存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

***京都観光の交通手段***
京都旅行を考えた時の不安に、交通手段があった。
多くの人は、効率よくタクシーを使えと言う。
でも5人では、1台ですむのだろうか?
しかも、マイペースで回りたいのだ。
京都はすばらしい観光地である。
全員がタクシーなんてないだろう?
バスがかなり発達している。
ここは、公共交通機関を使おうと決心!
しかし、ここで次の問題!
スイカは・・・使えない?!
解決策は、フリーパスを利用すること!
市バス専用だと地下鉄や大原には使えない。
「京都観光二日乗車券」を選択!
バスと鉄道路線図を確保して、後はスマホに頼るという事に決定。

*結論*
「京都観光二日乗車券」は、大正解!
ただ、路線図で乗り換えればよいと思った他の路線のバスストップを探すのに苦労した箇所もある。
また、反対方向のバスストップも同様。
暑い中やみくもに歩くより、人に聞く!最後は、マンパワーに頼る!
京都の人は、観光客に慣れているので親切に教えてくれる!

***ホテル***
バス移動なら、京都駅前のバスターミナルに近いという事で決定。
5人一部屋は無理なので、男女で分かれる事で部屋割り決定。
しかし、朝食しかつかない。

*結論*
夕食の時間を気にせずに動けたのは楽だったし、朝食はとても美味しい。
問題なし!
バスターミナルに近かった事は、非常に助かった。
荷物はチェックイン前も、チェックアウト後も預かってくださり大変助かった。
正解!


***食事***
夏の京都に行くというと、誰もが複雑な笑みをうかべる。
何も暑い京都に行かなくても・・・他の季節にしたら良いのに・・・という顔だ。
ならば逆手にとって、夏の京都のものを選ぼう。
夏の京都なら・・・鱧でしょう!
鱧料理屋を調べる。
・・・高い!!!
しかも家族の口に合うかわからない。
リスクが高すぎる!
じゃぁ・・・、「納涼床」!
京都の夏と言えば、川床!
・・・で、調べると鴨川の納涼床は綺麗!
・・・で、調べてみる。
・・・高い!!!
クーラーなし、価格が高い、予約が必要・・・!
自由人の集合体であるわがファミリーには、リスクが高い!!!
ガイドブックをみて、大体の位置だけ確認して行き当たりばったりに決定!

*結論*
京都は食事に困らない。
暑さのせいで、ソフトクリームやかき氷や飲み物を取り過ぎて、食欲は落ちてしまった。
鴨川の納涼床は綺麗だったけれど見るだけにして、京都駅前の居酒屋にした。
鱧料理もあるし、土地のものもある。
食べたい物を食べられる量取れたので、十分満足した。

京都旅行 NIKON(54) - コピー


***総合評価***
大体のタイムテーブルを決めて、後は臨機応変に「私流」にすすめる事にした。
1日目京都駅→ホテル→金閣寺→龍安寺→清水寺→鴨川納涼床・鴨川散策→京都タワー夜景→居酒屋→ホテル
2日目ホテル→三千院→銀閣寺→京都駅→ホテル(荷物引き取り)→京都駅
名所の感想は、また次の機会に。
結果、熱中症ぎりぎりの観光だったけれど、ついてきた家族の健康に感謝した。
夫のキャップとTシャツには汗で塩がふきました。
私は日焼けと汗疹ができました。
歩いている間に、汗が背中や足やあらゆる所を流れていく感触は、久しぶりでした。
お盆過ぎの夏の京都は、人も少ない方だったのではないかと思いました。
人ごみも思っていたより楽で楽しい旅でした。
しかし、次回は違う季節に行きたいです。
京都の皆様、ありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:京都 - ジャンル:旅行

【2013/08/21 17:13】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。