存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに夫と近くの公園で行われる「ホタルの夕べ」という、ホタル観賞に行った。
大きな箱の中で、ホタルを観賞するのだけど、すごい行列だった。
最後尾は公園の外に続いていた。
公園内は、足元に少し明かりがあったけど、暗くなっていた。
列は公園内を、テーマパーク並みにぐちゃぐちゃと曲がりながら続いていた。
すると前のアベックが、イチャイチャしはじめた。
まぁ、仕方ないとあきらめていたが・・・。

いざ、ホタル舎に入る時に、係りの方が「光るものはしまってください」と言っていた。
後ろにいた小学生は、持っていた暗闇で光る腕輪みたいなものをバックに入れていた。
待ち時間に大騒ぎしていたけれど、マナーに対しては素直に従うのがほほえましかった。
暗闇で、ホタルは天井に止まっていて、なんだか星空的な感じだったけど、時々ふわっと飛んでいるものもいた。
ところが、光があたって見えなくなってしまうのだ。
なんだろうと思うと、なんとアベックの彼女が、携帯?スマートフォンかな?とにかく写メかムービーを撮ろうとし始めた。
そのライトがホタルに当たり、せっかくの暗闇が台無しになってしまっている。
「うまく撮れないぃ~。」なんて甘ったれた声で彼氏に言っているけど、バカじゃないかと思った。
うまく撮れないのは、あなたのライトのせいだろうがっ!!
彼氏も、注意しないのか?!

以前はこんな事はなかった。
たぶん、携帯保有者が少なかったからだろう。
アベックがイチャイチャするのは、私は見なければいいんだから許すけれど、他の人がホタルを見る機会を奪った事は許せない!
それが、ごくごく普通の若いカップルだった事に、残念!!


こんな事に、憤慨するのは・・・私がオバサンになったって事?
若い子だったら、許しちゃうの?
こんな子が母親になったら、どうなっちゃうの?
こんな大人を、子供達はどう見ているんだろうか?

・・・残念!

やっぱりホタルは、そっと自然の中でまったり見たいと思う。

FC2blog テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

【2011/07/19 15:39】 | 夫婦の風景
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。