存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年の暮れ、私は夫とふたりで山形銀山温泉に泊まった。
夫の実家を訪ねる目的のついでだった。
びゅうの旅行パンフレットの表紙だった雪の温泉風景がとても美しかったから。
私が選んだものはJR東日本の新幹線もふくめた交通費こみで、ひとり3万円くらいだったと思う。
仙台の夫の実家に行くには、東北新幹線を使う。
新幹線代だけで往復、普通2万円では無理である。
ウィークエンドパスとか、トクだ値切符を使うなら別だが。
このプランは、往復山形新幹線のプランと、行きは山形新幹線帰りは仙台周りの東北新幹線プランがあった。
もちろん、その間の在来線の交通費も込みである。
昔乗ったこの在来線、仙山線からみる風景がとても美しかったので、もう一度乗ってみたかった。
この後者を選べば、なんと一人1万円追加料金で宿泊費もでちゃう!

これが想像以上の、楽しい旅になった。

平野育ちの私は、雪国の生活を知らない。
雪国育ちの夫は、懐かしい風景。
私達2人は、全く別の理由ではあったけれど、大満足した。
私達は、その感動を子供達にも経験させたいと思った。
今年の夏に、実家に行くついでに家族で再び訪れた。
夏には冬には無い素晴らしさがあった。
子供達も、満足していた。
けれど、こうなると・・・ますます冬も行きたい!

今年は、息子の進学がある。
この費用は、バカにならない。
おまけに3月には、地方の結婚式で伊香保に泊まる計画もある。
祝儀に宿泊代。
今年は、無理と思ったが・・・。
先の事はわからない。
子供達もスケジュールを合わせることが困難になった。
案の定、なかなか合わない。
いよいよ、妄想旅行であきらめる状況となった。
あわせられる時は、チャンスなのだと実感。

その直後に、なんと奇跡的にあう日ができた。
旅行に行きたいと強く思った長女が、ねばったのだ。
おまけに、以前は家族旅行に消極的かと思った息子が、地味に期待しているらしい。
スケジュール合わせに、とても協力的だ。
狙っていた旅館も、残り一部屋になっていた。
今押さえなければ、2人の努力は全ては無駄になる。
しかし、時期としてはキャンセル料金が発生してしまう。
申し込んだら、後には引けない。
長女と息子の顔が、よぎった。

びゅうプラザで、しばし悩んで決行を決意!
春の出費が多い状況での旅行は、身の丈にあっていないのではないかと悩んだが、チャンスの女神は前髪しかない。
これを逃したら、次はいつになるかわからない。

・・・ただし、伊香保の後は・・・ひたすら大人しく仕事に励む事になりそうだ!

「・・・で、どこに行くの?」と息子。
「雪の銀山温泉」と私。
「・・・真冬に、あえての雪国・・・・・」と、息子。
「遭難・・・しないよね?」と長女。

びゅうプラザをでると、電光掲示板が目に入った。
「山形新幹線、大雪の為福島と新庄間、遅延」
テレビで、大雪の報道があったな・・・。
見た直後に、ユニクロで娘達のヒートテック買った。

FC2blog テーマ:旅の情報・準備 - ジャンル:旅行

【2012/01/31 09:55】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。