存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「島根旅行2日目」
東横インでおにぎりの朝食!
荷物は駅のコインロッカーへ。
8:07発JR山陰本線快速[アクアライナー]益田行きで大田市まで。8:42着 ¥580
<石見銀山>
大田市駅前からバスで石見銀山まで。大森バス停だったか、30分ほど・・・¥560
バス停で待っている時に、ガイドの人か観光協会の人か、石見銀山に行くなら雨具の用意とレンタサイクル利用を呼びかけていた。
私は旅行会社の人のアドバイスで、レンタサイクルは電動を借りるようにとアドバイスを受けていたが、同じ事を言っていた。
バス停すぐにレンタサイクルがあり、確か2時間¥700で電動自転車を借りた。
初めての電動自転車だったけど、これがとても快適!
<龍源寺間歩>を目指した。
梅の季節の雨上がりで、とても空気がしっとりしていて気持ちよかった。
銀山坑道は、思ったよりも長くて当時のまま残っていて興味深かった。
<龍源寺間歩>入場料¥400
朝早かったせいか町が静かだった。お店も開店前?
レンタサイクルが快適だったのと、町並みを見て歩く程度だったので、切り上げて日御碕に行く事にした。
出雲市駅に戻って、バスで日御碕を目指す。
お昼は駅のレストラン(食堂?)で簡単に済ます。
<日御碕>
・出雲市駅前からバスで日御碕。 ¥840
・日御碕神社に参拝。御朱印を頂く。¥300
 日が昇る東の伊勢神宮、日が沈む西の日御碕神社。
 昼を守る伊勢と夜を守る日御碕と聞き、ぜひ行ってみたかった。
 残念ながら 改装しているところがあったけど、そのまま日御碕灯台へ。
 バスは1時間に一本しかないので必死での早歩き。
・日御碕灯台:参観料¥200
 現役の美しい白い灯台。上部の展望台に登ることが出来たけれど、風が強くて高くて怖かった!
 「経島(ふみしま)」らしきものを見るも、バス時間が気になって黙々とバス停にもどった。
 ウミネコが思ったより気にならなかったのも、繁殖期ではなかったからかもしれない。
バスに乗り込み出雲市駅に戻り、コインロッカーから荷物を取り出し玉造温泉へ・・・。
そこでトラブル!
ロッカーに荷物がない!そして駅長室へ来てとの貼り紙!
どうやら私は、あわてて荷物を入れた隣のロッカーの鍵をかけて、荷物のロッカーは鍵をかけてなかったらしい。
どなたか気づいて駅長室で保管をしてくれたという。
後で無くし物が戻ってくる全国一が島根県と知り、さすがは神様の国と感激!
荷物を無事に受け取り、玉造温泉へ。出雲市駅→玉造温泉 ¥500
旅館の車で、夫念願の旅館。「紺家」
荷物を預け、晩御飯まで川沿いを歩いて玉造湯神社を下見がてら散策。
玉造温泉は川沿いに何軒も旅館が立ち並んでおり、ショップも多く楽しい。
お湯は、美容液のようと言われるだけあってしっとりとして良かった!

<交通費>
・出雲市⇔大田市⇔石見銀山  ¥2,280 ×2  ¥4,560
 出雲市→玉造温泉        ¥500    ×2 ¥1,000
 出雲市⇔日御碕         ¥840×2×2    ¥3,360
<入観料>
・龍源寺間歩            ¥400   ×2   ¥800
・日御碕灯台            ¥200   ×2   ¥400
<御朱印>                           ¥300               
<レンタサイクル>          ¥700    ×2 ¥1,400
<飲食>                             ¥2,000
<コインロッカー>                       ¥500
<おみやげ>                         ☆☆☆☆☆☆


                   2人分          ¥14,320
           

【2015/09/26 16:08】 | 旅行&お出かけ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。