存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この子が、この世に存在しているだけで嬉しい。」
そうどんな母親でも、出産直後に思ったはず。
けれど年月がたつうちに、そんな思いは忘れてしまって・・・。

でも長い母親生活の中で、「この子が、存在しているだけで嬉しい!」と再び思える瞬間が、確かにあるのです。

どんな愚かな母親でも、そう思える瞬間が、確かにあるのです。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/07/26 23:57】 | boys&girls
トラックバック(0) |

cookieさんへ
真昼
そうなのです。子供を持った事で、失った事もあるかもしれないけど、それよりもはるかに子供によって与えてもらった事の方が多い事を、忘れないようにしたいと思うのです。「私が母親で、ごめんね。」と時々思うほど自己嫌悪の夜もあるけど・・・i-229


cookie
同感です。
なので、虐待とかのニュースを見ると、余計に哀しくなってしまいますね (ノд-。)



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
cookieさんへ
そうなのです。子供を持った事で、失った事もあるかもしれないけど、それよりもはるかに子供によって与えてもらった事の方が多い事を、忘れないようにしたいと思うのです。「私が母親で、ごめんね。」と時々思うほど自己嫌悪の夜もあるけど・・・i-229
2011/07/30(Sat) 21:49 | URL  | 真昼 #-[ 編集]
同感です。
なので、虐待とかのニュースを見ると、余計に哀しくなってしまいますね (ノд-。)

2011/07/28(Thu) 15:25 | URL  | cookie #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。