存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校にいつ来て参観してもよいという期間。
「行った方がいい?行かなくてもいい?」と聞くと、息子の答えは「どっちでもいい。」だった。
これって・・・微妙
来て欲しくないなら、はっきり言うだろうから・・・
「来れるなら、来い。」と判断する。
彼は末っ子だったし私が家で仕事をしていたから、幼稚園の頃からPTA関係は逃げられなかった。
上の二人の時には、さんざん逃げたので恩返しとあきらめた。
少年野球も親の当番があったし・・・彼は母親が自分の学校生活に介入してくる事に慣れていた。
自分の置かれている立場や状況を、私が知っていたりするのも逆に楽だった部分もあったのだろう。
また自分が親しくしている友人の親に、挨拶をして欲しいという事も言ったりしていた。
しかし・・・彼も思春期である。
当然、親に知られたくない顔だってあるだろう。
だから・・・
「どっちでもいい」は、微妙なのだ

男子校の授業は・・・なんだか凄い!
男子ばかり何十人も相手にしているのだから・・・教師も大変だと思う。
提出物の事で担任が怒り狂っていた。
本気でかからないとなめられるのだろう。
迫力満点!
がんばって!先生!
理科は実験が多い。
学生時代に意味もわからず暗記した事が、今日の授業で分かったりした。
…私も、もう一度習いたい気がしたなぁ・・・。

「どっちでもいい。」の判断が正解だったかは、息子の帰宅後の会話でわかるだろう・・・
今日は、けっこうお母様方が来ていたから・・・大丈夫かな

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2007/11/07 16:54】 | boys&girls
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。