存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ディズニーランドのお掃除している人に、『何を拾っているのですか?』と聞いたら、なんて答えると思う?」
突然、次女が聞いてきました。

彼女が知人から聞いた答えはこうだ。
「星のかけらです。」

ティンカーベルなみに好奇心旺盛な彼女が、自分で試したくなったのは当然である。

「何を拾っているのですか?」ワクワクしてきいてみた。
「スティッチの落し物です。」彼は答えた。
・・・・えっ?
一瞬、期待した答えではなく、混乱した彼女だが・・・。
そう、その後彼女は、聞きまくるという行動に出た。

「何を拾っているのですか?」
「夢のかけらです。」

「何を拾っているのですか?」
「魔法の種です。」

それぞれのエリアによって、答える事が変わるようだと感じた。

「星のかけらです。」
この答えを聞くには、どこへ行けばいいのだろう?
そうだ! スペースマウンテンあたりじゃない?!

「何を拾っているのですか?」
ちょっと、年配の彼は答えた。
「なんだと思いますか?」
「?」
「そういうのって、どこからひろまるの?」と笑う。
ひるまず聞く。
「私が聞いてるんです
「現実的な事を言っちゃうよ。」とにやける彼。
・・・・こいつは、ニセモノだわ!きっとスパイだわ!
二女は、ダッシュで危ないスパイから逃げた。
しかし、そんな事であきらめる彼女ではない。
別な人にも聞いてみた。

「何を拾っているのですか?」
「なんだと思いますか?」
・・・う~ん、答えは同じだ。
しかし、続きがあった。
「たぶん・・・、あなたが想像しているものですよ。」
ほうほう・・・・


「あそこは、トゥモローランドだったからかなぁ・・・。」と二女はつぶやいた。

・・・深いなぁ・・・・
しかし、ディズニーランドで何を毎回やってくるんだか・・・・。
バイトと大学で休みなしの彼女の自分へのご褒美は、「夢の国の冒険と散歩」だ。
いつもながら付き合う女友達も、二女と行くと効率よく回れるしいろんな情報を持っているので楽しめるらしい。
開園から閉園まで、コロコロと笑い転げながら、夢の世界で遊んだ。
そして、またバイトと大学の日々にもどる。

年末年始も仕事を入れたそうだ。
「・・・だって、帰省しちゃう子がいるから、東京組が頑張らないとね!時給もいいんだよ

・・・で、また行くんだね


FC2blog テーマ:お散歩・お出かけ - ジャンル:ライフ

【2008/12/17 17:46】 | boys&girls
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。