存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、体調不良と仕事のため、大人の休日散歩はお休みです。
2015年3月下旬に行った「磊々峡」を案内します。

「磊々峡」
宮城県にある「秋保温泉」に行きました。
仙台からバスで行けるので、一度行ってみたいと思ったのです。
仙台駅から無料のシャトルバスも出ていますが、時間が決まっています。
路線バスでも30~45分くらいで行けます。
本当の目的は、「秋保大滝」だったのですが、ここに行くにはバスが土日祝日しか運行してません。
しかも、本数が・・・・。
基本的に、車が無いと無理と判明。
しかし、仙台に用事があったので宿泊は、秋保温泉に決定。
「びゅう」を利用して、新幹線の往復と宿泊で¥49,400
お宿は、たまたま「緑水亭」が改装中とかで、お安く泊まれるので決定!
地図で見ると「磊々峡」が近くにあり、歩いていけそう!
「びゅう」の方は、お宿が高い位置にあり坂が急なので、宿の人に言えば送迎してくれるとおっしゃる。
ツイッターで知っていそうな方に聞いてみると、冬木立の磊々峡も悪くないし、雪で歩けないような事は無いと情報あり。

仙台駅のバスプールから乗車。
温泉街というイメージの所ではなく、名取川の脇に旅館が点在しているようなイメージ。
秋保文化の里で降りて、宿のお迎えで旅館に着く。

秋保の里センター

改装中ということで、確かにブルーシートは見えたけれど、お部屋はとても素敵でした。
磊々峡へは、アドバイスどおり宿の車に送ってもらったけれど、距離的にはたいした事は無かった。
磊々峡は。1キロくらいでしょうか。
遊歩道が出来ていて歩きやすかったです。

磊々峡

秋保文化の里でグラタンを食べましたが、味噌を使っていて独特でした。

グラタン

旅館のお湯は。少し緑がかりとろりとした良いお湯でした。
露天がちょっとびっくりで、外に出て階段を下りてゆくのです。
篝火があり素敵だったけど、真冬はどうなっているのか・・・。
お庭が素敵で、改装中なんか気になりませんでした。
磊々峡から歩いて宿に戻りましたが急な登り坂で、きつかったです。
帰りこそ、車にするべきでした。
また、後で若葉の頃の画像を見たのですが、全く違いました。
今度は別な季節に来たいですね。

緑水亭 食事

緑水亭



びゅうプラン       ¥49,400
バス代往復2人分   ¥3,200
新幹線お弁当     ¥1,090
仙台駅で昼食      ¥1,260
グラタン他        ¥1,467
緑水亭飲食代     ¥1,728
おみやげ代       ★★★★


合計           ¥58,145  
スポンサーサイト

【2015/10/03 18:33】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。