存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活のママ達が話しかけてきて、盛り上がる部活の話。
高校になってからも続けるか・・・相変わらず探りを入れられるが、余計な事は言えない。
しかし・・・わかった事は、息子は口が堅いらしい。
友人達の良い話は、たくさんしているがマイナスな話は一切していないのだ。
最終戦の直前に起こった事件は、まだ落ち着いてはいないようだ。
彼らに同情したクラスメイトも憤慨し、大きな問題になっているのだ。
チームメイトへの裏切りは、男子の世界においては致命傷かもしれない。
しかし、息子は家でその事を語らなかった。
その子を非難する発言を、家で一切しなかったのだ。
だから私は、水に流したものと思っていた。
「許せるはずはないでしょう!」
なぜかその子の担任がエキサイトして否定した。
若い担任は、事情を知った他の友人達も「男として許せない!」という状態だという。
しかし、彼らが怒り殴り合いにでもなれば、理由はともかく暴力沙汰になる。
男子校だから、そういう大げんかは慣れているにしても・・・
同じ取っ組み合いでも、運動部がやれば大問題になる。
担任は、それを恐れ緊張の毎日だという。
理由はともあれ、手を出したら処分されかねない。
彼らには、ひたすら耐えろという事しか言えないと嘆く。
若い担任は、彼等の憤りを理解していた。

そんな状態だと言うのに、息子は一切語らなかったのだ。


高校の顧問が、高校での部活の意向を聞いてきた。
下級生の指導に、練習だけでも出る気はないかという攻めに、仲間達がうなづいたが・・・。
息子は、「自分は、はぶいてください。」と言いのけたという。
下級生の指導と言いながら、高校の練習に参加させるメニュウである事に、顧問の策略の匂いを感じたらしい。
大会で上位を競い、選抜テストも受けた彼は、トップクラスのレベルを知っている。
自分の体格では、限界を感じているのだろうか・・・。
それとも、何か理由があるのか・・・・。

コーチは尊敬しているが、どうやら高校の顧問に好感を抱けないようだ。
彼が続けると言えば、共に続けると言う仲間がいるらしく、彼らの親は息子の動向に関心があるようだ。
なるほど、友人に影響が及ぶのを恐れ、彼は口を閉ざしているのか・・・。
さてさて・・・どうなる事か・・・

本心は、親にも秘密らしい。
彼を説得できるのは・・・尊敬していた先輩か・・・チームメイトか・・・・
どうなるのか、見守るだけだ。


ラグビーは素晴らしい。
けれど、親としたら怪我が怖い。

私は、見守るだけだ。

FC2blog テーマ:中学生のママ - ジャンル:育児

【2008/11/03 00:06】 | boys&girls
トラックバック(0) |

れんさんへ
真昼
子供の世界を馬鹿にできませんよね。大人と同じだとおもうんです。
ただ見守るだけです。

息子さん・・・
れん
どう答えを出すんでしょう・・・。
もう本人は出しているような気がしますが。
周りの人は、気になるんですね。
息子さん、誰に気兼ねも無く答えを出して欲しいですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
れんさんへ
子供の世界を馬鹿にできませんよね。大人と同じだとおもうんです。
ただ見守るだけです。
2008/11/09(Sun) 13:53 | URL  | 真昼 #-[ 編集]
息子さん・・・
どう答えを出すんでしょう・・・。
もう本人は出しているような気がしますが。
周りの人は、気になるんですね。
息子さん、誰に気兼ねも無く答えを出して欲しいですね。
2008/11/06(Thu) 22:35 | URL  | れん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。