存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年4月15日
息子の友人のママから、誕生日には帰るだろうとメールがきた。
以下は、その返事。


誕生日には、帰ってこないと思う。
今まで家族と過ごしたイベントは、これからは全て友人とか恋人と過ごすのだと思う。
共働き家庭に育った私は、一人にされるトラウマと、その自己防衛に走る。
過度な期待で傷つきたくないから(^^ゞ
忙しさのなかでごまかして過ごすけれど、時々ふと何でこんな事になってるんだろうって思う。
私は、良い母親じゃなかったかもしれないけど、そんなに悪くもなかったと。
自分としては頑張ったつもりなんだけどな…とか。
でも、子供たちは離れることばかり考えていたのだろうかと。
それは、被害妄想というもので、誰でもそういう時期があると、考え直す。
その繰返し。
ダンナの手術の直後というタイミングもある。
二人とも、以前からいってはいたけど、具体性がなかったから。

時間ができたら、黒沢監督の「生きる」と小津監督の「東京物語」みて。
今やっている「すーちゃん、まいちゃん、さわ子さん」もよかったよ。

じゃ、稼ぎに行きます(^^ゞ


今さらながらに思う。
私もまた、さっぱり親の心を理解していない小娘だったのだろう・・・と。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【2013/04/17 00:36】 | boys&girls
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。