存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨年と去年、私達夫婦はそれぞれ秋と冬に手術と入院を経験しました。
どちらも大した事ではなかったけれど、私達にとっては大騒ぎでした。

夫の入院中、私は一日も欠かす事無く彼のところへ行きました。
ある冬の夕暮れ、面会室で冗談を言いながら過ごしていると、近くで車椅子の夫に付き添う奥さんらしき人が目に入りました。
高層階のその病棟から見下ろす東京の夕暮れは、道は車のライトで光の帯になり、明かりが灯り始めたサンセットは絶景でした。
奥さんもその話を明るい声で御主人にしていました。
会話の内容は、日常の報告のようでした。
でも、途中で違和感を覚えたのです。
声は、奥さんしか聞こえない。
御主人は、目は開いているもののピクリとも動かないのでした。
明るく話をしていた奥さんの声が、ぷつりと途絶えました。
そして、静かな嗚咽に変わったのです。

御主人の病気が何なのか、知りません。
脳の問題だという事は、様子でわかりました。
その後も、面会室でその御夫婦を見ました。
短い入院だったので、その後の事はわかりません。
奥さんがしていた行為は、医学的には無駄なのかもしれません。
御主人には、彼女の平静を装った明るい声は届かないのかもしれません。
それでも、話しかけずにはいられない。
もしかしたら明日は、何かが変わるかもしれないと信じて。


綺麗な都心の夕暮れを見ると、時折あの夫婦を思い出します。
お互いちょっとくたびれた私達だけど、時々イラッとする事もあるだろうけれど、
互いの瞳に自分を見つけられる事の幸せ。
その事に感謝する気持ちを思い出すのです。
スポンサーサイト

【2014/05/16 11:07】 | 記憶のかけら
トラックバック(0) |
映画館で観ました。
先日、BSでやっていました。

私の友人達も集まりする会話が、「健康」「年金」「介護」となる年齢になりました。
遠い先の話だと思っていたのに・・・

若い時なら、どう感じたのでしょうか?
親の愛情が、兄弟間で偏っているのではないかとか、親子でも相性があるのではないかと悩んだ子供時代。
自分が親になり気づく親の苦労。

今はただ、感謝の思いしかありません。

気づかなかった親の愛や、伝えたかった親への感謝の思いが、こみ上げてきます。

走馬灯のように思い出される親との思い出。
あの時に、父は 母は 何を思っていたのでしょう。

どんな人生を歩んで、何を思って生きていたのでしょうか。

もう確かめるすべもありません。

FC2blog テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2014/05/10 10:14】 | レビュー
トラックバック(0) |
郊外の今年の雪に恐れをなしたのか、それとも懐が氷河期になったのか・・・。
息子は今年の後期にはアパートを引き払って家に戻りたいと言っていたのだが・・・。

今年に入り、今まで親に借金を頼まなかった息子が、借金の申し込みに来た。
友人達との交際費や生活費は、彼の計算以上にかかって、懐が寒くなったようだ。
今まで全て頑張っていたので、援助に応じていたがゼミ合宿などもあり、今年に入ってからの援助が多額になっていた。
彼は、家に戻ったら必ず返すと宣言していたが、1年ほどかかるのではないかと思っていた。
家を出て、彼の望んだとおりにお金と親の有難さを学んだようで、目的は果たしたという事だろう。

最近、しょっちゅう家に戻り、ご飯を食べていた息子だった。
その日、私は実家から帰宅すると仕事場に向かい遅く帰宅した。
すると・・・どんよりと暗い幽霊のような息子がいた。

彼は入ったばかりのバイト代全額・・・つまり全財産をある考えでおろしてお財布に入れて我が家に向かっていた。
その財布を自宅近くのコンビニに寄った時に無くしている事に気づいた。
焦って警察に届けて、必死で探し回った。
彼の財布は親切なおばあさんが届けてくれて見つかったが、場所は彼が行かない方面の道だった。
そして、お金は消えていた。
彼はカードローンやバイトを増やす事とか、いろいろ考えたが解決策が見つからず私に相談したのだ。

私は彼を責めたり叱ったりしなかった。
彼には、それが意外だったようだ。
親には迷惑をかけないと豪語して出て行った息子である。
最近の借金だけでも約束違反なのに、こんな事になって頼るのだから、どんな罵声を浴びせられても仕方ないと覚悟していたのだろう。
来月の生活費は、全額親が援助する事にしてお金を渡した。
予定していた海外旅行の費用も出すので、キャンセルしなくて良いと答えた。

こうして彼は、地獄のような一日を過ごし、アパートに帰って行った。

彼のアパートの退去日は早まり、夏に本人が決めてきた。
帰って来てからの待遇も、贅沢を言う事も無い。


私が、彼の一人暮らしを許した理由。
大切なことを学んでもらえるかと思ったから。

それは

身の程を知るという事。


彼は痛いほどに、自分の傲慢さに気づき謙虚な気持ちになり、周りの人に支えられて自分が存在している事を知ったのではないかと期待する。


しかし・・・、彼の財布が落としたのか掏られたのかわからないが・・・高すぎる授業料だったなぁ・・・。

ちなみに、息子は父親に言い出せず、彼がいない時に私に告白した。
しかし私は、夫が帰宅すると、あっさり伝えた。
息子は、身の縮む思いだったろう。

夫の一言。

「気を落とすな。また頑張って働け。」
穏やかな言葉だった。


・・・さて、私も頑張って働きますか・・・

FC2blog テーマ:頑張れ自分! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2014/05/02 19:45】 | boys&girls
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。