存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、隕石がロシアに落ち、小惑星が接近する数時間前の夫婦の会話です。
天文学者の計算が間違えていたら?という私の問いかけに、夫が「その時は、あなたと一緒に滅びよう。」
次女は、「なんなの?その後ろ向きな発言は」と笑った。

私達親は、人類最後の時に、家族と共に滅びようと思っても、子供達はそれそれの恋人と滅びようと思うのかもしれない。
誰かの父や母になったり、親以上に大切に思う誰かができたりしてね。
それを、受け入れないといけない日がくるんだろうね。

とりあえず私には、一緒に滅びようと言ってくれるダンナがいるので、大切にしたいと思う今日この頃でした




先日、ママ友の会で飲みました。
子供達は、大学1年が過ぎようとしています。

一人のママが、息子の事で悩みを話し出しました。
たった1年前は、それでもまだ無邪気に部活に騒いでいた息子達。
大学に入学し、母達にはすっかり知らない世界を作り始めています。
自由を謳歌している息子に、少し心配な母達です。

帰宅してから、そんな彼女に送ったメールが、先ほどの隕石の落ちた夜の話です。

私達と今の彼らの時代は、違います。
私達の頃とは違う価値観でいます。
大人としての自由はあるのに、大人としての責任が取れない中途半端な時代です。
その危うさが、大人にとっては不安でならない。
繁華街では、酔った女子学生。
「オール」という言葉は、「夜遊び」という言葉と違い、どこかカッコよく罪の意識はない。
「嫁入り前の娘」などは、すでに死語。
親が必死で頑張って稼いだお金が、こんな事に使っているなんて考えたくは無い。

しかし、自分もまたあの頃に、親の気持ちなどを考えていただろうか?
時代が違うから、彼らとはまた違う学生時代を過ごしていたけれど、もっと慎ましく地味だったけれど・・・。


中島みゆきの「ホームにて」に泣いた夜。
帰りたくても帰れなかった長い夜。
長い休みにホームで迎えてくれた母の姿、休みが終わり母の見送りで東京に戻る時の母を思い出す。
ホームで小さくなってゆく母の姿に、ほんの少し寂しく思っても、車窓から都会の街が見えてくれば心は友人との再会に弾んだ。

学生を終えたその後も、私は辛くなるとホームで小さくなってゆく母の姿を思い出した。
たとえ辛くても、私には母がいる。
母は、いつも待っていてくれるのだ。

今、老いた母を思う。
あなたのお蔭で、私の今はあります。
けれども、私はあなたが私を思う以上に、あなたの事を思っただろうか?
恋をして結婚をして母となって、家庭を守り私なりに生きてきました。
私があなたの事を思っていなかった時も、あなたはいつでもあの故郷のホームにいたのでしょう。

親の深い愛は、とうてい返せそうにありません。
時代は変わっても、親の愛は不変と信じています。
これから私は、30年前の母を追うのでしょう。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2013/02/21 18:17】 | boys&girls
トラックバック(0) |

めるもさんへ
真昼
親から離れてしまったから、きっと親を思うのでしょうね。
近くにいたら見えないのかもしれません。
めるもさんが幸せでいる事こそ親の幸せとは、真実ではないでしょうか。
私も、きっと幸せになる!
若くして結婚してしまった私は、親に対してそう強く思ってました。
私の結婚が間違いではなかったと、親が思えたら安心してくれると。
親子に残された時間が、どれだけあるのかはわかりません。
1年に1回しか親に会わないとしたら、母が100歳まで生きても、17回しか会えません。
だから、会える時は会いたいと思います。
めるもさんも、素敵なダーリンでお母様も安心ですよ!

cookie117 さんへ
真昼
御無沙汰しています。
老後の保障として子供を育てるなら、その投資は割があわないと私は思います。
子供を育てる事で、あきらめた事も沢山あったはずです。
でもそれ以上に、幸せな気持ちをもらったのではないかとも思うのですが。
お母様との喧嘩は、ちょっとしたニュアンスの違いなんでしょうけれど。
たしかに、労働力として子供を必要とした時代もあったのでしょうけれど、はるか昔の事にように感じますよね。
私も年を取ったら心細くなって、そんなふううに思うのかもしれませんが・・・。
できるだけ、強がってみたいですね~。



めるも。
なんだか、泣けてくる話ですね・・。
私も彼を追って東京に出てくるときの母の心配そうに私を見送る姿が未だに目に焼き付いています。
そして、結局私は故郷で暮らすことは無くなってしまい、母に恩返しもできないまま過ごしています。
でも、ダーリンが言うには「君が幸せそうに暮らしているのを見るのが、お母さんへの一番の親孝行になるんだよ」と。
そうだといいのだけど・・。
でも、その言葉を信じて毎日楽しく一生懸命に暮らそうと思うのでした・・。


cookie117
ご無沙汰しております(^^ゞ

早いもので、大学生活ももうすぐ2年目に入りますね。
ウチの息子も昨日からサークルの旅行に出かけて行き、無事に着いたのかとのメールに「うい♪」の一言だけでした。
親は心配し続ける生き物だと、つくづく思いますね。

先日、母に言い返してしまいました。
それは「親の面倒を見るように子供を育てるのが親の務め」と言いだしたからです(母の場合、支配の意味合いが強いです)
親の務めは「親からの自立」だと思っている私としては相容れないものがありました。
そりゃ、面倒を見てくれたら嬉しいですけどね。
私も歳をとると、こんな考えになるのかなぁ。


コメントを閉じる▲
「東京家族」を観た。
小津安二郎監督の作品に凝った事があり、以前何本か観たけれど、一番印象的だったのが「東京物語」だった。
だから、必ず観ようと。
でも、逆にガッカリもあるんじゃないかと思ったから、別物として観るつもりで。
素晴らしかったです。
もちろん、小津作品とは違いますが。
恐ろしい事に、私は以前は嫁役の原節子さん視点でしたが、今や母親役や娘役にも入れるという時の流れ!
いずれ迎える老後が、ちらちら・・・。
俳優さんの素晴らしさも当然ながら、林家正蔵さんのキャラクターも素敵で、落語家と同時にりっぱな俳優さんですね。
東日本大震災のエピソードにこだわらなくても良かった気もするし、次男の恋人の蒼井優に対してあっさり受け入れすぎじゃない?という疑問は残るけど。
知り合って間もない女の子に、息子に内緒でお金を預けたりするのも抵抗あったかな。
私の方が、心が汚れているのね。
原節子さんと母親のエピソードが感動的だっただけに、ちょっと・・・ね。
作品としての状況的には、仕方ないのでしょうけれど。
故郷でも、妻夫木君役の昌次に対して、自分で言わないの?!と嫁目線では紀子に同情。
ただ、腕時計のエピソードで、ふと母の腕時計を思い出した。
働いていた母の手には、いつも時計があって「大人の女性」の象徴で憧れた。
金の小さな時計で文字盤は長方形だった。
あれ・・・もう無いんだろうなぁ・・・。

狭い都心のマンション暮らしの私達夫婦。
住まいの自慢は、立地の良さと日当たりの良いベランダからの景色。
子供達は、独立を企てているけれど、立地の良さに今の所は滞在している。
いつか、夫婦二人暮らしになったら、綺麗にリフォームしようと思う。
徒歩圏に病院もあるし、店には事欠かない。
駅は目の前。
タクシーはいつでも捕まる。
老夫婦にとって、生活には困らないだろう。
その為か、若い夫婦で入居したのが、いつの間にか親夫婦とチェンジしている家庭もある。

お風呂の水道がもれる。
いつだったか、私が東急ハンズで部品を買って直した。
部品の交換で解決しないなら、私の手には負えない。
このお風呂は、いつまでもつのかと思いつつ、水道を元から止めて部品を点検すべく分解を始めたら・・・。
ネジの緩んでいた部分を発見。
部品に破損は見られないから、ネジを締めなおしてみると、大丈夫そう。
もう少し、がんばれるかな。

お気に入りの家具をリフォームして、不要になった子供の物を捨てたら、思い出と一緒に夫婦2人でここで暮らそう。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2013/02/03 13:37】 | レビュー
トラックバック(0) |
長男は一人暮らしをしたいと、守銭奴のようにバイトしてケチである。
自分は、家族から誕生日プレゼントもらっても、彼は誰にもあげた話は聞かない。
これが、末っ子ってもんでしょうか・・・?
ついにはバイトにまで、不恰好な握り飯を持ってくケチぶりである。
春休みに車の免許を取りたいという話を持ってきたが、虎の子の貯金はおろす筈も無く、親負担の依頼である。
彼は高校の時に、学校の教師から一人暮らしの勧めを聞いたらしい。
人間として成長する為に、一度は一人暮らしを経験する必要があると力説。
いろいろ理屈をこねているが、結局一人暮らしの自由が欲しいだけだろう?一人暮らしやルームシェアの憧れは、姉達もあった。
しかし進学の時に、家から通えるところをいう条件を出している。
仕送りはできないということに関しては、平等でありたい。
年の離れた姉2人がいる末っ子の彼は、家事を手伝ったことは無い。
洗濯や炊事は、合宿でやるくらいである。
生活能力は・・・低い。
確かに、いっぺんやってみろという気にはなる。
しかし、仕送りする余裕はない。
現実には、無理な話である。

ある日私は、彼に就職をどう考えるか聞いてみた。
「ねぇ、あなた仕事はどういう方面に考えているの?」
すると彼は、奇妙な返事。
「こっち方面」
「・・・?」
「就職は、東京だよ。だから就活は家からする。」
「・・・え?」
「オレ、帰って来るよ。就活はここのほうがらくだから。」
「・・・あなたの一人暮らしって・・・期間限定・・・?」
「うん。だから、大学の3年の秋くらいからだっけ?就活始まる頃まで。」

…あ、そういう事か。2年弱・・・ってこと?
つまり、溜め込んだお金が尽きるまで一人暮らしをするってことか・・・。
それなら、現実感ある。

「電化製品とか・・・どうするの?」
「だから、備えつきの所にするか・・・自分で買うか。」
「戻ってくる時には、どうするの?」
「家のと比べて、うちのより良かったら、俺が持っているのと取り替えればいいじゃない?」
「なるほど・・・。じゃあね、洗濯機は乾燥機がついてるのがいいな。それでね・・・」
息子は、私の顔をみて、あきれてため息をついた。

ところが、今年に入って女友達とのルームシェアの話題が途切れていた二女に、その話が復活。
親友の父親が海外転勤になるらしく、一人っ子の彼女の家は、結果一家解散。
親友が一人暮らしをする事になるから、それなら2人で・・・って事らしい。
今だって、やりたい放題の自由人の二女。
親と暮らしているという事は、もはや彼女の行動の抑止力にもなっていない。
社会人として働いており、その収入で生活するというなら止めるのもどうだろう?
こいつも今や、自分の茶碗すら洗わない。
親の協力なくして、どれぐらいの実力か思い知るのもいいかも知れない。

夫は、一家離散かぁ・・・とため息をつくけれど、それは違うだろう。
長女の話では、友人達の中には家を出たり戻ったりするケースもあるらしい。
その彼女は、結婚まで居座る気らしい。


今年は、どうなるのかしら。
東京は眠らない街。
娘達の職場も、遅い勤務時間には共働きの子持ちのママ上司は入らない。
独身の彼女達は、そういう時間に勤務が多いわけで、食事を共に取れる事は少ない。
ましてや、休日ともなれば友人と遊んでいるので、これまた親とは食事をしない。
私の作った晩御飯は、彼女達の分は朝食になる。
それもまた、出社の時間があわないのでバラバラ。
つまり、今現在でもすれ違い家族になりつつある。

気づけば、夫婦2人の生活になっているのかもしれない。

そんな私は、小津安二郎作品が好きだった。
凝って何作も見た記憶はあるが、詳細は忘れてしまった。
けれど「東京物語」だけは、覚えている。
私の母も「椰子の実」の歌を歌っていた。
歌詞を間違えていたかは、わからないけれど・・・。

今日は夫と、「東京家族」でも観に行こうかと考えている。


にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村


FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2013/02/01 12:19】 | boys&girls
トラックバック(0) |
去年の暮れ、抽選でプリンスホテル宿泊券を当てた。
買い物をすると抽選券をもらうというアレです。
私はあまり期待してなかったけれど、たまたま応募数たまっていたので出してみた。
選択は3つあったけれど、どうせ当てにしてないのだからと、ホテル宿泊券にしてみた。
・・・とこれが当たった!
しかも・・・、私と二女の2人に!
お互いよく行く所だったから別々で出していたようだ。
長女はショック!
彼女も出していたらしい。
彼女の友人に、お金持ちの高学歴の男子がいて、抽選をが良く当てる。
彼なら、自分で払っていけるじゃないかと思う長女であった。
で、聞いたらしい。
すると答えは簡単。
「ただ、確立の問題でしょ?」
つまり、価値の高い物は当選者が少ないから、当たらないだろうと皆さんあきらめて当選者の多いもっとも低いものを選ぶ。
一等賞を狙ったほうが、結果確立は高くなり当たるという事らしい。
私も同じ事を考えて、出したわけだ。

長女は残念だったけれど、3人中2人当たるというのは、すごいんじゃない?
そんな訳で、私は今後はちゃんと応募する事にする。

まあ。そう欲を出したら当たらなくなるんだろうけれど。

ちなみに、私はその券を夫の快気祝いに使おうと思っている。
まだ期間に余裕があるから、春の暖かい頃にしようかと。
でも仕事で彼がダメなら、長女と行こうと思う。

二女は・・・くれそうも無い。
長男は、そんなことがあった事も知るまい。


ちなみに、妹夫婦は憧れの山形銀山温泉に2月連休で予約していた。
新幹線に乗る家族の大イベントだ。
本当は、私達夫婦に案内役を頼んでいたが、夫の入院問題で自分達だけの家族旅行になった。
清水の舞台から飛び降りる覚悟の決行だった。
今春社会人になる長女も、銀山温泉にあこがれていたからだった。
夏に決心をして、秋に予約を入れた。
もうすぐ出発だというこのタイミングで、妹がインフルエンザにかかって・・・
あえなくキャンセル。
妹一家の家族旅行は、妄想旅行に変わってしまった。

雪の銀山温泉は美しい。
次に予約する時は、インフルエンザの流行や体調も配慮する必要がありそう。
でも、こういうケース初めて身近に起こった。
旅行は参加人数が増えるほど、難しい。
やっと、予定をあわせることが出来ても、誰か一人でも体調を壊したら・・・。

でも、それに懲りずに挑戦したいよね!

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:旅行、旅、ドライブ - ジャンル:旅行

【2013/02/01 11:04】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。