存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝方の地震に、びびりながらも旅行のプランをつめる。
実家では、滞在時間が不明だ。
滞在時間を長引かせたい姑と、体調不良の舅。
墓参りに注文をつける姑の要求もある。
ここは、開き直って考える。

結果、中途半端な時間を細切れに作るより、まとめて楽しみたい。
予定を大幅に修正。
初日は、墓参りはせず真っ直ぐ銀山温泉へ。
山形や仙台駅周辺で時間をつぶすより、銀山温泉での時間をとろうと決心。
早々に銀山温泉について、周りを散策。
銀坑洞や滝や神社など、雪深い冬には通行止めだった場所を散策。
なんだか涼しそうな天気予報だし、のんびり自然を満喫。
ガス燈が灯りはじめる黄昏時は、川風に吹かれながら温泉街のお店をのぞく。
子供達は、自由行動にして、各自好きなお店に寄りこんで、お土産を買う時間。
夕食はお部屋なので、ゆっくりできる。
翌日は、旅館の送迎バスで駅に向かって、大石田から山形へ。
墓参りを済ませてから、仙台へ。
山形の墓には、松を供えるのが風習と指示される。
あまりに暑いから、生花はすぐダメになるかららしい。
でも、関東人の私は、生花も飾るつもり。
仙台山形間は、バスと仙山線があるが、私は断然仙山線派。
だって長女はバス酔いでげろげろ娘になっちゃうし、仙山線の景色はすばらしい。
またまた「山寺」は、車窓から見るだけになるけど。
松尾芭蕉が詠んだように、蝉時雨がすごい頃だろう。

食事は、実家では取らない予定。
だから、しっかり牛タンのお店を調べておく。

ふふふ、嫁も20年以上もたったら、へこたれないわよ!
滞在時間が短いと不満そうにされたって、文句を言い出したのはあちらだし・・・。

初日のチケットを変更したり、今日もばたばた。
でも・・・ここだけの話だけど、この夫の親戚に馴染めない息子は、滞在時間が短くて内心ホッとしているかも。
泊まらず帰宅できる私もラッキー!
ただ無理して3日間の休みをとった長女は、「ちょっとぉ、それなら別な温泉に、もう一泊しようよぉ!」と怒っている。
泊まれない妹弟の分も、無理して泊まろうと頑張ったのに、門前払いみたいで不愉快だったかも。
あ~ぁ、これでまた印象が悪くなったかも。

まっ、いっか。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:家族旅行 - ジャンル:旅行

【2011/07/31 19:02】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |

cookieさんへ
真昼
な~るほど。それで言ったら我が家は「嫁女優」と「孫女優」と「孫俳優」で頑張りました!


cookie
今日の新聞に「嫁女優」という言葉が載っていました。
夫の実家では女優として演じるのだそう。
こうゆうのって、いつの時代のどこの家庭も同じなんでしょうねぇ。
お墓参りにかこつけた旅行だっていいじゃない♪
ご先祖様も、楽しそうな子孫を見る方が安心するって!(*^m^)
(うちは6年ぐらい帰ってない(^_^;)・・・大丈夫なのかなぁ?)

コメントを閉じる▲
夫の実家に、家族揃ってやっと行けると連絡したら・・・・。
義父が「体調が悪いし、疲れるから来るな!」と暴れてしまって・・・。
どうやら、自分が健康面がすぐれないから、息子一家が来ると誤解したらしい。
「おれは、まだ生きてるからっ!!」と怒り爆発・・・?
高齢になると、そんなふうに考えてしまうという事まで、配慮しなくてはいけなかったのね?

人生に無駄な事はないと実感。
以前なら、もうその時点でショックで数日は引きずる事件だったけど、コールセンターの経験で根気強く語りかけた。
誤解であると言う事、体に負担をかけさせないように顔を見せるだけにすると義母に提案。
一家5人で、それなりの予算をはたいて親孝行をするつもりが、とんだ誤算に下がるテンション。
それまで、孫に会っていないとさんざんプレッシャーかけられていて、やっと都合をつけたら誤解で叱られるというこの展開。
子供は楽しいイベントの無い、祖父母宅への弾丸ツアーじゃ乗ってこない。
だから山形観光を提案して旅館もとって企画して、なんとか休みも合わせるためにみんなで努力して・・・。
でも、そんな事は義父母には言えない。
過去に「他所に行く時間が有るなら、こっちに早く来い!」という感じで姑に叱られた記憶があったからだ。
山形観光の帰りによるなんて言ったら、姑の機嫌をどれだけ損ねるかと危惧したが、まだその方がましと山形ツアーを告白。
完全な義父の誤解と説明。
後は、義父母の返事待ちとなった。

実はこの類のもめ事は、珍しくない。
姑の息子達に対するヤキモチと干渉は、ハンパないからだ。
そのためか、息子達は秘密主義になる。
マザコンではない。
母親が、子離れできないというべきだったかもしれない。
でももう、姑も80代だし・・・大丈夫?気にしすぎ?

自由人の夫は、この母親の干渉をとても用心していた。
ところが今回は、裏目に出た。


私と夫の2人の説得、それと姑は息子と孫に会いたいのだから、姑が舅に必死の説明。
どうにか3人で協力し、舅の誤解もとけた。
夫は「これだから・・・」と自分の親のめんどくささを愚痴るけど・・・私は言えないわ義理だから。
自分が言う分はいいけど、人に言われたら腹が立つのが親子ってもんだからね。
くわばらくわばら・・・。

今私は、せっかく手配した新幹線の帰りのチケットの変更手続きをネットでした。
3日間は休めない二女と息子は先に帰し、長女と私達夫婦が実家に泊まる手配をしていたが、全員で泊まらず帰宅する事にした。

今日、「『そろそろ疲れたから帰れ。』と言われないうちに、お暇いたしますから。」と姑に言った時に、「『帰れ』と言われるまではいたらいいさ!」と言われた。

お願いだから、「やっぱり泊まれ!」と言い出さないでね。
怖いから指定席はやめて、自由席にしておいたけど・・・。
・・・何時の新幹線に乗れるのか・・・不安・・・

どうなるっ?!私達!!

FC2blog テーマ:嫁・姑問題!? - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/07/30 22:49】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |

あろはさんへ
真昼
まぁ、実家に寄らなくていいなら、蔵王のお釜をみようかとか、立石寺にいこうかとか・・・いろいろ過ごし方はあるんですけどね。寄ると決まれば「何時にくるんだ?」攻撃です。どうしたいんでしょうねぇ・・・。

あらら・・・
あろは
そんな展開になっていたのですね~。
親孝行のつもりがなんだか行く前からテンション下がりそう。
でも、せっかくだから楽しんできたらいいと思うわよ!
5人がそろうなんてめったにないことだものね。

コメントを閉じる▲
「この子が、この世に存在しているだけで嬉しい。」
そうどんな母親でも、出産直後に思ったはず。
けれど年月がたつうちに、そんな思いは忘れてしまって・・・。

でも長い母親生活の中で、「この子が、存在しているだけで嬉しい!」と再び思える瞬間が、確かにあるのです。

どんな愚かな母親でも、そう思える瞬間が、確かにあるのです。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/07/26 23:57】 | boys&girls
トラックバック(0) |

cookieさんへ
真昼
そうなのです。子供を持った事で、失った事もあるかもしれないけど、それよりもはるかに子供によって与えてもらった事の方が多い事を、忘れないようにしたいと思うのです。「私が母親で、ごめんね。」と時々思うほど自己嫌悪の夜もあるけど・・・i-229


cookie
同感です。
なので、虐待とかのニュースを見ると、余計に哀しくなってしまいますね (ノд-。)



コメントを閉じる▲
本日(もう昨日?)の私にとって、一番の嬉しかった事。
仕事仲間の一人に、女優に似ていると言われた事。
その友人をはじめて見た時に、私は「壇ふみさん」がいる!と思った。
そう、以前に書いたかもしれませんが、「若い頃の壇ふみさん」と「若い頃の見城美枝子さん」を思わせる日本的な知的美人。
その彼女に「ねぇ、吹雪ジュンに似てるって言われた事ない?」って聞かれたこと。
もちろん「若い頃の吹雪さん」って事で。
当然「ありません」。
かつて、その名前は出た事が無い。
でも、化粧品のコマーシャルに出るような素敵な美人だし、年齢を感じさせない美しさ!
悪い気はしない。
これが、本日の私の最高の褒め言葉だ。

でも・・・有名人に似てると言われるのも、年齢と共に変わるのかも知れない。
若い頃は言われなかった名前が出る。
甥が「松たか子に似ている」と言ったと聞いた時は「山崎のパン」をプレゼントしようかと思ったけど、あきらかに髪型だと思うし、子供のたわごとだった。
PTAのパパに「宮崎美子に似てる」といわれた時も、「ありえない」と思った。
美しい女優さんに似ていると言われても、どれも初耳であり傾向もない。

しかし納得がいかないのは、その壇ふみさんが若い頃に似ていると言われたのが「いるか」だという事。
もちろん、海にいる海豚ではなく「なごり雪」を歌っていたいるかさんだ。
「当時、私今よりふっくらしていたから・・・。」と言うが、理解に苦しむ。

彼女は私の中では、20年くらい前にNHKのドラマ「日本の面影」で「小泉八雲」の話に妻役で出演していた頃の壇ふみさん!
育ちが良さそうで知的で、おっとりとしていて・・・。

さて、ふみさんの言葉で、ちょっと元気が出たところで、私がおばあちゃんになった時に、かわいいおばあちゃん女優に似ていると言われるように、がんばろうっと。


・・・でも、どれもこれも似てるとは思えないなぁ・・・
やっぱり・・・髪型?

FC2blog テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

【2011/07/26 00:59】 | お仕事
トラックバック(0) |

cookieさんへ
真昼
残念ながら、どなたにもさっぱり似てないんですよ。
子供が聞いたら、悪い冗談だと思うでしょうね。
サインを求められるなんて、すごい!
でも・・・誰に間違われたのか気になりますね~。


cookie
うん?吹雪さんに松さんに宮崎さん?
どなたも見目は可愛いけれど凛としている感じですよね。
という事は、真昼さんはそんな雰囲気があるのかしら?(=^▽^=)

私はむか~し、芸能人に間違われて(?)サインを求められそうになったけど・・・いったい誰と間違われたのかなぁ?
未だに謎です(*^m^)

コメントを閉じる▲
最近、我が家の冷蔵庫に可愛いペットが住みついている。
それがFridgeezoo、のアザラシ坊や。
冷蔵庫を開ける度に、おしゃべりする。
でも開けっ放しにしていると・・・
「暑いよぉ~」「とけちゃうよぉ~」「早く閉めて!」と叱られる。

私がよく、子供達に「早く閉めなさい」と言っていたが、無視されていた。
しかし、この坊やは言い続ける。
結果的に、みんな早く閉めようとする。
私ですら、叱られる。
意外とみんな、開けている時間が長かったのだとわかる。

息子は始め、うるさがっていた(叱られるからだろう)。
しかし、風呂上りの彼が開けた時に「今日もご苦労様。」と言われ、うかつにもニヤッとしてしまったのを私は見ていた。

他にも、いろいろな動物がいて、それぞれキャラクターが違うようだけど、我が家ではこの坊やでよかった。
こっそり冷蔵庫に忍ばせた二女の、ナイスプレーってところだ。

ちなみに、みんな気づけば会話をしている。

「今日もご苦労様。」と言われ「ありがとう!」と長女が癒されていた。
「何探しているの?」と言われ「ジュース。」と夫。
「ヤッホー」と言われ「ヤッホー」と二女。

夜中に誰かが冷蔵庫を開けると、しっかり私にわかっちゃうのだ。

FC2blog テーマ:節約生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/07/21 21:53】 | エプロン通信
トラックバック(0) |
先日、子供の友人のママ達とランチをした。
吉祥寺で沖縄そばを食べてみた。
息子が沖縄に行った時に、沖縄そばの感想を聞いたけど、いまいちわからなかった。
「母ちゃんの考えているような味じゃないと思うよ。」
沖縄というだけで、なんだか興味があった。
食べてみた。
沖縄そば
う~ん。
なるほど。

FC2blog テーマ:こんなの食べてみた - ジャンル:グルメ

【2011/07/20 16:19】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
先日の休みは、洗面台の排水が悪くなっていたので、それで半日戦った。
はじめスポンスポンという名前は知らないけれど吸盤みたいなもので、バコバコとやってみた。
あまり改善しない。
そこで洗面台の下を開ける。
洗剤や漂白剤など洗物用品、コンタクトやアイボンやシャンプーなど洗面用品が、所狭しと押し込められている。
ここにS字になっている排水のパイプがある。
これを外すのは気がすすまない。
まず狭い中に入り込んでの作業だし、以前接続がうまくいかなくて苦労したからだ。
うまくいかないと、そこから水が漏る。
まぁ、最悪の事態になった記憶があった。
ためらうが、この際仕方ない。
S字を外す、以前はなぜか割り箸が入っていた。
それに髪の毛など付着して、詰まったのだ。
排水が悪くなると、我が家の家族達は排水溝の中栓を外してしまう。
中栓の掃除は、してくれない。
外してしまえば、かなり大きいものも流れてしまう。
そんなトラブルに見舞われた誰かが、割り箸を突っ込み・・・落としたのだろうか?
今となってはわからないが、今回は無かった。
パイプの中は、コレストロールなみに汚れが付着しており、歯ブラシで掃除。
もう一度つけてみる。
洗面台に水をはり、流してみる。
・・・ほら、繋ぎ目から水が漏る。
何回も挑戦し、やっと水は漏れる事無く接続完了。
しかし、水の流れは悪い。
しばし考え、パイプユニッシュなる、パイプ詰まり用の液体を試す事に。
流し込んで、しばし待つ。
コレは、効いたようだ。
さて、また洗面台の下に出したものをぶち込んで終了。
よたよたとキッチンにもどると、息子の元気な声。
「母ちゃん、昼飯は?」
・・・母親業がまっていた。

世間では、このような水周りのトラブルは男子がやってくれたりするのだろうか?
羨ましいかぎりだ。

さて、本日は地デジ問題。
地デジチューナー入りのブルーレイレコーダーで、解決したつもりだったが。
ある朝私は考えた。
ケチってダブルチューナーではない安物に飛びついた私。
もう一台地デジ対応のDVDレコーダーがあるし、ダブルチューナーで無くていいと判断。
しかし、気づいた。
ダブルチューナーではないという事は、録画中は他の番組を見られない。
うざったいカウントダウンが左下に表示され、私をイラただせる。

しかたなくチューナーを5000円弱で購入し、さっき取り付けた。

世間では、このての問題も男子が解決してくれるらしい。
羨ましい限りである。


子供達が小さかった頃、私は「機械係り」。
夫は「生きもの係り」だった。
子供が大きくなり、もうカブトムシもドジョウもいない。

選択を間違えたか?
いやいや、自分でできるからこそストレスが少ないのだ。
人に用事を頼まないと解決できないというのも辛い。

必要にならなければ、人は動かない。
私達夫婦の役割は、必要性から発生したのだろう。

FC2blog テーマ:旦那さんのこと。 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/07/20 10:45】 | 夫婦の風景
トラックバック(0) |
久しぶりに夫と近くの公園で行われる「ホタルの夕べ」という、ホタル観賞に行った。
大きな箱の中で、ホタルを観賞するのだけど、すごい行列だった。
最後尾は公園の外に続いていた。
公園内は、足元に少し明かりがあったけど、暗くなっていた。
列は公園内を、テーマパーク並みにぐちゃぐちゃと曲がりながら続いていた。
すると前のアベックが、イチャイチャしはじめた。
まぁ、仕方ないとあきらめていたが・・・。

いざ、ホタル舎に入る時に、係りの方が「光るものはしまってください」と言っていた。
後ろにいた小学生は、持っていた暗闇で光る腕輪みたいなものをバックに入れていた。
待ち時間に大騒ぎしていたけれど、マナーに対しては素直に従うのがほほえましかった。
暗闇で、ホタルは天井に止まっていて、なんだか星空的な感じだったけど、時々ふわっと飛んでいるものもいた。
ところが、光があたって見えなくなってしまうのだ。
なんだろうと思うと、なんとアベックの彼女が、携帯?スマートフォンかな?とにかく写メかムービーを撮ろうとし始めた。
そのライトがホタルに当たり、せっかくの暗闇が台無しになってしまっている。
「うまく撮れないぃ~。」なんて甘ったれた声で彼氏に言っているけど、バカじゃないかと思った。
うまく撮れないのは、あなたのライトのせいだろうがっ!!
彼氏も、注意しないのか?!

以前はこんな事はなかった。
たぶん、携帯保有者が少なかったからだろう。
アベックがイチャイチャするのは、私は見なければいいんだから許すけれど、他の人がホタルを見る機会を奪った事は許せない!
それが、ごくごく普通の若いカップルだった事に、残念!!


こんな事に、憤慨するのは・・・私がオバサンになったって事?
若い子だったら、許しちゃうの?
こんな子が母親になったら、どうなっちゃうの?
こんな大人を、子供達はどう見ているんだろうか?

・・・残念!

やっぱりホタルは、そっと自然の中でまったり見たいと思う。

FC2blog テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

【2011/07/19 15:39】 | 夫婦の風景
トラックバック(0) |
母と妹との女子会で行った鬼怒川温泉。
昨日、南栃木で地震があった。
母と行っていた時じゃなくてよかった!

母に、防災用のヘルメットを買っていたが送っていなかった。
やはり、早く送ろう。

あわてて家から飛び出して、瓦が降ってきたらたいへんだもの!

FC2blog テーマ:地震 - ジャンル:ライフ

【2011/07/16 23:12】 | 母&義父母
トラックバック(0) |
最近仕事の合間に、母に電話をする。
熱中症の心配があるからだ。

今日なかなか電話に出なかったから、何していたか聞くと・・・
「裏の草取りをしていた。」と言う。
家の日陰だから大丈夫だと言ったが・・・おいおい、昼の1時半だよ・・・!

全く油断できない!
草なんか伸びたっていいのよ。
冬になったら、勝手に枯れるんだから!


FC2blog テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

【2011/07/15 01:08】 | 母&義父母
トラックバック(0) |
関東より北にあれば、その土地はきっと涼しい。
深く考えもしないと、関東の人間はそう思う。
・・・けれど、山形は暑い!
ネットで、気温を調べてみたけれど、暑い暑い!
だからこそ、美味しい果物ができるという事を理解するわけだけれど・・・。
この事を、関東・・・というか都心育ちの我が家の子供達は気づくまい。
100%言える事だが、避暑地ではないようだ。

名物の「冷やしラーメン」で勘弁してもらおう。
・・・って、私も夫も食べた事が無いけど。

FC2blog テーマ:旅情報を集めよう - ジャンル:旅行

【2011/07/15 00:58】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
蛍の便りを最近耳にする。
私は蛍なんて、農薬ですっかり自然界では死に絶えたと思っていた。
でも、蛍の見られる観光地が話題になっている事を知った。
「蛍を見にいきたい。」と私が言うと、夫には理解してもらえないようだ。
彼は幼少期に、蛍を見ている。

「だってさ、イベントで見たじゃん。」
「ネットの中じゃダメなの。」
「ネットの中のほうが、いっぱいいて近くで見られたじゃん。」
「そういうんじゃないの。自然の中で飛ぶ蛍が見たいの。」
「それはさ、動物園でライオンを見るのじゃなくて、アフリカで見たいって事と同じ?」
「全然違う!っていうか、私はライオンは動物園でいい。私はライオンのご飯になりたくないから。」

彼にとってわかりやすい例えを探す。
「じゃぁ、あなたはトンボを虫カゴでみたい?」
「え・・・。」
「自然の中で、飛び回るトンボの方がいいでしょう?
 トンボの飛ぶ環境そのものも含めて、見たいって事なの。」

彼はやっと納得したようだったが・・・。
旅行の企画は、いつも私がたてる。
彼はいつだって、くっついてくるだけ。
だから行き先は、いつも私が決めている様なもの。
「もういいわよ。あなたは連れて行ってあげない。」
「え~っ、俺も行く!」


・・・という訳で、今年は無理だと思うけど、きっといつか蛍を見に行こうと思う。
文句を言いながら、私以上に彼が喜ぶのが目に浮かぶわ。

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2011/07/10 23:38】 | 夫婦の風景
トラックバック(0) |

cookieさんへ
真昼
・・・虫・・・!
確かに虫ですねぇ・・・。
でも、光を見たいんだから、それは忘れましょう!
私が旅行を計画するのは、他にしてくれる人がいないから。
「本気で欲しい物は、積極的に自分で取りにいかないと手に入らない」という事を教えてくれたのは夫ですi-241
でも、手間がかかった分だけ満足度もあるから、結果オーライです!


cookie
近場の公園で蛍を見られるそうなんですが、まだ一度も行った事がありません。
蛍・・・遠くから見ると幻想的できれいなのだけど・・・む、虫なんですよねぇ(^_^;)

真昼さん、えらいなぁ。
私には旅行の企画なんてムリ(乂д´)だわ~(お財布の管理も(ヾノ・∀・`)ムリムリだし~♪) 

コメントを閉じる▲
今年も夏が来ました。
真っ白な入道雲が出ていました。

私が100歳まで生きたとして、あとどれくらい夏をむかえるのだろう。
その残された夏のうちに、私が私であり体も自由が利くのは、何年だろう。
夫とふたりで健康に過ごせる夏を、1年でも長く過ごしたいと願う。

今年も、去年と同じ夏が来ました。
来年も、再来年も、きっと夏は来るでしょう。
でも、私の人生で○歳の夏は、今年しかありません。
夫婦が共に健康で迎える夏を、大切にしたい。

そう言うと、夫は寂しい事を言うと言った。
でもね・・・去年の夏に、来年も同じ夏が来ると信じていた人が、今年も同じ夏を過ごせるとは限らない。
そんなふうに思ってしまうのも、今年だからでしょうか・・・。

FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/07/10 23:13】 | 夫婦の風景
トラックバック(0) |
「家族旅行の記憶が無い!」
発端は、そんな末っ子の不満の一言だった。
親は「そんなことは無いでしょう?」と思い当たる観光地をあげてみたけれど・・・。
「母ちゃん、その時オレ生まれていたかよ!」と末っ子の息子。
「ねぇ、私いくつだった?」と二女。
・・・あれ?

意外な事に・・・というか、私が忘れていたのか・・・彼は生まれておらず、二女は幼過ぎ。
もっとも近いものは、闘病中の父の為に集まった旅行だった。
末っ子にも、かすかな記憶はあるが、ぼんやりしていたようで・・・。

第一子と末っ子の間が離れていると、上の子が受験や部活などでスケジュールが合わなくなった。
ただでさえドタキャン家族という汚名のある夫の仕事上、家族旅行は企画すら立てる事無く過ぎていった。
末っ子は、少年野球、ラグビー部と合宿と練習で夏が過ぎ、本人も家族旅行というイベントに気づくことが無かったようだった。
ある時、ふと友人との会話で、世間がそんなイベントで夏を過ごしている事に気づいた。

独身時代の私の最後の家族旅行は、福島だった。
父が、「子供達が就職したら家族旅行も難しくなる。」と言って、短大最後の夏休みに福島へ旅行した。
そして、私が急に結婚してしまい、ほんとうに最後の家族旅行になった。
猪苗代湖、野口英世の生家、会津城・・・。
私の「福島」という県のイメージは、その家族旅行だ。
今、原発で報道される福島の姿は、悲しい。

父がなぜ福島を選んだのかは、今はもう聞くことができない。
けれど、よい思い出だ。

そんな訳で、1年半前に伊豆に家族で出かけた。
1年前の夏休みには、息子は部活で行けず、彼を除いて4人で箱根に行った。

妹の家の2人の息子は、今春就職した。
2人の息子の休日は合わない。
可能性は、正月くらいになった。
末の娘は学生だけど、彼女の就職先によっては、お正月がわからない事に。
飼い犬もいるので、ペットホテルの手配など考えると、かなり難しくなってしまった。
今の妹の夢は、せめて夫婦2人でお泊りデートする事だ。

でも私は、どこかで1回でもいいから、家族旅行をしたらいいのにと思う。
夫婦2人旅は、今後企画をすればできなくも無いけれど、子供達は難しい。
全員でなくても、予定の合う子だけでも一緒に行ったらいいのではないかと。

あれ以来私達夫婦は、二女と3人で梅を見に。
長女と3人で、芝桜を見に行った。
そういう組み合わせも、考えてみたら初めてかもしれない。

いつでも出来ると思っているうちに、気づけば簡単には出来なくなってしまっていることがある。
家族旅行も、そうなのかもしれない。

・・・という訳で、今回の地震で被災した義父母の様子を見に行くという大義名分のもとに、家族旅行を企画しているわけなのだ。
大義名分は、祖父母のための帰省。
本当のところは、かこつけた南東北の旅。
これもまた、わずかですが被災地の応援になればと思っている。

あれこれ、理屈をならべてみたけれど、要するに今年も家族で旅行したいのだ!

FC2blog テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行

【2011/07/09 23:14】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |

cookieさんへ
真昼
な~んだ。みんなそうだったのね?近場で夫とデート、みんな同じだね~。


cookie
家族旅行・・・子供が小さい時はダンナが忙しく、ダンナに余裕が出来ると子供がクラブで忙しく・・・(-_-;)
仕方が無いので、今ダンナと二人で(ランチを求めて)ご近所巡りです(*^m^)



コメントを閉じる▲
駅について、お出迎えは「鬼怒太クン」
鬼怒太くん
寝転がっている鬼の前で、私も寝転んで写真を撮れたらウケルけど、母に怒られそうなので無難にパシャ
鬼怒川温泉
バイキングの晩御飯は、時間がながくゆっくり食べられるのだけど、母が待てそうもないので詰め込むだけ詰め込む事に!
母はテーブルにおいておき、私と妹が取りに行きました。
これは始めの一皿。
これから何回にも亘り取りに行きました。
母のために和食を沢山運んだのに、彼女はケーキやアイスやデザートばかり食べていたような・・・
期待していたチョコフォンデュには、興味なしの様子でした。
でも小さな子供には、大人気でした。
御苑のバイキング
夜は静かで、カエルの声を子守唄に、あっという間に寝てしまいました。
なぜって、私と妹は、早起きをして子供を送り出し電車に飛び乗って、実家の最寄り駅からタクシーで母を迎えに行き、そのままトンボガエリして鬼怒川に来たわけで、すごい遠回りになったから、疲れていたわけです。
大浴場と露天風呂も、しっかり入ったし、明け方の朝風呂ももちろん行きました。
006.jpg
朝食もバイキング!
これまた食べ過ぎました!
昨夜の食べすぎから、3人とも御粥を選んだけど、結局はパンも食べたしデザートも食べたし・・・
母はブルーベリーソースをかけたヨーグルトやフルーツを好んでたべてました。
なぜか洋食中心だったような、いつも和食だからかしら?
朝食バイキング
003 - コピー
その後、私達は母を実家に送り届け、ランチを食べてから帰宅しました。

私と妹の親孝行に協力してくれた家族に、感謝します!
また、よろしくね!

FC2blog テーマ:温泉旅行 - ジャンル:旅行

【2011/07/06 00:20】 | 夫婦の風景
トラックバック(0) |

cookieさんへ
真昼
親孝行の旅企画といいながら、費用は割り勘です。
母が受け取らないからです。
子供に費用の負担をさせたら、また連れて行ってもらう時に頼めないからと言われました。
でも、父が母を連れて行ったような高級な旅ではなく、リーズナブルな旅なので母は私の請求額が理解できないようです。
金額より、心意気で勝負です!
cookieさんは、ご主人か・・・お嬢様といかが?


cookie
楽しそう~♪ そして美味しそう~♪
うーん、私も誰かに連れて行ってもらいた~い!(笑)


コメントを閉じる▲
80代の母を電車で連れ出す事で、もっとも気を使うのが乗り換えです。
急いで行わなければならない降車や乗車は、母には負担です。
降車は、ドアの前で開くのを待つという事は、まだ電車が動いている間に移動する事になります。
これは危険です。
さりとて、降りそこなってもいけません。

今回利用したルートは、終点や始発駅だった事が、大変助かりました。
鬼怒川温泉駅は終点だから、ゆっくり降りる事ができたし、乗る時もかなり前にはホームに到着していたので、ゆっくり乗れて助かりました。
暑かったので、早めに駅についた後電車に乗ってクーラーのきいた中で発車を待つ事ができました。
電車は思ったより空いており、全て座っていけたのもありがたかったです。
余裕をもった乗り換えの待ち時間も、トイレ休憩や、飲み物を買ったりしていたら、たいして苦にならなかったものです。

ただ、私や妹にしたら、目の前を「会津行き」や「日光行き」の電車、「ワールドスクエア行き」「東照宮行き」のバス、ライン下りの看板の前を見ながら、ひたすらホテルに向かうのも、ちょっと残念でした。
それでも「今回の企画は、母のため」と、接待に徹したのです。
もし家族と行く事があったら、あれも行こう、これも行こうと、脳内観光でした。

ただ、駅から徒歩10分をなめていました。
10分でも、緩やかな坂道での暑い夏の日差しに、母は少し大変だったようです。
今後は、駅から5分以上なら、タクシーにしようと思いました。

当日も翌日も、母は足が痛いとは言わなかったので、とりあえずは良かったですけど。

普段は、車移動の妹も、車窓から見える景色に電車の旅の楽しさを少し理解してくれたようでした。

スペーシア

FC2blog テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

【2011/07/05 19:44】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |

cookieさんへ
真昼
ささやかな親孝行ですけどね~。


cookie
ステキな親孝行でしたね♪
お母様もさぞ喜ばれた事でしょう。

↓記事のコメントを見て
次女さん、司令塔だったんですね((´∀`))
能ある鷹は爪を隠してたんでしょうか?(笑)


コメントを閉じる▲
母と妹との女子会。
「鬼怒川温泉の鉄道の旅」行ってきました!
天気予報には、雨マーク。
梅雨時なんだから仕方ないと思っていた。
しかし夫は、「おまえは晴れ女だから、意外と降らないですむかも。」と言っていた。

3人のうちの誰かが日ごろの行いか良かったのか、私が「晴れ女」だったのか・・・。
降られませんでしたーーーーー!!

鬼怒太くん

↑証拠の写真。
お出迎えの鬼怒太くんに、影が写っているでしょう?

本日、鬼怒川から母を実家に送り届け、一緒にお昼ご飯を食べて、母の食品の買い物をし、夕方には帰宅しました!

夕方には帰宅するあたりが、私と妹の家族に対する「愛」と理解してください。
そうして私は、手抜きのカレーライスという晩御飯をつくり、息子のシャツにアイロンをかけ、最低限の義務を果たしました!
もう、ゼンマイが切れ掛かってますぅ・・・

妹と私の親孝行の奮闘記?は、また後で!

FC2blog テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

【2011/07/03 21:37】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |

あろはさんへ
真昼
とりあえず、任務完了です!

お疲れ様でした♪
あろは
すべてがスムーズに運び何よりでしたね。
一番心配だったお天気もすっかり晴れてしまって・・・
やっぱりツキがあるのでしょうか?(笑)
次回のプランも楽しみにしていま~す。

コメントを閉じる▲
二女は、仕事帰りも遅く、休日は友人と遊んでまったく身の回りの事をしない。
彼女が仕事で着る服を、私は気にしているが彼女はしていない。
きっと母親である私が、ちゃんと絶やさず洗ってくれると信じているようだ。
けれど私も暇じゃない。
彼女が友人達と、夜な夜な遊び歩く時間を優先され、一切の事をしないなら私にも考えるところがある。
息子は高校生。
こいつは私の管理下にいる。
親として私達夫婦が扶養している。
だからちゃんと衣食住と高校生活において、バックアップしている。
けれど、娘達はすでに親の管理下から外れており、扶養の義務もなくなっている。
しかし、彼女達は自分の給料は、全て自分のために使っている。
最近長女は、少しずつだが繰越をしているようだ。
ここ数年の苦労から、貯金の必要性を感じているらしい。
ほんとうは食費くらいもらいたいところだが、長女の時にはじめはもらっていたが、その後のいろいろな事情があって、いつのまにか見逃している。
困っているのは、楽天家の二女。
「宵越しの金はもたねぇ!」とばかりにつかっているようだ。
洋服代や化粧品代、交際費(遊ぶお金)で、消えてしまっている。
その資金があるから、遊び歩けるのだ。
おまけに彼女の交際範囲の広い事広い事!
友人が多いのは、素晴らしい事だが、落ち着いて家にいない。
現金が足りなくなれば、クレジット。
おかげで引き落としの翌日は、寂しい口座残金。
完全な自転車操業状態になってませんか?

今朝、二女が仕事着をみてつぶやいた。
「洗おうと思って出すものの、いつも出かけちゃうから洗えないんだよね~。
 お母さんが洗っててくれないかなぁと思うんだけど、洗ってないんだよね・・・。」
私は言ってやった!
「あなたが休みの時に洗うと思うから、私は洗わないのよ。」

ほんの少しあなたの遊ぶ時間を削れば、できるでしょう?
それでも私は情け深いから、あなたのお弁当を息子と一緒に毎朝作っているだけありがたいと思ってよ。
アイボンやコンタクト関係にいたるまで、彼女しか利用しないものまで私が買って補充している。
これらは、家族と共用していないのだから、自分で買ったらどう?

家族の分までえとは言わなくても、自分の事くらい自分で管理しようね!

「自由」と「責任」は、常にセットなのよ。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/07/01 09:14】 | boys&girls
トラックバック(0) |

cookieさんへ
真昼
私が不在中に、さぞかし恐ろしい事になっているだろうと思ったら・・・。
食器も衣類も、全て洗ってあった。
二女のメモ書きで、長女に洗濯物を干すように、息子に食器を洗うように指示している事がわかった。
二女は洗濯機を回すまではやったが、全て干す事が出社前でできなかったようだ。
私の留守中の司令塔は、二女だったらしい。
そう・・・彼女はやればできる子なんです・・・。
「いつも、やる気になってくれないものか」と思いつつ、いざとなればできるなら、それはそれでよいのでは?と思う私がいるのです。


cookie
ハハ(^_^;) 我が家のちょいと先の未来を見ているようです。
ウチの娘は、完璧に次女さん寄りですわ。
自由だけの生き方をしている我が家の娘・・・もしかしたら、次女さんの上手をいくかも・・・(-_-;)


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。