存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールセンターの友人が、先月婦人科系の手術をした。
大学生の長女が、家事など引き受けてくれて助かったときいた。
もう一人の友人は、子宮がん検診で精密検査になり、ひどく不安がっていたが、結局大丈夫だった。

雨の中、今日私も検診に行ってきた。
今の診察台は、自動で上がったり回転したりして、すごいです。
とても楽チンです。

乳がん検診の方は、相変わらすの放射線技師が私の貧乳を引っ張ったりつぶしたりと苦労していた。
私の友人は、乳がんの経験がある。
もうずっと前に、手術して全然元気だ。
貧乳の私に、乳がんの危険は少ないのかなぁ・・・なんて思うけど。
それでも一応は、2年に1回は行き続けるつもりだ。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:婦人科系 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/10/30 13:49】 | 生活
トラックバック(0) |
子供たちがリビングに集結!
ところがやっている事は・・・それぞれが携帯をいじっている。
姉二人は、大声で電話しており、息子はメール。
話し声というのは、片方の音声しか入らないと、ただの騒音である。
それが二組!
その騒音の間に、息子の着信音!
「あーーーーーーーーーーーーっ、うるさいっ!!」
私の声が室内に響き、ついでに携帯の先にも響いたのか・・・・一斉に静かになった

・・・頼む・・・寝てくれ・・・

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:頑張れ自分! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/10/30 00:08】 | boys&girls
トラックバック(0) |
昨夜、夜11時を過ぎても夫は食事に来なかった。
私は、6時起き。
前の晩も次女が帰宅したのが深夜で、私が寝られたのは午前2時ちかく。
低血圧の私は、朝のお弁当を作り息子を送り出した。
コールセンターでバイトした後で、7時まで仕事場で仕事をし、帰宅し晩御飯を作って・・・・。
もう11時ともなれば、眠くて仕方が無い。
寝る準備を始めると、なんと夫が11時半頃にやってきた。
しかも・・・ハイテンションで!

そう・・・彼の起床時間は、その日は午後4時過ぎだった。
これが、わたしにとって悩みの種だ。
腰痛の時に、長女も初めて気付いた。
朝早いものにとって、夜中に食事に来る夫の食事の世話が大変なのだ。
話し相手になり、もう一度仕事場に戻るのを送り出し、後の始末をし明日の準備をする。
睡眠時間が減ってしまう。
それが何日も続くと・・・けっこうツライ。
私にとって、睡眠時間を奪う原因を作るのは、子供たちである事も多い。
けれど・・・子供達なら、放っておいて私は布団に入る事もできる。
しかし、夫となると・・・そうは行かない。
家族の為にがんばって仕事をしている人が、食事に帰宅したのに無視はできない。
ましてや、ほとんど在宅時間は食事の時だけになっている彼にとって、この時間は家族との大切な時間なのだ。

そんな訳で、私はもうろうとしながらも頑張って起きていたら・・・
「どうしたの?」ときいてくる。
申し訳ないかと思っても、「眠いの」と言ってみた。
「かわいそうに・・・。ゆっくり休めればいいのにね~。」と同情を示す。
おいおいっ、君のせいでしょ?!
わかってないのか?!

「子供を送り出したら、少し仮眠をとったらいいんじゃない?」なんて、よく言われることだ。
「赤ちゃんが寝たら、自分も寝たらいいんだよ。」と言う言葉も、子供が乳児の頃に耳にした。
でもね・・・
わかってないんだよね。
その時間が、貴重な時間だって事!
そこで、集中的に作業をしなくては家事ははかどらない。
今日自分がさぼったら、その仕事は明日の自分に圧し掛かってくるのだ。

彼は食事の後に、平気な顔でこう言った。
「ねぇ、俺の冬着出してくれてる?」
・・・悪魔の声だ。

私が腰痛で苦労していた数日の事なんか・・・忘れたんだね。


今朝、息子が言った。
「ねぇ、俺のウインドブレーカーは?」
「洗った記憶無いかも・・・いつ出したの?」
「一昨日くらいかな?」
「・・・あのさ、私その日から腰痛で死んでたし・・・天気が悪かったよね・・・。」

結局、彼の部屋から出てきたみたいだけど・・・。
この男共っ!!

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

【2010/10/29 10:30】 | 夫婦の風景
トラックバック(0) |

cookieさんへ
真昼
私だって「子供でいたい」わけで・・・だからこそ、年の離れた夫にしたはずなのだけど・・・。
そこそこ年上の夫なら、「縁側で日向ぼっこしているような穏やかな日々」を過ごせるかと思ったけど、男って生き物は「永遠の少年」なんですかね・・・。
息子にいたっては、どんな無茶な要求も受け入れてもらえると思っているとしか考えられない。
よく解釈したら、「どんな時でも自分に味方してくれる」という信頼関係なのかもしれないけど、ただ「調子こいて甘えている暴れん坊将軍」なのではないかと・・・。
だから、女は「菩薩様」か「千手観音」になるしかないのでしょうか?
場合によっては・・・・「阿修羅」・・・・とか?

おひさしぶりで~す♪
cookie
いや、もう、やる気が全く出なくってブログを放置上状態のcookieです (^_^;)
お元気にされてましたか?
・・・って、ぎっくり腰だったんですねぇ。
あれは、ツライわ (ノд-。)

4時間睡眠は・・・嫌よねぇ (-"-怒)
ウチの旦那も、引き止めるだけ引き止めて、自分が眠くなるとサッサと寝ちゃうんですよ。
この引き止める理由というのが、玄関の施錠だとか、電気だとかの確認をしたくないというもの。
いい加減にしてくれ!ヾ(*`Д´*)ノなのですわ。
ホントに男って・・・いつまで経っても家の中では、母に面倒を見てもらう子供でいたいのね(*´-д-)フゥ-3

コメントを閉じる▲
あれは・・・なんだったのか・・・。
そう思えるくらいに、回復してきた。
まだ違和感が残るが、走ったりしなければ、どうにか日常生活ができる。
寒いので、早急に冬物の衣類を出さなければいけないけれど、衣替えができるほどではない。
もう少し、薄着で凍えながら頑張るしかなさそう。
でも・・・

良くなっても、もう少し楽したい気持ちもあるなぁ・・・

FC2blog テーマ:頑張れ自分! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/10/28 22:36】 | 生活
トラックバック(0) |
仕事中に夫と「ゴッホ展」の話になった。
「人、入っているらしいね。」と夫。
「人気あるみたいだね。今度行こうか?」と私。
「・・・・。」

・・・はいはい。「SP」観てからだね。

FC2blog テーマ:旦那さんのこと。 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/10/28 22:28】 | 夫婦の風景
トラックバック(0) |
昨日の朝、目覚めたら・・・ひどい腰痛!
なんなの?!
これって・・・ぎっくり腰?!
でも、ただ寝ていただけなのに?!
それとも・・・腰を寝違えた?
アクロバット的な寝相であるはずが無いのだが・・・

整形外科に行ったが、レントゲンには異常なし。
かぶれやすい私は、塗り薬だけしかでない。

昨夜は、寒い夜になる。
毛布だけでは風邪を引く。

我が家は、ほとんど母子家庭状態。
普通に歩く事もままならないのに、押入れをひっくり返して布団を出すなんて不可能!
「俺が出せばいいんだろ。」途方にくれていた私に、ぶっきらぼうに息子が言った。
そして、家族分の布団を出してくれた。
長女は、晩御飯を作ってくれた。


・・・暖かな布団にくるまって、これが「幸せ」ってものだと思った。
私には、守ってくれる家族がいる。
これこそが、宝だ。




・・・その頃、何も知らずに次女はディズニーランドで遊びほうけていた・・・

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村



FC2blog テーマ:高校生のママ - ジャンル:育児

【2010/10/28 00:10】 | boys&girls
トラックバック(0) |
夫から、珍しくデートのお誘い。
「この仕事が片付いたら、映画に付き合わない?」
まあ!ステキ!
前回は、「今度は愛妻家」だったわね。
この女心のわからない男も、やっと誘う映画を理解してくれたものね。
「何がきてるの?」と聞く私。
「十三人の刺客!」
「・・・・。」おいおい、それってデートむきじゃあないよね・・・
私の微妙な反応に、夫は説得を試みる。
吾郎ちゃんがでるよ。宇多丸が褒めてたよ。」
「私と宇多丸氏の趣味が合うとは思えないけど・・・。」
・・・ジャニーズで釣ろうって甘いわよ。

そんなこんなで、丁重にお断りをした。
夫は、一人で観に行ったものの、残虐なシーンに体調不良を起こし、席を立ちトイレで休んだそうだ
「いやぁ、おまえ・・・来なくてよかったよ。」
私が断った事に、納得してくれたようだ。


さてさて、またまた夫からデートのお誘い。
「今度、『SP』が来るんだ!」
息子を誘ったようだが、部活に忙しいので乗ってこなかったらしい。
「岡田クンがでるよ!」またまたジャニーズ作戦なの?
「堤真一も出るよ!」
・・・わかったわよ、「SP」ね。
息子が付き合わないなら行きましょう!
その前に、予習をしなくては。
去年、夫と息子がはまっていた「SP」が土曜にまとめて再放送していたよね。
とりあえず予約しておこう。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:旦那とデート - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/10/26 00:53】 | 夫婦の風景
トラックバック(0) |
秋です。
虫の音、桜並木も少しずつ色が着いてきました。
ハナミズキの赤い実が、青い空に映える。
どう見ても秋色です。

なのに・・・どういう訳か・・・
なんだか、年末みたいな錯覚を起こすのです。
三車線の道路の交通量が、少ない気がするせいでしょうか?
交通量も不況の影響があるのでしょうか?
交通量が減って、車の音が静かになったので、そんな気がするのでしょうか?
年末年始やGWなどは、都内は静かになるので、錯覚がするのでしょうか?

夕日を見ても、月を見上げても、なんだか寂しい気持ちになるのです。
漠然とした不安なのか、なぜか心細くなったりするのです。

日暮れが早まり、夜が長くなるせいでしょうか・・・


夏に見た箱根の仙石原は、今はもうすすきが綺麗だろうか・・・
夕焼けに照らされながら、あのすすきの道を、夫と手をつないで歩く私を思い描く・・・。


・・・彼は、もう寝ただろうか・・・

FC2blog テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

【2010/10/25 00:42】 | 生活
トラックバック(0) |
就活も行き詰まり、ストレスが有るのか無いのか・・・。
次女は、相変わらずである。
三浦海岸から帰宅し、川越の祭りに行き、気付けば・・・台湾へ行ってしまった。
「悔いのない学生時代」を謳歌すると公言する彼女だ。
あいにく台湾は、台風の影響で雨ばかりだったようだが、本日元気に帰宅した。

2010-10-20 台湾

色々な経験をして、楽しく語ってくれた。
確かに、彼女が大学で学んでいるのは比較文化である。

いつか、彼女の人生に役に立つ経験となる事だと信じるしかない私だが・・・

まだまだ、どこかに行く予定があるらしい!
少し、落ち着いたらどうなの?!

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2010/10/22 00:20】 | boys&girls
トラックバック(0) |
次女の友人のパパの会社の関係で、三浦海岸に安く泊まれるホテルがあると誘われた次女。
さっそく友人と三浦海岸へ。
安い=しょぼいそんなイメージで行ったのだが・・・
着いてびっくり!私に写メールを送ってきた。
三浦海岸のホテル
キッチンもあり、とにかく広い!
これって・・・スィートルームってやつ?
大はしゃぎの彼女達は、水着に着替えてスパへ。
久しぶりに泳ぐと、すぐに疲れてしまったという。
「いやぁ・・・私達も、年をとったかしら・・・」なんて、冗談を言っていたらしい。
しかし、ふと周りを見ると・・・
そこでは、ガンガンに泳いでいる女性達
セレブの有閑マダムは、体を鍛えているんだなぁ・・・と感心した。
さらに彼女達を驚かせたのは、彼女達が水から上がった姿。
セレブな女性達は、なんと私達よりも年上の超熟女達だった。
孫もいそうな超熟女達が、ガンガンに泳いでいたわけである。
次女達は、ひたすら苦笑いである。

恐るべし!「昭和の女子軍」!
私も見習いたい!
にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:宿泊記♪温泉旅館・ホテル - ジャンル:旅行

【2010/10/21 23:07】 | boys&girls
トラックバック(0) |
二人で仲良く行った先は・・・がん検診!

まぁ・・・なんというか、夫婦の歴史も重くなってきました。
ともに老いるまで・・・という事で、元気に仲良く生きるには、健康一番!!

今年も異常なしだといいなぁ・・・

FC2blog テーマ:旦那とデート - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/10/19 20:17】 | 夫婦の風景
トラックバック(0) |
息子達が、学校のある地域の駅伝大会に出た。
入賞し、もらったものは・・・米!
コシヒカリ!

さんざん走って、米を背負って帰宅しました。

でかした、でかした!

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:中高生の親 - ジャンル:学校・教育

【2010/10/19 19:56】 | boys&girls
トラックバック(0) |
南房総で、千倉の海辺を歩いていた時に、こんな雲を見ました。

千倉の雲

この数時間後に、福島だったか・・・地震がありました。
これって・・・地震雲・・・?

それから、この砂浜を歩いていった先で、私と妹は黒く大きな物体を見ました。
近づいてみて見ると・・・それは、ウミガメでした。
裏返しになって、力尽きたカメでした。
大きな大きなカメでした。

当たり前ですが・・・この海は、太平洋につながっているという実感を感じた瞬間でした。
このカメは、この水平線の先から来たのでしょう。
何のために?
産卵・・・?
今の季節に?
こんな所で・・・?
それとも・・・ただ迷い込んだのでしょうか・・・?

千倉は、房総半島の先にあります。
どちかといえば・・・外海なんでしょうか・・・・?
こんな大きなカメが、泳いでいるんですね・・・。

妹は、かわいそうで写真は撮れないといいました。
だから、映像はありません。

でも、その姿は強く心に残りました。

FC2blog テーマ:旅先の風景 - ジャンル:旅行

【2010/10/19 19:53】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
8月以降、なにやら我が家を取り巻く環境に、大きな変化が起こっている。
予測できた問題と予想もしていなかった問題・・・今のところ戸惑いばかりだ。
この変化が良い方向にいくのか、逆なのか、あるいは影響はほとんどなく済まされるのか・・・

まだ、結果を急いではいけない。
結果が、あきらかになるのは先の事だ。
ただ結果が出てからで、舵取りが間に合うかが問題。

今はただ、目の前にある事にベストを尽くすほかは無い。


FC2blog テーマ:頑張れ自分! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/10/12 00:36】 | 未分類
トラックバック(0) |
久しぶりにメールをチェックしたら・・・あれれ、息子のラグビー部時代の友人の父親からメールが来ていた。
・・・・?

写真のお礼だった。

あまりに驚いて、返信するのを忘れていました・・・

との一文。

なんだったっけ・・・?

あ・・・文化祭のだ。
文化祭で友人の姿を撮って、それを見たいと言う友人の母に送る約束をしていた。
彼女は機械がダメなので、彼女の夫・・つまり友人のパパに送ったのだった。


その写真というのは・・・

現在もラグビー部でバリバリのフォワード、身長180はある彼の・・・文化祭での活躍。

クラスのイベントは『メイドカフェ』彼の可憐なメイド服姿でした。


もうっ、パパのアドレスに送ってというなら・・・ちゃんと連絡しておいてよ!

し~らない・・・


ちなみに、息子の親友も「イケメンの女装ファッションショー」で、可憐な婦警スタイルでした。
彼が「逮捕しちゃうぞっとポーズをとると、前列の男子が「自首しま~すとか「逮捕してーーーっと叫んでましたわ。

息子のクラスは縁日で、息子は仏頂面で射的の係りでしたが・・・接客業には向かないようだ。
笑顔どころか・・・不機嫌にみえた・・・

まぁ・・・今年も楽しかったようだからいいか・・・

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:中高生の親 - ジャンル:学校・教育

【2010/10/10 16:16】 | boys&girls
トラックバック(0) |
男子高校生が、彼女を守って殺された。
このニュースは、同じ高校生を持つ私にはショックだった。

彼女を守って亡くなったという事で、彼を英雄とするようなコメントもある。
「ある意味、この男の子は偉かったね。」と息子もポツリと言った。
けれど・・・何か嫌だ。
「だけどさ、二人で助かる事はできなかったのか・・・残念でならないわ!」と息子に反論した。


だって、彼だって・・・そんな名誉より彼女とずっと年を重ねてゆく平凡な毎日を望んでいたと思うから。

わが身を犠牲にして愛する彼女を守った男子高校生・・・そんな美談で終わらせないで。
彼と彼女にあったはずの平凡な日々が失われたという事の重さを、決して忘れないで欲しい。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:中高生の親 - ジャンル:学校・教育

【2010/10/10 15:57】 | boys&girls
トラックバック(0) |
仕事場に行くと、夫が夜中に長女からメールが来たと言った。
コテコテのデコレーションメールで、「お誕生日おめでとう」メールだった。
受信は、夜中の3時頃。
夫は、その夜も仕事をしていたのだが、何があったのかと驚いたという。

私はため息をついた。
「夜中の3時に・・・あの子は起きてたのね?」
彼女は、仕事という悩みを抱えている。
転職活動は、難航している。
思うように行かない毎日は、こんな時代もあるのだろうけど・・・・夜更かししていたら、生活に響く。
そんな私の様子を見た夫は、言った。
「俺は、『かわいいな』と思ったよ。幼かった頃の長女を思い出し、懐かしい気持ちになった。」
いろいろ悩んでいるのだろうけど、それで同居している母親はイライラする事もあるだろうけど。
それでも、あと何年一緒に暮らせるかわからない子供たち。
永遠なんて、どこにも無いのだ。
一緒にいられる時は、楽しく過ごそうじゃないか。
幼かった長女には、もう二度と会えない。
今だって、後から思ったら同じ事なんだ。
今こうして一緒にいられる事を、楽しもうじゃないか。

夫は、そんな事を言って、笑った。

私は、夫の顔をまじまじと見た。
この人の隣にいられた事で、私はずいぶん救われたのだろう。
長女の受難は、私達にも大きな影響を与えている。
けれど、共にこの苦労を乗り越える事で、また家族としての絆が強くなるのかもしれない。

今日を共に過ごせる事に、感謝しよう。
きっと、夜明けは近い・・・

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:子育て - ジャンル:育児

【2010/10/09 09:37】 | boys&girls
トラックバック(0) |
忘れていました国勢調査!
あわててインターネットで提出したけど、楽だったかなぁ。

他にも、仕事の書類で提出を忘れていたのがあった!
う~ん、あせるぅ~!!

FC2blog テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/10/09 08:43】 | 生活
トラックバック(0) |
「さざなみ」で、南房総へ。
車窓から真っ赤な彼岸花が幾度も目に入りました。
今年は、暑かったせいか開花が遅れたのかもしれません。
母を窓際に座らせました。
広い窓から外を眺めていた母は、突然広がった海に目を輝かせました。
「海よ!」
母は、小さな女の子のように声を上げました。
そしてトンネルに入る度に、がっかりしました。
そんな母の様子に、この旅を提案した妹は嬉しそうに微笑みました。
母の荷物は、小さなバッグを除いて、全て妹が持っていました。
私は引率であり切符やホテルの対応をしていたので、妹が母の身の回りを注意していました。
姉妹というのは、こういう時に自然と役割分担するものです。

館山の駅で、鳥の声がしました。
都会ですっかり心が汚れている私は、駅のホームでスピーカーを探していました。
スピーカーは見つけられず、私と妹は野鳥の声なのか、録音されたものなのか判断がつきませんでした。
母はそんな私達姉妹に
「あれは・・・鳥の声よ。」と微笑みました。
・・・それは、わかってるんだけど・・・と二人で笑いました。
近くにいたカップルが、そんな私達に肩を震わせて笑いをこらえていたと、後で妹に聞きました。
あれは・・・どっちなのか、ついに駅員に聞く事もできませんでした。

館山駅1

館山駅2

館山駅は、出口の反対側では雰囲気が違いました。

私達が予約したホテルは、千倉にありました。
そこで乗り換えになりましたが、階段がつらい母には駅にあるエレベーターがありがたかったです。
母を連れてはじめて感じたバリアフリーの必要性です。
千倉駅には、エレベーターは無く、ゆっくりと階段を登ってもらいました。
その階段も、駅の階段と言うより・・・歩道橋のようで屋根もありません。
お天気に恵まれた事に感謝しました。

千倉駅は、可愛い駅でした。
レンタル自転車がありました。
妹夫婦は利用した事があると言いますが、妹自身は気乗りがしない企画で疲れたようでした。
私はちょっと興味はあったけれど、今回は母がいるので論外です。
送迎バスで、ホテルまで3分ほどで着きました。

ホテルは「夢みさき」。
女性をターゲットにしたようなイメージがあったし、花好きの母には喜んでもらえると思い決めました。
可愛らしいホテルで、アロマでしょうか良い香りがしていました。
道を挟んだ反対側は海です。
妹の願いどおりのオーシャンビューで、母も上機嫌でした。
私達姉妹は、海岸を散歩しましたが、母は窓際から手を振って来ませんでした。
千倉は外海なのか、波が荒く感じました。
波の音は、ホテルの部屋からも聞こえるくらいです。
夕食前にお風呂へ行きました。
お風呂が充実していたし、私達姉妹はサウナもいれて10種類のお風呂に浸かりました。
もちろん、母は先に戻り、お部屋でくつろいでいました。
お部屋で食事となると、予算オーバーなので、レストランのプランでした。
私と妹は温泉でメイクも落としてスッピンで行こうとしたのに対し、母は化粧直しを始めました。
それを私達姉妹は眺めつつ、結局スッピンで行きました。
レストランは同じフロアなので、母にとっては好都合でした。
食事も食べきれないくらいで、私と妹はビールとワイン。
母も、巨峰のワインを飲みました。

翌朝、妹と早朝のお風呂に入り、着替えて朝焼けの中海へ。

千倉の海

母は、とうとう一度も海岸を散歩せず、窓の中から手を振っていました。
部屋に戻ると、朝刊を読んでいました。

80過ぎても、人前では化粧をし、ちゃんと朝刊を読む母。
私達姉妹は、そんな母の姿が嬉しかったのです。
妹と二人で、露天風呂に入りながら、連れて来て良かったとしみじみ思いました。
風呂場には、アロエ塩がありました。
私が使い、妹にもすすめました。
風呂に4回も入ったせいかアロエ塩のせいか、翌日はお肌がすごく調子良かったので、妹は売店にあったのなら買っても良かったと帰り道でつぶやいたほどでした。

また、行こうね。
今度は、「わかしお」に乗りましょうか・・・

FC2blog テーマ:温泉旅行 - ジャンル:旅行

【2010/10/09 01:00】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
最後に登山バスについて書きます。
ガラスの森美術館から、私達は登山バスで強羅を目指しました。
本当は、湯元まで行ってしまう事も考えたのですが、登山鉄道にもう一度乗りたいという希望が多く、強羅としました。
強羅で降りると、長女が完全にバス酔いしており、強羅で休む事になりました。
もともと車酔いはする子でしたが、大人になって大丈夫かと思ったのですが、やはり山道は厳しかったようです。
状況から、彼女が箱根湯元まではもたなかったと思われ、強羅までとして余裕を持った移動をしており正解でした。
こもれび坂辺りの林道は、その名にふさわしく木漏れ日が美しく、登山バスも楽しいかと思ったけれど、車酔いをする人には、ちょっとつらいようです。
ご注意を。

FC2blog テーマ:箱根 - ジャンル:旅行

【2010/10/08 23:56】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
私が不在の我が家。
夫は、牛丼を買って晩御飯に届けたらしい。
次女は、夜中の間スカイプをし、翌朝あわててバイトに行ったという。
長男は、さっさと寝たという。
どいつもこいつも・・・やりたい放題。
以上、長女の報告。

続いて彼女は、こう付け加えた。
「ママがいなくて・・・寂しかったよぉおおおっ私に一人暮らしは無理だわ

・・・かわいいっ

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/10/04 14:14】 | boys&girls
トラックバック(0) |
箱根旅行の目的に「星の王子様ミュージアム」があった。
子供が小さい時に、寝る前に少しずつ読み聞かせていた。
自分達でも読んでいた馴染みの「王子様」。
長女は、大学時代にゼミ合宿を近くでしていたのに、教授の許可が無くて行けなかった。
次女は、高校時代に企画があったものの「ガラスの森美術館」に決まってしまい、行けなかった。
そんな訳で、念願の場所。

綺麗なヨーロピアン・ガーデン。
サン=テグジュペリの生涯を説明しながら、「星の王子様」がどのような中で生まれたかを楽しく学べる。
そして、「王子様」グッズ!
たっぷりと時間をかけて回った。
女の子がいたら、文句なしに行かれる事をすすめる。
ガーデン好きの方も、どうぞ!

星の王子様ミュージアム

続いて、「ガラスの森美術館」へ。
こちらもまた素晴らしいお庭と、きらきら光るガラスが青空に映えて美しかった。

ガラスの森美術館

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:旅行、旅、ドライブ - ジャンル:旅行

【2010/10/04 13:50】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。