存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の友人が友達と貧乏ヨーロッパ旅行から、無事に帰宅した。
彼は、以前自転車で東北へ行った事もある。
せっせとバイトして貯めたお金を握り締め出て行く息子を見送るのは、母親としてはちょっと不安だった事だろう。

旅の仕方は、それぞれ。
目的も、それぞれ。
旅は、企画から始まる。

息子の友人のような旅行は、私にはハードルが高すぎる。
でも、旅は非日常を楽しむものだし、若干のスリルもスパイスになる。

京都に修学旅行で訪れた人は多いはず。
親がお金を出してくれて、教師が至れり尽くせりのプランを提供してくれる。
経済的な不安も、企画の苦労もない。
効率よく回れるようなタイムテーブルは、教師の苦労の賜物だろう。
・・・けれど、記憶に残っているのは?
夜の恋話だったり、友人とのお泊りだったり・・・。
あまりにも短期間に多くの場所を回りすぎて、記憶は混乱してしまう。

修学旅行は、友人と学生時代に行くというだけで、十分貴重な経験になるから、それで正解なのかもしれない。
でも、後で再び自分で行こうとしたら?
新幹線のチケットの買い方も、実は初めてだったりしないだろうか。
旅行会社に丸投げして、全て任せてしまえば楽だろう。
修学旅行のように、言われた時間に集合して、後は全部流れに任せるだけ。
お金さえ払えたら、なんの不安もない安心な旅が約束される。

昔の私なら、そっちの旅に飛びついただろう。
でも今の私の旅は、違う。
旅を決める時に、目的を決める。
それをミッションとして、ロールプレイングゲームのようにすすめていく。
多少のアクシデントは隠し味。

息子の友人のような旅は、私にはハードルが高すぎる。
不安を通り越して、恐怖でありストレスになる。
私の冒険は、もっと生ぬるい感じである。

京都旅行は、二転三転した。
まず気候。
連日の猛暑の報道に、屋外を移動して回る京都の観光は、体力的にキツイのではないか?
観光名所が多すぎて、どこに絞ったらよいのかわからない。
1泊2日では短すぎる。
それでも決行。
調べてみると、私の修学旅行の記憶は曖昧。
観光バスやタクシーで回る事も検討した。
しかし、それでは修学旅行と同じになってしまう?
候補のひとつの「京都観光2日乗車券」を活用した友人に聞いてみた。
友人の体験を聞いて、この乗車券を活用する事に決定した。
欲は出さないで、今回は第一歩。
気に入ったら、次はそれぞれ自分で企画して行けばいい。

京都観光二日乗車券

今回役に立ったのは、この「京都観光2日乗車券」と「洛ナビ」。
スマホで「洛ナビ」をブックマークしておいて、バスの路線検索をした。
これもまた、友人の経験を参考にした。
ネットやガイドブックなどを参考にイメージをひろげて、自分なりにシュミレーションする。
実際にそのとおりか検証するような楽しさや達成感も味わえるのだ。

旅はサバイバル。
洛ナビで乗り換えるバス停に降りたものの、乗り換える路線のバス停が見当たらず炎天下の中探した。
見事バス停を発見して、目的地に着いた時にはテンション上がる。
バスは、頻繁に走り回っているし、何とかなるだろうという気持ちにもなる。
どうしても見つからない時は、タクシーに乗ればいいという安心感がある。
家族で次々とミッションをこなしてゆくのは、リアルロールプレイングゲーム!
「きのこ」ではなく「かき氷」や「ソフトクリーム」で栄養補給しながら、一日のノルマをこなしビールで乾杯!
ちょっとした冒険をして、無事に東京に戻ってきた。

自分の体力は自覚している。
息子の友人のようなヒッチハイクの旅とか富士山登山とかは、ハードル高すぎて企画にも上がらない。
あくまでも、ささやかな冒険なのだ。
山形銀山温泉は豪雪地帯、そこに真冬に突っ込んでみたり。
暑いと評判の京都に、真夏に突っ込んでみたり・・・。
実際に新幹線に乗ってみると、名古屋と京都が近い事に、今さら実感したり。
関西弁の中にいる事の不思議さ。
東北新幹線で東北弁を聞き、東海道新幹線で関西弁を聞く。
当たり前の事なのに、なんだかとても新鮮!
知らない場所で、その土地の人の会話を聞く。
バス停を探して、「右だ」「左だ」と意見を出し合ったり、結局は土地の人に親切に教えていただいたり。
夫が期待していた通り、クマゼミの鳴き声を聞き、落ちていたクマゼミの死体でしたが見ることもできた。
夫以外の者にとっては、無価値ですが・・・。
汗で濃い色のTシャツに吹き出た塩。
学生時代の運動部のようだ。
三千院の参道で食べた「アイスきゅうり」「しそジュース」や銀閣寺の参道で飲んだ「蜂蜜ジュース」。
川風に吹かれて見た鴨川納涼床の灯りや、鴨川の川辺に並ぶカップル。
それらは、炎天下の中歩き回ってこその思い出なのかも。

帰宅すると二女からメール。
「次の企画も、まってまーす」

今回のミッションは、達成できた。
私達夫婦が健康なうちは、またささやかな冒険旅行に行こう。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

【2013/08/22 17:19】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
私は、修学旅行以来の京都。
娘二人も同じ。
息子は、訪れた事がない。
夫は取材で行ったのが、20年以上前ではないだろうか・・・。

息子の為に、京都の王道を回らなければならないと考える。
「金閣寺」「清水寺」は押さえよう。
夫が「龍安寺」に行きたいといい、金閣寺と近いので候補に入れる。
長女と私は「三千院」の「わらべ地蔵」と庭が見たい。
「寂光院」が近いけれど、そこまで足をのばしたら、他を回れるか不安である。
「東寺」は駅の反対側で、余裕があれば回ろうと頭に入れておくが「銀閣寺」の方が動線としては正解。

思ったよりバスは頻繁にめぐっている。
まず京都駅から乗り換えなしでいける市バスを選ぶ。
混んでいるなら近くまで電車を使う事を考えたが、座れるなら乗り換えなしがありがたい。
娘達は「金閣寺は金じゃなかった」と意味不明なことを言っていた。
私の記憶にも金色に輝く金閣寺の記憶がない。
私は行ってないのだろうが、娘達の記憶違い?
結論、金閣寺はピカピカ綺麗!
娘達は「改修したんじゃないだろうか?」というが、ピカピカ金閣寺に大満足!

京都旅行スマホ画像 (2) - コピー

龍安寺の石庭に、しばし時を忘れる。
清水寺の改修工事はちょっと残念だけれど、行って正解。
お店に寄りたい思いはあれど暑くて、女子の買い物に男子を待たせるのが忍びないのであきらめる。
鴨川はとても素敵。暗くなるまで散歩した。
納涼床は情緒的で素敵だけれど、予約もしていないしクーラーないし、暑さで食欲もないし・・・眺めるだけに。
鴨川の川べりは、カップルが等間隔に座っている。
評判どおりの「リア充」の名所。

京都旅行 NIKON(55) - コピー

京都タワーは、ホテルでタダ券もらったので、夜景を見ることに。
これがとても綺麗で、望遠鏡もタダなので楽しい。
ゆるきゃらと写真まで撮った。
三千院は、期待通りの静けさ。
バスで向かう間も、鴨川など眺めていて退屈しなかった。
寂光院はあきらめて、銀閣寺へ。
金閣寺とは違う美しさに大満足。
暑さで疲れてきたので、東寺はあきらめた。
夫と娘達は、大いに感動していたが、息子は・・・

彼が熱心に見ていたのは、三千院で観た「地獄絵図」。

京都は、回りきれないことはわかっている。
鎌倉も好きだけど、京都はスケールが違う。
ひとつひとつ観て回ったら、何日あっても足りない。
「また訪れたいね」と話しつつ、帰宅した。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:京都 - ジャンル:旅行

【2013/08/21 17:59】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
***京都観光の交通手段***
京都旅行を考えた時の不安に、交通手段があった。
多くの人は、効率よくタクシーを使えと言う。
でも5人では、1台ですむのだろうか?
しかも、マイペースで回りたいのだ。
京都はすばらしい観光地である。
全員がタクシーなんてないだろう?
バスがかなり発達している。
ここは、公共交通機関を使おうと決心!
しかし、ここで次の問題!
スイカは・・・使えない?!
解決策は、フリーパスを利用すること!
市バス専用だと地下鉄や大原には使えない。
「京都観光二日乗車券」を選択!
バスと鉄道路線図を確保して、後はスマホに頼るという事に決定。

*結論*
「京都観光二日乗車券」は、大正解!
ただ、路線図で乗り換えればよいと思った他の路線のバスストップを探すのに苦労した箇所もある。
また、反対方向のバスストップも同様。
暑い中やみくもに歩くより、人に聞く!最後は、マンパワーに頼る!
京都の人は、観光客に慣れているので親切に教えてくれる!

***ホテル***
バス移動なら、京都駅前のバスターミナルに近いという事で決定。
5人一部屋は無理なので、男女で分かれる事で部屋割り決定。
しかし、朝食しかつかない。

*結論*
夕食の時間を気にせずに動けたのは楽だったし、朝食はとても美味しい。
問題なし!
バスターミナルに近かった事は、非常に助かった。
荷物はチェックイン前も、チェックアウト後も預かってくださり大変助かった。
正解!


***食事***
夏の京都に行くというと、誰もが複雑な笑みをうかべる。
何も暑い京都に行かなくても・・・他の季節にしたら良いのに・・・という顔だ。
ならば逆手にとって、夏の京都のものを選ぼう。
夏の京都なら・・・鱧でしょう!
鱧料理屋を調べる。
・・・高い!!!
しかも家族の口に合うかわからない。
リスクが高すぎる!
じゃぁ・・・、「納涼床」!
京都の夏と言えば、川床!
・・・で、調べると鴨川の納涼床は綺麗!
・・・で、調べてみる。
・・・高い!!!
クーラーなし、価格が高い、予約が必要・・・!
自由人の集合体であるわがファミリーには、リスクが高い!!!
ガイドブックをみて、大体の位置だけ確認して行き当たりばったりに決定!

*結論*
京都は食事に困らない。
暑さのせいで、ソフトクリームやかき氷や飲み物を取り過ぎて、食欲は落ちてしまった。
鴨川の納涼床は綺麗だったけれど見るだけにして、京都駅前の居酒屋にした。
鱧料理もあるし、土地のものもある。
食べたい物を食べられる量取れたので、十分満足した。

京都旅行 NIKON(54) - コピー


***総合評価***
大体のタイムテーブルを決めて、後は臨機応変に「私流」にすすめる事にした。
1日目京都駅→ホテル→金閣寺→龍安寺→清水寺→鴨川納涼床・鴨川散策→京都タワー夜景→居酒屋→ホテル
2日目ホテル→三千院→銀閣寺→京都駅→ホテル(荷物引き取り)→京都駅
名所の感想は、また次の機会に。
結果、熱中症ぎりぎりの観光だったけれど、ついてきた家族の健康に感謝した。
夫のキャップとTシャツには汗で塩がふきました。
私は日焼けと汗疹ができました。
歩いている間に、汗が背中や足やあらゆる所を流れていく感触は、久しぶりでした。
お盆過ぎの夏の京都は、人も少ない方だったのではないかと思いました。
人ごみも思っていたより楽で楽しい旅でした。
しかし、次回は違う季節に行きたいです。
京都の皆様、ありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:京都 - ジャンル:旅行

【2013/08/21 17:13】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
2013年家族旅行企画

***場所決め***
今年の家族旅行をどこにしようか考えた。
まだ春の頃、夫が八丈島を考えた。
南の島で鯨を見る。
しかし、私達はスキューバーダイビングができない。
・・・というか、足の付かない所は・・・無理!怖い!!
島に船で行こうと考えると、その時間と船酔いに目まいがした。
おまけに、1泊2日で行ける所ではない。

ならば、伊豆大島にハードルを下げてみた。
調べてみるとレンタカーでもないと厳しい。
・・・誰が運転するの?
私はマニュアル車しか運転経験がないし・・・それも独身時代だ。
夫もすでにペーパードライバー。
最近免許を取った息子は・・・「死にたくない」と運転拒否。
すでにペーパードライバーになりつつある。

下田あたりで海水浴?
・・・今さら、肌を焼きたくない奴ばかり・・・。

ここで、行き詰った。
そもそも、家族全員となると趣味が統一できない。

それなら、・・・そうだ、京都へ行こう!・・・となった。
しかし、今年の京都は・・・暑い!!
「夏に京都に行くのは、どう思う?」と言えば、皆さん複雑な笑みを浮かべて言う。
「・・・暑いよ。」
ひるんで悩んで、時間だけが過ぎていった。
子供達には、それぞれスケジュールだけ空けてもらった。
決まっているのは、日にちだけ。
せっかく京都に行くなら2泊したいと思ったが、二女と長男から「厳しい」と断られる。
それなら、残り3人だけ2泊も考えたが、「家族旅行」のコンセプトから考えたら違う気がした。
迷いながら、1ヶ月前になる。
深いことは考えずに、新幹線とホテルを予約!
「そうだ、京都に行こう!」から「そうさ、とりあえず京都に行ってみよう!」という事になった。
決行1ヶ月を切った7月下旬の頃でした。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:夏休みのおでかけ - ジャンル:旅行

【2013/08/21 16:23】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
「子供にやってもらえよ。」
夫のお決まりのセリフです。
俺は手伝えないから、子供達にやってもらいなさい・・・ということ。
いつもいない夫に代わって、成人した子供達を頼りなさいという事。

本日、マンションの雑排水管清掃の日でした。

いつも綺麗に整理されている家ならば、なんの事は無く「いつでも、どうぞ!」の行事です。

キッチン、洗面台、風呂・・・これらの周りを片付け、配水管が見えるように中身を出さなければなりません。

我が家の主婦は・・・そう私です!
仕事の合間に少しずつ、整理を始めていたものの、震災以来保存食を買い込んでいます。
ただでさえ収納のない狭いマンションに、水、カンパン、缶詰、カップめん、味噌、醤油、お菓子・・・手当たり次第にストックしています。
まるで篭城かノアの箱舟です。
それを管理しているのが、主婦業の才能に限界を感じている・・・そう私です!!!

母親の背丈を越えた子供をお持ちの方に、聞いてみたいものです。
「お母さんのお手伝いをしていますか?」
私が頼んだとしよう、子供達のセリフは「あぁ・・・、時間があったらね。」であろう。
一瞬、メンドクサイ顔をされる事は間違いありません。
そして、ほとんどの場合「時間がない」という結果になるのです。
当てにした分、腹も立つしテンテコマイになる訳です。

つまり・・・
夫の言う「子供に手伝ってもらえ」「一人でがんばってね!」なのです。

子供達も、どこかで「母ちゃんなら、大丈夫!」という考えがあるようです。
ましてや、今我が家には長女しかいないのです。

そんな訳で、今日も孤軍奮闘です。
たぶん、明日も孤軍奮闘です。

でも私は、心の中で思うのです。
「私を当てにできなくなった時に、思い知るがいい!」と・・・

日に日に、たくましくなり根性の曲がってゆく私を、許してください・・・

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2013/08/05 16:56】 | エプロン通信
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。