存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い時の苦労はお金を払ってでもしなさいというけれど・・・。
息子はそういう考えで家を出るという理屈で、私達に交渉した。
確かに私自身を考えても、学生時代の一人暮らしの経験は、大きいとは思う。

彼は「お金を払ってでも苦労をしたい」のだが、引越しについていった夫は、納得がいかない。
今の環境に比べて、とても不便な所に行く理由が理解できない。
大学に近いという点で納得しようとしているが、寂しさを抑えきれないのだろう。
はじめ、あれこれ必要な物を揃えてあげようと思ったが。
彼は「あっちでも買えるからいいよ。」とそっけない。
それなら放っといていいんじゃないかと思う私。
だって「お金を払ってでもしたい苦労」なんだから、存分にやってもらえばいいんじゃないかと・・・。

・・・そう、私は苦労なんてしたくない!
だって、若くないんだもん。


須賀響子さんの「近道したい」の歌詞じゃないけれど。
「苦労はしないで、のんびりすごしたい」のだ。
実際は、無理なんだけれど。
しなくてすむ苦労なら、一生しないで暮らしたい。
だって望まなくても、苦労は絶対やってくるんだから!

どう転んだって訪れるものなら、できるだけ最小限で逃げたいもの。

・・・まぁ、そういう事考えている事態・・・私も少しだけ大人になったらしいって事?

常時いる人間が3人になって、晩御飯は格段と楽になった。
それぞれの好みを考えるのも3/5で済むんだから。
夜だって帰宅の遅い子供を心配して起きている事もないから熟睡できるし・・・。

今のところ、息子が頻繁に帰宅しているからかもしれないけれど・・・。

先日帰宅して朝食を取っている時の事。
息子がブドウパンにマーガリンをぬっていた。
じっとバターナイフを見ている。
「これ・・・便利だよね。いつもスプーンだから・・・。」
だったら、自分で買えばいいじゃない?
近くにドン・キホーテあったじゃない?
コンビにもあるしさ。
そう思ったのに、口をついて出た言葉は・・・
「・・・持っていく・・・?」

彼が大切そうにバターナイフを持ち帰ってのは言うまでもない。

夫はその話を聞くとたいそう喜んだ。
「ほら、やっぱり一人暮らしは不便だろ!」
何が嬉しいのか・・・
男ってヤツは・・・

しかし、私達親子は何やってるんだか・・・

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:親子関係 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2013/04/30 19:08】 | boys&girls
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。