存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿修羅展もあと1週間。
仕事が長引いて、終わったのが1時半。
今日を逃したら、もう無理かも知れない。
そう思って、一人で出かけた。
空模様は危険で、午後には雷雨と天気予報も言っていた。
それなら逆に、少ないのでは・・・。

甘かった。
上野に着く前に土砂降りの雨になった。
傘をさしても、靴の中までぐちょぐちょ、当然すぶぬれ。
おまけに、いい加減に飛び出したので会場の名前もわからない。
上野に行けば分かるでしょ?くらいのつもりだった。
実際、わかったけど・・・・建物に入る前にすでに長蛇の列。
ディズニーランド並みの行列に、払い戻す人までいた。
土砂降りの中、傘をさしての行列に、良くもまぁこんなに来るものだ。
アベックにとっては、一つの傘で身を寄せ合うので恵みの雨かもしれないが・・・。
一人で並んでいる私には、なんのたのしみもなかった。

建物内に入っても、入場制限ですぐには入れなかった。
でも、人気があるだけの事はある。
しかし、阿修羅像をみたというより・・・阿修羅像を見たいという人々の修羅場を見た・・・という感じだった。
年齢も性別も問わない入場者だが、特に若者が多く、ちょっと驚いた。
阿修羅像も素晴らしかったが、四天王も素晴らしかった。

濡れた服は確実に私の体温を奪った。
明日が不安だ。
風邪の悪化という不安が無かったら、もっとゆっくり見たかった。
ルーヴルも豪雨の中、すごい行列だったから、梯子は無理だと覚悟した。
帰る頃には閉館していた。
確か・・・14日までだったと思うから・・・都合をつけなきゃ。
スポンサーサイト

【2009/05/31 22:30】 | 生活
トラックバック(0) |
二女の携帯には、バイト中に友人から着歴とメールが複数あった。

それは、大学の男友達の一人だった。
彼の父は、彼が中学生の頃からアルツハイマーになった。
その父が衰弱し、いよいよ危険であるという。
二女には仲の良い男友達が多い。
その中でも、もっとも陽気な彼が、まさかそんな環境で育っていたとは、おそらく誰も知らなかったろう。
娘は、即刻実家に帰るべきだと言った。
しかし、彼は行こうとしない。
彼は、父親を心から尊敬していた。
その父は、今や息子である自分の事すらわからない。
会いに行ってどうなるのだろう。
これ以上、尊敬する父の記憶に、悲しい記憶を上塗りしたくないらしい。
娘は、それでも説得する。
「お父さんに会わせたいというだけではないんじゃない?
お母さんや弟さんが、あなたを必要としているんじゃない?
そばにいて欲しいんじゃない?」

彼が行ったかは、不明。
二女との電話の最中に、心配したのか男友達が訪ねてきたとかで、電話を切ったから。
でも、私に相談する娘に、私は以下の事を言った。

父を看取った後、父を思い出す時に最後の光景を思い出し、胸が締め付けられる思いをしばらくした。
子供達が立ち会えなかった事を、かえって良かったかもしれないとも思った。
元気な父の姿だけを記憶に残してほしいから・・・。
でも、年月が立ち・・・今、父を思う時。
父は、若く元気な姿で瞼に浮かぶのだ。
家庭を愛し、子どもを愛し、孫を愛した。
父を、娘として母と妹と見送れた事を幸せに思っている。

彼は、行くべきだと思う。
お父様は、彼をわからないかも知れない。
でも、彼はわかるのだ。
彼は、彼自身の為に行くべきだと思う。
しっかり、最後を見とどけるべきだと思う。
最後を、家族とともに見送るべきだと思う。
お母様が、子供達が、お父様をどう思われていたのか。
そこに、お父様の彼の知らない人生がある。
夫婦とは、親子とは、家族とは、なんであるか・・・・。

どんなに悲しいお別れでも、いつかきっと最後にそばにいられた事を良かったと思えると思う。
家族は、共に泣いて共に苦しんで、共に生きて共に歩いてゆくのだから。

ただ・・・そばにいて欲しい。


私は・・・そう思った。


大切な事だからこそ、思い出は美しいままにしたい。
大切な事だからこそ、ちゃんと見とどけたい。
人によって、選択は違うかもしれない。
でも・・・・、私は後者かもしれない。


「もし私が、あなたの事をわからなくなっても、私に会いに来てね。」
私がそう言うと、次女は
「もちろん!」と笑った。

FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/30 22:17】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |
25日に、ベランダのアマリリスのつぼみをダメにした話を書いたと思います。
実は、そのつぼみは奇形でした。
根元がくっついているのです。

奇形のアマリリス

以前こういう奇形のタンポポを、土壌汚染されたとも思われる土地にたくさん咲いていた番組をテレビでみました。
原因はわかりませんが・・・初めてです。

この折れたつぼみは、花瓶にさしてちゃんと咲きました。
来年は、どうなるんでしょう・・・・

FC2blog テーマ:花のある生活 - ジャンル:ライフ

【2009/05/30 21:11】 | ベランダだより
トラックバック(0) |
うまくいっていたダビングが急に出来なくなった。
あと少しなのに!
故障が悪化しているのか、何か新たに条件が変わったのか・・・・。

新しいDVDレコーダーがくるまで、4日。
もう一回新たな実験を試みる。

こうなったら…意地だ!

FC2blog テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/30 20:57】 | 生活
トラックバック(0) |
ダビングができないDVD。
ついにある条件を見つけた。
ファイナライズまでのセットで予約ダビングにして、予約を終了したら電源を切る。
時間が来たら自動でスイッチが入り、ダビングは始まる。
この方法なら、うまくダビングできるという事を発見した。
実験によりダメにしたDVDは、合計5枚。
なぜ、ここまでこだわったか・・・。
ファイナライズをしていないDVDが何枚もあったのだ。
HDDの中にも、ダビングしたかったものもあったし・・・・。
母と妹にあげようと、20年近く前のホームビデオをダビングしていたのだ。
まだ整理の途中でほったらかしていたものが、数枚出てきたのだ。
このレコーダーでファイナライズをしなければ、他の機械では見られない!
新しいDVDレコーダーを買う手配はしたが、このDVDでなければできない事があったのだ。
偶然ダビングに成功した条件を整理して、この方法を発見した。
しかし、この機械が壊れ始めている事は事実。
完全にいかれてしまう前に、急いでできる事をやろうと決めた。


体調は最悪。
風邪はひどい。
先日、急に寒くなったせいだ。
でも、どうにかこの問題に光がみえたので、ほっとした。
食欲はない。
仕事をしながら、ビーフシチューを作った。
晩御飯は、これと餃子とサラダ。
私はビーフシチューとパンとワインとチーズ。
それに・・・ヨーグルト。
それなら、少しずつ食べられると思うから。
息子の落胆する顔が目に浮かぶが、我慢してもらおう。

FC2blog テーマ:頑張れ自分! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/29 17:04】 | 生活
トラックバック(0) |
私のPCで、長女と息子の3人でアカウントをとって使っていた。
いろんなデータやソフトを入れたため、重くなって限界を感じていたし、長女がだらだらと使っており、他の人がつかえないという不便さがあった。
長女はアナログ人間で、大学時代に携帯電話に5万円も使うくせに、PCは買わなかった。
二女や私のPCをつかうんで、それぞれ貸す方もうんざりしていた。
しかたなく安いPCを買うのをお金を貸して手伝おうかと提案したら、「せっかく買うならこだわりたい。」などと身の程知らずの発言
腹立って、カンパをやめようか悩んだくらいだ。
しかし、他のメンバーからの苦情が多く、このたび買う事にした。
彼女のニーズを考えて、ネットブックになった。
私はビックカメラで人気1位のバッテリーが9時間くらい持つのがいいんじゃないかと提案したら、ピンクじゃないから嫌だ言う。
どうせだから、本人の欲しいピンクのLENOVOにしてDVDレコーダーまでつけた。
DVDソフトが無いから買ったDVDの映画が見られないからと、そういうソフトが入っている高いものにした。
もちろんそれだって私が調べて、必要なものを揃えたわけだ。
彼女は、オフィスが入っているのがいいとか、アレができる方がいいとか色がどうだとか…
買うと決めたら贅沢を言い始め、機能より見た目にもこだわる。
店員の話を翻訳して彼女の希望を通して選ぶのも苦労したよ。
ウィルスソフトも買った。
高い出費だ。
時間も費やした。
しかし、彼女はアナログ女だから、結局私が立ち上げから無線LAN、プリンターなどのインストール・・・etc
・・・疲れた。
なのに本人は、疲れたからと昼起きたくせに夕方寝た。
私は晩御飯を作り仕事をした。
さきほど携帯メールで起きたらしい。
なんだか友人とチャットしたいらしく、友人のナビでチャットに挑戦し始めたようだ。
・・・Uチューブ、にこにこナントカ・・・アニメのDVD,好きなミュージシャンのCD・・・・。
あぁ・・・夜中まで、オタク系の楽しみ方を始めたら・・・・
それは考えなかった私だ。
息子と二女と私の不安はつのる・・・

あいつ・・・オタクじゃないのかなぁ・・・
あいつのお気に入りに入っているサイトは・・・ちょっと
さっさと消してやろう・・・
自己管理能力のない奴に、とんでもないおもちゃを預けてしまったのだろうか・・・・。

ただ、ネットブックはプリンタも複合機のような重いものはインストールできなかった。
長男が買う時は、これでは物足りないだろうと思う。
もちろん、アナログ女子には充分だと思ったけど・・・。

喉が痛い。
風邪をひいたらしい。
最近、胃が痛くてしかたない。
胃薬か風邪薬か悩んで、風邪薬にした。
コールセンターのバイトに、喉に来る風邪はきつい。
今晩は、もう寝る。
思うようにいかないらしくイラついている長女の声がする。
アナログのオタク娘に付き合ってられないわ・・・

明日はリカバリした二女のPCと格闘だわ。
無線LANは使えるようにしたから、それほどでもないだろう・・・。


そうだ。
最近、母の携帯電話の練習に付き合っている。
ゆうゆうコールをwebで申し込んでおこう。


雑用の嵐だ。

FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/26 23:39】 | boys&girls
トラックバック(0) |
「理系っていいね。職業難だけど、どっかに入れて食いっぱぐれがない感じするもの。文系の女子は最悪だっていわれてるからね~。」
バイト先で二女が言うと、彼ははにかんだ笑顔でこたえた。
「そうでもないですよ。ぼくら理系の男子は、コミュニケーションが苦手な人が多いから、自分を売り込むのが下手なんで、そういう苦労をしてるんですよ。」

・・・なるほどね。

でも・・・まぁ、そんな彼はなんといっても最難関大学生の理工学部でパソコンなんてちょちょいのチョイの人。
ID関係に内定とれたようですが・・・・。


DKの電気が消えて、3日。
結婚式の時の金婚式を目指す目盛つき巨大蝋燭を、灯してやろうと思ったが、夫の反対にあいサイドライトで我慢の日々。
近所の電気屋さんは、活動しているのかと思うほど、お客さんがいない。
だから、泣きついたんだけど・・・。
社交性のない無口なご主人は、悪気はないんだけどぶっきらぼう。
だから、ちょっと苦手。
お客さんがいないのも、その愛想のなさかもしれないなんて思うほど。
お願いする時も、なんだか引き受けたくない仕事だとか、いろいろ言われてへこんだ私ですが、なんとか笑顔でお願いしたわけで・・・。
彼は不器用だから、いろいろ質問されると上手に分かりやすく説明できないから逆切れするだけで、
ホントのところは職人気質の良い人なんじゃないかと・・・・そんなふうに期待している私です。
その証拠に、引き受けてくれて・・・はじめは6月上旬だって言ったけど、電話をくれて今日にしてくれたんだもの。
キャンドルナイトを気の毒に思ってくれたに違いないわ!!

脚立を持って時間ぴったりに訪れた彼は、とてもおとなしくて・・・紳士的!
私も彼の作業の邪魔にならないように、黙って静かに待ちました。
沈黙が苦手な人もいるけど、彼は会話が苦手なようだから、沈黙もおもてなしという事で・・・。

点いた点いた!!
あっかる~い!!

そうかぁ、本当はこんなに明るかったんだね。


まぁさ、いろいろあったけど・・・・彼に感謝を述べて代金払って玄関までお見送りしたら、
彼ははにかんだ笑顔を見せた、


うんうん・・・いい人って事で、幕を下ろそう!


わずか、3日で決着がついたんだから、結果オ~ライ!


理系の男子万歳!
(彼は、そうとうなおじさんだけど・・・。)


そういえば、息子は中間テストで1番の自信があるのは数Aとか言ってたなぁ。
理系に強い奴がいれば、私がいつも孤軍奮闘する事もなくなるよね?

息子に期待!!



そういえば、DVDレコーダー。
バージョンアップされてないらしくCDを送ってもらってやってみた。
リセットもして・・・・。
そうしたら、ダビングに成功した!!
直った??と期待したが、次にはまたまたダメだった。


やっぱり・・・あきらめるかぁ。

たださ、なんでできる時とできない時があるのかが疑問!
そこを解明できたら、うまく付き合えるのになぁ・・・・

FC2blog テーマ:電化製品 - ジャンル:ライフ

【2009/05/25 18:50】 | 生活
トラックバック(0) |

こんばんは♪
あろは
お久しぶりです。
PCが壊れたので新しいものをゲットしました。
やっとコメントが書けますよ。(涙)
理系の男ね~。
我が息子もそうだけどコミュニケーションとるのがへたくそなのは当たっているかも~♪



コメントを閉じる▲
子供用にパソコンを検討していた。
予算とニーズと、いろいろ比較したのも私!
何度も電気屋に通い、検討した。
長女が気にいったものは在庫が少ないという事で、長女は焦り・・・。
今日自分の予定が無いから、一緒に行こうと言い出す。
仕事が溜まってると断ったものの、勘違いして違うものを買われるリスクを考え、出かけた。
案の定、夫から仕事の電話が入り、私が電気屋にいるので不機嫌。
「そんな余裕あるのかよ!」という心の声が聞こえて来そうなかんじ。
仕事の用事を山のようにいいつけた最後に、
「ダイニングの電気、なんとかしたら?電気屋にいるんでしょ?」
と、一番厄介な捨て台詞を言った。

実は、ダイニングの電気の調子が悪い事は、かなり前からだ。
一度、取り外そうと試みたものの、なんだか厄介な取り付け方をしており・・・
手に負えないような気がして、放置していた。
それが、最近ますますひどくなり・・・つかない事もしばしば・・・。

自棄になった私は、買ったさ。
持ち帰って、がんばって以前の物を取り外したさ。
しかし、そこに登場したのは・・・パンフレットには無いタイプの天井・・・・!!!
その状態をビデオにとって、ホームセンターに持って行って相談したが・・・無理。
近所の電気屋に頼んで、なんとか数日後には来てくれる事になった。
電気屋さんは、社交性がないモロ技術屋ふうな人で・・・。
でも、来てくれるんだから、頼むしかない。
しかしさ・・・・、なんで我が家は電気機器など理系の用事は私なんだ?


そうして、日は暮れた。
娘にベランダに古い電気を出してくれるように頼んだので見てみたら・・・・
私の咲き始めたアマリリスが・・・・なぎ倒されていた。
花は・・・・すべて落ちていた・・・・。
・・・ありえない・・・・
晩御飯の用意は、これからだ。
忙しさを言い訳に、ぐだぐだになっている部屋を片付けなければ電気屋を通せない。
普段から綺麗にしていないツケが押し寄せてくる。
片づけながら、我にかえる・・・・


あーーーーーーーっ、仕事!!!
夫には、会いたくないなぁ・・・・。
せめて、インターネットで頼まれた資料を整えるまでは・・・・


結局、子ども用のパソコンも、タッチの差で出てしまい。
取り寄せになった。
在庫があっただけラッキーだったけど・・・・。


そんな訳で、今から資料探し。
そんでもって我が家は、数日キャンドルナイトさ・・・・・

FC2blog テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/22 19:41】 | 生活
トラックバック(0) |
首都圏に感染者がでた。
昨夜から学校のHPをチェックしたが、休校の連絡はない。
中間試験も近いし・・・休校はないかもね・・・・。

FC2blog テーマ:中高生の親 - ジャンル:学校・教育

【2009/05/21 17:30】 | boys&girls
トラックバック(0) |
豚インフルエンザという名前で、なんとなく深刻な印象もなく始まった。
けれど職場では、海外旅行した人は申告するとか、患者のいる国に渡航した人は一時期間は休む事になったり・・・。
国内感染がわかり、渡航は問題が無くなった。
もう海外も国内も同じって事だろう。
関西は、全員マスクだという。
息子の高校は、都内に感染者が出たら休校。
そのかわり、夏休みが減る訳で・・・・。


でも・・・もう本当は、都内に感染者いるんじゃないかと思う。
弱毒性のうちに感染したほうが、よかったりして・・・・?


どうなるのかなぁ・・・・

FC2blog テーマ:豚インフルエンザ - ジャンル:ニュース

【2009/05/20 18:20】 | 生活
トラックバック(0) |
まる3年しかたっていないのに、DVDレコーダーがイカレタ!
色々実験を繰り返した結果、完全にいかれていると確信した。
そこで、以前リセットした事を思い出した。
パソコンでいう初期化みたいな事をしたら、どうにかならないだろうかと考えた。
リカバリである。
お客様センターに電話してみた。
なんだか自然に衛星を通してバージョンアップするシステムも作動していなかったらしい。
バージョンアップのためのCDを送ってくれる事になった。
これでダメなら、修理か買換えといわれた。
見積もりを聞いて、修理の可能性は消えた。

リセットにより、機能が正常になったか・・・実験中!


たった3年でしょ?

がんばってよ!!!

あぁ、もう夕方じゃないっ!!!

FC2blog テーマ:頑張れ自分! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/20 16:25】 | 生活
トラックバック(0) |
仕事に出ている人は、家庭と仕事の切り替えができると思う。
私は在宅でも仕事をする事もあるし、出ていく事もある。
夫は、近所の仕事場で、最近では食事にくらいしか来れない。
彼の1日は、24時間でもない。
眠くなるまで仕事をして、寝て起きたらまた仕事・・・・。
私は子供と一緒だから、朝は決まった時間に起きてお弁当をつくる。
ここに悲劇がある。
彼は、その日一日を私がどう過ごしているかを知らない。
在宅で仕事をしていたり、子どものアクシデントで私が大騒ぎな1日を過ごしていても彼は知らない。
そうして、私が疲れきって早寝をしようと夕方からがんばっていたとしても、彼はそんな事はわからない。
彼にとっての食事は、気晴らしだ。
だからやってくると子供にちょっかいを出し、ぐだぐだする。
そりゃ、そうだよ。
彼は休みに来たんだからさ。
ところが、彼は空気が読めない事が多い。
大学から帰宅した二女に、「バイト?」ときく。
テスト前で勉強している息子に、「珍しいなぁ、勉強してるんだ!」とからかう。
これらは、たいへん評判が悪い。
しかし、もっとも最悪は・・・・夜の11時過ぎにやってきて大はしゃぎする日だ!
たいがいそういう日の彼の起床時間は、夕方。
彼は起きてから6時間くらいしかたっていないから、バリバリ元気。
私達がすでに、眠いのなんかお構いなし!
せっかく来たんだからと、晩御飯を出し相手をしていても、限界がある。
明日の朝の起床時間を考えて、わざとチラチラと時計を見たりするのだが、そのサインも彼にはわからない。
気づいても、仕事場に足が向かない日などは、戻りそうで戻らない。
こうして・・・午前2時ちかくなると、私は辛い。

彼が仕事に余裕があると、彼は遊び?にやってくる。
しかし、私は仕事をやっていなくても、主婦業に忙しい事がある。
山のような洗濯物、散らかった部屋の片づけ、買い出し・・・・。
彼はさぼろうというけど・・・・私がやらなかったら、誰かやってくれるんだろうか?
誰もやらないじゃない?
結局は、私が後でひどい思いをする事になる。
一緒に出かけたとしても、帰宅したら彼は何もしないけど、私は家事が待っている。
晴れた日は、洗濯の鬼!
休みの日は、晩御飯に手をかけたい。

何より今は・・・・衣替えが中途半端で大変なのだ!
忙しい毎日で、繰り越した家事が、とんでもなく膨れ上がっている。
私以外の人間は、帰宅したら何もやらない。
OFFになる。
でもさ、主婦は、家庭が仕事場なわけ。
ずーーーーーーーーっと、ON!!!



イカレタDVDレコーダーのせいでお客様センターと連絡をとったり、、パンパンのパソコンの整理。
DVDレコーダーを買い換えたら、どうか・・・予算を立てたり・・・・。
子供の事でも、いろいろある。


「付き合いが悪い!」と不機嫌にならないで欲しいなぁ。
家庭は、主婦の仕事場です。

邪魔しないでよ。
私は、仕事中なんだよぉぉぉぉぉ!!!


FC2blog テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/20 16:14】 | エプロン通信
トラックバック(0) |
洗濯物を入れるためにベランダに出た。
鳥の声がすると思ったら、つばめだ。
今年もきたんだ。
ベランダでは、今年初めての百合が咲いた。
ゆり
近所では、しゃくなげも咲いた。
しゃくなげ

今年は八重咲きのペチュニアを買ってみたが・・・ペチュニアって感じがしない。
八重咲きのペチュニア

ハイビスカスにアブラムシがいた。
駆除せねば。

花の季節が来た。

FC2blog テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

【2009/05/14 19:09】 | ベランダだより
トラックバック(0) |

お花♪
れん
お花の季節、到来ですね♪
癒されますねえ~~。
手入れも大変だけど、真昼さんはこまめにされてるんですね。
またお花を見に来させてもらいます♪

コメントを閉じる▲
仕事が終わり、携帯をチェックした駅のホーム。
目に入ったものは、スタッフの母の急死の知らせだった。
彼は北海道の不便な所が実家だった。
他に弟がいたが、札幌に出てしまい、母親は一人暮らしだった。
詳細は分からないが、階段から落ちての事故死のようだという。
彼女を看取った人はいないかもしれない。
ご遺体は、警察だという。
帰省するには交通費がいる。
その相談だった。

彼の母は・・・70代以上だったと思う。
彼が最後に母親に会ったのは、いつだったのだろう・・・。
確か、子どもを連れて帰省した事があったが・・・・。


突然に来る別れ。
最後に会った時には、これが最後だと知らないままに別れるのだ。
「またね。」・・・と。


彼が仕事に復帰できるまでの間を、どうするか・・・・。
感傷的な想いとは別に、仕事の対応に追われる事になりそうだ。


一期一会


その言葉が、時々脳裏をかすめるこの頃だ。

FC2blog テーマ:親子関係 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/14 16:38】 | 生活
トラックバック(0) |
今日は母の日かぁ・・・。
私は「母」で「娘」でもある。
この場合って・・・どうなるんでしょうねぇ・・・。

私は、母の誕生日に生まれました。
私の誕生日は、母の誕生日でした。

これって・・・・お互い、微妙・・・・なんですよね~

FC2blog テーマ:ひとりごと - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/10 09:04】 | 生活
トラックバック(0) |

いーちゃんさんへ
真昼
さらに、父の誕生日も数日違いでした。
まとめてぐだぐだな感じで、あやふやにごまかされていたような・・・。
まぁ、絶対に忘れられないですけどね~。


いーちゃん
真昼さんも!?
私は父の誕生日に産まれました!\(^o^)/

コメントを閉じる▲
FMラジオから、ウィーンのカフェ「セントラル」の話が流れていた。
今朝は二女は朝5時半に起きて、7時にはバイトに出て行った。
「ずいぶん早いシフトを入れたんだね~。」と言うと、
「オープンのスタッフが足りなくなってるんだって。」と二女。
低血圧な彼女が、早朝からのバイトを入れるのは、カフェ全体の状態を考えるからだ。
この視点は、就職してから役立つだろう。
また、就活に備え資格を取ろうとしている彼女は資金がいる。
資格試験を受けるにも、お金がかかるからだ。
バイトと大学、休みは友人と会う。
彼女には「何にも予定のない日」はない。
そんな訳で、家事手伝いはおろか自分の身の回りの事も出来ない日々だ。

長女もまた、仕事以外は何もしない。
飲んで帰る事もしばしばで、休日はお出かけ。
口癖は「疲れた」。
家事手伝いとしては、もとより戦力外。

息子は陸上部に入るらしい。
練習に参加しており、こりゃまたお疲れ。
重いものや高いものを、頼めばとってくれる程度しか期待できない。
・・・というか、自分の部屋をなんとかしてくれ!

夫は・・・・ひと月に、幾晩家で寝られるだろうかという生活だ。
スープが冷めない距離の仕事場で、別居状態になっている。
彼は自宅に帰る時にスタッフに「食堂に行ってくる。」と冗談を言っているらしい。
言葉どうり、私に仕事の事で用事がある時にやってきて食事をして帰る。
デートは、近所のスーパーに散歩がてらのお買いもの。

私の右目は、なかなか治らない。
重いものを持ったことにより白目が内出血したらしい。
しかし、買い出しに行けば5人分の食料を買う訳だ。
牛乳4パック、ジュース類3パック、肉魚野菜・・・・。
買い物袋はあっというまに、4袋。
郊外なら車で買い出しに行くのだろうが、私はママチャリ。
荷台にもくくりつけ、マンションに運び込む。
こんな事を繰り返し、睡眠時間は4~5時間。
仕事はPCだったり、細かい作業・・・。
家事は・・・追いつかない。
衣替えも中途半端。


それでも、仕事があるのは喜ばしいと感謝して乗り越えたいと願う。
今は、我慢の時!

気づけば、つつじの季節も過ぎた。
今日は洗濯日和だ。
在宅仕事を活かし、仕事の気分転換に家事も少しずつでも片付けよう。


そういえば、子どもを産んでからというもの・・・珈琲を冷めないうちに飲める事がなくなったなぁ・・・。
夫とおしゃれなカフェで、美味しい珈琲を飲める日を夢見て、今日も元気にいきましょう!!


ベランダでは、百合とアマリリスの蕾が出てきた。
それでも季節はめぐる。

FC2blog テーマ:頑張れ自分! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/10 08:56】 | 生活
トラックバック(0) |
小説を読んでいるので、イメージがあうか心配だった。
母親役のりょうさんは、イメージにぴったりあっていた。
同じように本を読んでいた二女も、ぽろぽろと泣いていた。

ジャムをおばあちゃんと作る場面がある。
子供が小さかった頃、父が知り合いの農家に頼んでくれて、ビニールハウス内でのいちご摘みをさせてもらっていた。
子供達がたくさん取った苺は、母がジャムにした。
私も妹も、子供達が小さかったので手伝わなかった。
父の闘病が始まり、そんな事もなくなった。
母のジャムは、夫もお気に入りで実家に帰るとかならずもらっていた。
あれ以来、母はジャムを作らない。
食べてくれる人が、いなくなったからだろう。
母と一緒にジャムを作ればよかった。

母は、老いた。
しっかりしていた親を持つ人ほど、親の老いが受け入れがたいという。
かなり前になるが、兄から仕事場に母の様子がおかしいと連絡を受けた事があった。
あわてて実家に帰ると、母は記憶障害を起こしていた。
妹はたまたま来れず、私と兄と甥は愕然とした。
兄と甥は、私に母を任せて中庭をはさんだ自宅に帰った。
私は母と、一晩を過ごした。
翌日、どう母を医者に連れて行けばいいか・・・・悩みながら。

翌朝起きると、母はけろっと普通になって朝食の用意をしていた。
忙しい私が、単身で帰省して自分の隣で寝ていた事に疑問を感じながら。
そして、昨日の記憶が一部失われていた。
事情を話すと母は、病院へ行く事を承諾した。
原因は、脱水症だった。
暑い夏の事だった。

もう一度行く病院の付き添いは、後から駆け付けた妹に頼んだ。
妹は、記憶障害を起こした母を見ていない。

しっかり者だった母も、老いが確実に訪れている。
メリーゴーランドのように、同じ話を繰り返す事もある。

私は、あの暑い夏の日を思い出す。
あの晩、私と兄と甥は、母が戻らないのではないかと恐れた。
おおざっぱな兄すら、暑い夏日には母を気遣うようになった。


母は、その後一度もそのような事はない。


母の老いを感じる時、私はあの暑い晩の事を思い出す。
母の老いを、受け入れられる自分でありたいと願う。

FC2blog テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2009/05/09 09:54】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |
夕方、ふと見たら西に青空が見えた。
さっそく洗濯物を外に干そうとベランダに出た。
すると・・・
南東の空に虹が出ました。


得した気分でした。
さっそく写メールで家族と妹に送ったのですが・・・。
妹からは「こっちは雷と雨よ!」とつれない返信。
息子からは「見た。飯作っといて。」というそっけなさ。
娘二人と夫は連絡なし。


ま・・・いいか。
天の神様のご褒美ってことで・・・。
虹

FC2blog テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

【2009/05/08 20:36】 | ベランダだより
トラックバック(0) |
朝から電話は鳴りっぱなし。
それでも順調にこなしていたが・・・・昼頃に厄介なお客様に遭遇。
電話は、スキルによって振り分けられてはいるが、基本的にはロシアンルーレット。
私がそのお客様の電話をとったのは、単なる偶然。
・・・で、2時間つぶした。
話もさることながら、要望が多くクレームもある。
手続きに要する時間も半端なかった。
今日の私の成績は、このお客様のお陰で・・・下がったろうなぁ・・・。
まぁ・・・いいけどさ。
残業し自分で手続きを完了し、帰りにビックカメラへ。
PCは、アップアップ・・・外付けのハードディスクを買う事にしたのだが・・・・。
ちょっとした確認のつもりで、売り場の店員に聞いたら・・・・なんだか、あやしい。
私の思っていたのと違うみたいな事を言う。
けれど彼の腕には、実習生という腕章。
・・・こいつを信じていいのか???
悩んでいると携帯が鳴った。
画材店からだった。
今度は本業の仕事だ。
取り寄せを頼んでいた画材が届いたという。
しかし注文数の確保ができなかったという。
そう・・・もう作ってないのだとか・・・・。
今後の対策が検討される。
財布の中身を思う。
ハードディスクは見合わせて、画材店に向かった。
他にも何点か画材を買った。
外は雨だった。
子供が傘を持って出たか思い返していた。
バッグの中身はバイトの仕事、片手には本業の画材、頭の中は母親だった。
今の私は・・・パッチワークみたいだ。

気を許すと、ある思いがよぎる。
街は混雑していた。
人混みをぬって駅にむかう。

忙しいのはありがたい。
その思いに支配される事を許さないからだ。


電車に乗り込んで、そのまま先頭車両に向かって歩いた。
すいた車両の年配の紳士に目がとまった。
彼は携帯を見ていた。
彼の眼はうるんでいた。
年配の品のいい紳士が、ひと眼に着くこんな車内で涙ぐんでいた。


連休があけて、世間は何事もなかったように過ぎてゆく。

FC2blog テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/07 16:15】 | お仕事
トラックバック(0) |
ここ数週間、公私ともにドタバタだった。
ツケは家事に回った。
この惨状を前に、深く反省する。
孤軍奮闘は変わらない。
援軍は着そうもない。
家計簿は放置。
レシートが財布にたまっている。

・・・しかし、明日からはまたまたお弁当の日々!
とりあえず、昼は焼うどんときめた。
晩御飯に、鶏肉を利用する予定。
和風に炒り鶏にするか、洋風に洋野菜とトマト煮にするか・・・。
明日のお弁当に回す事も踏まえ、思案中!


家事はさぼると、おっくうになる。
仕事も忙しいが、怠け病と闘わなければ!
安くて美味しい食卓を目指すぞ!!
家族の健康管理は、私達主婦の肩にかかっているのだから!



・・・・で、まずは洗濯の山と洗い物よね・・・
地味にがんばるもん・・・ははは・・・

FC2blog テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/06 13:00】 | エプロン通信
トラックバック(0) |
もとも赤の他人が、運命共同体としての契約を交わす「結婚」。
環境も価値観も違う他人が、共に暮らす難しさ。
「玉の輿」→「格差婚」
「年を越えた結婚」→「ゼネレーションギャップ」
芸能ニュースの破局は、身近にもありそうだ。
離婚理由のトップである「価値観の相違」を、共に生きるなら乗り越えなければならない。
広末涼子主演の「バブルへGO!」という映画が、wowwowで、今日の夕方ある。
バブルを経験した世代は、その後どうしたのだろう。
私達は、バブルにおいて、直接的にはさして恩恵を受けなかった。
しかし、崩壊による損失は受けた。
バブルは、時代的な国家的な大事件だ。
しかし、個々の人生にも当てはまる部分がある。
その人の人生の中で、心身ともに充実し経済的にも社会的にも幸運だった時期。
それが、本人の努力の成果である場合も、環境による「タナぼた」の幸運であってもだ。
大きな波でも小さな波でも、人生にはそういう波の満ち引きがある。
「病める時も、健やかなる時も・・・・」挙式での誓い。
その重さを、若い二人はどれだけ自覚しているだろう。
かつて私がそうであったように、彼等の短い人生経験では予測できない困難が次々と訪れる。
幸せに満ちた若いカップルには、それは無縁のものだ。
しかし、困難に見舞われた時に、その夫婦は試されるのだろう。
困難な現実を目の前に、協力できなければ信頼関係は崩壊する。

PTAのママ達で、みんなでボーリングに行こうとか、カルチャーセンターに通おうとか・・・
そういう話が盛り上がるのは、第一子が幼いママ達だった。
末息子が幼稚園の時に、私はそういうグループの中にはなかなか入れなかった。
役員の委員長もしていたし、経験もあったからそれで孤独にはならなかった。
その後も、同じような事はおこった。
そういうメンバーは、時間や経済的な余裕がある家庭だ。
子供がまだ小さくて、教育費の負担を実感していない若いママ達だ。
そうして、しょっちゅう子連れのお出かけをしていたメンバーも、やがて消える。
そう、子どもの受験や塾代など理由は様々だが、彼女達も働き始めるのだ。
そう・・・彼女達が、おしゃれをして豊かな時間を過ごしていた頃に、第一子の教育費の負担が増え始めた私達ベテランママ達は、別な話題で情報交換をしていたのだ。
受験や塾についての情報交換、パートや節約の情報交換をしていたのだ。
子供達の教育費は、私達が想定していた以上にかかる。
子供の手はかからなくなったが、経済的な負担は右肩上がりで上昇する。
そこにきて、不況が重なれば・・・非常事態となる。

非常事態を、夫婦がどう認識しているかだ。
危機感の違いは、お金の使い方にでる。
妻が安売りのスーパーに必死で通っても、夫が飲み歩いていたら・・・。
夫が必死で働いていても、妻が娘時代のようなお金の使い方をしたら・・・・。
昔母がつぶやいた言葉を思い出す。
「私なんかより、ずっと給料も少ない独身の娘達が、ポンポンと指輪や洋服を買うのよ。
 なんだか、ばからしくなった事もあったわよ。」
まぁ・・・まさに、今の私達世代だろう。

夫婦の財布を、どちらが握っているか・・・・。
これは、様々だ。
夫というのは、たぶん少数派だろう。
けれど、それが必要な家庭だってある。
もし自分のパートナーが危機感のないタイプなら、財布を渡してはならない。
ざるに水をくむ結果になるからだ。
家長は、すみやかに非常事態宣言をし、夫婦のみならず家族全員で協力しなければならない。
今までの、価値観では対応できないかも知れないからだ。

なんたって未曾有の危機だからだ。

「なに・・・貧乏には、すぐ慣れるさ。」
これは甥のセリフらしい。
東京の一人暮らし・・・彼も苦労しているんだね。
母の話では、「スーパーは閉店近くに行けばお総菜が安く買える」「肉は、ここの方が安い」と節約術を話した事があったらしい。
母は、孫が苦労していると悲しがるが、私はそうは思わない。
彼がどんどん頼もしく成長しているのだと感じるからだ。

「田舎のねずみ」と「都会のねずみ」。
両者が入れ替わって生活をしなければならないなら、今までの価値観を全て捨てるしかないのだ。
知恵をしぼって、自分にとって何が大切なのか吟味する。


娘の友人に玩具会社に勤めているパパを持つ子がいる。
時代的ブームの玩具のおかげで、彼女は少女時代に贅沢をできた。
「まさに○○成金?」なんて笑っている。
その後、ブームが去る。
彼女は今、授業料以外は親に負担してもらってはいない。
バイトはこの不況での人件費削減から、シフトが減ってしまい彼女の望む収入を得られない。
だから、バレンタインフェアやホワイトデーフェアで、短期のバイトを入れていた。
いよいよ短期も終わり、バイトを本格的に探している。
ハードな生活を送りながらも、自分で稼いだお金で何回も下見をし本当に気に入った洋服を買う。
時には、女友達と旅行に行く。
インターネットで調べて、少しでも安くお得なプランを探す。

「今の女の子は、何もできない。」などと思っていてはいけない。
彼女は、バイトから帰宅した夜遅く友人である二女に電話をしてくる。
彼女達のストレス発散の時間だ。
電話はもちろん、ウェルコムだ。
有料になる時間がくる直前に電話を切って、またかけるという倹約上手。
知恵や情報こそが、彼女達の武器だ。
電話の向こうで、その友人はエビの背ワタをとっていた。
エビの背ワタをとるのが、快感だと言っていた。
・・・エビは、何の料理になったのだろう・・・。

彼女達は、お金をどう使うか・・・その事に、それだけのお金をかける価値があるか、本当に吟味している。
バブル景気の時代に、彼女と同じ年頃の子はどう過ごしていたのだろう。
それでも彼女達は、毎日を楽しそうに過ごしている。
大学に通い、バイトに通い、時代を感じている。
過去にどんな贅沢をしたかなんて、こだわる事もなく・・・今を生きているのだ。


自分が、20歳の頃を思う。
彼女達のほうが、きっとたくましい。

歓楽街で親の仕送りで飲み歩いている若者達・・・・。
ある意味、彼らはバブルにいる。

非常事態宣言・・・・困難が人を成長させるのかもしれない。

ダーウィンは言った。
「生き残れるのは、変化できるものである。」


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:結婚生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/06 10:51】 | 夫婦の風景
トラックバック(0) |
睡眠3時間くらいの日々が続いた。
そして、昨晩ついに9時過ぎに意識不明。
気がついたら、朝だった。
時計は6時前。
お弁当の用意をしなくては・・・
幸い、ごはんが残っていた。
冷凍食品の助けも借りて、なんとかセーフ!
シャワーを浴びて、バイトの支度。
洗濯物をいれ、洗濯機を回した。
娘達のどちらかが、干してくれる事を期待して。
電車に飛び乗った。

会社に着く、IDカードをかざしてもロックが解除されない。
ふとみたら、パスモをかざしていた。
今日の電話はイレギュラな手続きばかり・・・・厄日だ。
・・・でもないか、お客様はいい人ばかりだったから。
終了時間間際に、商品内容を細かく聞くお客様にあたった。
この人が最後だろうと思った。
・・・ところが、「お願いするとしたら、どこに電話したらいいでしょうか?」と終了時間間際におっしゃる。
もちろん・・・「よろしければ、このお電話で私が承りますが・・・。」となる。

・・・残業決定!

空腹になりながら、退社。
そのまま画材店に。
材料を補給しなければならなかったからだ。
配達にしてもらい帰宅。
時刻は・・・3時。
カップヌードルを作りながら、洗濯機を開ける。
ベランダの竿は、一枚のシャツも干してなかった。

留守中にダビングしていたDVDをファイナライズし、別なものをダビングし始める。
PCもデータがいっぱいで、のろまになっている。
娘のPCは故障し、リカバリをしたらしく、LANがつかえない。
設定を入れなおさなければ・・・・。
すでに・・・4時。
本業の仕事もしなければ・・・・

一人の人間がこなせる作業には、限界がある。
100ccのカップには、100ccしか入らない。
表面張力を利用したところで・・・5%増しくらいだろう。


・・・さぼるしかない。
手を抜くしかない。


さんざん悪あがきし、この結論にいたる。

FC2blog テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/02 16:18】 | お仕事
トラックバック(0) |
ヒロインがかわいかった。

なんだか、せつない・・・・。

FC2blog テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2009/05/01 19:05】 | レビュー
トラックバック(0) |
朝からがんばったけど、結論はいつも同じ。
100ccのカップには、100ccしか入らないという事。
部屋を片付けるには、ものを捨てるしかない。
捨てるものが無い場合は・・・・この状態で過ごすしかないという事。

一朝一夕ではいかない。
根気よく、捨てるものを探すしかないという事。


さらに、DVDプレーヤーもいっぱい。
朝から、DVDに焼いている。


どこもかしこも、一杯な我が家だ。

FC2blog テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/01 19:03】 | エプロン通信
トラックバック(0) |
本業の仕事が増えた。
喜ばしい限りだ!
バイトのコールセンターの仕事は、1年の中で忙しい時とそうでない時のシフトが激変する。
安定しないのは困る。
だからダブルワークの人が多い。
もともと、本業の不安定さをフォローするために始めた事だし。
そんな訳で、シフトを減らすように考えた。
・・・だが、今回出すのは6月分なんだよね・・・。

6月の予定なんかわからないし・・・。
5月は手遅れ。
睡眠不足で、突っ走るしかないかぁ・・・


家事に手が回らない日々。
娘達に期待しているが・・・彼女達も忙しそう・・・。
ここにきて、息子が頑張り始めた。
昨日のブランチに、私はバイトで不在。
急いで帰宅したが、彼らは食事をとったあとだった。
息子が冷凍炒飯を父親と姉の分まで作ってくれたというのだ。
上出来だ!!!

でも・・・部屋の中を移動するのが、障害物リレーみたいになってしまうのは最悪だ!
自分の荷物は、自分で管理してくれよぉ!!

FC2blog テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/05/01 09:06】 | お仕事
トラックバック(0) |
「頼みがあるんだけど・・・。」
言いづらそうに彼は言いだした。
「いやだ。」と、私。子供があらたまって敬語で話す時にろくなことはない。
「え・・・、聞く前に却下ですか・・・。」
「・・・どうせ、ろくなことじゃないんでしょ?」
「それがですね…陸上のスパイクを買ってほしいんですよ・・・。」
そう、彼は陸上部にも見学に行っていた。
本気・・・なのかぁ。
理由は「走るのが好きだから」だった。
彼は中1の冬に、担任に部活を相談した事があった。
ラグビーは、タックルが醍醐味という人がいるが、彼にはそうは思えなかったからだ。
スポーツの内容だけではなく、彼にはいろいろ思うところがあったようだ。
「一つくらいは、すきなところがあるだろう?」と担任に言われた。
「走る事です。」確か、彼はそう答えたという。
「なら、ずっと走ればいいじゃないか。」
それが、当時高校ラグビー部の顧問だった彼の担任のアドバイスだった。
この教師が、今も学校に在籍していたら・・・彼は間違いなく部活を続けていただろう。
彼は帰宅部は嫌だった。
他もいろいろ見たが、なかなかラグビー以外のスポーツに魅かれなかったのだろう。
しかし、ラグビー部に戻ろうとしない。
スポーツとしてのラグビーが好きなのだから、理由はなんとなくわかってきた。
先輩は尊敬している。
後輩には好かれている。
練習が辛いわけでもない。
部も、彼に期待している。
同窓会では、女子から「え~つ、陸上よりラグビーをのほうがカッコいいじゃない!!」と猛反対されたらしい。
それでも・・・シンプルな陸上になったらしい。
たしかに、道具もいらない。

・・・ラグビーを続けて欲しかった夫がグズグズ言うだろうなぁ・・・。
私は毎回「でもね、やるのは彼なんだよ。」と言い続けている。

陸上のスパイクねぇ・・・。
彼は本当にフットサルをやるつもりで、お年玉とお小遣いでスパイクやボールを買っていた。
ラグビーをして欲しがっている親(父親)の理解が得られないと思っていたからだろう。
しかし、大会に出たいと頑張っていたが、うまくいかなかったらしい。
財布は空っぽだろうなぁ。
部活なら、予算は親の教育費でもいい。
陸上のスパイクなら、ラグビーや野球の物と違うだろうから、辞めても使い道があるだろう。

私はただ、応援に行く場所がラグビーのグラウンドから、陸上競技場に変わるだけだからね。

FC2blog テーマ:中高生の親 - ジャンル:学校・教育

【2009/05/01 08:28】 | boys&girls
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。