存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族4人のうちで3人が引いた凶のおみくじ。
夫はどうしても承服できない様子で、年明けからクラ~イ
そういう訳で、今日明治神宮に行きました。
思ったよりは混雑してなかったけど、まぁそれなりには並びましたよ。
警官が事故防止のために、あちこちに配置され初詣の安全を守っていました。
彼らにだって、家族がある訳で・・・なんだかしみじみと感謝の思いでいっぱいになりました。
並んでいた前方のアベックの彼は、どうやら自衛官で潜水艦の話をしていました。
・・・そんな事話していいのかなぁ・・・なんて不安になりました。
なにはともあれ、無事にお祈りを済ませました。
そして商売繁盛と家内安全!
ラグビーで怪我が心配な息子と、メタボが不安な夫に、心身健全お守り。
私と娘には除災招福お守り。
さぁ、そして・・・おみくじです!
ここのおみくじは、吉とか凶とかはありません。
ありがた~い歌がよまれていて、その意味から有難い教え?みたいなものが書かれているのです。
これを教訓に、頑張りなされ・・・みたいな・・・。
まぁ、要するに「凶」は無いわけだから、安心です。
夫はなんだか、晴々した様子で山手線に乗った。
・・・がーーーー、新宿駅で火災があったとかで足止めされた。
うわ~、また暗くなったら・・・と心配したけど、明治神宮のご利益か、彼の心は乱れる事もなく、新宿に止まっていた消防車の方をみて、「御苦労さま」と一礼。
いやーー、人は気の持ちようですね。

さて、近所の凶の出た神社ですが・・・。
後々思うのですが、なんだかひどくおみくじの筒の中の棒が少なかった気がしたのです。
まず軽かったし、振ってもジャラジャラしなかった。
本来数十本入っているはずなんだけど・・なんだか変な気がした。
おまけに私と夫が同じ番号の凶だった。
あの筒の中には、何本入っていたのだろう?
息子は中吉だったが、番号は40代だった。
「おれには40本、あの筒にはいっているようには思えない。」と証言。
私達の推測によると、本来正月には入れないはずの「凶」の束を入れて、「吉」の束の大半を入れてないのではないか・・・という事になった。
巫女さんは、私の時も夫も時も、おみくじを渡す時に、首をかしげた。
つまり・・・「凶」が連発していたのではないだろうか・・・。

神社の関係者のかたがいたら、ぜひ確認してください。
まずい事になっていませんか?

夫じゃなくても、新年早々「凶」連発したら、来年は引きませんから。
よろしくお願いします。

FC2blog テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/01/02 19:42】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。