存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エプソンさん、ごめんなさい。

昨日写真をプリントしようとしたら、出てきたのが緑色がかって…まるで宇宙人。
プリンターは、目詰まりしていると言ってくるが、ノズルチェックをしても問題ない。
まぁ、でもあきらかにおかしいからヘッドクリーニングをしてみる
ノズルチェックしても問題ないのに、プリンターは目詰まりしていると言い張り、相変わらず宇宙人の印刷。
ヘッドクリーニングは、異常にインクを消費するから何回もやりたくはない
暮れにも、これで数本取り替えたばかりだ。
そんなこんなで、やっぱりヘッドクリーニングで数本取り替える破目になった。
急ぎの印刷だし、写真用紙を無駄にもしたくないし、自動ヘッドクリーニング機能をオフにして、薄気味悪い色でも強行に印刷した。
エプソンのコールセンターは、18時で業務が終わっているし、マニュアルもHPにもヘッドクリーニング以外の解決法の案内はない。
いよいよ壊れたか?
まだ4年でしょ?保障期間は過ぎているし…このポンコツめ!

そんなふうになじりながら、朝一でコールセンターに電話する。
昨夜、普通紙や写真用紙など紙の問題かどうかも実験したし、自分の撮った画像もWEBの画像もやってみたが、結果は同じ。
いよいよもって、ポンコツ決定か?


そう思って朝一番に電話する。
コールセンターのお姉さんは、まずノズルチェックを案内。
問題ないという事で、2人でパソコンからではなく本体で印刷したり、コピーで印刷したり、紙の設定を変えてみたり、いろいろやってみるけれど解決しない。さすがにお姉さんも打つ手がないが「ノズルチェックに問題ない」のに、色が出ないのは考えられないという原点に2人で立ち返る。
「ノズルチェックのパターンで他の色が混入していませんか?」という問に「それもありませんよ。」と答えた時に、何か私の中にそのパターンに違和感を覚えた。
?????
よーく見たら、
ライトマゼンダの姿が、全くない!
かすれているならまだしも、影も形もないので気づかなかったのだ!


後は、私からエプソンのコールセンターのお姉さんへの謝罪の言葉で終了。

昨夜後1回でもクリーニングしてノズルチェックして、少しでもライトマゼンダの色が出ていたなら気づいたのに。
ケチったせいでかえって大損した気分だ。

2回のヘッドクリーニングとノズルチェックでは、影も形もなかったので、もう2回ヘッドクリーニングをしてみる。
最大連続は4回だからだ。
すると、突然出現した。
よく見ると端っこがかすかに薄れている。
後は、電源切ってインクが馴染むのを6時間待って、もう一度ノズルチェックしてみよう

こんな初歩的なミスに気づかなかったなんて・・・。

私も副業でコールセンターのバイトをしている。
システムが全く変わるというので、研修を去年からしていたが、本物を扱ってないので忘れてしまった。
その本物を見られるというので、昨日はそれを空き時間に試してみたりしていた。
正直、電話がガンガン鳴る時に、このシステムを使いこなせるのだろうか不安。
派遣さんも入ってきて、ごった返す時にシステム変更とは・・・とほほである。
使いこなせなければ、私の成績も下がる。
今日私に付き合わされたオペレーターさんにも、無駄に長い通話時間でお詫びしたい。

本業も去年納めるはずの仕事を元旦に納め、その為の玉突きで次の仕事もギリギリで大騒ぎ。
その影響は、まだ続く!

夫も私も福島のアカベコの様に頭を下げ、起き上がりこぼし並みの精神力と体力で、どうにかここまできているが…。
少し、休みが取れるのはいつになるのだろう。
去年の暮れから、どたばただ…。

…いや、去年からだ。
正月早々、夫の手術。
一昨年の暮れに義父の2回の手術のために、仙台に日帰りで行った。
夫の手術が終わって落ち着いてからも、顔を出した。
私の実母にも、いろいろあった。
親は老いて、それを心配する自分達にも老いの恐怖を感じる。
友人達との会話も「健康」「年金」「親の介護」になった。
ちょっと前までは「子育て」「美容」とかだったのにだ。
ダイエットも美容の為というより、健康の為に移行しつつある残念な今日。

それでも、元気でいられることはありがたいと思うのだ。




FC2blog テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2014/01/09 11:19】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。