存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼が少年期を過ごした山形に墓参りに行こうと提案すると、彼は困惑した顔をした。
お盆でも、彼岸でもないからだ。
彼の祖父が眠る墓に行っていない事を、彼が気にしていたことがあった。
祖父の影響を彼は受けたと思われる。
祖父は脳梗塞で寝たきりになり、他の兄弟は祖父が元気だった思い出はないのだろう。
けれど、彼は違う。

墓参りは、盆や彼岸だけではない。
故人に会いたくなったら、行けばいいのだ。
私はそう思った。

駅に着くと、町の変貌に彼は途方にくれた。
「知らない街だ・・・」と迷子のようにうなだれた。
前日にPCの地図で、お寺までの道をシュミレーションしていたが、すっかり自信をなくしたようだ。
義母は、前日に電話をかけてきて、細々と私に指示をした。
義母の話では、花屋も見つけるのが困難だとか、タクシーはそんな簡単に捕まらないとか・・・
「○○を当てにしてもだめだぁ。あの人が思っているような街の姿ではないからなぁ。」と盛んに言う。
山形市は新幹線も通る県庁所在地なのだから、そんなはずはないだろうと思うものの、少々不安になった。
お花は、駅のホテルで簡単に買えたし、タクシーも駅前には多かった。
彼は、駅から離れると見覚えのある風景に目が輝きだした。
墓参りをし、彼が通っていた幼稚園のある寺を見た。
駒姫ゆかりの大きな寺であった事を、彼はこの年で知ったようだ。
友人の家を通り、誰の家か思い出とともに私に伝えた。
彼が入ったことのある映画館は、スーパー銭湯とボウリング場になっていた。
彼が通った本屋や画材屋は、まだあった。
彼から話を聞いていた「大沼デパート」もあった。
他にもきになる建物があったけど、彼に聞いてもわからないようだった。
新しいものだったのだろう。
彼はそういう場所より、自分の思い出の場所をたずね私に紹介したかったのだろう。

仙山線の駅のホームで、目の前に緑が広がっていた。
「ああ、これはカジョウ公園だよ。」
「牙城・・・・?」
「違う。カジョウ!」
「・・・どう書くの?」
「・・・えっ?」
彼は困惑した。
子供の頃に耳で聞いた言葉は、意外と漢字がわからないものだ。

帰宅して、調べてみた。
霞城公園だった。
最上義光の像もある、山形城(霞城)址の公園であり、山形のシンボル的な場所らしい。
ここデートスポットじゃないの?!

・・・彼の個人的な名所めぐりも良かったけど・・・行きたかったなぁ・・。
霞城公園・・・
あれ以来彼は、山形の旅の話を楽しそうに話す。
まぁ、それはそれで良かったけど。


我が夫に、デートの才能が無い事を、改めて認識したわ
義母の言葉がよみがえる。
「○○は当てにしてもだめだぁ・・・。」

ちゃんと、事前に調べておけばよかったわ。
今度は、よらせてもらおう。


FC2blog テーマ:旅行、旅、ドライブ - ジャンル:旅行

【2010/05/27 00:04】 | 夫婦の風景
トラックバック(0) |

cookieさんへ
真昼
なるほど・・・そりゃそうだわi-87


cookie
素敵な旅が出来て、よかったですね♪
ププ(*^m^) ガイドさんは、あてに出来ないのね。
事前調査は妻の役目・・・心得ておきます(笑)

デートの才能があるのも、どーなんだかって思いますよ~。
「どんだけ、遊んでたんだ?!」ってなっちゃいますモン♪

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
cookieさんへ
なるほど・・・そりゃそうだわi-87
2010/05/29(Sat) 23:44 | URL  | 真昼 #-[ 編集]
素敵な旅が出来て、よかったですね♪
ププ(*^m^) ガイドさんは、あてに出来ないのね。
事前調査は妻の役目・・・心得ておきます(笑)

デートの才能があるのも、どーなんだかって思いますよ~。
「どんだけ、遊んでたんだ?!」ってなっちゃいますモン♪
2010/05/29(Sat) 14:44 | URL  | cookie #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。