存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと前になりますが、短大時代の友人達4人でランチ会をしました。
全員既婚で子持ちですから、再会は□十年ぶりの人もいました。
短大を卒業した20歳の頃から、恐ろしい年月がたち、名札でもしないと分かり合えないんじゃないの?なんて冗談を言ったけれど、あっさりとお互いを確認できた。

女子はすごい!
あっという間に、数十年の年月を飛び越えた。
恋愛話→ダンナの話
学校の話→職場の話
そして、家族の話。
全員結婚しており、全員2人以上の子持ち。
全員仕事もち。
ストップ少子化にも協力していたわけだ。

短大時代お洒落でディスコ(今ならクラブ?)に通っていた親友は、子供を育てながらヘルパー2級とケアマネージャーと福祉士の資格を取って、福祉の仕事についていた。
OL時代の姿からは、想像できない大変な仕事に日夜頑張っていた。

いろいろありながらも、みんな頑張っていたのだな…とちょっと感動した。
私達はタイムマシンに乗って、楽しいランチ会をしたのだ。
でも、あたりは夕暮れ。
そろそろお開き。
現実社会に戻らなければ。

親友は改札で別れる時に、
「なんだか、あっという間だったね。このまま、じゃぁ、午後の授業に行こうか…って感じなのにね。」
と笑った。
それぞれの電車に乗り込んで間もなく、親友からメールが届いた。

「なんだか…急に、寂しくなっちゃったよ。」


辛い事があると、あの頃に戻りたいと思った事があった。
大人扱いされるけれど、責任がない自由な時間。
親に守られ、深刻な心配事もあまりなかった。
自分の事だけ考えていればよかった。
親も自分も若かった。
短大時代は、もっとも自由で楽しかった。

それぞれ私たちは悩みを抱えながら、あの頃のように心配事なんてないみたいに笑い飛ばしていたけれど。
あの日から夕暮れに、時々彼女達を思い出す。
みんな、今日も一日がんばっているのかな。

…あの頃に戻りたいと思う事がある。
でも戻れない。


だから、前を向いて歩いていこう。

FC2blog テーマ:頑張れ自分! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2012/06/20 17:16】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。