存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある事があって、私達夫婦は公立に期待が持てなくなった。
結果、我が家は子供3人を、中学受験させた。

付属校であっても、中学から高校に必ず進学できるという確約がある学校ばかりではない。
息子の中学の時の部活の後輩は、高校へ進学できなかった。
彼の同級生も、他校に進学した子もいる。

息子は中学受験のために、少年野球をやめた。
小学校高学年で、中学受験をする者が迫られる選択だ。
野球を取った友人は、公立の中学に行く事になった。
息子は、自分が希望する中学に受かる為には、野球との両立は難しいと判断しての苦渋の選択だった。
事実もし、彼が野球を続けていたら・・・今の学校にはいなかったかもしれない。
今の学校は、彼にとって第一志望校ではなかった。
入学式は、ちょっと寂しい気持ちもあって・・・彼が馴染んでくれるか心配だった。
それも今や、過去の話だ。
この学校での多くの出会いを経て、彼は成長した。
もし、あの時に野球をあきらめられなかったら・・・
今大切な多くの友人とも出会う事もなく、まったく別な生活だったかもしれない。


中学受験で彼が学んだ事は、「何かを得るためには何かをあきらめる事もある」という事だったのかもしれない。
付属の中学に入学しても、付属の高校に無条件で入る事ができる学校ばかりではない。
中学受験の時には、その事もちゃんと調べておく必要がある。
高校に入れたとして、希望の付属の大学の学部の入れるという保証はない。
人気のある学部は、椅子取りゲームだからだ。

子供は、頑張って希望の付属大学がある中学には入れたら、将来が大学まで保障されると思っているかもしれない。
残念ながら、そうとは限らない。
付属と言っても、他大学受験の対応もしている「進学校的付属校」もある。
いったい何パーセントが、進学しているのか。
他校に進学した子は、上を目指しての受験だったのか、行きたくても許可されなかったのか。
そこも、調べないといけない。

息子は、高校でラグビーをやめた。
彼が選んだ部活は、陸上だった。
チームスポーツから、個人競技に変えた。
ラグビーは、団体スポーツだ。
熱があっても、体調が悪くても、チームのために戦った。
今は怪我のために病院へ行く回数も減った。
ささやかだが成績も、上昇している。

「何かを得るために、何かをあきらめる事」

ふと・・・突然、少年野球をやめた日の事を思い出した。
今も、頑張っているんだよね?

中学受験をした親子は、ストレス共有によってか、会話が多い親子が多い気がする。
あの時に、親子で同じ目的のために頑張ったという記憶は、信頼関係を育めたのだろうか?
思うような結果が得られなくても、全てを失うわけじゃない。


中学受験の親子を見るたびに思い出す。

今は、桜が咲く前の厳しい冬だよ。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村



FC2blog テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

【2010/12/21 23:44】 | boys&girls
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。