存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の手がかからなくなったら、お金(教育費)がかかるようになった。
第一子が社会人になったら楽になってゆくかと思いきや、子供も家計を助けるほど楽じゃない。
そのうえ、家から出てゆく。
それでも、なんとか大学を卒業した子供に対しては、親としての最低義務は果たした気になっている。
そうこうしているうちに、気づけば親が高齢になっており、今度は自分自身の子供としての責任がのしかかってくる。
たとえ若い時には頼りがいのある親であっても、老いには勝てない。
子供としての自分と、親としての自分、その間で仕事もしなくてはならない。
まだ学生の子供がいる。
自分達の老後の蓄えもいるだろう。
悪戦苦闘しているうちに、気づけば自分にも老いの恐怖が・・・。

生きていくのは大変・・・

「年を取るのは大変ですよね・・・」仕事の同僚が言う。
彼女は私よりずっと若いのに・・・。
彼女のお母様は闘病中。
「毎日『あそこが痛い、ここが痛い』と苦しんで生きている・・・。」
彼女は悲しそうだ・・・。

・・・夫とふたり、ずっと生きてきた。
これからも、よろしくね。

FC2blog テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2013/06/20 11:37】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。