存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伯母の通夜で、久しぶりに会った伯父や伯母、従姉妹達。
面影はあるから、すぐにわかるけど・・・年月の流れを感じた。
伯父も伯母も、みんな小さくなっていた。
綺麗な優しい従姉妹姉妹とも再会した。
綺麗な長女のお姉さんは、可愛い孫を膝に乗せていた。
明るく社交的な次女のお姉さんは、年相当には見えないほど今も綺麗だったが、27歳のお子さんがいた。
代替わりをしているのだ。

誰の上にも、月日は流れている。
伯母の子孫である小さな曾孫の女の子が、走り回っていた。

伯母を見送った伯父は、すっかり年老いた小さな老人になっていた。

少女時代に、この伯母夫婦の家に、よく泊まりに行った。
穏やかで優しく綺麗な従姉妹のお姉さんに、活発で明るく綺麗なお姉さん。
伯母夫婦は、乳牛を飼っており、遊びに行くのが楽しかった。
伯母は、いつも姉さんかぶりに割烹着姿で、伯父と働いていた。
伯父は浅黒く筋肉の目立つ太い腕が印象的なごつい男らしい顔立ちの人だった。
幼い頃、私達姉妹は、夏休みに「ぼく夏」のような時間を、この家族と過ごした。

もう牛もいないし、家も建て替えている。
面影は無いが、記憶は今も鮮明に残っている。
消える事はないだろう。


ありがとうございました。

FC2blog テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

【2010/09/06 23:40】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。