存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘が、成人式に私の振袖を着ました。
前撮りの写真は、着物をレンタルして撮るのと持ち込んで着付けしてもらって撮るのと、2千円ぐらいしか変わらなかったので、レンタルし撮りました。
私の着物は、ブルーグレイの地に白と薄紅色の牡丹という清楚な着物でした。
母は地味ではないかと言ったけど、私は地色が派手な色よりも魅力的に思えました。
娘は、レンタルし2着の着物を着るなら、まったく違うものにしたいと言いました。
そこで、白地に赤い花柄のかわいらしい物を借りました。
髪は、流行りのサイドで下ろし、可愛い赤い花をつけました。
当日は私の着物でした。
髪はアップにしました。
流行色を強くするほど、後で見た時に時代を感じてしまうからです。
そんな訳で、まったく違う雰囲気の姿でした。

当日娘は、区の会に出席し、中高時代の友人と合流、その後に小学校時代のメンバーに合流。
小学校時代の飲み会では、同じように受験をし地元の中学に行かなかったメンバーが集まった。
中学受験をすると、地元の友人とは中学時代以降の思い出の共有がないので、受験組が集まる事になるのだ。
そうして彼らは、小学校を卒業してから新しい環境でどう過ごしてきたかを報告しあったのだ。
娘のように、新しい生活の中で友情を深め人間関係を築けた者がいる反面、馴染めず孤独な日々を過ごした者もいたようだ。
そういう意味において、彼らは「孤軍奮闘」の日々を共感しあえるのだ。


しかし、帰宅した娘が言った。
「私・・・テレビに出ちゃうかも・・・。
 テレビ局のインタビューを受けた。
 ・・・なんか、変な所を編集されて『あほな成人』として放送されたら嫌だなぁ・・・。
 もっと、賢そうな事を言えば良かった。」
・・・マジ?!
「でも、他にもインタビューしてたから、私はカットされたかも・・・。」
・・・だよね。
しかし、夫はその放送局のワイドショーを録画してみた。

翌朝、娘は友人からの次々に入る携帯の着信音で起きた。
そう・・・放映されていた。
幸いな事に、おバカな発言はなかった。
そのインタビューを見て・・・。


・・・大人になったんだ。
ちゃんと、不況といわれる今の日本に対しての意見を述べていた。

・・・外では、大人の顔をしてるんだ・・・・
よかった・・・



母は、孫が娘に仕立てた振袖を着たと聞いて喜んでいた。
・・・親孝行をさせてもらった。
娘の友人も母親の振袖を着た子が多くいたらしい。
こんな時代だからと思うのは、勘違いかもしれない。
娘の友人には、プール付きの高級マンションに住んでいる子がいる。
彼女もまた、母親の振袖を着てはしゃいでいた。
昭和と平成の狭間の世代は、セレブに憧れる思いもあるだろうけど、母親の振袖を喜んで着るという伝統や絆を尊ぶ感性も持ち合わせているらしい。

FC2blog テーマ:女の子育児 - ジャンル:育児

【2009/01/16 23:41】 | boys&girls
トラックバック(0) |

成人おめでとう~
あろは
お互いに子供が20歳になりましたね。
あっというまの20年でしたけど楽しい子育てでしたよね。
母親の振り袖を着る娘っていいなぁ~。
私も自分が着た七五三の着物を娘に着せた時はうれしかったな!
写真を見比べてみたいものですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
成人おめでとう~
お互いに子供が20歳になりましたね。
あっというまの20年でしたけど楽しい子育てでしたよね。
母親の振り袖を着る娘っていいなぁ~。
私も自分が着た七五三の着物を娘に着せた時はうれしかったな!
写真を見比べてみたいものですね。
2009/01/18(Sun) 21:10 | URL  | あろは #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。