存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初日、出雲について真っ先に向かったのは、もちろん「出雲大社」。
ここで私は、御朱印帳を買って、人生初の御朱印を頂こうと考えていた。
事前に買いたい御朱印帳は決まっていた。
出雲大社駅に降りると、私は出雲大社と反対側に向かった。
実ははじめの鳥居がそこにあるのだ。
普通に向かってしまうとその鳥居をくぐらない事になってしまう。
いったん、戻る形になるけれど私は、鳥居をくぐりたかった。
ところがまた出雲大社前駅に戻ると、駅の脇にオレンジ色の電車を発見。
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語」の舞台は、なんと一畑電車?!
その電車が、そこにあった!
うかれてしまって、そこでしばらく写真撮ったり時間をつぶしてしまった。

PEN (90) - コピー

神社は早く終わってしまうことを思い出し、あせって参道にもどる。
そう!ここで、割子蕎麦と善哉を食べるのも目的の一つ!
ところが、なんと遅くなってしまって、閉店しているお店も!
焦りながらも、なんとかガイド本に載っていたお店が開いていたので、あわてて入店!
私達のすぐあとに入ってきたお客様で売り切れで閉店、ギリギリセーフだった!
思ったより時間が無くなっていたものだから、焦って御朱印帳を買おうとバタバタ早歩きで駐車場の方に向かった。
夫は私に引きずり回されて、本来の本殿に向かう道を逸れる事に戸惑っていたけれど、御朱印帳は譲れない。
一般的には、御朱印帳はお守りを買う場所で買えたりするけれど、ここは違うと調べてあったから。
「ほんとうに、こっちに売ってるの」と聞く夫に「わからないわよ、私だって初めて来たんだから!」とちょっとイラっ!
だって、夫が電車に蕎麦に夢中で時間がなくなっちゃったんだから。
神社は閉まるのが早い、やっと御朱印帳を買うとあわてて参道に戻る為に早歩き!
脇から入れそうだったけど、それじゃだめ!
鳥居をちゃんとくぐりたいのよ!
私は出雲の神様に、大切なお願いがあるのよ。
ちゃんと礼儀を尽くしてお参りしたいの!

2015-03-19 (30) - コピー

なんとかお参りに成功し、御朱印も間に合った。
お天気がいまひとつだったせいか時間が遅かったせいか、あまり人も少なく生まれて初めての御朱印も無事にもらえた。
そう思って振り返ると、御朱印を書いてくれた巫女さんは、片付けを始めていた。
ギリギリセーフだったっ!
出雲大社は想像を裏切らないもので、隣の神楽殿も素晴らしかった。

残念ながら善哉は閉店していてあきらめるしかなかった。
夫は少し不満そうだったから、どこかで食べないと!

一畑電車で出雲市駅に戻り、晩御飯はどうしようかと考えていた。
ネットで調べていた「ランプの湯」の料金は、東横インで割引券をもらえる。
ネットでは、その隣で食事をした人の話も調べていた。
ところが夫は、のどぐろに執着している。
東横インの近くでみた居酒屋のメニューにのどぐろの開きを発見した夫は、そこに入りそうな勢い。
善哉を食べ損ねた夫に、のどぐろ食べさせなかったら旅先で喧嘩しかけない。

とりあえず、ランプの湯!
想像以上に、ランプの湯は満足度が高かった!
私は隣の和食のレストランが気になってしかたない。
綺麗だし個室っぽい感じだし素敵そうだし、ホテル代ケチったのは美味しいものを食べたいから。
そこで、とりあえず夫に提案。
夫は「のどぐろ」があるか気になって仕方ない。
店内が混んでいて待たされると聞くと夫は帰りかけたけど、私は強引に待つ事に。

和食居酒屋「神門」は、個室になっていて落ち着いて良かった。
結局、のどぐろは食べたし、「やまたのおろち」という日本酒も飲んで上機嫌な夜になった。

携帯画像 (31) - コピー
初日:出雲大社と出雲蕎麦、ランプの湯とのどぐろ、クリア!
    

【2015/09/06 18:07】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。