存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキー教室から帰宅した息子。
はじめに言った言葉は「ゲームみつからなかったよ。」だった。
なんだか、つまらなそうだった。
彼らが最も注意人物としてマークしていた教師が、今年は担任団ではなかった。
入学したばかりの、小学生気分だった彼らに、男子校の男同志の付き合いを教えたのは彼だったかもしれない。
言葉は悪いし、怖い。
子供たちのしそうな事を、読むのが上手だったから、彼を騙すのは難しかった。
「蛇の道は蛇」という事なのだろうか?
そのくせ、あの年頃の少年の事はすごく理解していた。
男子校教師は、やはり男子教育のスペシャリストだったという事かも知れない。
小さな事など見逃してやる懐の広さがありながら、危険な動向には敏感で徹底的に叱った。
いつも体当たりで、子供達と接していたのだろう。
どの教師よりも叱り、その教師よりも怖かった。
でも、どの教師より生徒に信頼され、どの教師より慕われていた。
彼が全力で自分達と向き合っていたと、生徒が認めていたからだ。


彼の担任だった生徒達に、今も彼を慕うものが多い。
彼がいない分、今回は生徒の管理も追及が甘かったらしく、スリルがなかったようだ。
それが、寂しかったのだろう。


しかし、息子には全く関係ない部活のグループが、やっぱり騒ぎを起こしていた。
夜中に空腹になった少年達は、こっそり夜食を食べ、その証拠の隠蔽の仕方をミスして大騒動になったらしい。
そりゃあ、年齢的にいつでも空腹時代の子達だから、食べ物を探したというのは納得しちゃったりするんだけど・・・・
隠し方が・・・子供だったんだよね。


おかげで関係ない息子達まで、怒り狂った教師の説教に付き合わされたらしい。


確かにね。
あの教師がいたら・・・生徒達も、そんなまぬけな事件は起こさなかったかも知れない。
あるいは・・・「あまえら、ばれるようなへまをするなよ!」と見逃したかもしれない。


生徒の騒動で、担任団は職員室で苦労したろう。
教師も大変だと思う。


勉強を教えるだけなら、塾や予備校の先生でもいい。
学校の教師は、生徒にとってそれだけじゃない。


生徒は彼ら教師を、人として男としても見ている。


見られてますよ先生方!
健闘を祈ってます。


追記を閉じる▲
彼らが最も注意人物としてマークしていた教師が、今年は担任団ではなかった。
入学したばかりの、小学生気分だった彼らに、男子校の男同志の付き合いを教えたのは彼だったかもしれない。
言葉は悪いし、怖い。
子供たちのしそうな事を、読むのが上手だったから、彼を騙すのは難しかった。
「蛇の道は蛇」という事なのだろうか?
そのくせ、あの年頃の少年の事はすごく理解していた。
男子校教師は、やはり男子教育のスペシャリストだったという事かも知れない。
小さな事など見逃してやる懐の広さがありながら、危険な動向には敏感で徹底的に叱った。
いつも体当たりで、子供達と接していたのだろう。
どの教師よりも叱り、その教師よりも怖かった。
でも、どの教師より生徒に信頼され、どの教師より慕われていた。
彼が全力で自分達と向き合っていたと、生徒が認めていたからだ。


彼の担任だった生徒達に、今も彼を慕うものが多い。
彼がいない分、今回は生徒の管理も追及が甘かったらしく、スリルがなかったようだ。
それが、寂しかったのだろう。


しかし、息子には全く関係ない部活のグループが、やっぱり騒ぎを起こしていた。
夜中に空腹になった少年達は、こっそり夜食を食べ、その証拠の隠蔽の仕方をミスして大騒動になったらしい。
そりゃあ、年齢的にいつでも空腹時代の子達だから、食べ物を探したというのは納得しちゃったりするんだけど・・・・
隠し方が・・・子供だったんだよね。


おかげで関係ない息子達まで、怒り狂った教師の説教に付き合わされたらしい。


確かにね。
あの教師がいたら・・・生徒達も、そんなまぬけな事件は起こさなかったかも知れない。
あるいは・・・「あまえら、ばれるようなへまをするなよ!」と見逃したかもしれない。


生徒の騒動で、担任団は職員室で苦労したろう。
教師も大変だと思う。


勉強を教えるだけなら、塾や予備校の先生でもいい。
学校の教師は、生徒にとってそれだけじゃない。


生徒は彼ら教師を、人として男としても見ている。


見られてますよ先生方!
健闘を祈ってます。

FC2blog テーマ:教師に求められる能力 - ジャンル:学校・教育

【2008/01/23 11:46】 | boys&girls
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。