存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生会館・・・最近は、外国の学生が多かったのか名称も変わっていたと思う。
見たら、取り壊すらしく覆われていた。
学生の姿を、そういえば見なくなっていたかも・・・・。
門の所には、大きな桜の木があって、春は綺麗だった。
モクレンもあり、早春を告げていた。
のぞいて見たが、切り倒されてしまったようだった。
もう、春が来てもモクレンも桜も咲かないのだ。

私が学生だった頃、ここのW大生に知り合いがいた。
私は入った事がなかったが、入った友人の話を聞いた事があった。
たしか・・・個室ではなかったような・・・。
皆さん真面目な苦学生で、家庭教師などバイトをし、親に迷惑をかけないよう質素に暮らしていたような話を聞いた。
ここで青春を過ごし社会に出て行った多くの学生がいたに違いない。
近年、学生の生活は豊かになった。
バストイレ付のワンルームマンションなど、私たちの時代では、あまりいなかった。
最近近くに建った学生寮も、オートロックで快適そうである。
おしゃれをした若者達が、夜中遅くに出入りしている。

日本人の学生は、今どき相部屋での生活なんて・・・本人もだろうけど、親も望まないだろう。
そんな訳で、近年学生会館(留学生支援センター?とかに名前も変わっていたような・・・)に出入りしている学生は、アジア系の若者だったような気がする。
文化祭らしきものも、出し物が多国籍料理だったり、異国ムードがあふれていたようだった。

繁華街で週末に見かける学生達は、かなり酔いまくって楽しそうだ。
女の子がグテングテンに酔っていたり・・・親になると・・・なんだか複雑。

学生にしかできない事を、学生時代にしておくといいと思う。
大人の自由がありながら、大人の責任は半人前の特殊な時代。
いろいろな経験を積んで、後の人生に生かしてほしいとも思う。


私達が学生だった頃の生活。
銭湯や隣人の生活音が聞こえる安アパート。
友人とお金を出し合って晩御飯を作って、夜中まで恋の話や将来の夢を語り合った。
倹約して暮らした日々のささやかな楽しみ。
あれも、幸せで楽しかった。

近くにあった山楽ホテルも、今は跡形もない。
でも大きな銀杏の木だけは、残っている。

街は変わってゆく。


取り壊されてゆく学生会館を前に、ふとそんな日々を思い出した。



追記を閉じる▲
私が学生だった頃、ここのW大生に知り合いがいた。
私は入った事がなかったが、入った友人の話を聞いた事があった。
たしか・・・個室ではなかったような・・・。
皆さん真面目な苦学生で、家庭教師などバイトをし、親に迷惑をかけないよう質素に暮らしていたような話を聞いた。
ここで青春を過ごし社会に出て行った多くの学生がいたに違いない。
近年、学生の生活は豊かになった。
バストイレ付のワンルームマンションなど、私たちの時代では、あまりいなかった。
最近近くに建った学生寮も、オートロックで快適そうである。
おしゃれをした若者達が、夜中遅くに出入りしている。

日本人の学生は、今どき相部屋での生活なんて・・・本人もだろうけど、親も望まないだろう。
そんな訳で、近年学生会館(留学生支援センター?とかに名前も変わっていたような・・・)に出入りしている学生は、アジア系の若者だったような気がする。
文化祭らしきものも、出し物が多国籍料理だったり、異国ムードがあふれていたようだった。

繁華街で週末に見かける学生達は、かなり酔いまくって楽しそうだ。
女の子がグテングテンに酔っていたり・・・親になると・・・なんだか複雑。

学生にしかできない事を、学生時代にしておくといいと思う。
大人の自由がありながら、大人の責任は半人前の特殊な時代。
いろいろな経験を積んで、後の人生に生かしてほしいとも思う。


私達が学生だった頃の生活。
銭湯や隣人の生活音が聞こえる安アパート。
友人とお金を出し合って晩御飯を作って、夜中まで恋の話や将来の夢を語り合った。
倹約して暮らした日々のささやかな楽しみ。
あれも、幸せで楽しかった。

近くにあった山楽ホテルも、今は跡形もない。
でも大きな銀杏の木だけは、残っている。

街は変わってゆく。


取り壊されてゆく学生会館を前に、ふとそんな日々を思い出した。


FC2blog テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

【2008/01/20 17:04】 | 生活
トラックバック(0) |


れん
今時の学生は、学校から見たら『お客様』扱いですよね。
子どもが少ないから、来ていただく・・・っていう感覚に変わってきているらしいけど、それもどうかと。。。。
でも、綺麗なところじゃないと住みたくない・・・住まわせたくない・・・という子どもや親が多いんでしょうね、きっと。
銭湯・・・・という響きも、とっても懐かしいですね♪
私も、学生の頃を思い出しました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
今時の学生は、学校から見たら『お客様』扱いですよね。
子どもが少ないから、来ていただく・・・っていう感覚に変わってきているらしいけど、それもどうかと。。。。
でも、綺麗なところじゃないと住みたくない・・・住まわせたくない・・・という子どもや親が多いんでしょうね、きっと。
銭湯・・・・という響きも、とっても懐かしいですね♪
私も、学生の頃を思い出しました。
2008/01/21(Mon) 21:10 | URL  | れん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。