存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長女に友人達から電話やメールが届いたのは、2月8日くらいからだっただろうか・・・。
「ネットで新宿で、秋葉原を真似た通り魔事件を起こすという書き込みがある。イタズラだとは思うけど、2月11日は気をつけたほうがいいかも。」
友人達は、誰もが騒ぎ立てしないような配慮をしつつ、それでも親しい友人で新宿が生活圏にある友人には連絡を取っているらしかった。
文章を見た長女も、私に同じ対応をした。
イタズラだったとしても、ネットの持つ力は怖い。
エジプトや世界を見てもわかる。
どこでどんな影響を受ける人が出てきてもおかしくないからだ。
社会学でもネット社会は取り上げている。
子供達は中学に行くと、すぐにネットの絡んだ問題が起こった。
学校側も、ネットの問題を子供達に教え、ネットがいかに素晴らしいツールであると同時に危険なツールかを教育していた。
けれど、ネット問題は後をたたない。

友人のHPにイタズラをする。
なりすましメールで、友人を傷つける。
ブログで友人を中傷。
ネットに友人の個人情報を書き込む・・・

今回逮捕されたのは、中学生だった。
大学で教育学を学び、教員免許もある長女は、その文面からも子供かもしれないとは言っていた。
次女はバイト先でも、その話題になった。
「2ちゃんに釘付けになっていたのに、何も起こらなかった。」とつまらなそうに言ったバイト仲間に対して、その人格に不安になった。
息子は、冷静に対応していた。

11日、やじ馬と警官と、新宿はいつもと違う夜だったのだろう。

集まったやじ馬約1000人と警官約100人、警察車両とごった返していたという報道もある。
集まったやじ馬が100人なら、それによって新宿を避けた人は何人だったろうか?
仕事で新宿に行っている家族を心配した人は何人だっただろう?
警官たちの家族は?
それによって警官達の配備がかわり、小さな事も含めたら様々な影響があったはずだ。

中学生は、イタズラだったとしても、なぜそんな事をやったのか・・・
その子をとりまく環境は、どうだったのか・・・

やじ馬達も、その集まった心理は?

書き込みを見てからの対応にも、その人達の人格が見えるような気がする。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:中高生の親 - ジャンル:学校・教育

【2011/02/13 09:56】 | boys&girls
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。