存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜崎あゆみの話を聞いて、すっかりビビった小心者の私です。
「いじりましたか?」という医師の質問に、はっきりと「はい!綿棒でさわりました!」と返事をした。
医師は意外にも「いいんですよ。さわっても。ただ触っていたかどうかが、診断のポイントになるので・・・。」と優しい。
見るなり、「腫れてますね。痛かったら言ってください。」とはじめに言った。
どうも、鼓膜に近い奥の方だったようで、耳に薬を入れられた。
綿を詰められ外に出ると、けっこう怖い。
片耳でも聞こえにくくなると、感覚的に不安定になる。
医師に診てもらうと、安心する。
外耳炎だろうと思っても、勘違いだったらと不安はつきまとう。
医師に判断してもらい薬を出されると、これでこれ以上はひどくならないという安心が得られる。
昨日は、文句を言って申し訳なかったわ・・・と深く反省

思えば医師とは、気の毒な人である。
私の前の子供は、大泣きをしていた。
子供の気持ちもわかるけど・・・必死に治療しても嫌われる仕事だよね。
医師に会わない事が、健康のバロメータなんだから・・・。

医師のみなさん、がんばってください!

FC2blog テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/01/08 11:43】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。