存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月の島根旅行から、夫のために万歩計を持って毎日一万歩を目標にお出かけ。
週末に天気が良ければの企画。

4月から新しい仕事でばたばたしており、更新もままならなかったけれど。
ここ半年のお出かけと今後のお出かけを記録しようと思います。
その為、順番が前後します。

住んでいるけど知らない東京近郊を、健康のために歩く予定です。
皆様も歩いてみては?

ただいま私が風邪をひき、天気も悪いので今週はお休み。
スポンサーサイト

【2015/09/27 16:57】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
埼玉県日高市「巾着田曼珠沙華公園」
ここは、何年か前から行ってます。
西武線などのポスターで気になっていました。
曼珠沙華=彼岸花
彼岸花というと暗いイメージですが、曼珠沙華というと別に感じるところがあります。
昔は、毒があるので土手とかお墓とかのモグラ対策として、植えられたようですね。
都会でも街路樹に混ざって咲いているのを見ますが、ここは見事としか言いようがありません。
最寄り駅は、西武線「高麗(こま)」駅です。
この季節には、臨時電車が走るほど盛況です。
入場料は¥300
この時期だけだと思います。
高麗駅からの道も、あちこちに咲いていて退屈しません。

曼珠沙華

曼珠沙華

また、高麗川が流れていて、この河原も水が綺麗です。
子供連れの若い夫婦や若者達は、川遊びもできるので¥300なら安いものです。
まだ暑い時期だと、子供達は水に入りたがります。
着替えは用意した方が安心です。
この日、多くの子供達が9月下旬というのに、全身濡れながら盛りあがっていました。
くれぐれも、目を離さないでください。
深い所も、流れが急な所も有るかもしれませんから。
高麗川

高麗川
ただ、大人の若者が河原で下着でいたり、裸で水着に着替えいたのは残念でした。
これは、やめて頂きたい。
中程には、この時期にはお店も出ていて、以前食べた高麗鍋が美味しかったので、今回もそれが目的でした。
この日はお天気もよく、すごい人出でした。
並んで食べ物を買っても、座る場所が無いので、多くの人達は河原で食べてました。
もちろん、お弁当を持参してのピクニックも多かったです。
私達も河原で持参したおにぎりと高麗鍋を食べて、食後に「びっくりまんじゅう」も食べました。
食いしん坊で、写真撮る前に食べてしまいましたが。

帰りに河原を見ると、入場料の要らない所で、年配の夫婦が並んで流れを見ていました。
3月の島根旅行から始めた夫のダイエット作戦、半年で8キロ減になっています。
いつまでも健康で元気でいて欲しいので、もう少し続けましょう。

夫、秋の食欲と付き合いながら、ダイエット7ヶ月に入ります。

【レジャー費】
・交通費:西武新宿駅⇔高麗(西武池袋・秩父線) ¥556×2×2=¥2,224
・飲食:高麗鍋¥300×2=600 びっくりまんじゅう¥130×2=¥260 ジュース¥150×2=300


合計         ¥3,384

*本日の歩数・・・・・約12,000歩
*おにぎりと水筒持参で、節約成功!

(つぶやき)
咲き終わると、どうなってしまうのかしら?

【2015/09/27 16:39】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
最終日は、松江観光。

朝一番に、玉造湯神社へ。
<玉造湯神社>
ここに来る為に、旅館は玉造温泉にした。
ここには「願い石」があり、そのパワーをもらって「叶い石」をつくってお守りにする。
願いは色々ありますが、あえて言わない。
若い女性は、恋のお願いでしょうが・・・。

旅館で朝食をとり、松江までの移動を考える。
交通費が一番安いなら、旅館の車で玉造温泉駅へ行き電車。
しかし、夫は町並みを見たいとあえてのバス選択。
たしか¥500位だったか・・・。
空いていたので座れたけれど、特に風景を楽しむという事でもなかったような・・・。
松江に着くと、近畿日本ツーリストの中に入っていたチケットで「ぐるっと松江レイクラインバス」乗り放題で乗車。
これで、「松江城」「小泉八雲記念館」「小泉八雲旧居」「武家屋敷」とか、割引になる。
4館共通入場券というのもある。
「松江城天守閣」「小泉八雲記念館」「小泉八雲旧居」「武家屋敷」の4施設で通常の2割引で¥1,160
ところがここで私が大きなミスをする。
乗り降り自由のチケットの本日の日付を削るのに、なんと一日間違えて前日を削ってしまった。
松江城で気づいたけれど、事情を話すとどこの施設もバスの運転手も、私を疑う事無く扱ってくれ感謝した。
さすがは、神様のいらっしゃる県!

<松江城>
松江に来たら、まず松江城でしょう!
・・・が、手前に「ぜんざい」発見!
初日のしくじりがあったので、まずはここで「ぜんざい」クリア。
2015-3-21 PEN (62) - コピー
2015-3-21 PEN (61) - コピー

松江城の天守閣にも当然入場。
意外と狭くて階段は急で、お城って大変だったのかと思った。
なんの気まぐれか、そこで夫婦箸購入。¥1800?
それから散策。
「松江護国神社」にも参拝。¥500お守り2つ。御朱印¥300
「城山稲荷神社」小泉八雲が散歩に立ち寄っていたという石狐がたくさん並ぶ神社。幻想的。
「小泉八雲記念館」「小泉八雲旧居」「武家屋敷」と急いで回る。
小泉八雲には、私はかねてから興味があって、必ず立ち寄りたいと思っていた。
しかし、せっかくの乗り降り自由のチケットも帰りの電車が迫り残念。
最後にバスから宍道湖が見えた時は、夕日には早かったけれど、綺麗でした。
今度は宍道湖温泉もいいかなぁと、思わず考えたほど。
後ろ髪を引かれる思いで、16:59の松江発の八雲に乗って帰路についた。
もちろん、荷物は今回も松江のロッカーに預け、お弁当やジュースやお土産を抱えて。

いつか、再び訪れたいと思いつつ・・・

 

【2015/09/26 18:15】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
「島根旅行2日目」
東横インでおにぎりの朝食!
荷物は駅のコインロッカーへ。
8:07発JR山陰本線快速[アクアライナー]益田行きで大田市まで。8:42着 ¥580
<石見銀山>
大田市駅前からバスで石見銀山まで。大森バス停だったか、30分ほど・・・¥560
バス停で待っている時に、ガイドの人か観光協会の人か、石見銀山に行くなら雨具の用意とレンタサイクル利用を呼びかけていた。
私は旅行会社の人のアドバイスで、レンタサイクルは電動を借りるようにとアドバイスを受けていたが、同じ事を言っていた。
バス停すぐにレンタサイクルがあり、確か2時間¥700で電動自転車を借りた。
初めての電動自転車だったけど、これがとても快適!
<龍源寺間歩>を目指した。
梅の季節の雨上がりで、とても空気がしっとりしていて気持ちよかった。
銀山坑道は、思ったよりも長くて当時のまま残っていて興味深かった。
<龍源寺間歩>入場料¥400
朝早かったせいか町が静かだった。お店も開店前?
レンタサイクルが快適だったのと、町並みを見て歩く程度だったので、切り上げて日御碕に行く事にした。
出雲市駅に戻って、バスで日御碕を目指す。
お昼は駅のレストラン(食堂?)で簡単に済ます。
<日御碕>
・出雲市駅前からバスで日御碕。 ¥840
・日御碕神社に参拝。御朱印を頂く。¥300
 日が昇る東の伊勢神宮、日が沈む西の日御碕神社。
 昼を守る伊勢と夜を守る日御碕と聞き、ぜひ行ってみたかった。
 残念ながら 改装しているところがあったけど、そのまま日御碕灯台へ。
 バスは1時間に一本しかないので必死での早歩き。
・日御碕灯台:参観料¥200
 現役の美しい白い灯台。上部の展望台に登ることが出来たけれど、風が強くて高くて怖かった!
 「経島(ふみしま)」らしきものを見るも、バス時間が気になって黙々とバス停にもどった。
 ウミネコが思ったより気にならなかったのも、繁殖期ではなかったからかもしれない。
バスに乗り込み出雲市駅に戻り、コインロッカーから荷物を取り出し玉造温泉へ・・・。
そこでトラブル!
ロッカーに荷物がない!そして駅長室へ来てとの貼り紙!
どうやら私は、あわてて荷物を入れた隣のロッカーの鍵をかけて、荷物のロッカーは鍵をかけてなかったらしい。
どなたか気づいて駅長室で保管をしてくれたという。
後で無くし物が戻ってくる全国一が島根県と知り、さすがは神様の国と感激!
荷物を無事に受け取り、玉造温泉へ。出雲市駅→玉造温泉 ¥500
旅館の車で、夫念願の旅館。「紺家」
荷物を預け、晩御飯まで川沿いを歩いて玉造湯神社を下見がてら散策。
玉造温泉は川沿いに何軒も旅館が立ち並んでおり、ショップも多く楽しい。
お湯は、美容液のようと言われるだけあってしっとりとして良かった!

<交通費>
・出雲市⇔大田市⇔石見銀山  ¥2,280 ×2  ¥4,560
 出雲市→玉造温泉        ¥500    ×2 ¥1,000
 出雲市⇔日御碕         ¥840×2×2    ¥3,360
<入観料>
・龍源寺間歩            ¥400   ×2   ¥800
・日御碕灯台            ¥200   ×2   ¥400
<御朱印>                           ¥300               
<レンタサイクル>          ¥700    ×2 ¥1,400
<飲食>                             ¥2,000
<コインロッカー>                       ¥500
<おみやげ>                         ☆☆☆☆☆☆


                   2人分          ¥14,320
           

【2015/09/26 16:08】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
初日、出雲について真っ先に向かったのは、もちろん「出雲大社」。
ここで私は、御朱印帳を買って、人生初の御朱印を頂こうと考えていた。
事前に買いたい御朱印帳は決まっていた。
出雲大社駅に降りると、私は出雲大社と反対側に向かった。
実ははじめの鳥居がそこにあるのだ。
普通に向かってしまうとその鳥居をくぐらない事になってしまう。
いったん、戻る形になるけれど私は、鳥居をくぐりたかった。
ところがまた出雲大社前駅に戻ると、駅の脇にオレンジ色の電車を発見。
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語」の舞台は、なんと一畑電車?!
その電車が、そこにあった!
うかれてしまって、そこでしばらく写真撮ったり時間をつぶしてしまった。

PEN (90) - コピー

神社は早く終わってしまうことを思い出し、あせって参道にもどる。
そう!ここで、割子蕎麦と善哉を食べるのも目的の一つ!
ところが、なんと遅くなってしまって、閉店しているお店も!
焦りながらも、なんとかガイド本に載っていたお店が開いていたので、あわてて入店!
私達のすぐあとに入ってきたお客様で売り切れで閉店、ギリギリセーフだった!
思ったより時間が無くなっていたものだから、焦って御朱印帳を買おうとバタバタ早歩きで駐車場の方に向かった。
夫は私に引きずり回されて、本来の本殿に向かう道を逸れる事に戸惑っていたけれど、御朱印帳は譲れない。
一般的には、御朱印帳はお守りを買う場所で買えたりするけれど、ここは違うと調べてあったから。
「ほんとうに、こっちに売ってるの」と聞く夫に「わからないわよ、私だって初めて来たんだから!」とちょっとイラっ!
だって、夫が電車に蕎麦に夢中で時間がなくなっちゃったんだから。
神社は閉まるのが早い、やっと御朱印帳を買うとあわてて参道に戻る為に早歩き!
脇から入れそうだったけど、それじゃだめ!
鳥居をちゃんとくぐりたいのよ!
私は出雲の神様に、大切なお願いがあるのよ。
ちゃんと礼儀を尽くしてお参りしたいの!

2015-03-19 (30) - コピー

なんとかお参りに成功し、御朱印も間に合った。
お天気がいまひとつだったせいか時間が遅かったせいか、あまり人も少なく生まれて初めての御朱印も無事にもらえた。
そう思って振り返ると、御朱印を書いてくれた巫女さんは、片付けを始めていた。
ギリギリセーフだったっ!
出雲大社は想像を裏切らないもので、隣の神楽殿も素晴らしかった。

残念ながら善哉は閉店していてあきらめるしかなかった。
夫は少し不満そうだったから、どこかで食べないと!

一畑電車で出雲市駅に戻り、晩御飯はどうしようかと考えていた。
ネットで調べていた「ランプの湯」の料金は、東横インで割引券をもらえる。
ネットでは、その隣で食事をした人の話も調べていた。
ところが夫は、のどぐろに執着している。
東横インの近くでみた居酒屋のメニューにのどぐろの開きを発見した夫は、そこに入りそうな勢い。
善哉を食べ損ねた夫に、のどぐろ食べさせなかったら旅先で喧嘩しかけない。

とりあえず、ランプの湯!
想像以上に、ランプの湯は満足度が高かった!
私は隣の和食のレストランが気になってしかたない。
綺麗だし個室っぽい感じだし素敵そうだし、ホテル代ケチったのは美味しいものを食べたいから。
そこで、とりあえず夫に提案。
夫は「のどぐろ」があるか気になって仕方ない。
店内が混んでいて待たされると聞くと夫は帰りかけたけど、私は強引に待つ事に。

和食居酒屋「神門」は、個室になっていて落ち着いて良かった。
結局、のどぐろは食べたし、「やまたのおろち」という日本酒も飲んで上機嫌な夜になった。

携帯画像 (31) - コピー
初日:出雲大社と出雲蕎麦、ランプの湯とのどぐろ、クリア!
    

【2015/09/06 18:07】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。