存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中高一貫校の部活において、中学の引退は・・・微妙。
高校でも続ける者は、大会終了後から高校と合流する。
高校での継続を保留にしたまま、後輩育成や体力維持に中学の部活に参加するケースもあるだろう。
すっぱりと活動をやめる者もいるわけである。

息子は、部活のバッグではなく、スクールバッグで登校した。
かれのバッグは、ボロボロだった。
折りたたみの傘が、穴から落ちかけるというので、ガムテープで内側から補強するというほどだ。
しかし、彼は買い換えなかった。
理由は簡単。
3年でバッグを買い換えたら、高校でも続けるだろうと期待されかねないからだ。
同じ理由で、ボロボロのヘッドキャップもショルダーガードも替えなかった。
「期待させて失望させるのは、かえって失礼である」が、彼の口癖だった。
後輩のために、週2日くらいは出てもいいくらいにしか言ってはいなかった。

帰宅後・・・彼は、
「明日から、ラグビーバッグ復活・・・」
高校が勝ち進んでいるのだ。
彼らは、その高校の練習に協力する事を依頼されたのだ。
逆らえるはずはない。
彼ら高校生は、息子達の試合に応援に来てくれたり、ウォーターボーイをかってでてくれたりしたのだ。
去年は、勝ち進んでいる息子達のために、練習に協力してくれたのだ。
彼らが、今度は先輩達のために尽くす番である。
おまけに、先日の試合の話は、応援に来ていた友人達や先生が言いふらかしており、ちょっとした話題の男にされていた息子。
・・・断れない空気が・・・


・・・しかし・・・・。
先輩の中には190センチちかい身長の子もいたような・・・・・。
ずるずる続けさせられそうな・・・・。


どうなる?
親としては、去年のメンバーでの試合には興味あるけど・・・、怪我の心配が怖い。

顧問とコーチの策略か・・・・?
華麗なステップで逃げ切れるかしら・・・・

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/10/08 09:09】 | boys&girls
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。