存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「子供にやってもらえよ。」
夫のお決まりのセリフです。
俺は手伝えないから、子供達にやってもらいなさい・・・ということ。
いつもいない夫に代わって、成人した子供達を頼りなさいという事。

本日、マンションの雑排水管清掃の日でした。

いつも綺麗に整理されている家ならば、なんの事は無く「いつでも、どうぞ!」の行事です。

キッチン、洗面台、風呂・・・これらの周りを片付け、配水管が見えるように中身を出さなければなりません。

我が家の主婦は・・・そう私です!
仕事の合間に少しずつ、整理を始めていたものの、震災以来保存食を買い込んでいます。
ただでさえ収納のない狭いマンションに、水、カンパン、缶詰、カップめん、味噌、醤油、お菓子・・・手当たり次第にストックしています。
まるで篭城かノアの箱舟です。
それを管理しているのが、主婦業の才能に限界を感じている・・・そう私です!!!

母親の背丈を越えた子供をお持ちの方に、聞いてみたいものです。
「お母さんのお手伝いをしていますか?」
私が頼んだとしよう、子供達のセリフは「あぁ・・・、時間があったらね。」であろう。
一瞬、メンドクサイ顔をされる事は間違いありません。
そして、ほとんどの場合「時間がない」という結果になるのです。
当てにした分、腹も立つしテンテコマイになる訳です。

つまり・・・
夫の言う「子供に手伝ってもらえ」「一人でがんばってね!」なのです。

子供達も、どこかで「母ちゃんなら、大丈夫!」という考えがあるようです。
ましてや、今我が家には長女しかいないのです。

そんな訳で、今日も孤軍奮闘です。
たぶん、明日も孤軍奮闘です。

でも私は、心の中で思うのです。
「私を当てにできなくなった時に、思い知るがいい!」と・・・

日に日に、たくましくなり根性の曲がってゆく私を、許してください・・・

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2013/08/05 16:56】 | エプロン通信
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。