存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子校時代、息子の学校の文化祭は有名だった。
生徒も1年で一番気合が入った行事だった。
けれど・・・。

地域の住民との問題、共学化に伴う学校の方針の変更。
禁止事項でがんじがらめになり、生徒のやる気はうせた。
「昔は良かった」と当時を知る学年は嘆くが・・・そんな学年も年々消える。

今年はさらに新型インフルエンザが加わり・・・・学級閉鎖により準備に支障がでたクラスもあった。
それでも中止にならない分マシだと思わなければならない。


私達夫婦は、男子校時代のドンチャン騒ぎの中にある、生徒のバイタリティーに感動した。
生き生きと自分達で企画し遂行する。
そのエネルギーに、近年の無気力な空気がない事に期待した。
何事もやるからには、徹底していたからだ。
そういう空気に賛同した者が集まった。

異性が存在すると羞恥心もうまれる。
ばか騒ぎにブレーキもかかる。
様々な理由により・・・おとなしくなった。


・・・「昔は良かった。禁止ばかりでやる気がしない。」と憎まれ口をききつつ・・・
朝5時起きして、早朝の文化祭の練習をし、放課後は部活をし・・・9時近くの帰宅が続いた。
「みんな来るの?偉いじゃない。」という私の言葉に、彼は「まぁね。」と答えた。
「やるからには、徹底的にやる!」という気風が残っている生徒もいるらしい。
しかし・・・私には言わなかったが、夫には「やる気の無い者は来ない」と言っていたという。
来ない者を非難する事もなく、彼は自分のなすべき事をしていたのだろう。


実行委員の顔を立てたのか、友情で協力したのか、わからない。
理解するには、その企画を見るしかない。
その場で、その空気を感じれば、なんとなくわかる事もある。


私はPTAの仕事で二日目に行かなくてはならないが・・・・それではゆっくり見られないかもしれない。
睡眠不足でも、一日目にも行こうか・・・検討中。


我が子の成長は早い。
あっという間に時間は流れる。
高校の文化祭に保護者として行けるのも、高校生の保護者だからできる事。
この貴重なチャンスを、ありがたく受取ろう。
PTAとしての用事を、義務と考えたら損をする。
特権と感謝し、楽しもう!

FC2blog テーマ:中高生の親 - ジャンル:学校・教育

【2009/09/19 07:51】 | boys&girls
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。