存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家で兼業主婦をしていた私が、人生勉強に外で仕事をしてみた。
そこで見たり聞いたりした事から、様々な事を考えた。

そのある一部をお伝えします。
短期のバイトは、季節性のものがあるから、大学生や主婦や、私のような他に仕事を持っている者が多かった。
短期のアルバイトは連日でるわけでもないので、結構気楽な大学生も多かった。
そんなに大げさに考えなくてもいいのかな?なんて、始めは思っていた。
しかし・・・、いざ仕事に入ると、こんな事を短期のバイトになんか任せていいのか?と思うような事をさせるのである。
本来、会社というものは、自分の正社員でまかなっており、臨時などや単純作業をバイトや派遣に依頼しているのだと考えていました。
だから、会社にとっての重要な部分は、当然自社の職員が握っているものだと考えていたのです。
つまり、バイトになど責任のかかる仕事など与えないから大丈夫だと考えていたのです。

私が独身時代務めていた会社では、当時派遣という社員はいなかったからです。
自社の社員で回しており、それなりに時間をかけても育てようという姿勢があったと思っています。
けれど今回みてみて、思ったのは派遣社員という存在なくしては回らないというシステムになっていたという事です。
派遣社員は、とても優秀でした。
彼らの力は、想像以上に重要です。
私は思い違いをしていました。
自社で回らない季節ものを、派遣の力を借りて回すのではなく、もともと派遣に委託している部門があるのです。
派遣でも回らなくなる部分に、バイトを入れる事になるのです。
私が入った会社は、大きい会社でした。
社食も充実しており、その大きさにビル内で何度迷子になった事か・・・・。
そんな大きな企業にも関わらず、派遣の存在が不可欠になっていたのです。
即戦力が必要なのかもしれません。
育てるというプロセスをすっ飛ばして、使える奴を使う方針だと知りました。
・・・なんだか、読売巨人軍みたいです。
バイトに対しても、丁寧な説明などはなく、いきなり放り出すような感じすらしました。
バイトは十代の学生から、年配までいます。
責任感を強く感じている者から、全くの無責任な者までいます。
トラブルが起こっても仕方が無いとしか思えない状況が、存在しているのです。

何かが、間違っているような気がしました。
「食の安全」などのトラブルが話題になった今年でした。
牛丼屋のアルバイトのインターネットへの不謹慎な映像が流れ、話題にもなりました。
ありえない!と思う事が、まかり通っていたという事実に驚いたニュースばかりでした。
でも、今は「ありえる事」と感じるのです。

本当に何か、間違っているような気がしました。
私は、途中で辞退しました。
とてもやってゆける気がしなかったからです。
私には自信もないのに、無責任に仕事を引き受ける根性はありません。
ただ・・・、このような状況があると感じると、日本の会社組織に不安を感じました。
不安なまま、辞めるという選択ができず、あるいは言い出せないままに、職場に出されてゆく者が、少数である事を祈るばかりです。

バイト終了日に、私が出会った多くの人が「もう、ここのバイトには来ない。」と言いました。
バイトやパート経験のある者の多くが、「ありえない!」と言って去って行きました。
彼らは今、家族と年末を過ごしているのでしょう。

この2週間で、家の中はごちゃごちゃになりました。
私もまた、年末年始の準備と、この後始末に追われる日々です。
ただひとつ去年と違う事は、その事が「とても幸せな事」だと思える事です。


追記を閉じる▲
私は、途中で辞退しました。
とてもやってゆける気がしなかったからです。
私には自信もないのに、無責任に仕事を引き受ける根性はありません。
ただ・・・、このような状況があると感じると、日本の会社組織に不安を感じました。
不安なまま、辞めるという選択ができず、あるいは言い出せないままに、職場に出されてゆく者が、少数である事を祈るばかりです。

バイト終了日に、私が出会った多くの人が「もう、ここのバイトには来ない。」と言いました。
バイトやパート経験のある者の多くが、「ありえない!」と言って去って行きました。
彼らは今、家族と年末を過ごしているのでしょう。

この2週間で、家の中はごちゃごちゃになりました。
私もまた、年末年始の準備と、この後始末に追われる日々です。
ただひとつ去年と違う事は、その事が「とても幸せな事」だと思える事です。

FC2blog テーマ:★主婦のアルバイト★ - ジャンル:就職・お仕事

【2007/12/29 15:48】 | 生活
トラックバック(0) |


真昼
バブル崩壊後、経費を減らすために行われたリストラの影響と思えます。
難しい問題なのだと感じます。


mamazo
はあ、考えさせられました。私はしばらく専業主婦をしているから、今の社会の現状なんてちっともわからないんですけど。会社の一部の有力な人たちの利益のために、問題が起こる瀬戸際のところで、会社が回って行く感じでしょうか。つまずいた時に足が前に出て止まらない感じというか。大手の企業の数々の不祥事は氷山の一角なんですね。きっと。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
バブル崩壊後、経費を減らすために行われたリストラの影響と思えます。
難しい問題なのだと感じます。
2007/12/29(Sat) 21:42 | URL  | 真昼 #-[ 編集]
はあ、考えさせられました。私はしばらく専業主婦をしているから、今の社会の現状なんてちっともわからないんですけど。会社の一部の有力な人たちの利益のために、問題が起こる瀬戸際のところで、会社が回って行く感じでしょうか。つまずいた時に足が前に出て止まらない感じというか。大手の企業の数々の不祥事は氷山の一角なんですね。きっと。
2007/12/29(Sat) 19:30 | URL  | mamazo #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。