存在してても気づかれない。特に役にもたってない。それでも、元気にやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜、夜11時を過ぎても夫は食事に来なかった。
私は、6時起き。
前の晩も次女が帰宅したのが深夜で、私が寝られたのは午前2時ちかく。
低血圧の私は、朝のお弁当を作り息子を送り出した。
コールセンターでバイトした後で、7時まで仕事場で仕事をし、帰宅し晩御飯を作って・・・・。
もう11時ともなれば、眠くて仕方が無い。
寝る準備を始めると、なんと夫が11時半頃にやってきた。
しかも・・・ハイテンションで!

そう・・・彼の起床時間は、その日は午後4時過ぎだった。
これが、わたしにとって悩みの種だ。
腰痛の時に、長女も初めて気付いた。
朝早いものにとって、夜中に食事に来る夫の食事の世話が大変なのだ。
話し相手になり、もう一度仕事場に戻るのを送り出し、後の始末をし明日の準備をする。
睡眠時間が減ってしまう。
それが何日も続くと・・・けっこうツライ。
私にとって、睡眠時間を奪う原因を作るのは、子供たちである事も多い。
けれど・・・子供達なら、放っておいて私は布団に入る事もできる。
しかし、夫となると・・・そうは行かない。
家族の為にがんばって仕事をしている人が、食事に帰宅したのに無視はできない。
ましてや、ほとんど在宅時間は食事の時だけになっている彼にとって、この時間は家族との大切な時間なのだ。

そんな訳で、私はもうろうとしながらも頑張って起きていたら・・・
「どうしたの?」ときいてくる。
申し訳ないかと思っても、「眠いの」と言ってみた。
「かわいそうに・・・。ゆっくり休めればいいのにね~。」と同情を示す。
おいおいっ、君のせいでしょ?!
わかってないのか?!

「子供を送り出したら、少し仮眠をとったらいいんじゃない?」なんて、よく言われることだ。
「赤ちゃんが寝たら、自分も寝たらいいんだよ。」と言う言葉も、子供が乳児の頃に耳にした。
でもね・・・
わかってないんだよね。
その時間が、貴重な時間だって事!
そこで、集中的に作業をしなくては家事ははかどらない。
今日自分がさぼったら、その仕事は明日の自分に圧し掛かってくるのだ。

彼は食事の後に、平気な顔でこう言った。
「ねぇ、俺の冬着出してくれてる?」
・・・悪魔の声だ。

私が腰痛で苦労していた数日の事なんか・・・忘れたんだね。


今朝、息子が言った。
「ねぇ、俺のウインドブレーカーは?」
「洗った記憶無いかも・・・いつ出したの?」
「一昨日くらいかな?」
「・・・あのさ、私その日から腰痛で死んでたし・・・天気が悪かったよね・・・。」

結局、彼の部屋から出てきたみたいだけど・・・。
この男共っ!!

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

【2010/10/29 10:30】 | 夫婦の風景
トラックバック(0) |

cookieさんへ
真昼
私だって「子供でいたい」わけで・・・だからこそ、年の離れた夫にしたはずなのだけど・・・。
そこそこ年上の夫なら、「縁側で日向ぼっこしているような穏やかな日々」を過ごせるかと思ったけど、男って生き物は「永遠の少年」なんですかね・・・。
息子にいたっては、どんな無茶な要求も受け入れてもらえると思っているとしか考えられない。
よく解釈したら、「どんな時でも自分に味方してくれる」という信頼関係なのかもしれないけど、ただ「調子こいて甘えている暴れん坊将軍」なのではないかと・・・。
だから、女は「菩薩様」か「千手観音」になるしかないのでしょうか?
場合によっては・・・・「阿修羅」・・・・とか?

おひさしぶりで~す♪
cookie
いや、もう、やる気が全く出なくってブログを放置上状態のcookieです (^_^;)
お元気にされてましたか?
・・・って、ぎっくり腰だったんですねぇ。
あれは、ツライわ (ノд-。)

4時間睡眠は・・・嫌よねぇ (-"-怒)
ウチの旦那も、引き止めるだけ引き止めて、自分が眠くなるとサッサと寝ちゃうんですよ。
この引き止める理由というのが、玄関の施錠だとか、電気だとかの確認をしたくないというもの。
いい加減にしてくれ!ヾ(*`Д´*)ノなのですわ。
ホントに男って・・・いつまで経っても家の中では、母に面倒を見てもらう子供でいたいのね(*´-д-)フゥ-3

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
cookieさんへ
私だって「子供でいたい」わけで・・・だからこそ、年の離れた夫にしたはずなのだけど・・・。
そこそこ年上の夫なら、「縁側で日向ぼっこしているような穏やかな日々」を過ごせるかと思ったけど、男って生き物は「永遠の少年」なんですかね・・・。
息子にいたっては、どんな無茶な要求も受け入れてもらえると思っているとしか考えられない。
よく解釈したら、「どんな時でも自分に味方してくれる」という信頼関係なのかもしれないけど、ただ「調子こいて甘えている暴れん坊将軍」なのではないかと・・・。
だから、女は「菩薩様」か「千手観音」になるしかないのでしょうか?
場合によっては・・・・「阿修羅」・・・・とか?
2010/10/29(Fri) 23:57 | URL  | 真昼 #-[ 編集]
おひさしぶりで~す♪
いや、もう、やる気が全く出なくってブログを放置上状態のcookieです (^_^;)
お元気にされてましたか?
・・・って、ぎっくり腰だったんですねぇ。
あれは、ツライわ (ノд-。)

4時間睡眠は・・・嫌よねぇ (-"-怒)
ウチの旦那も、引き止めるだけ引き止めて、自分が眠くなるとサッサと寝ちゃうんですよ。
この引き止める理由というのが、玄関の施錠だとか、電気だとかの確認をしたくないというもの。
いい加減にしてくれ!ヾ(*`Д´*)ノなのですわ。
ホントに男って・・・いつまで経っても家の中では、母に面倒を見てもらう子供でいたいのね(*´-д-)フゥ-3
2010/10/29(Fri) 18:47 | URL  | cookie #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。