存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死にとり付かれてしまった人を、引き戻す事は難しいのかもしれない。
彼女をバラエティ番組で見たことがある。
ちょっと変わっている子だと思ったけれど、明るい子のように思えた。
インタビューを受けた人も、みんなそんな感じだった。

人の心の闇は、見えない。
隣で笑っている人が、一人の時に「絶望」という淵を覗き込んでいるかもしれないのだ。

でも・・・やはり、生きていてほしかったと思う。
老いた父親が、気の毒でならない。
止められなかったという思いは、彼女を愛した人々の心に、生涯消えないだろう。

ご冥福をお祈りします。

FC2blog テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

【2011/05/18 19:32】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。