ってくれよ。」と。
これも、部活の影響かもしれない。
自分のコミュニティを親も理解して、バックアップしてくれと言う事なのだ。
今回も、また「○○君のお母さまですか?」と聞かれた。
入校証の名札を見て、挨拶をしてくるのだ。
もともと息子は顔が広いタイプだ。
部活が終わってからは、ますます広がっている。
フットサルをやるというメンバーの親から、コンタクトを取ってきた。
彼女達は、息子がラグビーをしないのはもったいないのではないかと気にしていた。
メンバーは、学年の中でも個性豊かな面々だ。
生徒会役員、学年トップの秀才、文化祭のスター・・・・
本音を言えば、高校に行ったら色々な部活があるはずだ。
それぞれ彼らが輝く分野は、フットサルではないように思う。
息子も含め仲間の何人かは、サッカーを体育でしかやってない訳だし・・・・。
しかし、恐ろしい事に彼らは、なまじ賢い。
また校風で、何かにチャレンジする精神がある。
つまり、企画した事を実行できてしまう可能性が高いのだ。
事実、息子達が調べてグラウンドを借りて、1度練習している。
一人が、宣伝に「東京マラソンにでる」という企画をたてた
完走できる可能性があるメンバーが少ないという理由で、見送られそうだ


遊びならいいと思うけど・・・・君達の居場所は他にある気がするんだけど・・・。

だけどね、そうやって何かをやろうと努力する事は、素晴らしい経験だと思う。
そこで、何かを学んでいるのだから・・・。

「卒業祝い会」という名目で、母達は今度集まって、飲みながらこの息子達のフットサル企画について情報を交換する約束をした。
頭ごなしに阻止する訳ではなく、今後の対応を検討するって事だろう。
基本的には、母は子供の応援団長だからね!


・・・彼らは、どこに行く気なんだろう。
義務教育ではないんだからさ・・・勉強も頼むよ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:中高生の親 - ジャンル:学校・教育

【2009/03/22 10:46】 | boys&girls
トラックバック(0) |
息子が、中学を卒業しました。
義務教育中の児童の親としての、最後の学校行事が終わりました。
義務教育児童の母を、私も卒業します。
早婚で、第一子を小学校に入学させてから、16年間?が流れました。
第一子の時は、幼稚園に入学してから、ずっと年上の父母の中で居場所を見つけられず居心地が悪かったのを覚えています。
保護者会は、正直怖いものでした。
「『子供を3人産んで、やっと一人前の母親』、私達の若い頃は、そう言われたのよ。
 あなたは、一人前のお母さんになったのよ。がんばってね。」
末子が赤ちゃんだった子育ての辛い時に、神社近くですれ違った見ず知らずのお婆さんに言われた言葉は、その後の私を支えました。
近くにお地蔵さんがあった事から、彼女は地蔵の化身だったかもしれないと思ったりもしました。

付属なので、子供達はまた春から会えるので実感はないようですが、教師陣は男泣きをしていました。

彼らは、創立以来最大の変革の時期を「最後の継承者」として過ごしました。
彼らより、むしろ教師陣OBの方が、感慨深かったのだろうと思います。

波乱万丈の3年間でした。
いろいろな困難がありました。

今、私を見下ろすほどに成長した背中を見ています。
彼は、私を軽々と抱き上げるほどに、たくましく成長しました。
もう、私は彼を守れないでしょう。

卒業、おめでとう。
私は変わる事無く、今後も彼を応援します。
そして、ただ祈ります。
あの頃、ラグビーグラウンドで走りまわる息子の姿に見ていたように。

君に、幸あれ

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2009/03/22 09:26】 | boys&girls
トラックバック(0) |
「ぼたもち」と「おはぎ」は同じものです。
牡丹が咲く頃のものが、「ぼたもち」。
萩は咲く頃が、「おはぎ」。
そう聞きました。

二女が帰国したので、日本的な食卓と思ったけど、本人が体調が悪いといいます。
そんな訳で・・・「ぼたもち」にしました。
味噌汁が食べたいというので、彼女の好きな「もやし卵の味噌汁」もつくりました。

父が好きだったので、父の写真にも備えました。

FC2blog テーマ:うちのごはん - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/03/20 21:24】 | エプロン通信
トラックバック(0) |
確かに、今回活躍できてないけど、最近のスポーツ紙などの報道はひどい。
持ち上げる時は、持ち上げて、落とす時には落す。
報道には、時々そういう冷たさを感じる。

特に私は、イチローのファンだという訳じゃなかったけど、彼の野球界への貢献は素晴らしいでしょ?
そこん所を、ちゃんと考えて対応してほしい。
でも、今日はかっこよかったよ。
今日も勝ってよかったね。

がんばってね!!

FC2blog テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

【2009/03/20 14:16】 | 生活
トラックバック(0) |
午前11時半、チャイムをならして二女帰宅。
・・・鍵を置いて行ったのか・・・。

帰宅の時間は聞いていなかった。
なぜって、彼女はスケジュールに無頓着。
後で調べる・・・って言っただけで、わからなかったりする。

帰りの飛行機で体調を崩し、成田につくと衛生局みたいな所に車いすで連れて行かれた。
それで帰宅時間が遅れたというが、もとより知らない私には、心配もなかった訳で・・・。
そう・・・こういう娘と付き合うには、あまり細かいところまで気にしていたらやってられない。
そんな訳で、知らぬが仏である。

ちっちゃい事は気にしない。ワカチコワカチコ!

「結局彼らは、鳥インフルエンザや狂犬病しか興味が無いらしく、
その疑いが無かったら、適当にやって解放なわけ。」
という事らしかった。
そりゃそうだ。
感染の危険があったら・・・「ブラッディ・マンディ」「感染列島」並みな展開になるだろう。

ぼられたり、誘拐?されそうになったり、御嬢さんの二人旅は波乱に満ちていたらしい。
今は、うたた寝をはじめた。
後で、おいおい聞く事にしよう。

昨夜(今朝?)は、午前二時過ぎまで、経理の仕事をしていた。
家計簿も同時につけながら、今後の対応を考えていた。
寝たのは、3時過ぎ。
血圧100未満と60前後の私は、朝が辛い。
それでも、子どものためなら6時半には起きる。
けれど今日は休み。
安心して寝ていた。
そこをチャイムで起こされた訳。
娘の珍道中の話は、また今度。

WBCの韓国戦を見ながら、洗濯をして家事を適当に片づけている。
卒業式の準備や、今日片付ける仕事の段取りを頭で考えながら・・・。
息子の部屋もスキを見て片付けよう。
親切心ではない。
期末のテストを彼は見せてないのだ。
片付けるふりをして回収してやる!
「人生最後の音楽のテストは、会心の88点!」
そう自慢していたところをみると・・・他は惨敗?

義務教育が終わる。
高校では留年だってある。
部活をやらないなら・・・勉強しろよ!


さぁ、また家族全員そろったので、がんばっていこう!!

さて・・・日本も韓国に今日は勝ったし、そろそろ本気で起動しよう!
続きは、また今度。

FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/03/20 14:01】 | boys&girls
トラックバック(0) |
自首した犯人は、無期懲役。
そうじゃない者は、死刑。
でも・・・仲間をつのった主犯は、自首したやつ。
・・・やるせない。
被害者のお母さまの気持ちは、もっともだと思う。
けれど、自首してもしなくても死刑なら、きっと自首なんかしないだろう。
逃げおおせる事だけを祈るだろう。
そうなれば・・・迷宮入りになる可能性が高くなる。
自首したら刑が軽くなる可能性があれば、仲間を売って自首するやつは出てくると思う。
だから、彼を死刑にできないのだろうと思う。
彼が、主犯じゃないならあきらめもついたけど・・・。
犯行に一番消極的なんていうけど、ただ一番手を汚さなかった奴が消極的とは限らないと思う。
他のメンバーを共犯にするために、あえてそういう行為を積極的に威圧してさせたかもしれない。
でも今度は、仲間を売って自分だけ助かろうと考えていないかと、仲間同士で疑り合うのだろう。
また別の展開がはじまるかもしれない。
それはともかく、ほかのメンバーに比べて彼の罪が軽いなんて思えないのだ。
それでも・・・死刑にできない悲しさ。

どちらにしたって、彼女は戻らない。

ネットの活用の仕方に制限をかけて欲しいと心から思う。

FC2blog テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

【2009/03/19 21:30】 | 生活
トラックバック(0) |

姫さんへ
真昼
命の尊厳・・・なんていうけど、理屈じゃなくて実感として考えていないように思います。
子供の漫画などでも、平気で簡単に殺人を扱います。
犯人の「被害者は、運が悪かっただけ」という言葉には、絶望的な気持ちになります。


名前をkimiから「姫」に変更しました。
「ひめ」さんと混同しそうですね=w=

こんなにも悲惨な凶悪な事件が相次いでいるのに法律は、何十年も前のまま。
おかしいですよね。
人を一人殺めてしまったら、一つの命で償ってもらうべきです。
そうすれば、安易に殺人をしようとしなくなるんじゃないでしょうか?
無期懲役とか、税金の無駄使いでもありますよね。
被害者のご家族の方の慟哭が聞こえてきそうです。。。


コメントを閉じる▲
朝、いつもと同じ電車で、いつもと同じ時間にデスクにつくと・・・
「もう、頭にきて、一日不愉快だったわ!」
なにやら、ベテランさん達が数人で話している。
「何か、ありましたか?」
さては・・・厄介なお客様?
「WBCよ!」
まったくスポーツに縁がなさそうなベテランさん達がそろって言う。
彼女達は、にわか野球ファンだそうだ。
彼女達はキューバ戦に燃えている。
「キューバも続けて2回も負けてくれるかしら
と私が言うと・・・
「だめよ、そんなマイナスな考え方は!」
おおっ、すごいわWBC!
なんだか、活気がある朝だわ!
午前のシフト終了の時間が着た。
今日の私達のシフトは、午前帯だけ。
1時半には解放される。
コールセンターは時間できっちり上がれるとは限らない。
終話したものから上がっていく。
私がロッカーにつくと、彼女達が声をかけてくれた。
「勝ってるわよっ
彼女達は、焦って帰ってゆく。
おおっ、彼女達の為にも今日こそ勝ってほしいと思い、私も家路に急ぐ。

帰宅したが、まだまだ勝っていた。
結局は4-0!
キューバさん、ありがとう!!
彼女達も、それぞれ喜んでいる事でしょう!

でも・・・次がまた韓国?
へんなの・・・・


FC2blog テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

【2009/03/19 21:09】 | 生活
トラックバック(0) |

林檎さんへ
真昼
そうですね。今日も勝ったし、職場の雰囲気に貢献してほしいですね~。


林檎
日本勝ってよかった。
ベテランさん達、カストロ並に熱いっすね。

コメントを閉じる▲
・・・連絡なし。
携帯が使えないんだから、予想はしてたけど・・・。
公衆電話もないわけ?
国際電話のかけかたなんか、知るわけないか。

あ・・・使えないのか・・・

あいつ・・・自分が行っている国を、地図でわかってるのかなぁ・・・。
地理の成績は・・・最悪だったからなぁ・・・

ちゃんと帰ってこいよ・・・

FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/03/18 22:59】 | boys&girls
トラックバック(0) |
負けたぁ・・・・。
はじめの3点がいたかったなぁ・・・。
ダルビッシュの立ち上がりのファーボールには残念。
それだけでもテンション下がるのに、エラー・・・。
ああいうのって、悔やまれるよね。
一郎は打てないし・・・がっかりして洗面所の掃除をしたわよ。
綺麗になって、戻って見てみた。
・・・で、息子に「どうした?」って聞いたら・・・「たった今、負けた。」
テレビには、韓国の選手の喜ぶ姿。

息子が少年野球をしていた頃、ピッチャーの連続ファーボールの押し出しで、信じられない事にコールド負けした事がある。
ファーストで4番だった息子は、仲間のミスを責める事はしない子だったが・・・・、
無表情な顔で、立っていた。
まぁ・・・こらえたんだろうなぁ。
それが精いっぱいだったんだろう。
逆に、ピッチャーだった私の兄は、打ちとったはずの球を味方のエラーで負けた事があった。
どっちも辛いよね。

・・・言われ続けるだろうしなぁ・・・。

キューバだって、もう1度負けてくれるとは考えにくいし・・・・。
明日が、またまた大変だ。

息子に言ってみた。
「やっぱりさ、コントロールのいいピッチャーがいいよね。ストライクが入らなくっちゃね!」
彼はこたえた。
「打ちごろのど真ん中を投げられるのも問題だけどね・・・。」

・・・そりゃそうだ・・・


がんばれ!ニッポン!!

FC2blog テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

【2009/03/18 22:41】 | 生活
トラックバック(0) |
ダルの立ち上がりで3点失って・・・。
ちょっとぉ、なんとかしてよ!

仕事に集中できないじゃない!

FC2blog テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

【2009/03/18 13:29】 | 生活
トラックバック(0) |
我が家のベランダを見上げると、真っ赤なカランコエがのぞいている。
ざっくり私が切り詰めたので、花付きは期待してなかったけど・・・。
春が来ればちゃんと咲く。
ムスカリもチューリップもヒヤシンスも、日々葉がのびている。
久しぶりの出かけずにすむ日、シーツやバスマットも干す予定。
黄砂はどうか気になるが、春らしい陽気を逃す気はない。
やっぱり外に干したいもの。
ベランダで、花の様子を眺めるのが好きだ。
カランコエ
さて・・・午後は、経理の仕事と家計簿かな。
卒業式の服も確認しないと・・・ね。

FC2blog テーマ:花のある生活 - ジャンル:ライフ

【2009/03/18 13:25】 | ベランダだより
トラックバック(0) |
近くの公園で、今年もハナモモの濃い桃色が目に入る。
誘われて近づくと、うぐいす色の鳥が数羽いた。
花の蜜を吸っているようだ。

以前、私はこの鳥を娘の受験日の朝に娘と見かけた。
「うぐいす!きっと、受かるよ!」
そんな根拠のない励ましの言葉をかけた。
それを夫に言うと、
「それ、メジロ。」
と、断言。
「うぐいす色の鳥は、メジロ。」
「じゃぁ、うぐいすは?」
「ただの地味な茶色。」
「・・・。」
調べれば、確かにそうらしい。
メジロは花を好み、人目につくのでうぐいすと間違われているらしい。

それでも、携帯を取り出し撮ってみた。
残念ながら・・・黒っぽい影がふたつ。
でも・・・本物は綺麗でした!
ハナモモとメジロ


え・・・、娘の受験?
その春から、彼女はその学校に通いましたよ。
大学の受験の時も、この鳥をキャンパスで二人で見ました。
その大学には受かりました。
だから、私には縁起の良い鳥です。
まぁ、彼女は今違う大学に通ってますけど。

FC2blog テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

【2009/03/17 23:21】 | 生活
トラックバック(0) |
いつのことだったか・・・。
庭の車庫に続く道の脇に、5メートルほど水仙が連なって咲いた。
私が高校の頃の2月の事だ。
水仙の種類は、様々だった。
そう・・・母だ。
彼女は口紅水仙の名を私に話しながら、満足そうに花々に微笑んだ。
共働きの彼女が、そんなに多くの球根を植えていた記憶が無かった。
彼女の休みは、日曜と土曜の午後だった。
私の知らないある日、彼女はせっせと一人で植えたのだろう。
水仙を見る度に、思い出す実家の庭。
母の姿。
今は、もう咲いてはいない。
何度も庭は変わり、車庫の位置も変わった。
きっと、その過程で球根は掘りおこされてしまったのだろう。

そんな訳で、植えてみた。
先日の春の嵐の日は、つぼみが折れるのではと陰に避難させた。
そして・・・咲いた。
明日までベランダに置いてから、父の写真に飾ろう。
父は、母の花が好きだったから。
水仙

FC2blog テーマ:花のある生活 - ジャンル:ライフ

【2009/03/17 21:29】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |
ほんの腰掛けのつもりだったのに・・・二足のわらじ(主婦業いれたら三足?)で早1年。
はじめは向かないと思っていたコールセンターの仕事。
辞められるものなら辞めたいと思いつつ、どうにか足かけ2年になった。
○十年前に、新入社員研修で言われたこと。
「キーワードは3!」
辞めたくなるのは、3日、3か月、3年。
なんかわかる気がする。
3日目・・・覚える事の多さに不安になった研修期間。悪夢にうなされた。
3か月・・・はたしてやっていけるのかと不安になった。
それでも、どうにかやっている。
本業が忙しくなっても、仕事が減った時の為に、とりあえずシフトを減らしてつないでおこうと思う。
ダブルワークの仲間は多い。
自営業の妻、パソコンのインストラクター、公文の先生、ピアノ教師、女優・・・。
それぞれ、がんばっているし、仲間意識も芽生えた。
・・・在宅仕事の私にとっては気分転換にもなっている。
どんな仕事も「合わない」と決めつける前に、がんばってみるものだ。

本業が忙しくなりはじめたので、時々有休を利用している。
なんとか、両立を目指そうと思う。


昨日の早朝の全力疾走で、筋肉痛・・・。
それでもコールセンターは務まるのだから、ありがたい。
時折、いや~な客に捕まるけれど、電話越しなら危害は与えられないし・・・。
二女のバイトのように、いきなり付文(多くはアドレスと名前とメッセージつき)をされたり、ストーカーのように来店されたりという怖い事はない。
まぁ、私の年ではありえないが・・・。
コールセンターは顔が見えないから、ブサイクが多いと思っているかもしれないけど・・・
これが美人も多い。
でも相手に見えないから、彼女達もぜったい安全!
ネチネチとクレームを言われることにも、耐えられるようになった。
慣れは偉大だ。

FC2blog テーマ:仕事 - ジャンル:就職・お仕事

【2009/03/17 21:02】 | お仕事
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。