存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビルの谷間の街路樹で、蝉が鳴いていた。
低い場所で、のろのろと木に登りながら鳴いていた。
そろそろ寿命だろうか・・・

「その夏最後まで生き残った蝉は、どんな気持ちだろう・・・。」と何年か前に二女が言った。
長い地中の生活を終えて土から出たけれど、すでに夏の盛りは過ぎてたった一匹生き残ったら・・・・。

夏の終わりに、道端で動かなかった蝉を見ると思いだす。

孤独なその蝉は、どうするのか・・・

たぶん、それでも鳴くのだろう。
蝉だから、蝉としての命をまっとうする為に、メスのいない秋風の中、きっと鳴くだろう・・・


二女の疑問は、哲学的なのか幼稚園児並みなのか・・・
何を考えていたのだろう・・・

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

【2011/09/05 15:27】 | boys&girls
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。